依存症の種類・原因・症状と治療法

依存症の種類・原因・症状

依存症,種類,原因,治療法,買い物,アルコール,恋愛,ニコチン,インターネット,女性

依存症の種類としては、買い物、アルコール、恋愛、ニコチン、インターネット、携帯電話などいろいろある。
そして、依存症の患者には、いろんな特徴点があるといえる。

 

依存症の原因である衝動性とは、悪い結果をもたらすかもしれないのに、自分の欲求のためにその時自分のおかれている立場をよく考えずに行動してしまう特性である。
衝動性が高いと、犯罪を生じてしまう可能性も有る。
依存症の患者は、衝動性が高いと言われている。
たとえば、煙草(たばこ)依存症の人が禁煙場所で喫煙しているのを注意された時や、携帯電話依存症の人が公共機関内での通話を注意された時など、依存している行為を止められた事で暴力事件が生じるケースの場合が有る。
その行為をする事によって金銭などの見返りがあるケースの場合にも、依存を高める原因が有る。
たとえば、お金を賭ける行為で勝てばお金が手に入る。
ケースの場合によっては大金を手にする事ができるだろう。
お金を賭ける行為の依存症の人は、お金という見返りを求めてお金を賭ける行為に執着してしまう。

 

依存症の原因は、向精神物質からくるものとある決まった行為からくるものに分類される。
向精神物質とは、人間の中枢神経に機能して精神機能を刺激する物質の事である。
薬などがこれに当たり、薬を摂取する事によって快感を覚えやめられなくなる。
薬なしでは生きていけないという症状にまで発展していき、最終的には身体や精神状態をボロボロにしてしまう。
また、お金を賭ける行為などの決まった行為によって儲けることができたケースの場合にも、同じように快感を覚え執着してしまう症状がでる。。
酷く(ひどく)なると借金をしてまでお金を賭ける行為をするようになってしまう。


スポンサードリンク

依存症の治療方法について

依存症,種類,原因,治療法,買い物,アルコール,恋愛,ニコチン,インターネット,女性

依存症の症状は、ある決まった行為をする事で快感や安心感が得られると、その行為に執着するようになり慢性化する。
自分が依存症であるという自覚がないと、どんどんのめり込んでいって自分のコントロールができなくなってゆく。
依存症になってしまうと、依存している行為をやめようとしてみてもなかなかどうしてやめられないむずかしい病気である。
依存症は、身体だけでなく精神状態にも支障をきたする。
そして自分の周りの人にも影響を及ぼす事も有る。
症状が軽いと自分のコントロールもまだできるので、症状の軽いうちに治療を始めるのが理想的であるが、依存症の患者は依存症と診断されてもそれを自覚するには時間がかかり、すぐに治療を受けようとしないケースの場合が多いようである。

 

依存症の治療は、普通の病気のように薬や手術で効果が出ない。
依存している行為をやめる事が一番なのであるが、その為には周りの人の協力や生活環境の修正が必須事項となる。
日常生活でのストレスまたはフラストレーションやショックが依存症の発症の原因に為っているケースの場合もあるので、これらを除去する事が治療の第一歩である。
また、周りの人がいくら依存行為をやめさせようとしても、自分にやめる意志がなければ、治療としては意味がない。
周りの人に依存を指摘された事がストレスまたはフラストレーションになって、かえって逆効果になってしまうケースの場合も有る。
依存症の治療方法としては、まず自分が依存症を自覚し自分の意志でやめたいと思い、その上で周りの人が協力していく事で初めて治療ができるのである。


アルコール依存症とその症状

アルコール依存症とは、「アルコールがないと落ち着かない」「アルコールをやめようと思ってもやめられない」などの症状が出る病気である。
以前は、アルコール依存症は「慢性アルコール中毒」と呼ばれていた。
いわゆる「アル中」である。
現在では、慢性アルコール中毒という言い方は差別的表現として使われなく為っている。
アルコール依存症になると日常生活に支障をきたすようになり、自分の家内で問題が起きたり仕事を失ったり、事件や事故などを生じさせたりするケースの場合が有る。
また、肝臓の病気や高血圧、神経障害、うつ病などの病気はアルコールが原因だと言われている。

 

アルコール依存症に陥ってしまうのは、かつては本人の意志が弱い身体とされてきたが、現在では精神状態の病気の1つとして扱われている。
精神状態面で異常をきたしているため、アルコールの摂取(飲酒)が自分でコントロールできないと考えられている。
日本で飲酒している人の数は、約6000万人と言われている。
この中でアルコール依存症の患者は約230万人いる。
つまり、飲酒する人の26人に1人がアルコール依存症に為っているという事になり、飲酒する人なら誰でも発症する可能性があるといえる。
日本では、一日に飲むアルコールの量が150ml以上の人を大量飲酒者と呼びアルコール依存症だと看做して(みなして)いる。
これは、日本酒では約5.5合、ビールでは大瓶6本分、ウイスキーではダブルで6杯分にあたる。

