腰痛の原因と予防と治療法

腰痛の基本中の基本的な原因

腰痛,原因,予防,治療,体操,コルセット,ベルト,ツボ,妊娠,ヘルニア

現代病の1つとも言われている腰痛、この痛みや原因究明に悩んでいる人は多いのではないだろうか。
そもそも腰痛の原因とはいったい何なのだろう。

 

腰痛は現代病と言われているが、本当にそうなのだろうか。
実際は、人類が二足歩行を始めてから腰痛が生じるようになったとも言われていて、二足歩行が原因の1つとも言われている。
動物は、四つん這いで歩くことで、体の負担を分散させ、自然と体全体のバランスを整えており、動物には腰痛はないと言われている。
そして、人の二足歩行という進化により、私達は、体を下半身だけで支えることに成った。
これは下半身に倍以上の負担がかかる。
特に腰は、体を支える中心とも言われており、私達の体は予想以上に悲鳴をあげることに成った。
これが、二足歩行が原因の1つとも言われている所以である。
長い歴史のある腰痛であるが、昔の人々は腰痛に悩んでいる人は少なかったようである。
それは何でも手間暇かけて自分の力で行っていたからと言われている。
自分の足で歩き、家事や肉体労働をすることで腰を鍛えていた。
その為腰痛に悩んでいる人は少なかったようである。

 

現代の優秀で便利な社会は、まさに腰痛の原因がたくさんあると言われている。
殆ど歩かなくても目的地に着くことのできる交通機関の発展、全自動洗濯機、シンプルに湧かせるお風呂などの家事の簡略化、パソコンなどのコンピューターの進化など、私達の優秀で便利な生活が益々腰痛持ちの人々を増やしている原因なのである。
ストレッチ、ヨガなど腰痛の予防対策がたくさん謳われているが、まず最初は昔の人々の生活を参照して、自分の生活を見直して腰痛の原因を減らすことが良いかもしれない。

 


スポンサードリンク

腰痛と予防体操について

腰痛,原因,予防,治療,体操,コルセット,ベルト,ツボ,妊娠,ヘルニア

私達は、机に座っての作業が多い毎日を過ごしており、腰の筋肉低下や血行不良など腰痛を生じやすい原因の環境中で暮らしている。
腰痛の予防や軽減には、無理のない体操が良いと言われている。
体操を実践することで腰の筋肉を鍛え血行を良くし、痛みの軽減や予防ができるのである。
腰痛の予防体操を実践するときは、まず初めに準備体操つまりストレッチを実施する。
無理をして予防体操すると腰痛を更に悪化させることも有るので、まず最初は、急がずゆっくりとストレッチから入る。
ストレッチは一般的なもので良い。
体の他の部分にも無理が生じないように手、足、首、肩回しなど体全体を満遍なく動かすような体操をやって欲しい。
予防体操は、風呂上がりなど体を温めた後で実践するのが良いだろう。

 

ストレッチの後はいよいよ腰痛の予防体操である。
この体操はいろんな種類が有るので、自分に合った体操を選択され、無理のない範囲で始めるのが良いだろう。
たとえば、椅子に座って背骨や腰を伸ばしたり、仰向けに寝転がった状態で腰をひねったり、立ち上がった状態で体を前に倒したり腰を反らすなど、腰を中心に無理のない範囲で実施する。
前後、左右が一セットに為っている体操は、体のバランスを崩すことにもなるので、各々(おのおの)前後、左右と同じ数だけ実践するようにして欲しい。
また、お腹の筋肉を鍛え上げることも腰痛予防につながるが、無理な腹筋は腰痛を悪化させるケースの場合も有るので、注意が必須事項である。
他にジムボール、ストレッチポールなど道具を使った腰痛の予防体操や近頃大人気の腰回しや水中ウォーキング、ヨガ、ピラティスなども腰痛予防には良いと言われている。


