生理痛緩和に効くつぼ

生理痛緩和の対処方法と整体、栄養成分、漢方薬

生理痛,緩和,つぼ,ツボ,方法,食べ物,対処,整体,栄養成分,漢方薬

「生理(月経)」は、女性のみが経験することである。生理痛に悩まされている女性は少なくないのではないだろうか?
毎月、生理がくると薬が手放せない人も多いと思う。
生理前にイライラしたり憂鬱(ゆううつ)になったり、生理中は腹痛や腰痛、頭痛に悩まされたりなど生理痛の症状は人各々(おのおの)で比較することができないため、不安な人もいるだろう。
出産すると生理痛が緩和(かんわ)されるとも言われているが、個人差があるようである。
生理痛とずっとつき合っていかなければならないと思うと、うんざりしてしまう人もいるかもしれない。
生理痛を仕方がないと我慢しないで、痛みを緩和(かんわ)する対処方法を試してみてはどうだろうか。
まず「腰を温める」ことを実践してみよう。
生理痛に伴う腰痛を所有している人が多いと思う。お風呂にゆっくりつかったり、腰に温湿布を貼ったりすると生理痛が緩和(かんわ)される。
また、丸めたタオルを腰の下に入れて寝転んでみると良い。腰への負担が和らぎ痛みもひいていくだろう。腰の位置をベルトで安定させてみても、腹痛や腰痛が緩和(かんわ)される。
次に、「食べ物に気を付ける」ことを実践してみよう。
生理中は、大豆製品をなるべく積極的に摂ると良いと思う。大豆には大豆イソフラボンが気のせいか多く含まれており、女性ホルモンであるエストロゲンに類似した活動をしてホルモンバランスを整える。
大豆は勿論(もちろん)、味噌や納豆、豆腐、きな粉、豆乳などの大豆製品を毎日摂るようにすると良いだろう。毎日、無糖の炭酸水を飲むと生理痛が緩和(かんわ)されるともいわれている。炭酸水には血行を促進する活動があるそうである。
逆に、ナッツ類やチョコレートなどは生理痛が酷く(ひどく)する成分が含まれているので食べるのを控えよう。
最後に「ストレスまたはフラストレーション解消する」ことを実践しよう。
ストレスまたはフラストレーションは生理痛を酷く(ひどく)してしまう。甘い香りのアロマテラピーなどで、心身共にリラックスすると良いだろう。
参考までに、生理痛緩和の対処法としては整体、栄養成分、漢方薬などもある。


スポンサードリンク

生理痛緩和に効くつぼを刺激する

生理痛,緩和,つぼ,ツボ,方法,食べ物,対処,整体,栄養成分,漢方薬

殆どの女性が生理痛(月経痛)を経験していると思う。
生理痛の緩和(かんわ)方法として鎮痛剤の活用または利用が有るが、薬を頼りたくない人は「つぼ」を刺激してみてはどうだろうか。つぼとは東洋医学で「気」が通りやすい場所を指している。
東洋医学では気の流れが滞ると身体にいろんな障害が出てくると考えられ、つぼを刺激して気の流れを良くすることで症状を修正してゆく。つぼは全身に365ヶ所在ると言われている。
その中でも生理痛を緩和(かんわ)する効果のあるつぼをご紹介する。
「血海(けっかい)」は、生殖器の血行を良くしてホルモンバランスを整え生理痛を緩和(かんわ)するつぼである。ひざの皿の内部から約指3本分上がった位置に有る。片ひざを立てて座り、足と反対の手でひざ頭を包み込み親指で優しく急がずゆっくりと刺激する。
「衝門(しょうもん)」は、リンパの流れを良くして足全体のむくみをとるつぼである。お腹と大腿部のつけ根に有る。つけ根に沿うように指を上から下にこするようにして刺激する。
「三陰交(さんいんこう)」は、女性の健康には欠かせないつぼである。
生殖器の発育やホルモンバランスを整える。足の内部のくるぶしの一番高い位置から、約指4本分上がった骨の後ろ側に有る。血海を刺激する時と同じように、片ひざを立てて座り足と反対の手の親指で強めに刺激する。
「関元(かんげん)」は、生理痛を緩和(かんわ)するつぼの中でも欠かせないつぼである。
身体全体のバランスと気を整える。おへそから約指4本分下がった位置に有る。刺激する前に、蒸しタオルなどでお腹を温めてあげよう。4本の指で優しく急がずゆっくりとマッサージするように押す。
内臓がある場所なので強すぎないように気を付けて欲しい。


