糖尿病の食事の献立

糖尿病と食事の指導について

糖尿病,食事,献立,宅配,レシピ,メニュー,指導,間食,食品交換表,単位

糖尿病とは、血液中のブドウ糖を整えるインスリンの機能不足で、血液中の糖分が多くなる病気である。
ブドウ糖は体を動かすエネルギー源であり、血糖値が高いと言う事は、エネルギー源が体に行き渡らず血液の中にあふれてしまう状態なのである。
こうなるとエネルギー源が体に届かないので、全身のエネルギーが足りず、いろんな合併症を生じさせる。
2002年の糖尿病実態調査によると、糖尿病が力強く疑われる人は約740万人だそうである。
その他、糖尿病の可能性を否定できない人は約880万人。
合計で1997年調査時よりも約250万人も糖尿病の患者数は増加している。
治療の基本中の基本は日常生活の強度に合った食事(食事療法)や運動療法である。
これで充分な効果が得られないケースの場合は、血糖降下剤などの内服薬、インスリン注射等の薬物療法が用いられる。
糖尿病は大きく分けて、自己免疫異常でインスリンが作れなくなる1型か生活習慣または慣例が原因の2型があり、殆どの患者が2型である。
2型の主な原因は、高脂肪食の過剰摂取や運動不足である。
プラスして過食・肥満・ストレスまたはフラストレーションも原因となる。
遺伝的要素も有る。
2型糖尿病のケースの場合は、食事療法や運動療法でまず血糖値を下げるようコントロールする。
1日の食事の適正量は、身長、体重、年齢、性別や仕事内容などを考慮してドクターが指導する。
ドクターから糖尿病の食事療法の指導を受けた際に糖尿病食事指導票が渡されるので、それに応じたバランスの良い食事を取ることが肝心である。
朝食・昼食・夕食・間食でどれくらいずつ食べるかを、食品交換表を活用して配分するように、指導を出されることが多いようであるので、それに従って献立を考えよう。


スポンサードリンク

糖尿病の食事を指導してもらう

糖尿病,食事,献立,宅配,レシピ,メニュー,指導,間食,食品交換表,単位

糖尿病になると食事、運動など普段の生活で気を付けなければならないことが気のせいか多くなる。
食事の栄養バランスやカロリー・コントロールなどを身につけねばならず、戸惑うことも多いものである。
たくさんの情報を得るための、糖尿病をはじめとした生活習慣病などについての指導や学びの場とはどのような場所があるのだろう。
糖尿病の人に食事などを指導するための糖尿病教室や糖尿病料理教室を開いている病院はあまた有る。
糖尿病教室は普段の食事の取り方、食品交換表の使い方や外食の取り方、運動方法、薬について指導してくれ、糖尿病についての情報を幅広く学べる場である。
料理教室では、糖尿病の食事のための料理を実際に作ってみて食事をとることで、献立やレシピ、栄養バランスの取り方を学ぶと同時に、同じ病気の人達との交流を持つ機会になる。
また、病院だけでなく、糖尿病や高血圧対策の料理教室を開いている調理学校も有る。
プロの料理人の味付け、美味しいローカロリーの料理を学ぶチャンスである。
生活習慣例病について指導してくれる講座を開いているカルチャー・スクールも有る。
自治体が開く講座や勉強会だと無料、もしくは安価で参加できる。
大学の公開講座でも食に関連した講演などが有る。
糖尿病の人だけでなく、家族の人、糖尿病予防を考える人も参加して、情報を共有することが肝心である。
このような指導や学びの場は、自治体の広報、フリーペーパー、インターネットなどで認識することができる。
情報のアンテナを張って、上手に情報を集め活用していこう。