腰痛と生活の中での予防

現在の私達は、腰痛になりやすい生活環境の中で暮らしていると言われているが、日常生活の中での腰痛予防はあるのだろうか。
腰痛を予防するには、生活習慣または慣例の見直しや工夫をしていくのが良いと言われている。
まずあなたは姿勢やポーズが良いだろうか。
姿勢やポーズが悪いことが原因で腰痛で悩んでいる人が予想外に多いと耳にする。
姿勢やポーズが悪いと、その分余計な体重が腰にかかってくるからだ。
それによって腰痛を悪化させているのである。
毎日鏡をじっくり見ながら間違っていない姿勢やポーズを心がけるようにするのも腰痛予防の1つである。

 

また、これも腰の負担の問題になるが、肥満も腰痛を生じやすい原因の1つと言われている。
このケースの場合、体重を減少させるのが一番の予防かつ解決方法であるが、無理なダイエットはおススメ不可能だ。
適度な運動により体重を軽減させバランスのある体を作っていくことが基本中の基本である。
椅子に座りっぱなし、立ちっぱなしも腰痛には良くない。
どうしても仕事や作業なんかで長時間椅子などに座りっぱなしあるいは立ちっぱなしが継続するケースの場合は、休憩をうまくとりいれながら軽いストレッチをすることが腰痛の予防になる。

 

重いものを持つ時はどうだろうか。これは腰に負担がかかりすぎて、ギックリ腰をおこしやすくなる。
このケースの場合は、物と体をできるだけ密着させ、体全体で持つことを意識させながら実践すると良いだろう。

 

靴や布団など私達が毎日活用するものでも腰痛の影が潜んでいる。
自分に合わない靴を無理に履いたり柔らかすぎる布団を活用したりすることで腰を埋没させ腰痛を悪化させる。
自分に合う靴、適度な硬さの布団を選びなおすことをおススメする。

腰痛と椎間板ヘルニアの関係

腰痛の中でも激しい痛みを伴う症状の1つに椎間板ヘルニアが有る。
私達人間は、24本の骨を材料に背骨を作っている。
そして骨と骨の間には柔らかい椎間板がありクッションの任務を兼ねている。
この椎間板が、とある拍子で飛び出し神経を圧迫させてしまったケースの場合に激しい痛みを生じさせる。
これが椎間板ヘルニアである。
椎間板の飛び出るヶ所によって痛む場所も変わるが、特に腰のヶ所のヘルニアが多いと言われている。

 

椎間板ヘルニアになる原因は、老化や姿勢やポーズの悪さ、腰に負担をかけるような無理な動作の積み重ねなどと言われている。
この椎間板ヘルニアという病気の特徴点としては、腰痛だけではなく、痺れ(しびれ)、腰や背中の懲り、腰が前に曲がりにくいなどがあげれるが、自己判断で症状を当てはめるのは危険であるので、まず最初は椎間板ヘルニアの専門家に相談されることをおススメする。

 

椎間板ヘルニアの治療は、痛みの度合いにより方法が異なる。
痛みが軽いケースの場合は、信用できる整形外科での通院や整体などに行かれるのが良いだろう。
腰痛ベルトを腰に付着させ腰の負担を軽減させている方も多いと耳にする。
また、痛みが激しい椎間板ヘルニアの場合は、手術をする人もいる。
近頃では、手術も切開しないレーザー法などもあるようである。

 

椎間板ヘルニアの予防としては、腰に負担をかけにくくすること、まず最初は間違っていない姿勢やポーズである。
間違っていない姿勢やポーズをとることにより、体、つまり腰に負担がかかりにくくなる。
また、腰回りにある腹筋や背筋を鍛え上げることも肝心である。
無理のない範囲でのウォーキングや腹式呼吸などもおススメである。

 

