いびき治療

いびき治療のお勧めの方法や手術などについて紹介

いびき,治療,お勧め,手術,病院,耳鼻科,東京,大阪,名古屋,福岡

当サイトでは、いびき治療のお勧めの方法や手術などについて紹介したいと思う。
いびきとは、空気の通り道である上気道が何らかの原因で狭くなって、そこを空気が無理して通過することで軟口蓋などの粘膜が振動して生じる音のことである。
喉の周りの筋肉は柔らかく、仰向けに寝るとその筋肉が緩んで喉の奥が下に沈みやすくなる。
その為、異常のない状態であっても睡眠中は上気道が狭くなる可能性が有る。普段いびきをかかないのに、疲れた時などにいびきをかく人がいる。
このような人は、ストレスまたはフラストレーションや疲労感が除去されるといびきが収まる。
一時的ないびきは心配する必要はない。しかし、慢性的ないびきは注意が必要である。
慢性的ないびきの原因としては、肥満、アルコールの飲酒、喫煙が挙げれる。肥満は、喉や首まわりについた脂肪が上気道を狭くして、いびきを生じる。
鼻炎やアレルギーの人など、口を開けて眠る口呼吸もいびきの原因の1つである。
子供のケースの場合はアデノイドが原因で気道を塞ぎ、いびきが生じるケースの場合も有る。
これ以外、骨格が原因で顎が小さく、収まりきれない舌が気道を塞いでしまっていびきの原因になる。
また、老化と共に筋力が弱まって上気道が狭くなる加齢が原因であるケースの場合や、薬を飲んで生じる筋力の緩みからいびきが生じるケースの場合も有る。
いびきはいろんな原因から生じるが、慢性的ないびきは酸素が充分に体にいきわたっていない状態であるので、適切な治療が必要である。
いびきが気になったら、いびきの原因に沿った治療を受けて充分な睡眠がとれるようにして欲しい。


スポンサードリンク

いびき治療の盛んな地域は東京、大阪、名古屋、福岡、埼玉の順

いびき,治療,お勧め,手術,病院,耳鼻科,東京,大阪,名古屋,福岡

いびきに悩んでいる人や、悩ませる人が気のせいか多くいる。
そもそも、いびきとは何だろうか。
いびきとは、睡眠時の呼吸によって生じる雑音のことである。
いびきは、呼吸によって気道や軟口蓋(なんこうがい)、鼻腔の粘膜が振動して独特の音を生じる。軟口蓋とは、口の奥の柔らかい部分のことである。
口蓋とは上あごのことで、軟口蓋はこの口蓋の後ろ1/3くらいの柔らかい部分であり、発声する時や物を食べて飲み込むときに動く。
発声練習では、この軟口蓋を上げて発声するようにと教えている。
軟口蓋は、食べ物が口に入っている間は舌とくっついて、食べ物が咽頭(=のど)に入らないようにする。
物を飲み込むときには咽頭部と接触して鼻に入らない仕組みに為っている。普通、起きている時にはいびきをかかない。しかし、睡眠中は身体の筋肉が緩んでいると思う。
すると上気道の筋肉も緩んで、その結果上気道が狭くなるのである。空気の通り道が狭くなるために、そこを空気が通過すると粘膜が振動する。
その振動がいびきとなるのである。
このいびきには病気が隠れているケースの場合も有る。
単にいびきがうるさいと思わずに、大きないびきが継続するケースの場合や、無呼吸状態が継続するケースの場合は一度病院に行って診察を受けよう。
空気の通りが悪いと言う事は熟睡していないので、体にも良くない。
ガッチリ治療することで、いびきの原因となる病気が治ると同時に、本人や家族もいびきに苦しむことがなくなる。
適切な治療を受けて、充分睡眠を取れるようにして欲しい。
参考までにいびき治療の盛んな地域は東京、大阪、名古屋、福岡、埼玉の順である。


