新型インフルエンザと免疫

新型インフルエンザの予防と対策

新型インフルエンザ,免疫,国立感染症研究所,厚生省,ワクチン,優先順位,ピーク,学級閉鎖,合併症,ウィルガード

新型インフルエンザ流行の際、感染しないためにどのような抑制かつ予防策を行なったらいいのか。新型インフルエンザに感染してしまったケースの場合どうしたらいいのか。どう行動すればいいのか。
最後に自分でやらなければならないことシンプルに日常生活の中でできることを纏めて(まとめて)おく。
まずマスクの着用である。感染してしまったら絶対に正しくマスクを着用すべきだ。マスクと顔の間に隙間ができないようにマスクを顔にあてて鼻や頬のカーブに合わせて曲げるように着用する。周囲に移さないことが第一である。
不織布性マスクでウイルスの拡散を防ぐ。
感染者は人ごみに行かない、逆に感染していない人も流行時は人ごみをやめよう。
感染を抑制かつ予防する一番適切な手段は手洗いものである。
また感染者も手洗いをすることにより周囲への感染を防ぐことができる。だが、手洗いは単にすれば良いというものではない。間違っていない手洗いの方法を覚えて実践すべきだ。
まず手と指を水で濡らする。石鹸液を手に取り、手のひらでよく泡立てる。手の甲を洗う。指を組んでこするようにして指の間をきれいに洗う。つめなどの指先まで注意して洗う。両手首のあたりまできれいに洗う。
最後は流水できれいにすすごう。
更に新型インフルエンザの感染が広まるとライフラインがストップする可能性が有る。
食料品や日用品、飲料水などを2週間分程そろえて置くのが望ましいものである。
また本格的な流行時には外出も控えなければならず、学校も休校となり子供たちも自分の家での待機になる。
このようなときにも長期間家の中で過ごせるような準備をしておくことも肝心である。


スポンサードリンク

新型インフルエンザと2009年の流行

新型インフルエンザ,免疫,国立感染症研究所,厚生省,ワクチン,優先順位,ピーク,学級閉鎖,合併症,ウィルガード

2009年には新型インフルエンザが大流行の時期を迎えた。
元々は豚の間で流行っていた力強いインフルエンザが、農場なので豚から人に感染して人の間で広まったものである。
日本では当初「新型インフルエンザによる感染症」として感染者は隔離されて強制入院させられた。
しかしながら、発生後しばらくした6月19日に厚生労働省が方針を変更し季節性のインフルエンザと同じ扱いにすると発表した。
その為隔離されていた人達は解放されて、症状が重くない人に関連しては自分の家で療養という形に成った。
そもそも2009年4月にメキシコで大流行した新型インフルエンザ。
そこから世界的流行をみせ、6月12日に世界保健機構のWHOが「パンデミック」と宣言して世界的な流行と位置づけられた。警戒レベルもフェーズ6までいきついた。
この新型インフルエンザが世界的に大騒ぎとなったのは、メキシコでの死亡率が高いと報道されたからだった。
しかしながら実際には季節性のインフルエンザと比較しても死亡率は0.1%高いレベルだった。
高齢者に死者がいないことなどから、過去に流行して高齢者には体内に抗体があるのではないかとも考えられた。
サンプル調査で調べたら、免疫が確認されたのは新潟で90歳以上、福岡県で行った調査では60歳以上の人で40%、アメリカでは65歳以上は感染者のうち1%もいないだった。
このようなことから、重篤化する可能性がある妊婦、5歳以下の乳幼児、60歳以上の高齢者、持病のある人などに特にワクチンによる抑制かつ予防が必要と考えられた。


新型インフルエンザと免疫

2009年夏流行の新型インフルエンザにおいて、高齢者の一部に免疫がある可能性を指摘されたのだ。
アメリカの調査機関の報告によると60歳以上の高齢者の一部が新型インフルエンザの免疫を所有していると発表した。
日本では、国立感染症調査所などが調査したところごく小規模な実験で高齢者のうち約4割の人に免疫があるとわかった。どうして高齢者なのか。
それは数十年前に類似したようなインフルエンザが流行ったために、その時代の人々に抗体があるのではないかと推測されている。
実際にインフルエンザを発症したケースの場合の抗体と抑制かつ予防接種により作られた抗体は相違する。
但し調査対象が少ないことや高齢者が所有している抗体が実際に新型インフルエンザの感染を防ぐことができるかどうかはわかっていない。これからもいろんな年齢層での抗体保持率を調査していくそうである。
調査は医療機関の協力の下に採取した血清サンプルを用いて、若者と高齢者のグループ30人ずつで新型インフルエンザの抗体が血清中にあるかを調べたものである。
その結果高齢者グループの方から約40%の抗体保有があったと言う事である。新型インフルエンザに対して、あるレベル免疫があると判断されたのだ。対して若者グループの結果、抗体保有は3%レベルだったそうである。
この際季節性のインフルエンザウイルスを接種しても若者、高齢者共に抗体保有率がアップしないのだった。
その結果、従来のインフルエンザワクチンでは、新型のインフルエンザに対応できないことが改めてわかったのである。