女性はアルコール依存症になりやすい

アルコール依存症は、男性より女性の方がなりやすいと言われている。
女性ホルモンやその体格が原因だと考えられているが、アルコール依存症になると症状が進むのも早いようである。
男性は職場の付き合いなどでお酒を飲むケースの場合が多いものであるが、女性は精神状態面が衰退している時にお酒を飲むケースの場合が多いといえる。
女性がアルコール依存症になっていく原因としては、嫌な気持ちを飲酒する事で忘れたいと思うために、どんどんお酒にのめり込んでいきアルコール依存症になってしまうのである。

 

また、アルコールは肝臓に良くない事はご存知だと思う。
肝臓は、アルコールによって脂肪肝から肝炎、肝硬変へと悪化してゆく。
普通男性は、飲酒を15から20年継続して肝硬変になる。
しかし、女性は10年から15年という男性に比較して約3分の2の速さで肝硬変に至ってしまうそうである。
この原因は2つ有る。
1つは女性ホルモンである。
女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、肝臓のアルコールの代謝を遅らせていると言われている。
エストロゲンの分泌の多い月経前は、特にアルコールに酔いやすい状態なのだそうである。
もう1つは女性の体格である。
男性に比較して女性は体重が軽く、これは体内の血液の量が男性より女性の方が少ないという事を意味する。
その為、男性と女性が同じ量のお酒を飲むと、当然男性より女性の血液の中のアルコール濃度は高くなる。
同じく肝臓も男性より女性の方が小さいので、肝臓でアルコールを処理する能力は男性より劣ってしまう。
こういった具合に、女性はアルコールに弱い体質であり、アルコール依存症になりやすいといえる。

インターネット依存症の治療

インターネット依存症の治療にはどのような事をするのだろうか。
一般的に依存症を治療するには専門医にかかると言われているが、日本にはインターネット依存症の専門医がいないのが現状である。
インターネット依存症には、これといった治療法や対処法がまだないのである。
ただ、インターネット依存症によってうつ病や神経疾患を併発したケースの場合には、精神科や心療内科などで診察を受ける事もあるようである。

 

ハッキリした治療法がないインターネット依存症であるが、病院に通院する事なく回復した例も有る。
自分自身で回復したという事例の中に、パソコンが壊れた、何らかの理由でインターネットへの接続ができなくなった、インターネットで嫌な思いをした、インターネット依存症の患者を見て嫌だと思った、インターネットに飽きたなどが挙げれる。
一度インターネットから離れてみる事が回復につながるようである。

 

また、周りの人の協力によって回復した事例も有る。
インターネット依存症の人を見せる、依存症からの回復した人に体験談を耳にする、異なる事に興味を持たせる、パソコンや携帯電話を取り上げてしまうなどが挙げれる。
自分を客観的に見て自分がインターネット依存症だと認識させる事で、回復していこうというわけである。
しかし、重度の依存の人は自分が依存症だと認めなかったり開き直ったりするケースの場合も有る。
パソコンを取り上げた事により、ケンカや暴力につながるかもしれない。
そうならないためにも、インターネット依存症の症状が軽いうちでの発見が非常に大事となってくる。

ニコチン依存症

初めて煙草(たばこ)を吸ったケースの場合、肝臓がニコチンをうまく分解できず急性ニコチン中毒を起こす事が有る。
しかし喫煙を繰り返していくと、肝臓は少しずつニコチンを分解するようになってゆく。
そうなると煙草(たばこ)の本数もだんだんと増加していき、常に血液の中に一定のニコチンを求めるようになる。
これがニコチン依存症の原因と症状である。
喫煙は肺がんや生活習慣病を生じさせる原因になる。
その為、これらの病気を抑制かつ予防するためにドクターから受ける喫煙指導を治療とし、ニコチン依存症の治療は医療保険の対象と為っている。

 

喫煙は趣味や習慣または慣例だと考えがちであるが、実際は喫煙する人はニコチン依存症であるといえる。
ニコチンは、もともとは人の身体の中にあり大脳や自律神経の神経伝達物質として働いている。
しかし、このニコチンと喫煙によって体内に入るニコチンは相違する。
喫煙によってニコチンが体内に入ると、脳に影響を及ぼしニコチンがないと異常なく機能しないという状態になってしまう。
煙草(たばこ)を吸ってリラックスしたり、集中力が高まったり、ストレスまたはフラストレーション解消になったりするのはその為である。

 