いびき治療と睡眠時無呼吸症候群の検査

いびきをかくだけでなく、無呼吸を伴うケースの場合は日中眠くなって事故を起こす危険性があるなど、早急に修正が必要な状態である。
眠っている時に何回も呼吸が止まってしまう人は適切な治療のため睡眠中の状態をできるだけ正確に掌握する必要が有る。
診察の際は、いびきを録音したものや睡眠中の状態を撮影したビデオがあるとより正確な状態がドクターに伝わる。
もし、一緒に暮らしている家族が診察時に同行できるようだったら、家族が眠っている状態を具体的に解説することができる。
睡眠時無呼吸症候群が疑われるケースの場合には、睡眠時の状態をより正確に認識するための検査を実施する。
睡眠状態を測定するには、簡易終夜睡眠ポリグラフ検査と終夜睡眠ポリグラフィーが有る。簡易終夜睡眠ポリグラフ検査は自分の家で行える。
機器を借りて自分の家で装着して眠り、それを病院に返却して検査を実施する。この検査の数値によっては、精密検査を実施したり、すぐに治療を実施する。
終夜睡眠ポリグラフィーは1泊の入院が必要な精密検査である。
体にいろんなセンサーをつけて病院で眠り、睡眠中の呼吸・身体の状態のデータを集める。
この検査によって睡眠時無呼吸症候群かどうか、睡眠時無呼吸症候群以外の疾患があるかを判断する。
睡眠時無呼吸症候群以外の疾患には、むずむず足症候群や上気道呼吸抵抗症候群などの睡眠障害が有る。
睡眠時無呼吸症候群であっても、1人1人状態によって治療の選択の可能性が変わってくる。
その為には精密な検査が必要なのである。

いびき治療と肥満

いびきは何らかの理由で上気道が狭くなって生じる。
このいびきの原因で一番多いのが肥満である。肥満によって喉や首の周りについた脂肪が上気道を狭くしてしまう。
その狭い上気道の状態で眠ると、軟口蓋や舌根が沈んで気道を塞いでしまう。このため、肥満の人はいびきをかきやすくなるのである。
単なるいびきだと侮ってはいけない。
気道を塞ぐと言う事は、眠っている間に無呼吸になる睡眠時無呼吸症候群にもなる可能性があると言う事である。
肥満が原因のいびきのケースの場合には、いびきに対する治療の他に減量がかかせない。
肥満はいびきの原因になるだけでなく、生活習慣または慣例病である糖尿病や高血圧などの原因にもなる。
また、肥満によって上気道が狭くなって眠っている時に呼吸が辛くなることから血液の酸素不足となり、この酸素を補うために心拍数が増加して血圧が高くなる。
こういった具合に、肥満による呼吸が血圧を高くしているケースの場合もあるのである。
いびきは、体の状態を知らせてくれるシグナルであるともいえる。
肥満だけでなく、加齢による筋力低下もいびきの原因であるので、太った人は年齢と共にいびきをかきやすくなる。そして、体重が増加するほどいびきをかきやすくなる。
いびきをガッチリ治療するためには、体重を統制・管理して太り過ぎないように心がけて欲しい。
また、現在いびきをかいていない人は太らないことがいびきの抑制かつ予防につながる。
健康に生活するためには、肥満解消はかかせないのである。

いびき治療と鼻炎の手術

アレルギー鼻炎など鼻の病気が原因でいびきをかく人がいる。
鼻の病気は鼻づまりでいびきの原因になるだけでなく、睡眠時無呼吸症候群を生じさせたり、鼻炎を悪化させて蓄膿症になる、など別の病気の原因もなる。
服薬や点鼻薬などによってガッチリと治療することが肝心である。しかし、薬だけでは鼻の病気が完治しないケースの場合も有る。
長年の鼻炎によって鼻の粘膜が腫れて分厚くなってしまったケースの場合に鼻腔粘膜を焼灼(病気に為っている組織を焼いて治療すること)して腫れを小さくすることも有る。
鼻腔粘膜を焼灼するには以下のような方法が有る。
まず、トリクロール酢酸(三塩化酢酸)による手術である。
これはトリクロール酢酸を薄めたものを鼻腔粘膜に塗るのだ。こうすることで、粘膜が変形してアレルギー反応を生じにくくする。
次に、レーザー手術である。
これは内視鏡とモニターを用いてレーザーを鼻腔粘膜に照射する。アレルギー原を捕まえる粘膜をレーザーによって収縮させて、アレルギーを抑え鼻炎を解消させる。
次に、高周波凝固術である。
これは高周波メスを用いて鼻腔粘膜を凝固させることで、粘膜の腫れを少なくして粘膜を固くする。これにより、花粉や埃が粘膜内に入る量が少なくなり、鼻水やくしゃみ、鼻づまりを軽くできる。
但し、全ての人に効果があるというわけでなく、アレルギーが再発する可能性も有る。
鼻の病気があって、それがいびきの原因と為っている人はその原因である病気をガッチリと治療することが肝心である。手術もそのいびき解消の方法の1つである。
いびきの治療方法の選択の可能性としてこのような方法もあると言う事を知っておいて欲しい。

