新型インフルエンザの潜伏期間

新型インフルエンザと乳児、治療する前に予防接種

新型インフルエンザ,潜伏期間,初期症状,特徴,微熱,乳児,治療,予防接種,ワクチン,脳症

新型インフルエンザとは、豚などの動物の体内にあるインフルエンザウイルスが、人間に感染して体内で変異して増殖しながら人間から人間へ感染していくものである。
このウイルスの感染により生じる疾患のことを「新型インフルエンザ」と云う。
更に新型のケースの場合は、いままで流行ってきた季節性のインフルエンザと抗原性が大きく相違する。であるから人間の体内に抗体がない。
その為に全国的な流行によるたくさんの人間の命や健康に重大な影響を与えるとして恐れられている。
この新型インフルエンザは、日本国内だけではなく世界各地でもたくさんの死者をだしており、感染拡大を防ぐためにいろんな国際的な連携を行っている。
また新型インフルエンザのケースの場合は、抗体を殆どの人が持っていないため、従来のインフルエンザに比較して感染が拡大しやすくたくさんの人が感染する恐れが有る。
新型インフルエンザの感染経路は従来の季節性インフルエンザと同様で、せきやくしゃみが空気中を漂って吸い込むことにより感染する飛沫感染である。
これ以外にもウイルスが付着したものを実際に手などで触って、その手で目や鼻、口を触って粘膜に付着して感染する接触感染が有る。
新型インフルエンザの抑制かつ予防対策としては、手洗いやうがいをガッチリ実践すること以外ない。
手洗いは外出先から帰宅したときだけではなく、可能な限り頻繁にする方がいいものである。石鹸を用いてガッチリ洗おう。
また咳やくしゃみがでる人はエチケットとしてマスクの着用をすべきだろう。
特に、乳児の新型インフルエンザは危険なので治療する前に予防接種を受けたいものだ。


スポンサードリンク

新型インフルエンザの潜伏期間

新型インフルエンザ,潜伏期間,初期症状,特徴,微熱,乳児,治療,予防接種,ワクチン,脳症

新型インフルエンザの潜伏期間はどれくらいなのだろうか。
たくさんのケースの場合は、潜伏期間2から3日で発熱などの症状が出るようである。早いケースの場合は24時間後にでることも有る。
遅くても4から5日の潜伏で最長は7日後だそうである。新型インフルエンザの潜伏期間は、病原体に感染して症状を体に発症するまでの期間のことを意味する。
これは病原体によっても期間が異なるそうなので、皆同じではない。
新型インフルエンザ以外の病気の例で言うと、結核のケースの場合は4週間から8週間レベルで、エイズになると数年から数十年も潜伏している。
そもそもウイルスはどれくらい生きることを継続することができるのか。
ウイルスは細菌とは違って、生物の体内においてのみ生き続け増殖を継続することができる。
であるから何もない空気中では、数分から数時間しか感染力が持続できないとされている。
これは環境によって異なるので全般的には言えない。科学的なデータも確実なものがあるわけではない。
しかし、いままでの季節性のインフルエンザを例にとって考えてみても人間という宿主がいない状況でウイルスが生き継続することは実に困難で例がない。
あくまでもインフルエンザは新型でも季節性でも人間から人間へ感染するものである。
くしゃみや咳などの飛沫感染や、感染者と同じものに触れたことなどにより生じる接触感染でしかインフルエンザの感染はありえないのである。
これらのケースの場合のおおよそのウイルス生存時間は、くしゃみや咳で飛んだツバにウイルスがあったケースの場合、空気中には数時間漂うと言われている。
感染者が触った電車のつり革などについたウイルスは3時間レベル生きていると言われている。
このようなことからも手洗いやうがいの非常な大事性が分かる。


