男の更年期障害

「男の更年期障害」の症状について

男,更年期障害,めまい,うつ病,症状,漢方,薬,検査,動悸,むくみ

更年期障害とは、男性にどのような症状が出るのだろうか。
「男の更年期障害」の症状には大きく分けて3つ有る。
まず、1つは「身体面」に影響を及ぼすもの、2つ目は「精神状態面」に影響を及ぼすもの、そして3つ目は「性機能障害」である。
「男の更年期障害」の症状についてであるが、「身体面」や「精神状態面」「性機能障害」といっても様々である。
血管運動神経症状では、火照りやのぼせ、冷え、動悸などが生じる。
知覚異常症状では、痺れ(しびれ)や知覚鈍麻など。
運動器官症状では、肩こり、筋肉痛や関節痛など。
皮膚・分泌系症状では、発汗や口内乾燥。
消化器症状では、食欲不振や便秘、腹痛が生じる。
全身症状では、倦怠感。
泌尿器系症状では、頻尿や残尿感、尿の勢いの低下などが上げれる。
精神状態神経症状では、睡眠障害、頭痛やめまい、耳鳴り、ほかには不安や呼吸困難などが有る。
性機能症状では、性欲の低下、朝立ちの減少やED(勃起不全)など。

 

「男の更年期障害」は、人によって異なりは有るが、主に上記のような症状が出る。
こういった具合に男性の更年期のケースの場合は、閉経のような独自の、ハッキリした体の変化が現れず、個人差が大きいことなどがあり、男性の更年期障害の症状を分かりにくくしている。
その上、「男の更年期障害」の場合、複雑でいろんな症状がでるので、「自分は更年期障害なのだ」と気付かない人が多いようである。
まだ充分に認知されていない、男性の更年期障害に対して間違っていない知識を身に付けて、間違っていない対処の方法を知ろう。


スポンサードリンク

「男の更年期障害」で薬を服用する時の注意点

男,更年期障害,めまい,うつ病,症状,漢方,薬,検査,動悸,むくみ

「男の更年期障害」でホルモン補充療法や、漢方薬の服用を始めるケースの場合、治療の効果がすぐに出てくる。
しかし、薬をやめてしまったケースの場合、元に戻る事も気のせいか多く有る。
一定期間、継続することを頭に入れ、治療することにより効果の持続が待望できる。
「男の更年期障害」を治療するために、ホルモン補充療のための薬以外にも、他の薬も飲まなければならないケースの場合、ドクターとの相談を欠かしてはならない。
ホルモン薬による影響を増減させる効果、また他の薬の効果を消してしまうような効果がでる可能性が有る。
普段、常備薬やよく服用する薬があるときには、ドクターに報告や相談してから服用するようにしなければならない。
「男の更年期障害」でホルモン補充療薬を服用する期間は、普通、2ヶ月から長いケースの場合、半年は飲みながらの観察治療をするケースが多いものである。
その為更年期の症状だけに限るケースの場合、充分に効果が出ているようである。
であるが、更年期障害症状が修正しないケースの場合、漢方薬などを併用することもあれば、心理療法を実践する事も有る。
その為、「男の更年期障害」の症状が修正されたため、治療をやめた後にも更年期の症状が出るようなケースの場合には、ホルモン補充療を再び始めることもできる。
更年期以外の病気でも、頻尿などの症状にはホルモン補充療はよく効果を発揮する。
これ以外には、骨粗鬆症などにもホルモン補充療が活用されたりするケースの場合も有る。
であるが、更年期を経過したとしても、骨量の低下が止まらないこと、コレステロール値が異常に高くなるケースの場合、治療を続行するケースの場合も有る。
骨粗鬆症、高脂血症の治療によって、薬の服用期間が長期間「数年から十年」を超えるケースも有る。

 