いびき治療と咽喉の手術

いびきの原因は、肥満により喉に付いた脂肪が原因であるケースの場合や、鼻炎などの鼻の病気などいろんな原因で生じる。
これ以外、喉の中のアデノイドなどが原因でいびきが生じるケースの場合が有る。
いびきの治療の方法の1つに、咽喉の手術を実践するケースの場合が有る。
但し、再発や癒着の可能性も有るので手術に際してはドクターとの充分な相談が必要である。
まず、UPPPである。
これは喉の中を塞いで空気の通りを悪くしている扁桃腺や軟口蓋等を切り取る手術である。ちなみにUPPPとは、uvulopalatopharyngoplastyの略語である。
次に、LAUPである。
これはレーザーで部分的に扁桃腺や軟口蓋等を切り取る、いびきに適切な手術方法である。ちなみに、LAUPとは、laser assisted uvulopalatoplastyの略語である。
次に、アデノイド切除術である。
赤ん坊や幼児のアデノイドが肥大して気道を塞ぐと、いびきや睡眠時無呼吸症候群の原因となる。腫れが大きいケースの場合、呼吸困難になる恐れも有る。
このようなケースの場合には、手術によってアデノイドを切除する。費用は3割負担で5万円くらいが多いようである。
但し、児童への医療費補助を行っている自治体も多いので制度を活用すると自己負担が実に少なくなる。
最後に、扁桃腺摘出術である。
扁桃腺が腫れていびきや睡眠時無呼吸症候群の原因と為っているケースの場合や、何回も扁桃腺が腫れて高熱を出すようなケースの場合に扁桃腺を摘出するケースの場合が有る。この手術は全身麻酔で実施する。
麻酔が切れた後は、喉の痛みが続き、しばらくは飲み込むのも痛みが走る状態も継続するのだ。
費用が3割負担でも10から20万円くらいかかるので、入院前に高額療養費の限度額適用認定証を用意しておき、入院時にそれを提出して限度額の支払いが済むように準備しておくと良いだろう。
喉の病気の治療として手術を実践するケースの場合には、充分にドクターと相談して決定して欲しい。

いびき治療と病院、耳鼻科

いびきは気道が狭くなることが原因で空気の通りが悪くなることから生じる。
上気道が狭くなったり、ピッタリ塞がってしまうと睡眠時無呼吸症候群を生じさせる。
このような状態になると、酸素不足になることや異常のない呼吸ができないことから身体に大きな影響を与える。
慢性的ないびきは病院での詳しい診察や治療が必要である。
さて、慢性的ないびきを治療するには、どんな病院の何科で診察を受けるのが良いのだろうか?
いびきの治療は、その原因によって多種多様に渡る。
口腔外科や耳鼻咽喉科、内科、歯科、神経科、呼吸器科など、いびきの原因によって治療を受ける科が異なる。
顎の骨格が小さいケースの場合ならば、口腔外科や歯科での診察が必要である。
肥満が原因ならば、内科的な診察はかかせない。
また、慢性的ないびきの原因は1つだけとは限らない。
いびきによって身体に影響が及んでいるケースの場合には、その治療も必要となる。
その為、いびきの治療には複合的な診察や治療が必要となる。
いびきの原因がハッキリ分かる事ができないケースの場合には、まず耳鼻咽喉科(耳鼻科)の診察をおススメする。
耳鼻咽喉科(耳鼻科)の中でも、睡眠時無呼吸症候群の治療を行っている病院が良いだろう。
病院によっては、睡眠外来や睡眠無呼吸外来なども有る。
また、いびき外来がある病院もあるので、専門的な診療を受けられる病院を選択して欲しい。いびきには怖い検査はない。
いびきが気になったら、落ち着いて診察を受けて欲しい。