新型インフルエンザと初期症状

新型のインフルエンザの初期症状としては、まず突然の高熱が挙げられる。
他には咳やのどの痛み、倦怠感、筋肉痛、関節痛などの痛みが生じる。更に季節性のインフルエンザとおなじ様に鼻水や頭痛、微熱などの一般的な風邪症状も有る。
しかし季節性のインフルエンザに比較すると新型インフルエンザの方が腹痛や酷い(ひどい)下痢などが生じる傾向にあるようである。
更に数日のうちには呼吸が苦しくなったり、激しい咳がでたりして呼吸困難を起こすことも有る。
新型インフルエンザには充分な注意が必要である。中でも持病を所有している人は特に注意が必要である。
持病を持っていて現在治療中の人の中には、新型インフルエンザに感染すると症状が重篤化する傾向が有る。
持病の中でも慢性的な呼吸器疾患や心疾患、更に糖尿病を初めとする代謝性疾患のある人。
更に腎機能に障害を所有している人、ステロイド内服の影響による免疫機能不全のある人が危険である。
本人が新型インフルエンザの予防策として手洗いやうがいをすることは勿論(もちろん)であるが、これらの持病を抱える人の周囲の人間も感染させないように気を付けなければならない。
これ以外、持病を所有している人以外で重篤化する危険のある人は、現在妊娠している妊婦や乳幼児や高齢者などである。
これらの人が新型インフルエンザにかかると症状が一気に重篤化する危険が有る。妊婦のケースの場合はお腹の中の胎児に影響することも考えれる。
これらの人には本人だけではなく周囲が配慮することが実に肝心である。

新型インフルエンザとワクチン

新型インフルエンザのワクチンと季節性のインフルエンザのワクチンは別のものである。
各々(おのおの)の感染を抑制かつ予防しようと思ったら、両方のワクチンを接種しなければならない。
2種類を接種することは、人間の体に影響がないのかと思われるかもしれない。
答えは問題なしである。
元々、季節性のインフルエンザワクチンにはその年に流行ることを予想して、インフルエンザA型、B型、ソ連A型の3種類が混ぜられている。
であるからそこにもう1つ新型インフルエンザのワクチンが追加されても問題ないそうである。但し接種する際には注意点が有る。
2種類のインフルエンザのワクチンを両方接種するときは、片方を接種してから最低でも6日間空けてからもう1つを接種しなければならない。
同時に接種することが体に影響をあたえるとかいうことではなく、万が一副反応が出てしまったときにどちらのワクチンによるものか判断がつかないからだそうである。
しかし小学生以下は各々(おのおの)のワクチンを2回ずつ接種しなければならないので、合計4回の接種が必要となる。
1回目の接種後2回目接種までは1から4週間の期間を空けなければならないので、4回全て接種完了するには時間がかかる。
しかもインフルエンザワクチンを接種してすぐに効果が発揮されるわけではない。
接種後実際に効果を発揮するまでは約2週間もかかるのである。
こうしてみると、インフルエンザワクチンを接種して抑制かつ予防するのも相当時間がかかる。
しかし特例として海外出張などの予定があって時間がない人などは、2種類のインフルエンザワクチンを同時に接種してもいいとされている。
これ以外にもドクターが特例として認めれば同時接種が可能だそうである。

新型インフルエンザとワクチン接種Q&A

新型インフルエンザ、季節性のインフルエンザ問わず、インフルエンザのワクチン接種に関連してのQ&Aを何種類か紹介する。
まずインフルエンザには型が有るが、型が合わないと効果がないのだろうか。
季節性のインフルエンザのケースの場合、ソ連型やA香港型、B型の混合ワクチンなのでどれが流行っても効果が有る。
しかしながら新型のケースの場合はまったく異なるものなので、季節性のワクチン接種では効果はない。
新型は新型用の抑制かつ予防接種が必要である。
おなじ様にしてインフルエンザは風邪や鳥インフルエンザなど、他の病気には効果がない。
鳥インフルエンザに対するワクチンは現在別途、開発中だそうである。
次に接種資格についてである。
妊婦や授乳中の人は接種可能なのだろうか。答えは接種可能である。インフルエンザワクチン、それは不活化ワクチンである。
病原性がないので、妊婦のお腹の中の子供に影響がでることは考えられない。しかし充分な裏づけがまだなされていない状況である。
アメリカでは妊娠初期の接種はやめて13週以降が望ましいと定めている。また母乳を介しての影響もないから、授乳中でも大丈夫である。
母親がワクチン接種をしてその母乳を乳児に与えても、乳児にワクチン接種効果はない。
もしも母親がインフルエンザにかかってしまったとしても、母乳を介して乳児にインフルエンザが移動することもない。
乳幼児のケースの場合、1歳未満の赤ん坊にインフルエンザワクチンの効果は確認されていないので、一般的に6ヶ月未満の乳児は接種をしない。
風邪を引いている、他の病気を治療中など体調がすぐれないときは、ワクチン接種は延期すべきだ。
体調が充分ではないときに接種すると、ワクチンの効果が薄れてしまうことが有る。

