新型インフルエンザとは?

新型インフルエンザとパンデミック

新型インフルエンザ,厚労省,横浜市,札幌,沖縄県,愛知,乳幼児,ダイキン,空気清浄機,リレンザ

インフルエンザの新型流行に伴い、テレビの報道などでよく「パンデミック」という言葉を耳にするように成った。
「パンデミック」とは、一定期間内にある感染症が世界中で流行することを云う。
近年、新型インフルエンザについてWHOは新型インフルエンザパンデミックによりたくさんの死者がでると予想して警戒している。
いままで大きな流行となったパンデミックには、1918年にスペインインフルエンザが有る。
更に1957年にアジアインフルエンザ、1968年には香港インフルエンザ、1977年にはソ連インフルエンザなどが挙げれる。
特にスペインで発生したインフルエンザは世界中で約4,000万人もの人が亡くなり、日本国内においても約39万人の人が亡く成った。
こういった具合にして新型インフルエンザパンデミックはあるレベルの周期で発生している。
近年は人口が増加して都市部に人が集中しており、更に交通機関の日進月歩により人が気のせいか多く集まる場所などが多いことから、パンデミックが生じるとあっという間に世界中に蔓延する危険があるとされている。
しかしながらいつパンデミックが生じるか予想は不可能だ。
しかし新型インフルエンザが発生してからパンデミックになるまではあっというまで短期間で推移動するると考えられる。
このようなことから、日頃から地域で連携してパンデミックが発生した際の対処方法などを考えておく必要が有る。
中でもパンデミックの際に人々の生活が困らないように、ライフラインを確保することが一番肝心である。
その為にも医療従事者や国や地域の危機統制・管理に携わる人、ライフライン関係の仕事をしている人、警察などの治安キープを行っている人など最低限必要な人達に新型インフルエンザの抑制かつ予防接種などの事前対策を考えておくことも必要である。


スポンサードリンク

厚労省によると新型インフルエンザ患者の確認地域は、横浜市、札幌、沖縄県、愛知など

新型インフルエンザ,厚労省,横浜市,札幌,沖縄県,愛知,乳幼児,ダイキン,空気清浄機,リレンザ

厚労省によると新型インフルエンザ患者の確認地域は、横浜市、札幌、沖縄県、愛知などだ。
もしも新型インフルエンザにかかってしまったら、病人の部屋の統制・管理や看病する人はどのようなことに気を付ければ良いのだろうか。
また羅患後どれくらいで学校や職場に復帰して大丈夫なのだろうか。
まず大事なことは看病する人間が新型インフルエンザにかからないように二次感染を防ぐことである。
その為には、患者自身がマスクをして空気中にウイルスを飛ばさないようにしなければならない。
ある程度頻繁に換気を行い空気中のウイルスを追い出すようにすべきだ。そして接触感染の危険もあるので、手洗いもガッチリ行わなければならない。
インフルエンザウイルスにはほぼ全ての消毒薬が大丈夫である。ウイルスが死滅するように部屋を換気したあとは、加湿も怠ってはいけない。
一般的にはインフルエンザを発症してから3日から7日レベルでウイルスが体内から排出される。排出される期間は個人差が有る。
更に抗インフルエンザ薬を活用した人は、1から2日期間短縮される。学校保健法は、「解熱後2日経過するまで出席停止」と定めている。
その代わり「病気の状態によってドクターが認めたケースの場合、大丈夫と判断したケースの場合はこの限りではない」とも定められている。
職場復帰に関連しては特に決められていない。羅患後、体力が復帰して大丈夫だと判断すれば職場復帰できる。しかし決して無理をしてはいけない。
解熱して感染力もないことから復帰して、但し咳やくしゃみなどの症状がまだ残っているケースの場合は、マスクをするなどして周囲へ配慮しなければならない。