糖尿病の食事と間食

糖尿病の食事制限は朝、昼、晩の3食を決まった時間に決まったカロリー内で食べることを実践し、間食は禁止するよう指導される。
なぜ、決まった時間に食事を摂取するかというと、すい臓と身体自身にインスリンを吐き出す時間を覚えさせる為である。
こうすることにより、糖尿病で疲弊した すい臓からもっとたくさんのインスリンが分泌されるようになるわけである。
さらに、決まった時間と決まった回数で食事を摂取することで、すい臓の休む時間が多くなり、すい臓の負担を軽くするというわけである。
こうすることで血糖値は低値で落ち着いて良好な血糖値コントロールができるわけである。
食事と食事の間に間食が入ると、すい臓に休む時間がなくなってしまい、すい臓が疲弊してしまい、食事の時に必須なインスリンも出なくなってしまう。
こういった理由で糖尿病の食事の間食が禁止としているのだ。
つまり、糖尿病の人が間食をすると、せっかく食事制限をしているのに無駄になってしまうのである。

糖尿病の食事療法のための宅配のレシピと献立

糖尿病の血糖コントロールで肝心なのは食事療法であるが、献立やレシピを考え作ることを継続するのは、非常にたいへんだと思う人もいるだろう。
現在、いろんな業者による宅配の糖尿病食が有る。
宅配の糖尿病食を利用した場合、食事を作る手間がはぶけるというメリットの他に、カロリー計算や栄養バランスが糖尿病患者のためにガッチリ考慮されているので、その料理の種類・量・味付けなどが実際に目や舌で納得できる、という長所が有る。
リアルな糖尿病患者の人だけでなく、家族の人も宅配の糖尿病食が一体全体どのようなものかを納得する機会になる。

 

糖尿病患者の人のための宅配業者と献立やレシピを何種類か紹介する。

 

★タイヘイ株式会社・・・ヘルシー御膳(冷凍弁当タイプ)、CCSメニュー(食材お届けタイプ)
ヘルシー御膳の献立やレシピは電子レンジで温めるだけであり、CCSメニューは下ごしらえした食材と調味料付きの献立やレシピである。

 

★株式会社ニチレイフーズダイレクト・・・ 糖尿病食(240kcal、320kcal常温保存 レトルトタイプ)、気くばり御膳(冷凍保存)
糖尿病の食事の献立やレシピ(240kcal、320kcal)はレトルトタイプでお湯に入れるか、封を切って電子レンジで温めるだけである。
気くばり御膳は電子レンジで温めるだけの献立やレシピで組み立てられている。

 

★株式会社武蔵野フーズ・・・ムサシノ食品健康宅配本部 健康宅配 糖尿病食 すこやか膳(冷蔵宅配ーチルド商品)
糖尿病の食事の献立やレシピは、電子レンジで温めるだけのものである。

 

★有限会社ゲルソン商会・・・カロリーコントロール食(冷蔵宅配ーチルド商品)
糖尿病の食事の献立やレシピは、電子レンジか蒸し器で温めるだけである。

 

上記の宅配業者によると、1食だけ、あるいは1日分の注文など、多用な注文ができるのも特徴である。
糖尿病の食事をどうしても作らなければならない、というフラストレーションも解消されるので、選択肢の1つとして考えてみて欲しい。

糖尿病の外食とメニュー

糖尿病の人が一番気を付けなくてはならないのは、毎日の食事である。
糖尿病の人の場合で、自分の家での食事だけでなく、仕事などで外食の機会が多い人は、外食での食事の取り方を工夫しなければならない。
外食のメニューはカロリーが高いので、献立やレシピや食べる量に気を付けなければカロリーの取りすぎになってしまう。
普段から、どの献立がいったいどのくらいのカロリーになるかを把握しておいて、多すぎるようなら、残すことも大事である。
糖尿病の人の場合、揚げ物なら衣や脂身を残すなど、気を付けて食事を取ろう。
もったいないからと言って食べ過ぎは糖尿病の食事療法的には禁物である。
糖尿病の外食メニューとしては、和風のセットメニューだと、栄養バランスが取れており、カロリーも掌握しやすいのでおススメである。
丼物はご飯が多いし、ファストフードは栄養が偏っているうえにカロリーが高い。
外食メニューとしては、一品物よりも定食などセットメニューをえらぶのが良いだろう。
糖尿病の人は、水準量がわかりやすい外食メニューをえらぶよう心がけて欲しい。
ポケット版のメニュー別カロリーや、食品交換表での1単位80キロカロリーはどれくらいか、などが掲載されている本が気のせいか多く販売されているので、使いやすいものを購入して、常に携帯すると良いだろう。
近頃は写真で掲載されて見やすいものがたくさん書店で手に入る。
外食では、どうしても栄養が偏りがちになるので、そんな時は自分の家での食事で整えるよう、心がけよう。
できれば、糖尿病の人が外食をとるケースの場合は、1日1回を限度にして欲しい。
糖尿病といえども、食べてはいけないものがあるわけでもないし外食してはいけないわけでもなく、バランスよく、そして食べすぎなければ良いのである。