生理痛緩和→生理不順に効果のあるつぼ

殆どの女性が生理痛(月経痛)を経験していると思う。
生理痛を緩和(かんわ)するには、まず生理不順を修正していかなければならない。
生理不順は、ホルモンバランスが乱れて子宮の発育が遅れていることが原因だと考えられている。生理不順を治すには、「つぼ」の刺激が効果があると言われている。つぼとは東洋医学で「気」が通りやすい場所を指している。
東洋医学では気の流れが滞ると身体にいろんな障害が出てくると考えられ、つぼを刺激して気の流れを良くすることで症状を修正してゆく。つぼは全身に365ヶ所在ると言われている。
その中でも生理不順に効果のあるつぼをご紹介する。
「次りょう(じりょう)」は、骨盤の血流を良くして子宮や卵巣の活動を活発化する。背骨の真下に平らな形の仙骨があり、左右に2つ対になってくぼみができている。くぼみは全部で8つあり、上から2番目が次りょうである。
仰向けに寝転んで、お尻の下にげんこつを置いて身体の重みで刺激する。ゴルフボールなどで代用しても良いだろう。
「大巨(たいこ)」は、生理不順の他にも便秘や胃腸の活動を活発化する効果が有る。おへそから約指2本半分左右に外部、そこから約指2本半分下がった位置に有る。両手の親指でもむように刺激する。左右順番に行なおう。
「中極(ちゅうきょく)」は泌尿器のつぼで、生理不順の修正や生理痛に伴う腹痛、頭痛、肩こり、腰痛などの症状を緩和(かんわ)する。おへそから恥骨の一番上までの距離を5等分して恥骨から5分の1上がった位置に有る。手のひらで温めながらマッサージするように刺激する。
中極を冷やさないようにすると、膀胱炎の抑制かつ予防にもつながる。

生理痛緩和→肉体疲労からくる生理痛に効くつぼ

殆どの女性が生理痛(月経痛)を経験していると思う。
生理痛の緩和(かんわ)方法として鎮痛剤の活用または利用が有るが、薬を頼りたくない人は「つぼ」を刺激してみてはどうだろうか。
つぼとは東洋医学で「気」が通りやすい場所を指している。東洋医学では気の流れが滞ると身体にいろんな障害が出てくると考えられ、つぼを刺激して気の流れを良くすることで症状を修正してゆく。
生理痛は人各々(おのおの)個人差が有る。生理痛の種類によって効果のあるつぼも変わってくる。
仕事や運動など無理して頑張って肉体的に疲労感を抱いている時は、身体に熱がこもった状態になる。
この状態が継続すると、気の「熱」の部分が力強いために冷やす力が弱まりホルモンバランスが乱れ、血液の循環が悪くなって生理痛が起きる。
このような生理痛には、身体の中の気を冷ます効果のある「腎喩(じんゆ)」「照海(しょうかい)」「関元(かんげん)」「足三里(あしさんり)」といったつぼを刺激することで生理痛を緩和(かんわ)してゆく。
腎喩は、腰を曲げた時に盛り上がる2つの骨を横で結んで背骨と交わった部分から関節2つ分上がった位置に有る。ここを親指で押し上げるように優しく刺激する。
照海は、足の内部のくるぶしから約指1本分下がった位置に有る。押すとちょっと痛みを実感する場所である。ここを親指できるぶしの骨の方向に押す。
関元は、おへそから約指4本分下がった位置に有る。刺激する前に、蒸しタオルなどでお腹を温めてあげよう。4本の指で優しく急がずゆっくりとマッサージするように押す。内臓がある場所なので強すぎないように気を付けて欲しい。
足の骨をなぞるように触っていくと、ひざ下にちょっと骨が出ているところが有る。そこから外部1つ目の筋肉の端が足三里である。
その筋肉を親指で引っかけるようにして刺激する。