新型インフルエンザの対応

新型インフルエンザに感染したかどうかの判断はどうすれば良いのだろうか。またその際の対応方法はどうしたら良いのだろうか。
まず新型インフルエンザの可能性を疑う判断基準としては、38℃以上の発熱である。
更に呼吸が苦しそうだったり、咳が止まらなかったり、顔色が悪いなどの症状がでます。
他の症状として下痢や頭痛なども有るが、まず最初はこれくらいの時点であるでに新型インフルエンザの可能性を疑う。
このようなときはすばやく医療機関へ行かなければならない。
乳幼児のケースの場合、元気がなかったり、落ち着きがなく呼びかけに答えなかったり、普段のように遊ばなかったりしてもすぐに医療機関へかかる必要が有る。
医療機関へ足を運ぶケースの場合、保健所の発熱相談センターなどに電話をして、どこの医療機関へかかればいいのか相談してから足を運ぶようにする。
発熱外来を設置している医療機関を掌握しているケースの場合は、直接医療機関へ電話をしてから足を運ぶのだ。
持病などがあって通院履歴がある人は、かかりつけのドクターに電話して相談する。
妊娠している人は、通院している産婦人科に相談をして担当ドクターから医療機関を相談してもらうといいものである。
既に呼吸困難を生じていたり、意識がもうろうとしていたりするケースの場合は、一刻を競い合うので救急車を呼ぼう。
注意しなければならないことは、医療機関へは公共交通機関をやめて車などで足を運ぶようにする。
新型インフルエンザ用のマスクの着用をして周囲に移さないように配慮すべきだ。

インフルエンザのワクチン接種で考えられる副反応とは、軽いもので体が驚いて注射したヶ所が赤く腫れたり、じんましんが現れたり、発熱してしまったりすることを云う。たいていのケースの場合は、症状は2から3日でおさまる。
他にも体の痺れ(しびれ)や頭痛、寒気、めまい、関節痛、嘔吐、吐き気、下痢などを起こす人もいる。
死亡例は毎年数人報告されている。
しかしながら具体的にワクチンが原因だとはわかっていない。
平成17年を例にとるとインフルエンザが原因で亡くなった人は1800人以上いる。
ワクチン接種による死亡者数と比較すると断然の差が有る。
結果ワクチンを接種して、インフルエンザが重篤化するのを防ぐことがいいとされるのである。
新型のワクチンではまだ症例が殆どないため、インフルエンザワクチンによる死亡例は確認されていない。
新型インフルエンザはまだ世にでてきたばかりなので、具体的にはこれから調査を進めて副反応などの状況もわかってくる。
インフルエンザはその姿を早いペースで変えて足を運ぶので、日本がいま一生懸命作っているワクチンができる頃にはインフルエンザも変異しているかもしれない。
現在の日本がワクチンを作るには半年くらいの月日がかかっているようである。更にワクチンの不足が懸念されているいま、海外からの輸入も国は吟味(ぎんみ)した。輸入物は日本のワクチンに比較して副反応が予測不可能だ。
であるから国も新型インフルエンザワクチンは任意接種にしている。
副反応がでてしまったケースの場合は国からの補助金も吟味(ぎんみ)されているようであるが、どうなるか解からない。基本中の基本的には、どのワクチンでも副反応がないものは存在しない。
最終的に接種するかどうかは個人の判断と言う事になる。