糖尿病の食事とカロリー、単位 ≪食品交換表パート1≫

糖尿病の食事療法で利用される食品交換表では、約500種類の食品を主に含まれる栄養素によって以下の6種類の表に分類されている。

 

表1 主食の仲間
表2 くだものの仲間
表3 魚・肉・大豆・チーズ・卵
表4 乳製品の仲間(チーズは除く)
表5 油の仲間
表6 野菜の仲間(海草、きのこ、こんにゃくを包含する)

 

糖尿病の食事として、日常、自分が食べる食品がどのグループに入っているのかを把握しておくと、栄養バランスの取れた食事を取ることができる。
食品交換表の中では、80キロカロリー=1単位として計算している。
この6表と調味料・塩分の数値も加わる。
糖尿病の人の場合、ドクターから1日の身長、体重、年齢、性別や仕事内容などを考慮してエネルギー摂取量を指導されるので、各表の中で配分して献立やレシピを決めて食事を取ろう。
たとえば、ご飯50グラムが1単位となる。

 

1日の指導単位(指導エネルギー)の配分例 1600キロカロリーのケースの場合は
表1 11 単位(朝3 昼4 夕4)
表2 1
表3 4(朝1 昼1 夕2)
表4 1.5
表5 1
表6 1(朝0.3 昼0.3 夕0.4)
調味料0.5
塩分 7g以下
以上 合計合計20単位となる。

 

エネルギー摂取量の水準は、標準体重×身体活動量
★標準体重(kg)=身長(m)×身長(m)×22
★標準体重1kgあたりの身体身体活動量の水準は
軽労働(デスクワークの人や主婦) 25から30キロカロリー
立ち仕事の多い職業の人 30から35キロカロリー
力仕事の多い職業の人 35キロカロリーから
これらは、あくまでも水準であるので、糖尿病の人はドクターの指導に従って欲しい。
栄養バランスが取れた食事を取ることは、糖尿病の進行を防ぐ上で、肝心なことなのである。

糖尿病の食事とカロリー、単位 ≪食品交換表パート2≫

糖尿病の食事療法で用いられる食品交換表では、各表の中で食品を交換できる。
表1 主食の仲間 では、食パン30グラムとご飯50グラムを交換することができる、という具合である。
但し、交換は同じ表の仲間の中だけでできるので、表1と表2の食品の交換はできない、と言う事になる。
糖尿病の人の毎日の食事としては、単位配分の指導をもとに考慮する。
1例としては
主食は、表1のご飯、パン類、麺類から。
主菜は、表3の魚・肉・大豆・卵・チーズから。
調理方法も煮る、焼くなどカロリーが高くなりすぎないよう、よく考慮しよう。
副菜は、表6の野菜の仲間(海草、きのこ、こんにゃくを含有する)や表3の魚・肉・大豆・卵・チーズを組み合わせる。
牛乳や果物は献立やレシピに応じて3食の中や間食で。
塩分量を守るために、味付けは薄味に。

 

単位数を守るためには、1単位はどのくらいの量になるかを実際に測って、調理し、食べてみて、自分の目やお腹で覚えると良いだろう。
覚えておくと外食でも、どのくらい食べればいいのかがつかめる。