生理痛緩和→酒を飲む人の生理痛に効くつぼ

殆どの女性が生理痛(月経痛)を経験していると思う。
生理痛の緩和(かんわ)方法として鎮痛剤の活用または利用が有るが、薬を頼りたくない人は「つぼ」を刺激してみてはどうだろうか。
つぼとは東洋医学で「気」が通りやすい場所を指している。東洋医学では気の流れが滞ると身体にいろんな障害が出てくると考えられ、つぼを刺激して気の流れを良くすることで症状を修正してゆく。
生理痛は人各々(おのおの)個人差が有る。生理痛の種類によって効果のあるつぼも変わってくる。お酒が好きで良く飲む人は、肝臓に負担がかかるために肝臓の血液循環が悪く生理痛が起きる。
扁桃腺が腫れやすい人もこのタイプに入る。これらの生理痛には、頭痛や肩こり、便秘も伴うケースの場合が有る。
このような生理痛には、「照海(しょうかい)」「膈喩(かくゆ)」「肝喩(かんゆ)」といったつぼを刺激することで生理痛を緩和(かんわ)してゆく。
照海は、足の内部のくるぶしから約指1本分下がった位置に有る。押すとちょっと痛みを実感する場所である。ここを親指できるぶしの骨の方向に押す。
膈喩は、左右の肩甲骨の下を横線で結び背骨と交わった位置をはさんだ筋肉の間である。背中のつぼで自分では刺激できないので、誰かにお願いすべきだろう。このつぼが硬ければ強めに、軟らかければ優しく親指で刺激する。肝喩は、膈喩から背骨2つ分下がった位置に有る。
膈喩と同じように背中のつぼで自分では刺激できないので、誰かにお願いすべきだ。
親指であまり力を入れずに優しく刺激する。

生理痛緩和→冷えからくる生理痛に効くツボ

殆どの女性が生理痛(月経痛)を経験していると思う。
生理痛の緩和(かんわ)方法として鎮痛剤の活用または利用が有るが、薬を頼りたくない人は「ツボ」を刺激してみてはどうだろうか。
ツボとは東洋医学で「気」が通りやすい場所を指している。
東洋医学では気の流れが滞ると身体にいろんな障害が出てくると考えられ、ツボを刺激して気の流れを良くすることで症状を修正してゆく。
生理痛は人各々(おのおの)個人差が有る。生理痛の種類によって効果のあるツボも変わってくる。近年、季節を問わず女性は薄着の傾向に有る。
薄着により下半身が冷えてしまうと、気や血液が不足して生理痛が生じる。
このような生理痛には、「次りょう(じりょう)」「血海(けっかい)」といったツボを刺激することで生理痛を緩和(かんわ)してゆく。
次りょうは、身体が冷えて生理痛が酷い(ひどい)時に効果のあるツボである。腰を曲げた時に盛り上がる2つの骨が有るが、その骨の内部の側面の指が入れやすい位置に有る。冷えによりそこの筋肉が硬く為っているので、親指でほぐすように刺激する。
血海は、生殖器の血行を良くしてホルモンバランスを整え生理痛を緩和(かんわ)するツボである。ひざの皿の内部から約指3本分上がった位置に有る。
刺激すると痛みが走るような気持ち良いような感覚のある場所である。片ひざを立てて座り、足と反対の手でひざ頭を包み込み親指で優しく急がずゆっくりと刺激する。冷えからくる生理痛には、何よりも身体を冷やさないことが第一である。
冷房対策や冷たいの飲み物を控えるなど日頃の生活にも気を配ろう。