「男の更年期障害」とめまいの関係

「めまい」には壁や天井などが回転しているように見える「回転性」と称されるめまいと、身体がふわっと浮き上がるような感覚を受ける「浮動性」と称されるめまいが有る。
「男の更年期障害」によって生じるめまいの気のせいか多くは、殆ど「浮動性」によるめまいものであるため、場所、時間を問わずに突然起きる。
こういった「男の更年期障害」による「浮動性」めまいの原因は、更年期による自律神経の不調によるものだと考えられる。
しかしめまいは、脳梗塞や脳腫瘍など、高血圧というような病気が原因になり生じることもあるため、頻繁に生じるようなら検査を受けたほうが良いだろう。
また過労による疲労感、睡眠不足が原因に為っていることも有る。
充分に休みをとっておこう。
「回転性」のめまいのケースの場合は、内耳の不調やメニエール病と称される病気が原因で生じることが殆どである。
耳鳴りや吐き気を伴うことが有る。
そういうような耳の症状があるケースの場合、耳鼻咽喉科などで、診察を受けよう。
めまいには、病気が原因でない良性のめまいのケースの場合があるため、発作が起きた時は、楽な姿勢やポーズをとって、おさまるまで動かずに待とう。
めまいが再び生じるケースの場合は、自動車の運転などは控えておこう。
軽症状のケースの場合、心配には及ばないが、更年期に入ったケースの場合、耳鳴りが起きたりもする。
しかし、時に聞こえが悪くなるというような、理由が不明な突発性難聴と称される症状も出ることが有る。
その為耳鼻咽喉科での診察を早めに受け、治療をすることで難聴を残さずに治すことができる。

「男の更年期障害」とうつ病の関係

男性の更年期障害とうつ病には密接な関係が有る。
特に、男性の更年期障害によるうつ病は長引きやすいのである。
なぜなら、年齢が若く、身体的にも精神状態的にも充実している頃から、男性が40代になると、腕や足の筋肉が萎縮して細くなってしまう。
下腹やお腹周り急に大きくなる、というような変化が出てきた人は、「更年期障害」の疑いがあり、要注意が必須事項である。
もともとスポーツマンな人や、仕事をバリバリやってきた人などはプライドの高い人が気のせいか多く、体つきがどんどん劣っていく自分の体を閲覧すると、自分に自信が持てなくなってしまう。
自信を落としてしまうと、気合や気力、がんばる力が出なくなり、体がなまってしまい、どんどん機能しなくなる。
そうなってしまうと、気持ち的に余裕が無くなり集中力や忍耐力が失われたりして、「うつ病」になってしまい、がんばれなくなってしまうようだ。
このようなうつ病状態になったり、うつ病状態が継続してしまったりすると、特に自分に自信がある人、つまりスポーツのできる人や仕事のよくできる人なほど、いまの自分と昔の自分を比べたときに、衰えてしまったと自分を責めてしまったりする。
衰えてしまったと思い込み自分に自信がなくなると、こんどは周りの視線が気になり、人に会いたくなくなる「うつ状態」になってしまう。
うつには不眠症の症状が出るので、不眠症により休むはずの夜に眠れなくなると、昼間に眠気がやって来るのでいわゆる「昼夜逆転」の生活習慣または慣例になってしまう。
その結果、当然仕事も手に付かなくなるので、集中力や気力、忍耐力の欠けた自分の姿に悩みや苦しみ継続するため、うつ状態が長く継続してしまう。

 

「男の更年期障害」のための漢方薬治療について

「男の更年期障害」の症状というものは加齢によるもので、身体の機能が悪化や低下する期間で、たいへんたくさんの人が経験するだろう。
「男の更年期障害」のための漢方薬による治療方法は、自然に生じる加齢に対して、酷い(ひどい)症状やきつめの症状を、一時的に直すための治療方法である。
漢方薬による治療方法の場合、ホルモン補充療法といった、減ってしまったホルモンを補充するのではなく、ホルモンが減ちょっとていくことに身体が慣れるのを待つための治療法だといわれている。
更年期症状は、ホルモンの急激な減退に、身体が脳に対して反抗しているため、生じる。
漢方療法によって、そういう症状を緩和(かんわ)させるため、「男の更年期障害」を抜けるときに落ち着いている状態へ向かうことを目的とした治療法である。
漢方薬には長い歴史があるため、個人に合った治療を施すことが可能である。
漢方薬は、多種多様な効果をもつ、生薬と称されるものを配合することより、いろんな症状に対応して、治す事ができる。
漢方での治療は、検査により見つからなかったケースの場合、体の体調を整えることができる。
近代の医学の治療法では、病気の原因が分からないケースの場合も、漢方薬だと効果が発揮される。
こういった更年期障害のケースの場合、原因がハッキリとしないため、なぜか体調がよくならないケースの場合が有る。
血栓症のような病気を所有しているケースの場合、ホルモン補充による治療は、病気の状態を悪化させるケースの場合があるために、この治療が行えないことが有る。
他にも、糖尿病、胆石などの症状がある人のケースの場合、ホルモン補充による治療や、漢方薬との併用による治療が実践される事が有る。