新型インフルエンザワクチンの優先順位

2009年新型インフルエンザの大流行に伴い、国内の備蓄インフルエンザワクチンが足らない状況である。
これにより政府は新型インフルエンザワクチンの優先順位を発表した。第一に新型インフルエンザの患者をあまた診なければならない医療関係従事者を最優先すると決めた。
これには患者を搬送する任のある救急隊員も含まれている。医療関係従事者が感染してしまうと医療業務に支障をきたしてしまうのでそれを防ぐ目的で優先順位が1位に為っている。
次に妊婦や持病のある人。
重症化や死亡率が高いのがその理由である。中でも持病を所有している幼児は特に優先される。
そして1歳から就学前の幼児、1歳未満に関連して乳児は接種しても免疫が殆どできないので乳児の親とした。
海外では乳児の入院が気のせいか多く、日本でも幼児がインフルエンザ脳症を生じさせて重症化していることなどから決められた。
あくまでもこれは新型インフルエンザによる死亡者や重傷者をできる限り減少させるという目的の元に決定された順位である。
国産ワクチンは10月下旬に出荷されて準じこの優先接種が認められた人達に使われる。
これ以外、学校などでインフルエンザを流行らせやすい小中高生などについては、輸入ワクチンの対象者と為っている。
また持病をもっていない65歳以上の高齢者についても輸入ワクチン対象者である。
しかしながら輸入ワクチンは治験をしている時間がないので、治験を行わずに活用可能にする特例措置を実践するとしているが、その安全性に不安がもたれる。
その為小規模な臨床試験は実践されるようである。

新型インフルエンザと二酸化塩素

二酸化塩素には除菌や消臭能力が有る。
これが新型インフルエンザ対策に役に立つと注目を集めている。この二酸化塩素を活用または利用した除菌消臭スプレーや除菌消臭機などを「CLシリーズ」としてエンブロイプロテックが販売している。
これらの「CLシリーズ」はウイルス不活発化効果があると各調査機関でも認められている。
「CLシリーズ」は二酸化塩素で除菌や消臭を行ない、新型や豚、A型などのインフルエンザウイルスを除菌する効果があるとしている。
普通の室内の生活悪臭やペット臭などにも効果が有る。更にアトピー性皮膚炎で悩む人にはうれしい効果をもたらす。
アトピーの原因となる原因菌である黄色ブドウ球菌を除去してくれるので、症状の悪化を防ぐことができる。青カビや黒カビなどの発生を防ぐこともできる。
自分の家や外出先などで気軽に噴霧するだけでつかるスプレータイプ。強力な除菌、消臭効果であっという間にクリーンにしてくれる。
新型インフルエンザウイルスだけではなく大腸菌など雑菌も除去する。外出先で公衆トイレを上手に活かす際の便座除菌にも活用可能だ。
自分の家の玄関や下駄箱、台所や生ごみなどの気になる臭いにも対応する。消臭機は二酸化塩素をファンで持続的に散布して空気中のウイルスなどを除去する。
レンタルできるので、自分の家やオフィス、医療機関などに設置して活用できる。
ファンのスイッチを入れるだけですばやくクリーンな環境にすることができるので新型インフルエンザ対策としても有効である。

新型インフルエンザと風邪との違い

世の中で新型インフルエンザが流行の兆しを見せる中、いつ自分の身の回りに発症してもおかしくない。
ちょっとでも新型インフルエンザの初期症状が現れたときに、風邪と間違えないように、新型を初めインフルエンザと風邪の症状の違いを解説する。
そもそも風邪とインフルエンザでは原因となるウイルスの種類が相違する。普通風邪ではのどの痛みや鼻水などの症状が現れる。
それに対してインフルエンザのケースの場合は突然38℃から40℃の高熱をだすのが特徴点である。
これ以外にも関節痛や筋肉痛、倦怠感など全身に症状が現れる。これらの症状は5日レベル継続するのだ。
風邪のケースの場合、全心痛や悪寒などは殆どなく、熱も微熱レベルである。インフルエンザの怖いところは気管支炎や肺炎などの合併症を生じさせる危険性があることである。
重症化して脳炎や心不全になってしまうことも有る。特に高齢者や乳幼児などは重症化しやすく危険性が高くなる。風邪のケースの場合は合併症の危険性は殆どない。
このような強力なウイルスをもつインフルエンザは突然、大流行する。世界的に大流行してたくさんの死者を出すのでたいへん危険である。
更に本人だけではなく、感染者がウイルスを撒き散らして周囲の人間にも発症させてしまう恐い病気である。
このようなことからも新型インフルエンザなどのインフルエンザは国民の体に大きな影響がある感染症の1つとして医療に関連した法律で定められている。
その中でもインフルエンザは「五類感染症」に選定されている。

