生理痛の原因

生理痛と生理不順の原因

生理痛,原因,症状,吐き気,下痢,漢方,腹,胃,嘔吐,熱

生理(月経)は、健康な女性であれば誰もが経験することである。
そして、殆どの女性に生理痛があると思う。生理痛の薬が毎月手放せない人も少なくないようである。
生理痛の症状は、生理前にイライラしたり、生理中は下腹痛や腰痛、頭痛に悩まされたりする。
生理痛が日常生活に影響が出るくらい酷い(ひどい)と、子宮内膜症や子宮筋腫などの子宮が原因の病気の可能性も有る。
生理痛には個人差があるため、自分の生理痛や生理不順、生理の周期の乱れ方のレベルがどのようなものなのか、他の人と比較できないことも不安の原因になる。
生理不順とは、生理の周期が乱れて生理がこなかったり、生理が終わらなかったりする症状のことである。
生理の周期が25から38日の間であれば問題ないが、それより短かったり長かったりすると生理不順だといえる。
生理不順の人には、全く生理痛を感覚なかったり、毎回薬を飲まなければならないほど酷い(ひどい)生理痛を伴ったり個人差があるようである。
薬を飲んでも効果がないケースの場合は、子宮内膜症や子宮筋腫などの子宮が原因の病気の疑いが有るので、早めに婦人科を受診すべきだ。早めに治療を受ければ、その分早く生理痛が修正する。
生理痛の実感は人各々(おのおの)であるので、原因がわかりにくいことが多いものである。中には1ヶ月ごとに生理痛が酷い(ひどい)という人もいる。生理時には、毎月2つある卵巣から交代で1つずつ卵子が出てくる。
このようなケースの場合は、片方の卵巣が弱いと言う事が原因に考えれる。


スポンサードリンク

生理痛が原因となり腹や胃の痛みや嘔吐、熱などを併発することも

生理痛,原因,症状,吐き気,下痢,漢方,腹,胃,嘔吐,熱

「生理(月経)」とは、女性のみに生じる現象である。では、どうやって生理が生じるのだろうか?
生理とは、一定の周期で繰り返される子宮内膜からの出血のことである。卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロンという2つの女性ホルモンの分泌によって生理のリズムはできており、約4週間(25から35日)毎の決まった周期で3から7日間にわたって出血する。
生理が始まってから約14日後が排卵日と言われている。女性の心身の状態は、女性ホルモンの影響により4つの時期を繰り返している。
まず、「1週目(生理中)」である。
黄体ホルモンには、体温を上げる機能が有る。生理中にはこの黄体ホルモンの分泌がなくなるため、体温が下がって血行が悪くなり身体が冷える。
次に、「2週目(生理後)」である。
卵胞ホルモンには、女性らしさを引き出す機能が有る。排卵を前にしてこの卵胞ホルモンの分泌が高まるため、肌や髪の毛にツヤが出て心身共に充実してくる。
次に、「3週目(排卵後)」である。
排卵後は、黄体ホルモンの分泌が高まり子宮の内膜が充実してくる。身体的に大きな不調はないが、下腹部にちょっとした違和感や不快感を覚える。
最後に、「4週目(生理前)」である。
黄体ホルモンによる影響が最も身体に現れる。体温が上がり、肩こり、頭痛、便秘、むくみなど身体に不調が出てくる。殆どの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思う。
生理痛といっても、痛む場所、症状、レベルは人によって様々である。
痛みのために日常生活に支障が出るほどの生理痛を「月経困難症」といい、「器質性月経困難症」と「機能性月経困難症」の2つに分類される。
器質性月経困難症の原因には、子宮内膜症、子宮筋腫、子宮腺筋症などが考えれる。
機能性月経困難症には特に原因となる病気がなく、思春期から20歳代前半の女性に多いと言われている。
参考までに、生理痛が原因となり腹や胃の痛みや嘔吐、熱などを併発することもある。