新型インフルエンザとタミフル

インフルエンザに一番適切な治療薬として、また副作用の異常行動でもテレビでお馴染みの薬「タミフル」について詳しく解説する。
「タミフル」とは、インフルエンザ治療に画期的な薬として誕生した。製造元はスイスにあるロシュグループで、日本での販売元は中外製薬である。
体内でのインフルエンザのウイルス増殖を防ぐ薬である。
ただ発症後48時間以内に服用しないと効果がないため、なかなかどうしてすぐにインフルエンザと確信して医療機関に通うこともできないため服用がむずかしいものである。
タミフルの効果としては、インフルエンザウイルスをなくすというよりは、症状が酷く(ひどく)ならないように抑制するというほうが適切である。つまりインフルエンザにかかる期間を短くしてくれる効果が有る。
これは新型インフルエンザでも同じ効果が待望されている。
基本中の基本的にタミフルはインフルエンザのA型とB型に効果があるとされている。風邪などには効果がない。
新型インフルエンザにもハッキリと効果があるのかどうかも定かではないが、これ以外にインフルエンザ治療薬がない現状からするとタミフルに頼らざる得ない状況である。
現に日本では各都道府県が緊急時に備えてタミフルを備蓄している。タミフルで恐れられている副作用、中でも異常行動について一時期テレビでも相当報道されたのだ。
しかし専門家による鑑定後も、異常行動とタミフルの因果関係は証明されておらず、絶対にタミフルが危険という結論にはなっていない。
しかし2007年に原則的には10代でのタミフル活用は禁止と言う事に成った。10代の体力のある若者が異常行動にでたケースの場合、周囲の人間がそれを静止するのが困難という判断である。
このようなことから原則活用禁止に踏み切ったそうである。しかしながら、タミフルを飲んで実際にインフルエンザにかからなかったり、症状が軽減されたりという現状が有る。
新型インフルエンザ時の服用に際してもドクターと充分に相談して決定したいものである。

新型インフルエンザとリレンザ

抗インフルエンザ薬として「タミフル」の他にもう1つ「リレンザ」が有る。
リレンザはタミフルのように服用する薬ではなく、ディスクヘラーという吸引具を用いるタイプの吸入剤である。上気道の表面に到達させるように活用する。
ウイルスの表面には「ノイラミニダーゼ」というタンパク質が分布している。
リレンザはこのタンパク質の活動を阻害して、増殖を抑制する。
であるからこのリレンザもタミフルおなじ様に新型インフルエンザ治療薬としてその効果を待望されている。
リレンザの特徴点として挙げられるのは即効性があると言う事である。
タミフルのケースの場合は経口薬で服用タイプなので、口から飲んで腸に吸収されて更に血液で体の中を運ばれて効果を発揮するまでに多少時間がかかってしまう。その間に耐性ウイルスができてしまうという考えも有る。
であるからリレンザの即効性には相当魅力が有る。
新型インフルエンザが大流行を生じたら、この効果の即効性は相当適切に活動すると思う。
しかしながら、リレンザにもタミフルおなじ様に副作用の心配が有る。主な副作用には、下痢や嘔吐、発疹、聴覚障害などが有る。
しかしこれ以外にもタミフルとおなじ様に異常行動が挙げられている。これについて、リレンザと異常行動の因果関係も明らかにはなっていない。
服用する際は、絶対にドクターに相談して、実際に吸入する際、未成年は保護者の目の前で実践するようにしなければならない。
「タミフル」も「リレンザ」も品薄の状態が継続している。
ワクチンと同じく安定供給可能になることを望みたいと思う。

新型インフルエンザと備蓄

一般的に新型インフルエンザが流行した際に、感染抑制かつ予防として備蓄するものには以下のようなものが挙げれる。
第1に感染を抑止するための「マスク」である。マスクはN95マスクやサージカルマスクなどの不織布マスクがいいものである。
表面に菌がついたマスクを自分の家に置いて誤って触ってしまうことがないように、使い捨てのものを選び毎日取り替えるようにする。
せっかくマスクをしていても、そのマスクを触ってその手から鼻などの粘膜に菌が付着してしまう可能性があるからである。
次に必要なのが、目からの菌の進入を防ぐために「ゴーグル」である。これは使い捨てではなく継続的に毎日活用するタイプのものである。
更に「消毒薬」が必需品である。
これは自分の家だけではなく外出先でもすぐに活用できるように、携帯用と自分の家用を用意する。
ハンドソープなどで手を洗ってもいいものであるが、スプレー式の消毒剤などを活用または利用したほうが殺菌力は力強いのでいいものである。
タオルなどで手の水分を拭き取る必要がない、手もみでOKのタイプがおススメである。
新型は流行して発熱したケースの場合にすぐに熱が測れるように体温計なども出しやすい場所に保管しておく。
あとは環境を整えるものとして、「空気清浄機」である。適度な加湿は菌を殺すのに役立つ。インフルエンザのウイルスフィルタ付のものも有る。
あとは職場などに防護服や靴カバー、保護ゴーグルやキャップなどを用意しておこう。
非常食なども必要である。
企業などではマスクを初めとする非常食など社員分を最低でも3日分は備蓄しておくと良いだろう。