新型インフルエンザとインフルエンザ脳症

インフルエンザ脳症とは、感染したとき脳に意識障害や神経障害を生じてしまうことである。
つまりインフルエンザがきっかけで生じる脳症である。
脳症は他の突発性発疹や風邪などの病気で生じることも有るが、インフルエンザが原因で生じるケースが多いためこう呼ばれている。
殆どのケースの場合6歳以下の幼い子供がかかる。インフルエンザになったことにより発病する合併症である。
毎年数百人がかかって、死亡率はそのうち約3割、2割以上の子供に後遺症が残る。インフルエンザにかかって発熱してから早ければ数時間レベルで神経障害がでることも有る。
痙攣などの症状や意味不明な行動、意識がもうろうとしてくるなどの症状を認めたら脳症の初期と言う事が考えれる。
日本ではインフルエンザ脳症の発症数が欧米に比較してはるかに気のせいか多く為っている。
当然新型インフルエンザでもこの脳症が懸念されている。であるから国の方針としても新型インフルエンザワクチンの接種は乳幼児を優先的に実践するように推奨しているのである。
インフルエンザ脳症と纏めて(まとめて)言われているが、実際は何種類かの病型に分類されている。
急性壊死性脳症、HSE症候群、ライ症候群、出血性ショック脳症に類似した型、けいれん重鎮型などである。
各々(おのおの)脳浮腫の分布ヶ所や障害の重さ、死亡率などに異なりが有る。
脳症はインフルエンザを発症してから発病するまでがとにかく早いものである。
疑わしい症状がちょっとでもみられたらすぐに医療機関を受診して欲しい。

新型インフルエンザ検査

新型インフルエンザの疑いがあるケースの場合は速やかに医療機関を受診する。
その際、新型インフルエンザかどうかは医療機関にて検査を行って判断する。インフルエンザの検査は近年容易に可能に成った。
各医療機関にも検査キットが揃えてあって、結果は15分レベルで分かる。その検査方法は、まず検体を患者から採取する。
鼻やのどに綿棒を押し当てて粘膜から表皮を採取するのである。それをインフルエンザキットにて検査する。
採取した綿棒を処理液に入れて採取した検体を抽出する。その後抽出したものをキットに数滴垂らして、しばらくすると判定部のラインの有無で判断できる。
この検査結果をみてドクターが総合的に判断する。
以上が、インフルエンザの検査の流れである。
しかしながら、このキットで陰性だったからといって絶対にインフルエンザにかかっていないとはいえない。検査は100%ではないのである。
陽性とでたときは、ほぼ100%インフルエンザにかかっているが、陰性のケースの場合の判断がむずかしいのである。
インフルエンザ検査に関連したこれらの注意点だけは覚えておこう。
発熱後24時間以内に検査して陰性でも、1日以内のケースの場合は感度が弱いので2日目以降にもう1度検査するといいものである。
2回目以降に陽性とでた人もいる。
ドクターによっては検査を行わなくても、そのときの流行状況や患者の家族や周囲にインフルエンザの感染者がいるかどうかを基準にして判断するケースの場合も有る。

新型インフルエンザの治療方法

近年ではインフルエンザに効果があるとして抗インフルエンザ薬が開発されインフルエンザに対して適切な治療が実行できるようになってきた。
これは新型インフルエンザでも同様で、この抗インフルエンザ薬は新型にも効果を発揮すると待望されている。
抗インフルエンザ薬の代表格としては、「タミフル」や「リレンザ」が有る。これらが2000年、2001年と発売されてから、インフルエンザの治療方法が大きく変わった。
インフルエンザとはそもそも体内にウイルスが入り込んで増殖を生じていくことにより発症するものである。
それをこれらの抗インフルエンザ薬は細胞からウイルスが出られないように封じ込めて増殖を防ぐ効果を所有している。
であるからこれらの抗インフルエンザ薬の効果があるのは細胞が増殖を継続している間と言う事になる。
その為これらの薬は48時間以内に服用しないと効果がないと言われているのである。理想は12時間以内の服用である。
それではここで「タミフル」と「リレンザ」の異なりをシンプルに解説する。まずどちらも適切なウイルスの型はAとBである。
薬の活用方法は、タミフルは口から服用するが、リレンザは吸引するタイプになる。1日の服用量はタミフルが150mgでそれを1日2回。リレンザは20mgを1日2回実践することになる。
服用日数はどちらも5日間である。
副作用について、リレンザは殆どないが、タミフルは下痢や嘔吐などの消火器系の異常がでることが有る。