生理痛の原因と症状→頭痛、腰痛、下痢

殆どの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思う。
生理痛には、いろんな症状があり人各々(おのおの)である。殆どの生理痛は、生理前から生理が始まって2から3日くらいにかけて生じるようである。
一般的に多いとされている生理痛の症状をご紹介する。
まず、「頭痛」である。
生理前から生理が始まって数日間、頭痛が出る人が多いと言われている。
もともと女性の筋肉は男性に比較して華奢にできており実に疲労を感じやすいため、男性より女性のほうが頭痛持ちの人が圧倒的に多いそうである。
女性の頭痛の原因のうちの半数以上が、生理と関係しているのではないかと考えられている。
頭痛の原因は、女性ホルモンの1つであるエストロゲンという物質の分泌が急激に減るためである。エストロゲン製剤の服用が頭痛緩和(かんわ)に効果的である。
次に、「腰痛」である。
生理時に腰痛に悩まされている人も多いと思う。腰痛の原因は、ホルモンと類似した活動をするプロスタグランジンという物質である。
プロスタグランジンは子宮収縮を促す活動があり、プロスタグランジンの分泌量が多いと生理痛が酷く(ひどく)なることがわかっている。
生理や妊娠、出産に関係する腰痛は女性独自のものとされているので生理時の腰痛は病気ではないが、症状が酷く(ひどく)て日常生活に影響が出るようならば病院を受診して欲しい。
最後に「下痢」である。
生理時に便が緩くなるという人がいる。中には水溶便くらいに酷い(ひどい)下痢になる人もいるのではないのだろうか。生理時には、腰痛の原因でもあるプロスタグランジンが大量に分泌される。
プロスタグランジンは子宮収縮を促す活動があるため下腹部痛を生じさせる原因にも為っているが、胃腸にも影響が及ぼすため下痢を生じさせる原因にもなる。

生理痛の原因と吐き気、下痢

殆どの女性が生理痛(月経痛)を経験していると思う。
生理痛といっても、痛む場所、症状、レベルは人によって様々である。生理痛の原因には、以下のものが挙げれる。
生理の前半に、下腹部がキリキリ痛んだり鈍痛を実感したり、腰痛、だるさ、冷え、めまい、吐き気、下痢などの不調が現れることが有る。
これらの原因と為っているのが、経血や子宮内膜に含まれ、生理の経血を身体の外に出すために子宮の収縮を促す任務を成し遂げる「プロスタグランジン」という物質である。
生理の直前から前半にかけて、このプロスタグランジンが急激に増加する。プロスタグランジンの量が増加すると、子宮の収縮が力強くなるため下腹部にキリキリとした痛みが生じる。
また、プロスタグランジンには血管を収縮させる機能もあるため、腰痛やだるさ、冷えなどが酷く(ひどく)なる。
更には胃腸にも影響が出てくるので、吐き気や下痢の原因につながることも有る。
プロスタグランジンの量が多いほど、生理痛が酷い(ひどい)と言われている。生理の後半に、下腹部の鈍痛、頭痛、腰まわりのだるさ、冷えなどの不調が現れることが有る。
これらの原因と為っているのは「うっ血」である。血液の流れが滞ってしまう症状をうっ血という。
生理が後半になると、骨盤を中心として血液の流れが悪化してくる。その為、下腹部の鈍痛や腰まわりにだるさを実感できる。
このケースの場合、血行を良くする食事を心がけたり半身浴で身体を温めてあげたりなど、日常生活を修正することでうっ血を除去することができる。

生理痛の原因と緩和(かんわ)

生理痛の気のせいか多くは、生理前から生理が始まって2から3日くらいにかけて生じる下腹部痛などの症状である。
人各々(おのおの)個人差は有るが、殆どの女性が経験するものである。下腹部痛の他に頭痛や吐き気、めまい、下痢、便秘、イライラなどの症状のある人も気のせいか多く、酷い(ひどい)生理痛のために寝込んでしまう人もいるほどである。
生理痛の原因には、冷え性で血流が悪い、子宮や卵巣に原因のある病気がある、子宮の収縮が力強いなどが有る。
また、子宮頚部がガッチリと閉じているケースの場合も生理痛の原因になるそうである。
子宮頚部は、妊娠した時に赤ん坊が支えられるように繊維質が日進月歩しておりガッチリとした構造に為っている。
その為、出産の時になかなかどうして子宮口が開かない原因に為っているそうである。このことは生理にもあてはまる。
子宮が収縮して血液を体外に排出しようとしても、子宮口がガッチリと閉じていると陣痛と同じような痛みが生じるのである。
子宮頚部がガッチリと閉じていることが原因の生理痛は、生理前に痛みのピークがあり生理が始まると軽くなる。
生理痛で悩んでいる人は、自分の痛みのパターンが決まっているケースの場合が多いようである。
生理直前に痛みがきたり、生理が始まってすぐに痛みが出たり、2から3日目が辛かったり、生理痛の症状は人各々(おのおの)である。
自分の痛みのパターンに合わせて、生理痛が起こりそうな日の前日から鎮痛剤の服用、食事の修正、サプリメントの摂取など実践すると、ホルモンバランスがコントロールできて効果的である。
食事面では、緑黄色野菜、肉類、魚介類、大豆製品、乳製品をバランスよく摂取すると良いだろう。
加工食品や添加物の入っているもの、カフェインが含まれているコーヒーやチョコレートなどは控えるようにすべきだ。水分や塩分などむくみを起こすものも良くない。
特に生理前には、生野菜や果物、冷たい飲み物は摂らないように心がけて欲しい。