 

糖尿病の食事療法の基本としては
1.腹8分目にして
2.食品の種類は可能なかぎり多く摂取する
3.脂肪は控えめにして
4.食物繊維を多く包有する食品(野菜、海藻、きのこなど)を食べること
5.3食を規則正しく、ゆっくり、よく噛んで食べる

 

最初から完璧に指導された通りに食事を摂取するのはむずかしいだろう。
糖尿病の食事療法としては、ちょっとずつ、指導された単位に近づけるように心がけると良いと思う。
規則正しく栄養バランスのとれた食事療法で、糖尿病の進行を防ごう。

糖尿病の食事の献立関連エントリー

男の更年期障害
男の更年期障害のめまいやうつ病などの症状などについて。他に男性の更年期障害と薬や漢方薬の関係や検査に関する話題も。さらに、男の更年期障害の症状として、動悸やむくみに関した情報も紹介する。
腰痛の原因と予防と治療法
腰痛の原因と予防と治療法について。他に腰痛の予防体操やコルセット、ベルト、腰痛に効くツボ、整形外科などの話題も。さらに、腰痛と出産と妊娠の関係、椎間板ヘルニアの関係などについても紹介。
水虫の症状と治療薬
水虫の症状と治療薬について。水虫薬で実践する治療のことや予防・対策法などに関連した話題も。他に、足だけでなく、手、爪などの水虫のことや子供の水虫についてもご紹介。
依存症の種類・原因・症状と治療法
依存症の種類・原因・症状と治療法について。依存症の種類としては、買い物、アルコール、恋愛、ニコチン、インターネット、携帯電話などいろいろある。当ホームページでは、これら各種依存症の解説や女性と依存症の関係などについても紹介する。
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療方法について。他に、統合失調症の陰性症状と陽性症状の違いや緊張型などの分類、更に統合失調症の薬物治療に関してご紹介。
禁煙の効果・方法・グッツの紹介
禁煙の効果・方法や禁煙の禁断症状を抑止する電子たばこや二コレットなどのグッツを紹介する。他に、禁煙草やセラピー、外来の話題や禁煙と女性の関係についても紹介する。
新型インフルエンザとは?
厚労省によると新型インフルエンザ患者の確認地域は、横浜市、札幌、沖縄県、愛知などだ。乳幼児が新型インフルエンザに感染すると大変だ。そこで、新型インフルエンザ対策として人気中なのがダイキンの空気清浄機のようだ。他に、新型インフルエンザとパンデミック、タミフル、リレンザ、備蓄などの話題も。
新型インフルエンザの潜伏期間
新型インフルエンザの潜伏期間について。新型インフルエンザの初期症状の特徴としては微熱が有名だ。特に、乳児の新型インフルエンザは危険なので治療する前に予防接種を受けたいものだ。さらに、新型インフルエンザのワクチンや脳症などの話題も。
新型インフルエンザと免疫
国立感染症研究所や厚生省によると、新型インフルエンザ用ワクチンの接種に優先順位ができたようだ。しかし、新型インフルエンザは誰も免疫を持っていない。このままだと新型インフルエンザのピーク時には学級閉鎖も多発するだろう。その他、新型インフルエンザと合併症、変異、ウィルガードなどの話題も。
生理痛の原因
生理痛の原因について。他に、生理痛の原因と症状である吐き気や下痢、そして漢方などの話題も。参考までに、生理痛が原因となり腹や胃の痛みや嘔吐、熱などを併発することもある。
生理痛緩和に効くつぼ
生理痛緩和に効くつぼ(ツボ)について。他に、生理痛緩和の方法や食べ物などの話題も。参考までに、生理痛緩和の対処法としては整体、栄養成分、漢方薬などもある。
いびき治療
いびき治療のお勧めの方法や手術などについて。いびき治療というと病院や耳鼻科が有名だが他にも治療方法はある。参考までにいびき治療の盛んな地域は東京、大阪、名古屋、福岡、埼玉の順である。