生理痛緩和→重い生理痛に効くツボ

殆どの女性が生理痛(月経痛)を経験していると思う。
生理痛の緩和(かんわ)方法として鎮痛剤の活用または利用が有るが、薬を頼りたくない人は「ツボ」を刺激してみてはどうだろうか。ツボとは東洋医学で「気」が通りやすい場所を指している。
東洋医学では気の流れが滞ると身体にいろんな障害が出てくると考えられ、ツボを刺激して気の流れを良くすることで症状を修正してゆく。
生理痛は人各々(おのおの)個人差が有る。生理痛の種類によって効果のあるツボも変わってくる。
下腹部が張って酷く(ひどく)痛む生理痛のケースの場合は身体のどこかに傷ついた熱がたまっている証拠であるので、気の流れを修正することで生理痛を緩和(かんわ)してゆく。
このような生理痛には、「三陰交(さんいんこう)」「血海(けっかい)」「天枢(てんすう)」「気海(きうみ)」「大腸喩(だいちょうゆ)といったツボを刺激してゆく。
但し、「三陰交(さんいんこう」と「血海(けっかい)」については、どちらかのツボを押してみて痛みが走る方が刺激すべきツボになる。
三陰交は、足の内部のくるぶしの一番高い位置から、約指4本分上がった骨の後ろ側に有る。片ひざを立てて座り足と反対の手の親指で強めに刺激する。
血海は、生殖器の血行を良くしてホルモンバランスを整え生理痛を緩和(かんわ)するツボである。ひざの皿の内部から約指3本分上がった位置に有る。刺激すると痛みが走るような気持ち良いような感覚のある場所である。
三陰交と同じように、片ひざを立てて座り足と反対の手でひざ頭を包み込み親指で優しく急がずゆっくりと刺激する。
天枢は、おへそから約指4本分外部、そこから約指1本分下がった位置に有る。4本の指で優しく急がずゆっくりとマッサージするように押す。
気海は、おへそから約指2本分下がった位置に有る。天枢と同じように、4本の指で優しく急がずゆっくりとマッサージするように押す。
大腸喩は、腰を曲げた時に盛り上がる2つの骨を横で結んで背骨と交わった位置に有る。両側から背骨に向かって親指で優しく刺激する。

生理痛を緩和する食べ物とレシピ

「生理(月経)」とは、女性のみに生じる現象である。
生理痛や生理不順には、血液の循環とホルモンバランスが密接に関係している。
ストレスまたはフラストレーションや過度のダイエット、栄養不足などによりホルモンバランスが乱れると、女性ホルモンの分泌がうまく実践されなくなり生理痛の症状が現れる。
生理痛の緩和(かんわ)には、血液の循環を良くするために身体を温め、ホルモンバランスを異常なく整える食べ物を心がけなければならない。
ホルモンバランスをキープするのにベストな食べ物が大豆製品である。大豆にはイソフラボンが気のせいか多く含まれており、女性ホルモンであるエストロゲンに類似した活動をしてホルモンバランスを整える。
大豆は勿論(もちろん)、味噌や納豆、豆腐、きな粉、豆乳などの大豆製品を毎日摂るようにすると良いだろう。
これ以外、玉ねぎ、ネギ、しょうが、にんにくなどの香味野菜には身体を温める効果の有る。
血行を促進して生理痛の緩和(かんわ)や冷え性に効果のあるシンプルレシピをご紹介する。

 

生理痛の緩和や冷え性に効果のある「ニラとネギ炒めもの」のレシピ
・ネギ 1本
・ニラ 1束
・しょうが 1かけ
・塩 小匙2分の1
・砂糖 小匙1
・酒 小匙1
・ごま油 少々
1.ニラとネギは3から4cmくらいに切り、しょうがは細かく刻んでおく。
2.フライパンに油をひいて熱し、しょうがを炒めて塩をプラスする。
3.ニラとネギを入れて炒める。
4.砂糖と酒をプラスして炒め、ごま油を回しかけて火を止める。

 