新型インフルエンザと備蓄その2

インフルエンザの流行などに備えて備蓄する必要のあるものをさっき挙げた。
ここでは各々(おのおの)の具体的な使い方を解説する。
新型が流行った際に慌てなくてもいいように、キッチリと備蓄しまたそれをいざというときに慌てなくて済むように用いるすべをキッチリと身につけておく必要が有る。
部屋の中を除菌する任務のある消毒剤として「クレベリンG」が有る。二酸化塩素からできている消毒剤である。玄関や洗面所、これ以外室内の高いところに設置して活用する。
しかし新型やこれ以外の感染症ではなく鳥インフルエンザのケースの場合は、「G2Tam αプラス」にて室内やドアノブなどを除菌するといいものである。
こちらは大豆アミノ酸からできている除菌剤になる。
手や指を消毒する手洗い用の消毒剤としては「ピュアクリーンV」などが有る。すぐに乾くので使いやすいものである。ドアノブなどにも噴射して活用可能だ。
マスクについて「サージカルマスク」は細菌を95%カットしてくれる効果が有る。
感染の危険度が低いときに用いるものである。
品薄状態が継続するほどの大人気「N95マスク」はウイルスを95%カットしてくれるものである。まさにインフルエンザにもってこいのマスクである。やや危険度のあるところでも活用可能である。
これらなら新型用に備蓄しておけば普通のマスクよりも何倍も安心である。
また外出する際には使い捨てのビニール手袋も着用する。
手で触ってしまって接触感染する可能性もあるからである。
また自分の家や職場には密閉型の衣装ケースを用意しておくと優秀で便利である。
防護服、靴カバー、ゴーグルなど外出時に活用した道具を密閉してしまっておけるからである。玄関先に、2つきのゴミ箱を置いておくことも大事である。
使い捨てのマスクや手袋などを自分の家に入る前に外でゴミ箱に捨てるためである。

新型インフルエンザと乳幼児

乳幼児や高齢者で新型インフルエンザの重症化が発生しやすいと言われている。
特に乳幼児に関連しては、重い脳障害などの危険性もあり実に怖いものである。脳症などは欧米ではあまり見られず日本で気のせいか多く見れる。
ハッキリとした原因はわかっていない。発症年齢のピークは1歳である。
いまのところ乳児期早い時期での発症報告はない。
インフルエンザには新型、季節性問わず特効薬として「タミフル」が有る。タミフルを服用すると症状が軽減できるので、気管支炎や中耳炎などになる可能性を減少させることができる。
しかしながら脳症は発症してから数時間で生じてしまう。であるからタミフルで脳症を防ぐことは不可能である。
脳症は発症してすぐになる危険性があり、3日目以降に発症した例はない。
脳症の原因も抑制かつ予防策も特にわかっていないので、脳症にならないためには、インフルエンザにならないようにするしかないのである。
乳幼児における抑制かつ予防接種はその点からいっても相当非常に大事度の高いものである。
乳幼児でインフルエンザの抑制かつ予防接種ができるのは生後6ヶ月以降である。
それ以前の赤ん坊は打てない。
本人だけではなく、乳幼児の周囲にいる家族や保育士、先生なども抑制かつ予防接種をするなどして感染抑止に努めることが大事である。
またぜんそくなどの疾患を所有している子供がインフルエンザを発症したケースの場合は、タミフルが症状を軽くするのに適切である。
しかしながら副作用も心配されるので、ドクターと相談して服用するようにすべきだ。