腰痛と治療法について

腰痛を治療するケースの場合、専門機関はどこに行けば良いのだろうか。
現代社会は、いろんな側面から治療法が日進月歩し、腰痛治療の専門家はたくさんいる。
まず病院での診察を望むケースの場合は、整形外科にかかると良いだろう。
症状の内容によって治療法は異なるが、注射や薬の処方、手術など医療行為ができるのが、整形外科という専門機関の強みとも言われている。
また腰痛の種類によっては別の病気が隠れている可能性もあり、そのケースの場合、別の科や他の医療機関に出向くことになるが、最初に整形外科に行っておくことで、その後の治療の流れもスムーズに運ぶだろう。

 

腰の痛みは体の歪みとも言われている。
その歪みを正し腰痛を軽減させるために整体院や接骨院に行かれる人もいる。
各々(おのおの)体の歪みを正すという点では似ている治療法であるが、整体は保険が適用されない民間療法で特に資格などは必須ではない。
反面、整骨院は、国家資格が必須事項で保険が適用になる。
医療行為が行えないため薬などの副作用はないが、持続的に通院した場合にようやく結果が見えることも少なくない。
また、各々(おのおの)技術にばらつきがあるので自分に見合った治療院を見つけるという面倒な必須事項が有る。

 

体の至るところにあるツボに鍼やお灸を施し、鍼灸によって腰の痛みを軽減させている人もいる。
鍼灸院では国家資格が必須事項で、保険が適用される。
こういった具合に西洋医学から東洋医学、そして日本古来の手法と治療法は様々である。
腰痛の種類によって治療できる場所が限られるケースの場合も有るが、自分にあった信用できるかかりつけを見つけることをおススメする。

 

腰痛と整形外科について

病院で腰痛治療を実践する際の専門機関は整形外科である。
整形外科ならば、医療行為は勿論のこと保険が適用されるので、経済的負担も少ないと言ったメリットも有る。
治療方法は、腰痛の種類によって様々である。
まずどの種類でも原因を突き止めるために検査を実施する。
X線レントゲンでの検査や内容によってはCTやMRIを用いて詳細に調べることも有る。
検査で原因が突き止められたらそれに見合った治療を実施する。
その中でも特に体の負担が少ないのが、コルセットやベルトと称される装具を腰に装着し、腰痛を軽減させる治療法である。
腰を固定させるため痛みは和らぐが、長時間の活用は筋肉低下を招くことも有るので、ギックリ腰など急に激しい痛みを伴う際の応急処置として活用されることが多いものである。
また、薬の処方による腰痛の治療も有る。

 

腰痛には、冷えは禁物である。
理学の面では、温湿布や低周波治療器を活用して患部を温め、痛みを軽減させる温熱療法が有る。
また、軽い体操やストレッチを指導することも有る。
即効性がある腰痛の治療としては、ブロック注射が有るが、副作用が伴うケースの場合も有るので注意が必須事項である。
最終手段としては手術で治療を実践するケースの場合も有る。
近頃ではメスを活用せず、レーザー治療を行い体にかかる負担も減ってきているが、最新医療のため保険が利かないケースの場合も有る。

 

こういった具合に整形外科だけでも治療法は様々である。
また、違った病気が隠れているケースの場合は別の科を受診することになるが、整形外科の主治医と相談しながら治療をすすめることをおススメする。

 

腰痛に効くツボとは?

私達の体には約670個のツボがあり、その半分に名称があり治療で活用されている。
医学的にツボは経穴と呼ばれており、長い歴史のある東洋医学が基本中の基本である。
ツボの場所は私達素人ではなかなかどうして判断が困難である。
ツボを探し求める水準としては、該当するヶ所を押すと何らかの感覚や痛みを実感できる。
そしてツボを刺激することで血行が良くなり、新陳代謝が高まることで体のバランスを整えそれに伴い自然治癒力を高めてゆく。

 