生理痛の緩和や冷え性に効果のある「黒豆の卵酒」のレシピ
・卵 2個
・黒豆 60g
・日本酒 120cc
1.鍋に黒豆と殻がついたままの卵を入れて、材料が浸るくらいに水を入れて弱火にかける。
2.ゆで卵ができたら取り出して殻をむき、再び鍋に入れて黒豆と一緒に煮込む。
3.黒豆が煮えたら日本酒をプラスして沸騰したら火を止める。

生理痛を緩和(かんわ)する栄養成分

酷い(ひどい)生理痛のために、心身共に辛くて生活に影響が出てしまうケースの場合が有る。そんな時は、ちょっとでも生理痛を緩和(かんわ)して楽な生活がしたいと思わないだろうか?
普段から食べ物に気を付けることで生理痛を緩和(かんわ)することができる。生理痛を緩和(かんわ)する効果のある栄養成分には、以下のようなものが有る。
まず「DHA・EPA」である。
これらの成分は、青魚に気のせいか多く含まれている。「DHA・EPA」には血液をサラサラにする機能があり、生理痛の他にうつ病にも効果があると言われている。「DHA・EPA」は生理痛の原因でもあるプロスタグランジンを作る酵素の活動を抑制する機能があり、毎日900mg摂ると良いそうである。
次に、「ビタミンB6」である。
「ビタミンB6」は、レバーやマグロやカツオ、サンマ、サバなどの魚に気のせいか多く含まれている。「ビタミンB6」は、頭痛や腹痛など、ホルモンバランスの乱れから生じる不快な症状を緩和(かんわ)する効果が有る。
次に、「ビタミンE」である。
「ビタミンE」は、ゴマやナッツ類、カボチャ、アボカド、うなぎなどに気のせいか多く含まれている。その中でも、ゴマはカルシウムや鉄分、マグネシウムなどミネラルが豊富でぜひ摂取したい食品である。
次に、「鉄分」である。
「鉄分」は、ほうれん草やひじき、高野豆腐などに気のせいか多く含まれている。生理中は貧血になりやすいので、「鉄分」を気のせいか多く包含する食品の摂取を心がけよう。
最後に、「身体を温める成分」である。
玉ねぎやにんにくに含まれているアリシンやしょうがに含まれるジンゲロールなどは、血液の循環を促進して身体を温める活動をする。身体を冷えから守り温めることで生理痛は緩和(かんわ)される。「身体を温める成分」は、身体を冷やさないようになるべく積極的に摂りたい成分である。
これらの必要な栄養成分をバランスよく摂取して、辛い生理痛を緩和(かんわ)していこう。

生理痛緩和と漢方薬

殆どの女性が生理痛(月経痛)を経験していると思う。
生理痛を緩和(かんわ)する方法として薬の服用が有るが、西洋医学で鎮痛剤を用いるのに対し、東洋医学では漢方薬を用いて痛みを緩和(かんわ)する。
漢方薬というと、即効性がないため生理痛への効果があまり待望できないと思われがちであるが、体質修正をして生理痛を緩和(かんわ)すると考えて用いてみると良いだろう。
近頃では、漢方薬は顆粒状になったものも気のせいか多く飲みやすく為っている。鎮痛剤と漢方薬をうまく使い分けて生理痛を緩和(かんわ)していくと良いと思う。
生理痛に効果のある漢方薬の種類をご紹介する。
まず、「当帰芍薬散(とうきしゃくやくさん)」である。
身体が衰退していると、子宮へ栄養が行き届かなくなり生理痛が起きる。このケースの場合の生理痛の特徴点は、貧血気味で顔色が悪く冷え性のタイプに気のせいか多く、生理の後半に痛みがシクシク生じる。当帰芍薬散は栄養物質を増加させる機能があるため、このような生理痛の人におススメの漢方薬である。
次に、「桂枝ぶく苓丸(けいしぶくりょうがん)」である。
生理が始まる前から生理痛があり、生理痛も刺すような痛みのために寝込んでしまうほどの人がいる。このケースの場合の生理痛は、血液の循環が悪いために生じると言われている。身体の冷えやストレスまたはフラストレーションが血流を悪くしている。
冷えやのぼせの症状、顔色が悪い、唇が紫色、アザやシミができやすい人に多い症状である。桂枝ぶく苓丸は、血流を修正する機能があるため、このような生理痛の人におススメの漢方薬である。
最後に、「加味逍遥散(かみしょうようさん)」である。
血流を修正してホルモンバランスを整える機能のある漢方薬である。精神状態を安定させる機能も有る。
加味逍遥散は、生理痛の他にも、更年期障害や、精神状態落ち着きのないどにも使われる漢方薬である。