生理痛の症状、原因、対策について

生理(月経)が始まる前や生理中に生じる下腹部痛、腰痛、頭痛などの症状を生理痛という。
生理痛には大きく2つに分けることができ、生理前に生じる「月経前症候群」と生理中に生じる「月経困難症」とが有る。
月経前症候群は、生理の始まる1から2週間前から現れて生理が始まると軽くなるいろんな症状のことである。
症状は人各々(おのおの)であるが、一般的に多いのは下腹部痛、頭痛、乳房の張り、ニキビ、イライラなどである。
月経前症候群の原因は、卵胞ホルモンのエストロゲンと、黄体ホルモンのプロゲステロン、抗利尿ホルモンのバランスの崩れからきていると考えられている。
また、栄養不足やストレスまたはフラストレーション、冷えなどによる血液循環の悪化が原因とも言われている。
月経困難症は、生理前から生理が始まって2から3日くらいにかけて生じる症状のことである。
症状には下腹部痛、腰痛、嘔吐などがあり、痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出たり、だるさや眠気を伴ったりする。
子宮の病気が原因で生じる「器質性月経困難症」と、原因となる病気のない「機能性月経困難症」の2つに分類される。
生理痛の対策としては、まず下半身を冷やさないことである。冷えなどで血液の循環が悪くなると、生理痛が酷く(ひどく)なる原因となる。
保温性の高い下着や靴下、腰や下腹部にカイロを活用するなど身体を温めてあげよう。
また、お風呂でゆったり温まるのも、冷えを防ぐと共に精神状態的なストレスまたはフラストレーションもやわらげてくれるのでたいへん効果的である。
食事面では、ビタミン、鉄分、ミネラルを気のせいか多く包含するものを意識して摂るようにすべきだ。
また、緑黄色野菜、肉類、魚介類、大豆製品、乳製品をバランスよく摂取すると良いだろう。
加工食品や添加物の入っているものは控えるようにして欲しい。生理前は骨盤の血流が停滞するので、血流を良くするために適度な運動が必要である。生理の1週間くらい前から全身の屈伸運動を実践すると効果が有る。
ウォーキング、ジョギング、スイミング、エアロビクスなどがおススメである。

生理痛のいろんな原因について

殆どの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思う。
生理痛の症状は人各々(おのおの)で、殆どの生理痛は、生理前から生理が始まって2から3日くらいにかけて生じるようである。
生理痛の原因にはいろんなものが有る。
まず、「子宮口の未成熟が原因の生理痛」である。
これは出産経験のない10から20歳代前半の若い女性に生じる生理痛である。出産経験がないため子宮と膣をつなぐ子宮頚管が細くて硬く子宮口も狭く、血液がスムーズに流れずに痛みが生じるというわけである。
「出産すると生理痛が軽くなる」とよく言われるが、これは出産で子宮口が広がったためである。このケースの場合の生理痛は、子宮が成熟すると共に自然に治ってゆく。
次に、「子宮の収縮が力強いことが原因の生理痛」が挙げられる。
20歳代後半からの女性に多いこの生理痛は、子宮内膜から出るホルモンに類似した活動をするプロスタグランジンが大量に分泌されるためである。
プロスタグランジンは、本来は出産時に大量に分泌されて陣痛を生じさせる物質であるが、生理前や生理中にも分泌して血液を体外へ排出する。
プロスタグランジンは、胃腸にも影響したり他の血管を収縮させたりする活動も有るので、下痢や吐き気、胃痛、頭痛、肩こりなどの症状が生じるケースの場合も有る。
次に、「冷えによる血流の悪化が原因の生理痛」がある。
薄着や冷房などから身体が冷えて血流が悪化すると、生理痛が酷く(ひどく)なるケースの場合が有る。もともと女性の身体は冷えに弱くできているが、生理中のタンクトップや素足は控えた方が良さそうである。
最後に、「子宮や卵巣の病気が原因の生理痛」である。
原因となる病気を治してしまえば、症状が軽くなるケースの場合が多いと言われている。
生理痛がどんどん酷く(ひどく)なってきた、出血量が増加してきたなどの普段の生理と異なると実感したら子宮や卵巣が原因の病気が疑われるので、早めに婦人科を受診すべきだろう。
これらの他には、ストレスまたはフラストレーション、不規則な生活、過度のダイエット、肥満、運動不足が原因で生理痛を生じさせるケースの場合が有る。