新型インフルエンザ対策とダイキンの空気清浄機

自分でできる新型インフルエンザ対策として、空気清浄機の設置が有る。
そして、新型インフルエンザ対策として人気中なのがダイキンの空気清浄機のようだ。
ダイキンの空気清浄機に限らず、現在は新型インフルエンザ用に空気中のウイルスを死滅させることができる機能などを備えた空気清浄機が気のせいか多く発売されている。
その中で何種類か紹介しようと思う。
コーウェイ社から発売されている空気清浄機「AP-2007CHJ」。
空気中の汚れをきれいに除去する抗菌、抗カビ機能に優れたフィルタ機能が付いていて室内の細菌を除去する。更に抗インフルエンザ専用のフィルタも付いている。マイナスイオンを発生させる。
天然成分のイチョウのエキスなどを用いてインフルエンザウイルスを除去することに成功した。
ヒトインフルエンザ、鳥インフルエンザ、レジオネラ菌などのウイルスを99%除去する。
またインフルエンザのウイルスは湿度に弱いことを活用または利用して加湿機能付きの空気清浄機もインフルエンザ対策にいいとされている。
ダイキンから発売されている空気清浄機「クリアフォース」。
加湿機能プラス脱臭や集塵を除去する機能でウイルスの活動を抑えて除去し、空気を綺麗(きれい)にキープしてくれるというものである。
加湿しすぎたケースの場合、部屋にカビなどが生じる要因にも成りかねない。湿度が多い日のことも考えて除湿機能まで兼ね備えた空気清浄機である。
加湿して湿度をコントロールすると、ウイルスの飛散距離も短くなってその結果人への感染も防ぐことができるのである。脱臭機能もあるので、くさいにおいもシャットアウトである。
これ以外にも数たくさんのインフルエンザ対策を施した空気清浄機が販売されている。
ぜひ自分の家やオフィスに設置を吟味(ぎんみ)してみて欲しい。

新型インフルエンザとプラズマクラスター

近年、インフルエンザも変異して新型インフルエンザが流行るなどいろんな感染症の危険が有る。その都度人々はマスクなどを求めて奔走する。
しかし新型インフルエンザの流行期になるとマスクは品切れ状態になってしまう。マスク以外に新型のインフルエンザから身を守る手段はないのか。
そこで近頃注目されているのが、シャープが発売している「プラズマクラスターのイオン発生機」である。
この発生機からはその名の通り「プラズマクラスターイオン」が放出される。これは空気中にあるカビやウイルスなどを不活発化して、分解する優れものである。
新型のインフルエンザに効果があるとは明言は不可能だが、空気中のカビやウイルスが除去されたことはテストで実証済みだそうである。
これ以外にも煙草(たばこ)や汗などの臭い数時間で室内から消すことができた。
部屋の中の空気を循環させて、何時も綺麗(きれい)にキープしてくれるのである。
空気中のカビやウイルスに効果があることはわかっているので、インフルエンザだけではなくこれ以外の病気も抑制かつ予防する効果が充分にあると考えられる。
更にこの発生機はプラズマクラスターイオンを大量に作り出し部屋全体に放出することができるから、部屋中に高濃度のイオンをだし除菌・分解もすばやくパワフルに実践することができるのである。
イオン自体の力も長寿命なので長く持続させることができる。
1日24時間使い継続しても電気代が高くならないように低消費電力設定に為っているのも魅力である。運転音も静かなので、1年中気にせず快適に用いることができる。
新型インフルエンザの抑制かつ予防対策として試してみる価値ありそうである。