「男の更年期障害」と動悸、頻脈の関係

「男の更年期障害」によく出る代表格の症状としては、急に生じる動悸や頻脈が有る。
また、ちょっとの体を動かしたりすると、すぐに息切れしてしまうケースの場合があったり、酸素を吸って二酸化炭素をはけなくなる過呼吸が、症状としてでたりもする。
過呼吸は、一度、過呼吸になったことがある人ほど、症状がよく現れるケースの場合が多いようである。
心臓などの活動に関わる自律神経の乱れによって、こういった症状が起きてくるものだといわれている。
緊張感を実感したり、悩みや苦しみ事があったり、心に不安があっても生じる可能性が有る。
自分を落ち着かせることのできる音楽や、近頃はアロマテラピーなどで、落ち着ける環境を整えることが動悸や頻脈には必須事項である。
疲労感を実感したり、やっぱりストレスまたはフラストレーションなどでも動悸や頻脈は出やすくなるので、ガッチリ休息を取ったり、さっきいったように気持ちをリフレッシュするように心がけよう。
そして、動悸や頻脈を予防するためには、カフェインの多い食品・飲料水などは、可能な限り控えるようにすべきだ。
もし、「男の更年期障害」により動悸や頻脈が起きてしまったら、慌てずに深く、ゆっくり深呼吸をして気持ちを落ち着けるのが効果的である。
ちょっと太り気味だと思う人は、減量をすることで、「男の更年期障害」による動悸や頻脈の症状が出なくなったり、和らいだりすることも有る。
ホットフラッシュによる、身体のほてり、多汗などの症状が出ないけど、ストレスまたはフラストレーションをよく実感する人、リラックスできなかったりする人は一度、精神状態の神経科の診察を受けてみると良い。
精神神経科のカウンセリングなどを受けることで、自分の肩の荷が下りて、動悸や頻脈の症状が修正するケースの場合も有る。
動悸や頻脈は貧血で生じたりするが、男性のケースの場合は、やっぱり持病の糖尿病による動脈硬化や高血圧、高脂血症「ドロドロ血」などを所有しているケースの場合には注意が必須事項である。
こういったケースの場合、病院での検査を受けておくことをおススメする。

 

「男の更年期障害」の検査に異常は無いが・・・

「男の更年期障害」を予防して、身体を健康にキープするためには、精神状態的に余裕のある状況を作り出すために、日々努力するようにすべきだ
なぜなら、病気や身体的な機能に異常がないことだけでなく、生活のリズム、精神状態面がゆったりしている事も包含し、それが健康であると考えられるからである。
社会生活を営む時、ストレスまたはフラストレーションとは無縁でいることはハッキリ言って無理だといえるだろう。
人間関係、外食が多い食生活、夜、寝付けない、交通渋滞に引っかかる、環境の悪化はストレスまたはフラストレーションの温床である。
人間には感情があるために、苦しいこと、悲しいことに過敏に反応するため、やる気の減退や、食欲の減退が有る。
逆に言えば、嬉しい事、楽しいことがあるとケースの場合、不安がなくなったり、不調が去ったりする。
それゆえに検査で、病気の原因が分からなかったケースの場合も、気にすることは良くないだろう。
検査結果を気にし過ぎると、ストレスまたはフラストレーションになってしまうためである。
検査を受けたら、なぜかハッキリした原因がないのに、めまい、吐き気が生じたり、不眠、不安な気持ちになったりすることある。
こういう時、病院で検査しても、原因が分からず、無駄になってしまうことが気のせいか多く有る。
こういったケースの場合は、内臓、器官に異変があるわけではなく、不規則な生活習慣または慣例、ストレスまたはフラストレーションで、身体を動かす自律神経が不安定になり、具合が乱れているのである。
「男の更年期障害」に限らず、ストレスまたはフラストレーションが多々ある現代社会は、病院の検査だけでは分からない病気も有る、と言う事である。

 