新型インフルエンザの潜伏期間関連エントリー

男の更年期障害
男の更年期障害のめまいやうつ病などの症状などについて。他に男性の更年期障害と薬や漢方薬の関係や検査に関する話題も。さらに、男の更年期障害の症状として、動悸やむくみに関した情報も紹介する。
腰痛の原因と予防と治療法
腰痛の原因と予防と治療法について。他に腰痛の予防体操やコルセット、ベルト、腰痛に効くツボ、整形外科などの話題も。さらに、腰痛と出産と妊娠の関係、椎間板ヘルニアの関係などについても紹介。
水虫の症状と治療薬
水虫の症状と治療薬について。水虫薬で実践する治療のことや予防・対策法などに関連した話題も。他に、足だけでなく、手、爪などの水虫のことや子供の水虫についてもご紹介。
依存症の種類・原因・症状と治療法
依存症の種類・原因・症状と治療法について。依存症の種類としては、買い物、アルコール、恋愛、ニコチン、インターネット、携帯電話などいろいろある。当ホームページでは、これら各種依存症の解説や女性と依存症の関係などについても紹介する。
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療方法について。他に、統合失調症の陰性症状と陽性症状の違いや緊張型などの分類、更に統合失調症の薬物治療に関してご紹介。
禁煙の効果・方法・グッツの紹介
禁煙の効果・方法や禁煙の禁断症状を抑止する電子たばこや二コレットなどのグッツを紹介する。他に、禁煙草やセラピー、外来の話題や禁煙と女性の関係についても紹介する。
糖尿病の食事の献立
糖尿病の食事の献立や宅配のレシピやメニューなどについて。その他、糖尿病の食事の指導、間食の問題、外食のメニューなどの情報も。さらに、糖尿病の食事の食品交換表とカロリーや単位などもご紹介。
新型インフルエンザとは?
厚労省によると新型インフルエンザ患者の確認地域は、横浜市、札幌、沖縄県、愛知などだ。乳幼児が新型インフルエンザに感染すると大変だ。そこで、新型インフルエンザ対策として人気中なのがダイキンの空気清浄機のようだ。他に、新型インフルエンザとパンデミック、タミフル、リレンザ、備蓄などの話題も。
新型インフルエンザと免疫
国立感染症研究所や厚生省によると、新型インフルエンザ用ワクチンの接種に優先順位ができたようだ。しかし、新型インフルエンザは誰も免疫を持っていない。このままだと新型インフルエンザのピーク時には学級閉鎖も多発するだろう。その他、新型インフルエンザと合併症、変異、ウィルガードなどの話題も。
生理痛の原因
生理痛の原因について。他に、生理痛の原因と症状である吐き気や下痢、そして漢方などの話題も。参考までに、生理痛が原因となり腹や胃の痛みや嘔吐、熱などを併発することもある。
生理痛緩和に効くつぼ
生理痛緩和に効くつぼ(ツボ)について。他に、生理痛緩和の方法や食べ物などの話題も。参考までに、生理痛緩和の対処法としては整体、栄養成分、漢方薬などもある。
いびき治療
いびき治療のお勧めの方法や手術などについて。いびき治療というと病院や耳鼻科が有名だが他にも治療方法はある。参考までにいびき治療の盛んな地域は東京、大阪、名古屋、福岡、埼玉の順である。