生理痛と器質性月経困難症・機能性月経困難症の原因

殆どの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思う。
痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ばれている。
月経困難症は、原因によって「器質性月経困難症」と「機能性月経困難症」の2種類に分類される。
月経困難症のケースの場合、婦人科で治療することで症状が軽減される。器質性月経困難症の原因と為っているのは、子宮内膜症や子宮腺筋症、子宮筋腫、子宮の奇形などの子宮の病気である。
原因と為っている病気の治療を実践することで症状は良くなる。
生理痛は人各々(おのおの)個人差があるため、普段の生理痛と月経困難症の異なりはわかりにくいかもしれない。
これまでとは異なる我慢のできないくらいの力強い痛みが毎月起きたり、生理痛がどんどん激しくなったりしたケースの場合には、子宮や卵巣に原因のある病気にかかっている可能性が有る。
生理痛が普段と異なると実感したら、我慢をしないで婦人科を受診することをおススメする。
機能性月経困難症の原因には、子宮の収縮が力強い、子宮口が狭い、心理的なストレスまたはフラストレーションが挙げれる。
生理時にははがれた子宮内膜を体外に排出するために、子宮内膜から子宮を収縮する活動を持つプロスタグランジンという物質が分泌される。
プロスタグランジンが必要以上に大量に分泌すると、子宮収縮が大きくなるので子宮の血流が悪くなり痛みを生じさせる。
また、出産経験のない10から20歳代前半の若い女性は、出産経験がないために子宮と膣をつなぐ子宮頚管が細くて硬く子宮口も狭く、血液がスムーズに流れずに痛みが生じる。
心理的なストレスまたはフラストレーションからくる生理痛は、「生理イコール生理痛」と思い込みから痛みを生じさせる。

生理痛の原因と子宮の病気について

生理(月経)は、健康な女性であれば誰でも経験することである。
生理には生理痛がついてくる。生理痛とは、生理中や生理の前後に生じる不快な症状のことである。
生理痛を実感しない人もいれば、生理痛が酷く(ひどく)て日常生活に影響が出る人もいる。
痛みの種類も、腹痛だったり頭痛だったり腰痛だったり、中にはイライラが抑えられないケースの場合も有る。そもそも、なぜ生理痛が生じるのだろうか?
生理痛の原因の1つに子宮の病気が有る。
子宮内膜症や子宮筋腫のケースの場合がこれにあたる。子宮内膜症を所有していると年齢を重ねるごとに痛みが激しくなる。
子宮筋腫があると、生理時の出血量が気のせいか多く激しい生理痛をともなう。
これ以外の原因には、出血困難が有る。
初潮が来てまもない女の子や出産を経験していない女性は、生理時に血がスムーズに出せないケースの場合が有る。これは病気が原因ではない。
子宮頚管がまだ細いためで、子宮の中で増殖して厚くなった内膜を体外に出そうとする時に痛みをともなう。
身体が成長や出産を経験することで子宮頚管が広がり、修正されてゆく。ホルモンバランスも生理痛の原因だと考えれる。
生理とは、妊娠の準備のために厚くなった子宮内膜が妊娠不成立のために不要になり体外に排出するという現象である。
この時、子宮収縮ホルモンが分泌され子宮を収縮させて内膜を体外に出す。この子宮収縮ホルモンの量が過剰になると、子宮の収縮が大きく起こり痛みを生じさせる。
ホルモンバランスが乱れると生理痛だけでなく不正出血が生じることが有るので、体調の統制・管理をガッチリと行おう。