「男の更年期障害」とむくみの関係

「男の更年期障害」により、朝起きて、顔や足がむくんでしまったりしてないだろうか?
むくみは年齢の上昇により、衰えが視覚的に出るようになることである。
むくみは一時的なものなので殆ど心配ない。
しかし、マッサージをしてもむくみが引かないときや、押しても戻りにくいケースの場合は、他の病気による可能性も考えられるため注意が必須事項である。
早めに、ドクターに相談して診察を受けよう。
「男の更年期障害」によるむくみ原因としては、人間の体において、非常に大事な体循環「血液やリンパ液などの循環」が低下してしまうのがその1つで、顔や、足がむくみやすくなったりする。
そして、「男の更年期障害」による自律神経の乱れにより、むくみの症状を悪化させるケースの場合も有る。
であるが、むくみはこういったものだけではない。
甲状腺機能低下症や腎臓病といった病気により、上まぶたのあたりからむくみが始まったり、全身がむくんだりするケースも有る。
そして下肢静脈瘤や心臓病などで、足がむくんだりすることも有る。
下肢静脈瘤はかゆみを伴うために単に皮膚炎だとうっかり勘ちがいされて、間違った科にかかるケースの場合があるようである。
下肢静脈瘤が起こりやすい人というと、立ち仕事の多い店員や調理師といった仕事をしている人は、とくによく見られる症状で有る。
対処法としては、病院での治療も肝心であるが、普段からできる範囲であまり足や腰に負担のかかる動作をちょっとでも時間を短くして、体をこまめに休めるようにすることが良いだろう。
むくみを防ぐ運動なども効果的な方法である。
しかし、疲労などの病気からではないむくみなら、マッサージ、ストレッチやお風呂の入り方に気を付けることで、体循環を促し、むくみを軽減させることもできる。
疲労は最もむくみの原因になるので、できるだけ疲労感をためないようにすべきだ。

男の更年期障害関連エントリー

腰痛の原因と予防と治療法
腰痛の原因と予防と治療法について。他に腰痛の予防体操やコルセット、ベルト、腰痛に効くツボ、整形外科などの話題も。さらに、腰痛と出産と妊娠の関係、椎間板ヘルニアの関係などについても紹介。
水虫の症状と治療薬
水虫の症状と治療薬について。水虫薬で実践する治療のことや予防・対策法などに関連した話題も。他に、足だけでなく、手、爪などの水虫のことや子供の水虫についてもご紹介。
依存症の種類・原因・症状と治療法
依存症の種類・原因・症状と治療法について。依存症の種類としては、買い物、アルコール、恋愛、ニコチン、インターネット、携帯電話などいろいろある。当ホームページでは、これら各種依存症の解説や女性と依存症の関係などについても紹介する。
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療方法について。他に、統合失調症の陰性症状と陽性症状の違いや緊張型などの分類、更に統合失調症の薬物治療に関してご紹介。
禁煙の効果・方法・グッツの紹介
禁煙の効果・方法や禁煙の禁断症状を抑止する電子たばこや二コレットなどのグッツを紹介する。他に、禁煙草やセラピー、外来の話題や禁煙と女性の関係についても紹介する。
糖尿病の食事の献立
糖尿病の食事の献立や宅配のレシピやメニューなどについて。その他、糖尿病の食事の指導、間食の問題、外食のメニューなどの情報も。さらに、糖尿病の食事の食品交換表とカロリーや単位などもご紹介。
新型インフルエンザとは?
厚労省によると新型インフルエンザ患者の確認地域は、横浜市、札幌、沖縄県、愛知などだ。乳幼児が新型インフルエンザに感染すると大変だ。そこで、新型インフルエンザ対策として人気中なのがダイキンの空気清浄機のようだ。他に、新型インフルエンザとパンデミック、タミフル、リレンザ、備蓄などの話題も。
新型インフルエンザの潜伏期間
新型インフルエンザの潜伏期間について。新型インフルエンザの初期症状の特徴としては微熱が有名だ。特に、乳児の新型インフルエンザは危険なので治療する前に予防接種を受けたいものだ。さらに、新型インフルエンザのワクチンや脳症などの話題も。
新型インフルエンザと免疫
国立感染症研究所や厚生省によると、新型インフルエンザ用ワクチンの接種に優先順位ができたようだ。しかし、新型インフルエンザは誰も免疫を持っていない。このままだと新型インフルエンザのピーク時には学級閉鎖も多発するだろう。その他、新型インフルエンザと合併症、変異、ウィルガードなどの話題も。
生理痛の原因
生理痛の原因について。他に、生理痛の原因と症状である吐き気や下痢、そして漢方などの話題も。参考までに、生理痛が原因となり腹や胃の痛みや嘔吐、熱などを併発することもある。
生理痛緩和に効くつぼ
生理痛緩和に効くつぼ(ツボ)について。他に、生理痛緩和の方法や食べ物などの話題も。参考までに、生理痛緩和の対処法としては整体、栄養成分、漢方薬などもある。
いびき治療
いびき治療のお勧めの方法や手術などについて。いびき治療というと病院や耳鼻科が有名だが他にも治療方法はある。参考までにいびき治療の盛んな地域は東京、大阪、名古屋、福岡、埼玉の順である。