新型インフルエンザと合併症

新型に限らずインフルエンザを発症するといろんな合併症の危険性が有る。
合併症の中には死に至ってしまう危険なものも有る。先にも解説したインフルエンザ脳症は一番怖い合併症の1つである。近年の日本では小児におけるインフルエンザ脳症問題が深刻化している。
幼児を中心に毎年100人から500人も発症している。恐いのはその死亡率、発症したうち10%から30%も亡くなっているのである。そして更に恐いのが後遺症、同じく10%から30%の人が後遺症を発症している。
その原因は残念ながらわかっていない。インフルエンザの感染が引き金となって始まるのである。
突然高熱がでて1から2日以内の短期間で昏睡状態になるなどの意識障害を起こす。
更にあっという間に症状が悪化して死に至ってしまうのである。
新型インフルエンザでもこの幼児における脳症発症の危険性を一番心配している。
これ以外にも合併症が有る。
小児のケースの場合、中耳炎や副鼻腔炎、クループなどの呼吸器系の合併症を生じる。
これ以外にも小児は熱性けいれんやライ症候群などの中枢神経系の合併症の危険や筋炎などを起こす危険が有る。
ライ症候群とは原因不明の病気で、症状として急性脳症や肝臓の脂肪浸潤などにより亡くなる病気である。
大人でも、気管支炎、気管支喘息象悪、肺炎、肝障害、ギランバレー症候群、精神状態神経症状、心筋炎、腎不全などいろんな合併症を生じる。
インフルエンザは合併症が実に怖い病気なのである。

新型インフルエンザの変異

そもそも新型インフルエンザとは、人から人へ感染する新しい型のインフルエンザのことである。これは遺伝子が変異することにより突然現れる。
インフルエンザの中でA型ウイルスは人だけではなく、鳥や豚や鯨や馬などたくさんの動物の間でも感染する。
一般的には人から人というように同じ種類の仲間の間で感染する。
であるから普通は他の動物の間で流行っているインフルエンザに人が感染することはないのである。
しかしながら、インフルエンザウイルス中の遺伝子の情報が子供のウイルスにコピーされる際に、突然遺伝子の情報が変わってしまい性質が変わると言う事が有る。
この変異によりいままでは人に感染しないインフルエンザウイルスだったのに、人へ感染するようになってしまうのである。そしてこれが人から人へ感染する。
こういった具合に人から人へ感染する新しいウイルスが誕生する。これを新型インフルエンザと呼んでいるのである。
よく聞かれる鳥インフルエンザも同様で、鳥の間で感染しているインフルエンザのことである。これも同じく普通は人には感染しない。
しかし近年海外で鳥から人へ感染した例が報告されたのだ。
1997年に香港で鶏から人に感染した。18名感染して6名が亡くなった。水鳥や渡り鳥により運ばれたと考えられている。鳥インフルエンザウイルスでは大量の鶏が死んでしまう。
しかしながら現在この鳥インフルエンザが人から人へ感染した例はまだない。
いずれこれがまた鶏の体内で変異して、人から人へ感染すると新型インフルエンザとなってしまう。

新型インフルエンザとウィルガード

アース製薬が新型インフルエンザ対策で特殊なマスクを2009年9月に発売した。
これは顔面に直接貼って360℃完璧密着させることができるという高機能マスクである。
商品名は「ウィルガード バイラマスク」である。
これは新型インフルエンザだけではなく、ハウスダストや埃、花粉や黄砂、これ以外の細菌などの進入も防ぐ効果が有る。
特殊フィルタを用いて、体内への侵入を完璧シャットアウトするものである。
アメリカの調査所の調査によるとウイルスの捕集力は99.9%と、実に高い数値を誇っている。
従来の耳にかけるタイプのマスクではどうしても顔とマスクのところに隙間ができてしまい細菌やウイルスが進入する危険性があった。
この「ウィルガード バイラマスク」では、低刺激粘着性のフェイスシールを活用して口や鼻その付近全てをシールで覆うことができる。
これにより360℃完璧密着の隙間なしマスクができあがったのである。
完璧に覆われるが、通気性も確保しているので息苦しくなく会話も普通にできる。
従来マスクを長時間つけていると、耳にかけているので耳が痛くなり違和感があったが、その辛さがないものである。顔の形や大きさに関係なく用いることができる。
1枚900円、5枚4,250円で販売される。
販売場所は、ドラッグストアーを初めとしてコンビニやスーパーなどでも発売される。
新型インフルエンザ大流行を前に実に待望できる新しい形のマスクである。