腰痛に効くツボがあることはご存知であろうか。
体の至る所にこんなツボは点在している。
鍼灸院に足を運ぶと適するツボに施術してゆくが、筋肉疲労の腰痛で痛みが軽いケースの場合などは自分でツボを探し求めて指圧しても効果が出る。
まず手の甲に腰痛に効くツボが有る。
手の甲側の人差し指、中指の間の関節と小指と薬指の間の関節を下にたどっていくと骨が交差するところにツボが有る。
また、背面では何ヶ所か効くツボが有るが、特に分かりやすいのが、腰のウエスト付近にある背骨の位置から外部に左右指2本分のところに有る。
足も何ヶ所か有るが、分かりやすいツボが足の内部にある踝の下に有る。
各々(おのおの)ツボを見つけて、急がずゆっくりと無理のない範囲で何度か強めに押すと良いだろう。
自分で押すのが困難なケースの場合は、米粒やお灸をツボに貼ったり、ゴルフボールやツボ押し棒などを用いて刺激したりすることで同じ効果を得ることができる。
それでも腰痛の痛みが治らないケースの場合は、専門機関に相談すると良いだろう。

腰痛ベルトとコルセットについて

腰痛を軽減したり修正したりする方法の1つに腰痛ベルトやコルセットの装着が有る。
ベルトは一般に作られているもの、コルセットは医療用として作られているもので材質などもちょっと異なるが、実際はそれほど見分けがつかず、間違っていない装具を選んでキッチリと着用すれば、腰痛の治療効果も各々(おのおの)に待望できる。
私達は腰痛ベルトやコルセットを装着することにより腰痛を和らげる。
特にギックリ腰や重いものを持つ時などに装着すると腰の負担が相当少なくなり生活が楽になる。
但し、これらのベルトやコルセットなどの装具には思わぬ落とし穴が有る。
まず最初はベルトやコルセットの装着の仕方である。
装着の仕方を謝ると効果が出ないどころかかえって腰痛を悪化させることも有る。
専門機関や購入されたお店でベルトやコルセットの装着の仕方をキッチリと確認するようにして欲しい。
そして長い間活用することである。
これは腰痛を軽減させる分、腰とその周りの筋肉低下につながり、腰痛が起こりやすい体になってしまう。
ベルトやコルセットは、即効的に活用するには実に良い道具であるが、長い間の活用はおススメ不可能だ。
腰痛ベルトやコルセットは、実にたくさんの種類が有る。
腰痛の症状に応じて自分にあった装具をえらぶことも肝心である。
痛みが重度であればがっちり固定できるものを軽度の腰痛には動きやすさを重視したものをえらぶと良いだろう。
また妊娠出産期の女性はお腹の重みによりそれに見合った骨盤矯正ベルトを活用し腰の負担を軽くしている方も多いと耳にする。
いざというときの予防や修正のために自分にあったベルトやコルセットを持っておくことをおススメする。

 

腰痛と出産と妊娠の関係

女性が劇的な体の変化を遂げるのに妊娠そして出産が有る。
この時期も腰痛が起こりやすいと言われている。
まず妊娠中はどうだろうか。
妊娠中は胎盤からリラキシンと言ったホルモンが分泌される。
このホルモンは、出産しやすいように骨盤を中心に体全体を緩やかにする。
そのホルモンを分泌させることで体中の関節がゆるみ、骨盤が不安定となり腰痛が起こりやすくなるのである。
また、特に妊娠後期には胎児の成長に伴いお腹も大きな状態で体を支えることとなる。
その上、妊娠中は骨盤が緩やかホルモンにより不安定と為っているため全身を支えている腰に負担がかかり、腰痛をいよいよ悪化させていくのである。

 