ニコチン依存症になると、常に血液の中に一定のニコチンをキープしようとする。
たとえば、吸っている煙草(たばこ)よりニコチンの少ない煙草(たばこ)に替えたとする。
そうすると身体は一定の血中濃度を求めるため、吸う本数やピッチが早くなったり、深く吸い込んだり、根元までガッチリ吸ったりするようになる。
結果として体内に取り込むニコチンの量は変わらないのである。
ゆえにニコチンの少ない煙草(たばこ)に切り替えたからといって、煙草(たばこ)を控えている事にはならないのである。

買い物依存症とその症状

買い物依存症とは、買う必要がないのに次から次へと買い物を続け、最終的には借金までして買い物に執着してしまうという症状である。
買い物依存症の患者は、若い女性を中心に増加傾向に有る。
ストレスまたはフラストレーション解消に買い物をする人は多いと思う。
普通なら、ストレスまたはフラストレーション解消に買い物をしたとしても自分の活用できるお金の範囲内で買い物をすると思う。
例え衝動買いで高価な物を買ってしまっても、その後しばらくは買い物を控えるだろう。
しかし、買い物依存症になってしまうと買い物したいという気持ちをストップする事が不可能だ。
ちょっとストレスまたはフラストレーションがたまっただけで、買い物によってストレスまたはフラストレーション解消しようとする。
買った「品物」よりも、買い求めるという「行為」に快感を覚える病気であるといえる。
買い物依存症の症状としては、買い求める事に依存しているために、興味のない物を買い求めるケースの場合が気のせいか多く、買った物が包装されたままの状態で放置してある事が殆どである。
また、その未活用の商品をネットオークションにかけて以下の買い物への資金にする事もあるそうである。

 

買い物依存症の患者は、いらないものを買い求めているという自覚はあるという。
しかし、買い物する事によって気持ちは高まりストレスまたはフラストレーションも解消されるので、買い物がやめられないのである。
また、買い物依存症の症状として、店員に対してお客さまであるという優越感を味わいたいために買い物をするケースの場合もあるそうである。
買い物の回数が多くなると、当然支払額も大きくなってくる。
そのうちに自分の給料だけでは支払いできなくなり、借金するようになっていくのである。
買い物依存症の患者は、借金したお金でさえも買い物にあてるほど、買い物への執着はなくならない。

買い物依存症の克服方法

買い物依存症とは、買う必要がないのに次から次へと買い物を続け、最終的には借金までして買い物に執着してしまう病気である。
特に欲しくない物を買ってしまう、給料の大半を買い物に用いる、買い物したいと思うと他の事ができなくなる、買い物をしてもすぐ以下の買い物をしたくなる、借金してでも買い物がしたいなどの症状が現れたら、買い物依存症の疑いが有る。
買い物依存症は、買い物によってストレスまたはフラストレーション解消する事がエスカレートして生じる。
自分が買い物依存症ではないかと実感したら、クレジットカードを解約したりストレスまたはフラストレーションの解消方法を他の趣味などに見出したりするなどして、買い物する事を控えた方が良いかもしれない。

 

買い物依存症を克服するには専門家に相談するのが一番であるが、自分の努力で克服する事もできる。
買い物依存症を克服するためにまず最初は、財布の中に必用最低限しかお金を入れないようにする事である。
急にお金が必須なケースの場合があるかもしれないからと多めに持っておくと、そのお金を買い物に用いてしまうかもしれない。
もし自分の用事ではないお金が必須事項になったら、その時は立て替えてもらうと良いだろう。

 

買い物依存症を克服方法として一番良い方法は、クレジットカードを持たない事である。
しかし、カード無しでは実に不便な世の中になってきているのが現実である。
近頃では、お店独自のクレジットカードも発行されているので、財布の中には何種類かのクレジットカードが入っているのではないだろうか?
カード1枚ずつに限度額があるので、各々(おのおの)のカードの限度額を合算すると相当高額の買い物ができてしまう事になる。
買い物依存症を克服方法としては、メインのクレジットカードを1枚だけ決めて、それだけを用いるようにすると良いだろう。

 

周囲の人に、自分が買い物依存症だという事を知ってもらうのも方法の1つである。
恥ずかしいかもしれないが、自分の病気である買い物依存症を知ってもらう事によって自分をサポートしてくれるし、周囲の人に軽蔑されないために自己統制・管理が可能になる。
買い物依存症の患者の殆どが、自分が買い物にどれだけのお金を用いているのかわかっていないそうである。
買い物依存症の患者は、現実を知ってしまうのが怖いのである。
毎回、何をいくらで買い求めたか記録をつけておくと、自分への戒めにもなって効果的である。
これらの方法をうまく活用して買い物依存症を克服していきたいものだ。