生理痛の原因と月経困難症、漢方

殆どの女性が「生理痛(月経痛)」を経験していると思う。
生理痛は何種類かに分類されるが、痛みのために家事ができない、仕事に行けないなどの日常生活に支障が出るほどの生理痛は、「月経困難症」と呼ばれている。
月経困難症にはいろんな原因があり、更に2種類に分けれる。
「器質性月経困難症」は、月経困難症の中ではやや数が少ないと言われている。器質性月経困難症の直接の原因は、子宮内膜症や子宮筋腫などの子宮に関係する病気である。
このケースの場合、市販されている鎮痛剤で生理痛を抑えず、婦人科での診察や治療を実施する。
しかし、生理痛は人各々(おのおの)個人差があるため、普段の生理痛と月経困難症の異なりはわかりにくいかもしれない。
これまでとは異なる我慢のできないくらいの力強い痛みが毎月起きたり、生理痛がどんどん激しくなったりしたケースの場合には、子宮や卵巣に原因のある病気にかかっている可能性が有る。
生理痛が普段と異なると実感したら、我慢をしないで婦人科を受診することをおススメする。
月経困難症の気のせいか多くは、「機能性月経困難症」だと言われている。子宮の病気がないのにもかかわらず、日常生活に影響が出るほどの酷い(ひどい)生理痛が起きる。
特に、10から20歳代の女性に多いようである。
機能性月経困難症の原因は、ホルモンに類似した活動をする「プロスタグランジン」という物質である。
プロスタグランジンは、生理時に子宮内膜で作られ生理の経血を身体の外に出すために子宮の収縮を促す任務を成し遂げている。
プロスタグランジンが大量に分泌されていると、子宮の収縮が大きくなり生理痛を生じさせる。
機能性月経困難症は対症療法で治療を行い、鎮痛剤やピルなどで症状を緩和(かんわ)する。
漢方薬などで体質修正をすると、根本的に治せると言われている。

生理痛の原因関連エントリー

男の更年期障害
男の更年期障害のめまいやうつ病などの症状などについて。他に男性の更年期障害と薬や漢方薬の関係や検査に関する話題も。さらに、男の更年期障害の症状として、動悸やむくみに関した情報も紹介する。
腰痛の原因と予防と治療法
腰痛の原因と予防と治療法について。他に腰痛の予防体操やコルセット、ベルト、腰痛に効くツボ、整形外科などの話題も。さらに、腰痛と出産と妊娠の関係、椎間板ヘルニアの関係などについても紹介。
水虫の症状と治療薬
水虫の症状と治療薬について。水虫薬で実践する治療のことや予防・対策法などに関連した話題も。他に、足だけでなく、手、爪などの水虫のことや子供の水虫についてもご紹介。
依存症の種類・原因・症状と治療法
依存症の種類・原因・症状と治療法について。依存症の種類としては、買い物、アルコール、恋愛、ニコチン、インターネット、携帯電話などいろいろある。当ホームページでは、これら各種依存症の解説や女性と依存症の関係などについても紹介する。
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療方法について。他に、統合失調症の陰性症状と陽性症状の違いや緊張型などの分類、更に統合失調症の薬物治療に関してご紹介。
禁煙の効果・方法・グッツの紹介
禁煙の効果・方法や禁煙の禁断症状を抑止する電子たばこや二コレットなどのグッツを紹介する。他に、禁煙草やセラピー、外来の話題や禁煙と女性の関係についても紹介する。
糖尿病の食事の献立
糖尿病の食事の献立や宅配のレシピやメニューなどについて。その他、糖尿病の食事の指導、間食の問題、外食のメニューなどの情報も。さらに、糖尿病の食事の食品交換表とカロリーや単位などもご紹介。
新型インフルエンザとは?
厚労省によると新型インフルエンザ患者の確認地域は、横浜市、札幌、沖縄県、愛知などだ。乳幼児が新型インフルエンザに感染すると大変だ。そこで、新型インフルエンザ対策として人気中なのがダイキンの空気清浄機のようだ。他に、新型インフルエンザとパンデミック、タミフル、リレンザ、備蓄などの話題も。
新型インフルエンザの潜伏期間
新型インフルエンザの潜伏期間について。新型インフルエンザの初期症状の特徴としては微熱が有名だ。特に、乳児の新型インフルエンザは危険なので治療する前に予防接種を受けたいものだ。さらに、新型インフルエンザのワクチンや脳症などの話題も。
新型インフルエンザと免疫
国立感染症研究所や厚生省によると、新型インフルエンザ用ワクチンの接種に優先順位ができたようだ。しかし、新型インフルエンザは誰も免疫を持っていない。このままだと新型インフルエンザのピーク時には学級閉鎖も多発するだろう。その他、新型インフルエンザと合併症、変異、ウィルガードなどの話題も。
生理痛緩和に効くつぼ
生理痛緩和に効くつぼ(ツボ)について。他に、生理痛緩和の方法や食べ物などの話題も。参考までに、生理痛緩和の対処法としては整体、栄養成分、漢方薬などもある。
いびき治療
いびき治療のお勧めの方法や手術などについて。いびき治療というと病院や耳鼻科が有名だが他にも治療方法はある。参考までにいびき治療の盛んな地域は東京、大阪、名古屋、福岡、埼玉の順である。