新型インフルエンザと治療方法

新型インフルエンザも季節性とおなじ様に判断して、抗インフルエンザ薬のタミフルやリレンザなどの効果が待望されることは先に述べた通りである。
これ以外「シンメトレル」や「リマンタジン」などについては活用を推奨されていないのでご注意欲しい。
現時点で新型インフルエンザにおける抗インフルエンザ薬の効果については季節性のインフルエンザに順ずるものとして考えられている。
但し、肺炎や脳症などを抑制かつ予防できるという確かなものは何もない。
早い時期投与することにより、重篤な合併症が防げると言う事だけである。
今回の新型インフルエンザに関連しては、合併症も少なく殆どのケースが短期間で治癒している。
であるから持病などがなく合併症の危険度が少ない人には、抗インフルエンザ薬の活用を推奨しないというガイダンスも有る。
投与の必要性を充分に吟味(ぎんみ)してから、決定するべきである。
これ以外インフルエンザに伴う発熱の際の解熱剤としては、アセトアミノフェンなどを活用する。
但しボルタレンやポンタールなどは15歳未満には活用しないと為っている。
季節性のインフルエンザの際の脳症発生時に致死率を上昇させた可能性があるからである。
新型インフルエンザを発症したあと、重篤な肺炎にかかることがあるので充分に注意が必要である。
この際は抗菌薬を活用するが、抑制かつ予防のためには決して活用しないことと為っている。
また妊婦が新型インフルエンザに感染したケースの場合は、タミフルの活用を実践するようにWHOはすすめている。
妊婦が発症すると肺炎や合併症による危険度が高くなるため、タミフルの副作用を心配するよりもそちらの危険性を考慮しての判断である。

新型インフルエンザとは?関連エントリー

男の更年期障害
男の更年期障害のめまいやうつ病などの症状などについて。他に男性の更年期障害と薬や漢方薬の関係や検査に関する話題も。さらに、男の更年期障害の症状として、動悸やむくみに関した情報も紹介する。
腰痛の原因と予防と治療法
腰痛の原因と予防と治療法について。他に腰痛の予防体操やコルセット、ベルト、腰痛に効くツボ、整形外科などの話題も。さらに、腰痛と出産と妊娠の関係、椎間板ヘルニアの関係などについても紹介。
水虫の症状と治療薬
水虫の症状と治療薬について。水虫薬で実践する治療のことや予防・対策法などに関連した話題も。他に、足だけでなく、手、爪などの水虫のことや子供の水虫についてもご紹介。
依存症の種類・原因・症状と治療法
依存症の種類・原因・症状と治療法について。依存症の種類としては、買い物、アルコール、恋愛、ニコチン、インターネット、携帯電話などいろいろある。当ホームページでは、これら各種依存症の解説や女性と依存症の関係などについても紹介する。
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療方法について。他に、統合失調症の陰性症状と陽性症状の違いや緊張型などの分類、更に統合失調症の薬物治療に関してご紹介。
禁煙の効果・方法・グッツの紹介
禁煙の効果・方法や禁煙の禁断症状を抑止する電子たばこや二コレットなどのグッツを紹介する。他に、禁煙草やセラピー、外来の話題や禁煙と女性の関係についても紹介する。
糖尿病の食事の献立
糖尿病の食事の献立や宅配のレシピやメニューなどについて。その他、糖尿病の食事の指導、間食の問題、外食のメニューなどの情報も。さらに、糖尿病の食事の食品交換表とカロリーや単位などもご紹介。
新型インフルエンザの潜伏期間
新型インフルエンザの潜伏期間について。新型インフルエンザの初期症状の特徴としては微熱が有名だ。特に、乳児の新型インフルエンザは危険なので治療する前に予防接種を受けたいものだ。さらに、新型インフルエンザのワクチンや脳症などの話題も。
新型インフルエンザと免疫
国立感染症研究所や厚生省によると、新型インフルエンザ用ワクチンの接種に優先順位ができたようだ。しかし、新型インフルエンザは誰も免疫を持っていない。このままだと新型インフルエンザのピーク時には学級閉鎖も多発するだろう。その他、新型インフルエンザと合併症、変異、ウィルガードなどの話題も。
生理痛の原因
生理痛の原因について。他に、生理痛の原因と症状である吐き気や下痢、そして漢方などの話題も。参考までに、生理痛が原因となり腹や胃の痛みや嘔吐、熱などを併発することもある。
生理痛緩和に効くつぼ
生理痛緩和に効くつぼ(ツボ)について。他に、生理痛緩和の方法や食べ物などの話題も。参考までに、生理痛緩和の対処法としては整体、栄養成分、漢方薬などもある。
いびき治療
いびき治療のお勧めの方法や手術などについて。いびき治療というと病院や耳鼻科が有名だが他にも治療方法はある。参考までにいびき治療の盛んな地域は東京、大阪、名古屋、福岡、埼玉の順である。