生理痛緩和に効くつぼ関連エントリー

男の更年期障害
男の更年期障害のめまいやうつ病などの症状などについて。他に男性の更年期障害と薬や漢方薬の関係や検査に関する話題も。さらに、男の更年期障害の症状として、動悸やむくみに関した情報も紹介する。
腰痛の原因と予防と治療法
腰痛の原因と予防と治療法について。他に腰痛の予防体操やコルセット、ベルト、腰痛に効くツボ、整形外科などの話題も。さらに、腰痛と出産と妊娠の関係、椎間板ヘルニアの関係などについても紹介。
水虫の症状と治療薬
水虫の症状と治療薬について。水虫薬で実践する治療のことや予防・対策法などに関連した話題も。他に、足だけでなく、手、爪などの水虫のことや子供の水虫についてもご紹介。
依存症の種類・原因・症状と治療法
依存症の種類・原因・症状と治療法について。依存症の種類としては、買い物、アルコール、恋愛、ニコチン、インターネット、携帯電話などいろいろある。当ホームページでは、これら各種依存症の解説や女性と依存症の関係などについても紹介する。
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療方法について。他に、統合失調症の陰性症状と陽性症状の違いや緊張型などの分類、更に統合失調症の薬物治療に関してご紹介。
禁煙の効果・方法・グッツの紹介
禁煙の効果・方法や禁煙の禁断症状を抑止する電子たばこや二コレットなどのグッツを紹介する。他に、禁煙草やセラピー、外来の話題や禁煙と女性の関係についても紹介する。
糖尿病の食事の献立
糖尿病の食事の献立や宅配のレシピやメニューなどについて。その他、糖尿病の食事の指導、間食の問題、外食のメニューなどの情報も。さらに、糖尿病の食事の食品交換表とカロリーや単位などもご紹介。
新型インフルエンザとは?
厚労省によると新型インフルエンザ患者の確認地域は、横浜市、札幌、沖縄県、愛知などだ。乳幼児が新型インフルエンザに感染すると大変だ。そこで、新型インフルエンザ対策として人気中なのがダイキンの空気清浄機のようだ。他に、新型インフルエンザとパンデミック、タミフル、リレンザ、備蓄などの話題も。
新型インフルエンザの潜伏期間
新型インフルエンザの潜伏期間について。新型インフルエンザの初期症状の特徴としては微熱が有名だ。特に、乳児の新型インフルエンザは危険なので治療する前に予防接種を受けたいものだ。さらに、新型インフルエンザのワクチンや脳症などの話題も。
新型インフルエンザと免疫
国立感染症研究所や厚生省によると、新型インフルエンザ用ワクチンの接種に優先順位ができたようだ。しかし、新型インフルエンザは誰も免疫を持っていない。このままだと新型インフルエンザのピーク時には学級閉鎖も多発するだろう。その他、新型インフルエンザと合併症、変異、ウィルガードなどの話題も。
生理痛の原因
生理痛の原因について。他に、生理痛の原因と症状である吐き気や下痢、そして漢方などの話題も。参考までに、生理痛が原因となり腹や胃の痛みや嘔吐、熱などを併発することもある。
いびき治療
いびき治療のお勧めの方法や手術などについて。いびき治療というと病院や耳鼻科が有名だが他にも治療方法はある。参考までにいびき治療の盛んな地域は東京、大阪、名古屋、福岡、埼玉の順である。