恋愛依存症とその症状

恋愛依存症とは、恋愛にのめり込んで自分の事は二の次で相手にひたすら尽くす状態を云う。
交際相手のためにお金や時間を費やす、恋愛している間は自分の事がおろそかになる、交際相手が自分に無条件に愛情をくれると信じている、交際相手を束縛してしまうなどの症状があったら恋愛依存症の疑いが有る。
誰にでも恋愛依存症になる可能性が有る。
彼のために何時も美しくある努力をする事や美味しい食事を作る事、友人よりも彼を優先してしまう事なども恋愛に依存しているといえる。
恋愛依存症は心の病気である。
恋愛によって日常生活に支障きたすようになったら、恋愛依存症だと考えれる。
恋する女性であれば、誰でも交際相手に依存したくなるが、自己統制・管理がキッチリとできれば恋愛依存症にはならないだろうし、仮になったとしても克服するのはシンプルだと思う。

 

恋愛依存症患者に限らず、全てのカップルに当てはまるが、交際相手との間に信用関係が誕生すると安心感が得れる。
長く付き合っていると、そのうち相手に対してトキメキを実感しなくなるが、これはトキメキが安心感に変化したといえる。
普通の恋愛では、安心感が得られるようになったら二人の関係は落ち着いていると言って良いだろう。
しかし、恋愛依存症の患者は安心感を得ると相手への要求がどんどんエスカレートしていってしまう。
束縛もその1つだろう。
これらの要求が、恋愛依存症の恋愛相手には重荷になってきてしまい恋愛が長続きしなくなる。
交際相手と別れてしまうと、また以上の恋愛を求め同じ事をくり返す症状が出る。
複数の恋愛をくり返す事によって、恋愛依存症の患者自身もこのままではダメだと実感してはいるが、自分のコントロールができずに苦しんでいる事が多いようである。

依存症の種類・原因・症状と治療法関連エントリー

男の更年期障害
男の更年期障害のめまいやうつ病などの症状などについて。他に男性の更年期障害と薬や漢方薬の関係や検査に関する話題も。さらに、男の更年期障害の症状として、動悸やむくみに関した情報も紹介する。
腰痛の原因と予防と治療法
腰痛の原因と予防と治療法について。他に腰痛の予防体操やコルセット、ベルト、腰痛に効くツボ、整形外科などの話題も。さらに、腰痛と出産と妊娠の関係、椎間板ヘルニアの関係などについても紹介。
水虫の症状と治療薬
水虫の症状と治療薬について。水虫薬で実践する治療のことや予防・対策法などに関連した話題も。他に、足だけでなく、手、爪などの水虫のことや子供の水虫についてもご紹介。
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療方法について。他に、統合失調症の陰性症状と陽性症状の違いや緊張型などの分類、更に統合失調症の薬物治療に関してご紹介。
禁煙の効果・方法・グッツの紹介
禁煙の効果・方法や禁煙の禁断症状を抑止する電子たばこや二コレットなどのグッツを紹介する。他に、禁煙草やセラピー、外来の話題や禁煙と女性の関係についても紹介する。
糖尿病の食事の献立
糖尿病の食事の献立や宅配のレシピやメニューなどについて。その他、糖尿病の食事の指導、間食の問題、外食のメニューなどの情報も。さらに、糖尿病の食事の食品交換表とカロリーや単位などもご紹介。
新型インフルエンザとは?
厚労省によると新型インフルエンザ患者の確認地域は、横浜市、札幌、沖縄県、愛知などだ。乳幼児が新型インフルエンザに感染すると大変だ。そこで、新型インフルエンザ対策として人気中なのがダイキンの空気清浄機のようだ。他に、新型インフルエンザとパンデミック、タミフル、リレンザ、備蓄などの話題も。
新型インフルエンザの潜伏期間
新型インフルエンザの潜伏期間について。新型インフルエンザの初期症状の特徴としては微熱が有名だ。特に、乳児の新型インフルエンザは危険なので治療する前に予防接種を受けたいものだ。さらに、新型インフルエンザのワクチンや脳症などの話題も。
新型インフルエンザと免疫
国立感染症研究所や厚生省によると、新型インフルエンザ用ワクチンの接種に優先順位ができたようだ。しかし、新型インフルエンザは誰も免疫を持っていない。このままだと新型インフルエンザのピーク時には学級閉鎖も多発するだろう。その他、新型インフルエンザと合併症、変異、ウィルガードなどの話題も。
生理痛の原因
生理痛の原因について。他に、生理痛の原因と症状である吐き気や下痢、そして漢方などの話題も。参考までに、生理痛が原因となり腹や胃の痛みや嘔吐、熱などを併発することもある。
生理痛緩和に効くつぼ
生理痛緩和に効くつぼ(ツボ)について。他に、生理痛緩和の方法や食べ物などの話題も。参考までに、生理痛緩和の対処法としては整体、栄養成分、漢方薬などもある。
いびき治療
いびき治療のお勧めの方法や手術などについて。いびき治療というと病院や耳鼻科が有名だが他にも治療方法はある。参考までにいびき治療の盛んな地域は東京、大阪、名古屋、福岡、埼玉の順である。