新型インフルエンザと自己判断

新型インフルエンザの症状がでたケースの場合、勝手な自己判断をすることはたいへん危険である。早い時期に医療機関を受診することが大事である。
その前に自分の家で自己判断してやってはいけないことが有る。
まず発熱したからといって、15歳未満の子供にアスピリンが含まれた解熱剤や風邪薬を飲ませてはいけない。
小児が飲むと脳症を生じさせ死亡に至る危険性が有るからだ。
解熱剤で急激に熱を下げたことにより体温が低下して血圧まで低下してしまうケースも有る。絶対にドクターに相談してから飲むようにすべきだ。
また以前風邪などで医療機関にかかった際にもらった抗生物質などの薬を勝手な自己判断で飲ませてはいけない。抗生物質ならなんでもいいわけではない。
インフルエンザはウイルスである。
細菌をやっつける抗生物質を飲んでもインフルエンザには効き目はない。
また市販されている風邪薬を飲んでもくしゃみや咳、熱などを抑制するだけで新型インフルエンザ自体に効果はないのでやめよう。
子供が水分をとってすぐに吐いて元気がなくなったり、熱性けいれんを生じたりしたときはすぐに救急車を呼ぼう。合併症の危険が有る。
更に、インフルエンザの予防接種を100%信用するのはやめよう。
抑制かつ予防接種を受けているから新型インフルエンザにかからないと勝手な自己判断は危険である。
抑制かつ予防接種を受けていても発症する可能性は有る。その代わり症状は軽くて済むと思う。
とにかく新型インフルエンザの流行時期に発熱したらすぐに医療機関を受診することをおススメする。

新型インフルエンザと免疫関連エントリー

男の更年期障害
男の更年期障害のめまいやうつ病などの症状などについて。他に男性の更年期障害と薬や漢方薬の関係や検査に関する話題も。さらに、男の更年期障害の症状として、動悸やむくみに関した情報も紹介する。
腰痛の原因と予防と治療法
腰痛の原因と予防と治療法について。他に腰痛の予防体操やコルセット、ベルト、腰痛に効くツボ、整形外科などの話題も。さらに、腰痛と出産と妊娠の関係、椎間板ヘルニアの関係などについても紹介。
水虫の症状と治療薬
水虫の症状と治療薬について。水虫薬で実践する治療のことや予防・対策法などに関連した話題も。他に、足だけでなく、手、爪などの水虫のことや子供の水虫についてもご紹介。
依存症の種類・原因・症状と治療法
依存症の種類・原因・症状と治療法について。依存症の種類としては、買い物、アルコール、恋愛、ニコチン、インターネット、携帯電話などいろいろある。当ホームページでは、これら各種依存症の解説や女性と依存症の関係などについても紹介する。
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療方法について。他に、統合失調症の陰性症状と陽性症状の違いや緊張型などの分類、更に統合失調症の薬物治療に関してご紹介。
禁煙の効果・方法・グッツの紹介
禁煙の効果・方法や禁煙の禁断症状を抑止する電子たばこや二コレットなどのグッツを紹介する。他に、禁煙草やセラピー、外来の話題や禁煙と女性の関係についても紹介する。
糖尿病の食事の献立
糖尿病の食事の献立や宅配のレシピやメニューなどについて。その他、糖尿病の食事の指導、間食の問題、外食のメニューなどの情報も。さらに、糖尿病の食事の食品交換表とカロリーや単位などもご紹介。
新型インフルエンザとは?
厚労省によると新型インフルエンザ患者の確認地域は、横浜市、札幌、沖縄県、愛知などだ。乳幼児が新型インフルエンザに感染すると大変だ。そこで、新型インフルエンザ対策として人気中なのがダイキンの空気清浄機のようだ。他に、新型インフルエンザとパンデミック、タミフル、リレンザ、備蓄などの話題も。
新型インフルエンザの潜伏期間
新型インフルエンザの潜伏期間について。新型インフルエンザの初期症状の特徴としては微熱が有名だ。特に、乳児の新型インフルエンザは危険なので治療する前に予防接種を受けたいものだ。さらに、新型インフルエンザのワクチンや脳症などの話題も。
生理痛の原因
生理痛の原因について。他に、生理痛の原因と症状である吐き気や下痢、そして漢方などの話題も。参考までに、生理痛が原因となり腹や胃の痛みや嘔吐、熱などを併発することもある。
生理痛緩和に効くつぼ
生理痛緩和に効くつぼ(ツボ)について。他に、生理痛緩和の方法や食べ物などの話題も。参考までに、生理痛緩和の対処法としては整体、栄養成分、漢方薬などもある。
いびき治療
いびき治療のお勧めの方法や手術などについて。いびき治療というと病院や耳鼻科が有名だが他にも治療方法はある。参考までにいびき治療の盛んな地域は東京、大阪、名古屋、福岡、埼玉の順である。