出産時は、緩んでいる骨盤に大きな負担がかかるため、腰痛で悩んでいる人は特に注意が必須事項である。
リラックスしてお産に臨み、ベルトの着用や体勢などを前もって医療機関に相談されておくと良いだろう。
妊娠・出産後も特に直後は体が元に戻っていない時期である。
赤ん坊を抱きかかえることにより、体にいよいよ負担がかかり腰痛を悪化させてゆく。
出産時及び産前産後は、骨盤矯正ベルトを上手に活用または利用し、腰痛を予防することも必須事項である。
骨盤矯正ベルトは普段活用している腰痛抑止のベルトとは多少異なり、妊娠及び出産時に適するように作られたベルトになるので、キッチリとしたものを購入し着用すると良いだろう。
そして日頃の腰痛予防として間違っていない姿勢やポーズと筋力低下をさせないための適度な運動を心がけると良いだろう。

腰痛の原因と予防と治療法関連エントリー

男の更年期障害
男の更年期障害のめまいやうつ病などの症状などについて。他に男性の更年期障害と薬や漢方薬の関係や検査に関する話題も。さらに、男の更年期障害の症状として、動悸やむくみに関した情報も紹介する。
水虫の症状と治療薬
水虫の症状と治療薬について。水虫薬で実践する治療のことや予防・対策法などに関連した話題も。他に、足だけでなく、手、爪などの水虫のことや子供の水虫についてもご紹介。
依存症の種類・原因・症状と治療法
依存症の種類・原因・症状と治療法について。依存症の種類としては、買い物、アルコール、恋愛、ニコチン、インターネット、携帯電話などいろいろある。当ホームページでは、これら各種依存症の解説や女性と依存症の関係などについても紹介する。
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療方法について。他に、統合失調症の陰性症状と陽性症状の違いや緊張型などの分類、更に統合失調症の薬物治療に関してご紹介。
禁煙の効果・方法・グッツの紹介
禁煙の効果・方法や禁煙の禁断症状を抑止する電子たばこや二コレットなどのグッツを紹介する。他に、禁煙草やセラピー、外来の話題や禁煙と女性の関係についても紹介する。
糖尿病の食事の献立
糖尿病の食事の献立や宅配のレシピやメニューなどについて。その他、糖尿病の食事の指導、間食の問題、外食のメニューなどの情報も。さらに、糖尿病の食事の食品交換表とカロリーや単位などもご紹介。
新型インフルエンザとは?
厚労省によると新型インフルエンザ患者の確認地域は、横浜市、札幌、沖縄県、愛知などだ。乳幼児が新型インフルエンザに感染すると大変だ。そこで、新型インフルエンザ対策として人気中なのがダイキンの空気清浄機のようだ。他に、新型インフルエンザとパンデミック、タミフル、リレンザ、備蓄などの話題も。
新型インフルエンザの潜伏期間
新型インフルエンザの潜伏期間について。新型インフルエンザの初期症状の特徴としては微熱が有名だ。特に、乳児の新型インフルエンザは危険なので治療する前に予防接種を受けたいものだ。さらに、新型インフルエンザのワクチンや脳症などの話題も。
新型インフルエンザと免疫
国立感染症研究所や厚生省によると、新型インフルエンザ用ワクチンの接種に優先順位ができたようだ。しかし、新型インフルエンザは誰も免疫を持っていない。このままだと新型インフルエンザのピーク時には学級閉鎖も多発するだろう。その他、新型インフルエンザと合併症、変異、ウィルガードなどの話題も。
生理痛の原因
生理痛の原因について。他に、生理痛の原因と症状である吐き気や下痢、そして漢方などの話題も。参考までに、生理痛が原因となり腹や胃の痛みや嘔吐、熱などを併発することもある。
生理痛緩和に効くつぼ
生理痛緩和に効くつぼ(ツボ)について。他に、生理痛緩和の方法や食べ物などの話題も。参考までに、生理痛緩和の対処法としては整体、栄養成分、漢方薬などもある。
いびき治療
いびき治療のお勧めの方法や手術などについて。いびき治療というと病院や耳鼻科が有名だが他にも治療方法はある。参考までにいびき治療の盛んな地域は東京、大阪、名古屋、福岡、埼玉の順である。