いびき治療と子供のいびき

大人だけでなく、赤ん坊も子供もいびきをかき、睡眠時無呼吸症候群に為っているケースの場合が有る。
子供が慢性的ないびきをかく状態は、子供の成長にとって良くない影響を与えている。
慢性的ないびきをかく子供は、夜グッスリと眠っていない。成長ホルモンは子供の骨や筋肉を日進月歩させる肝心なものである。
この成長ホルモンは深い眠りの状態で分泌される。
その為、いびきをかくような浅い眠りでは成長ホルモンの分泌が悪く子供の成長が悪くなってしまう。
また、グッスリと眠っていないので朝起きてからもイライラしたり集中力がなくなる。このことで学力の低下にもつながる。
睡眠が充分に取れていないことがきっかけで、不登校や肥満の原因につながることも有る。
子供のいびきの原因にはアデノイドの腫れが有るが、いびきが酷い(ひどい)ケースの場合には切除することも必要となる。
子供であってもいびきは軽く見てはいけないのである。子供がいびきをかいている時に、胸が大きくへこむことが有る。
このような状態に為っているケースの場合は注意が必要である。
狭くなった上気道で無理に呼吸をするために、胸がへこんでしまうのである。
いびきを治療すると、子供はグッスリと眠れるようになる。
グッスリ眠れる状態となれば、早寝早起きとなって生活リズムも整い、子供の成長も促される。
あなたの子供のいびきが気になるケースの場合には、病院で診察・適切な治療を受けて肝心な子供の健康を守って欲しい。

いびき治療と検査、診断方法

いびきをかく原因には肥満やアデノイドなどいろんな原因が有る。
この原因をつきとめることが、いびきの治療を開始するために必要である。いびきの治療の前にはどのような検査・診断が実践されるのだろうか。
いびきの原因は様々のものがあっても、いびきの音となる原因は上気道が狭くなることである。
その為、上気道がどのような状態に為っているのかを診察しなければならない。
この上気道の状態によって、内科や歯科、耳鼻咽喉科(耳鼻科)など、どの科の治療が必要なのかが判断される。
たとえば、アデノイドが腫れているのか、扁桃腺が腫れているのか、舌が大きいのか、太っているからなのか、など異なりによって治療も違ってくるのである。
いびきの検査と診断方法には以下のようなものが有る。
まず、ファイバー検査である。
上気道がどれだけ塞がっているのかを視診やファイバースコープで検査する。鼻からファイバーを通して上気道の疾患の有無を検査するのだ。
次に、画像診断である。
頭部X線(セファログラフィー)、CT、MRIなどの画像を用いて診断する。上下の顎の位置など、顔や喉の骨格の様子がよく分かるのだ。
次に、鼻腔通気度検査である。
鼻づまりの度合いを調べるのだ。
次に、肥満度チェックである。
肥満が疑われるケースの場合には、BMIや体脂肪率の測定が実践されるのだ。
次に、睡眠検査である。
自分の家で検査機器を用いて簡易検査を実施するのだ。
最後に、終夜睡眠ポリグラフィーである。
睡眠時無呼吸症候群が疑われるケースの場合や他の睡眠障害があるケースの場合に実践されるようだ。
一晩入院して検査機器をつけたまま眠り、そのデータを取って睡眠状態を測定するのである。

いびき治療といびき防止グッズ

慢性的ないびきのケースの場合はいろんな病気も隠れているケースの場合があるので検査や治療が必要となる。
しかし、軽いいびきならば市販されている防止グッズで様子を見ても良いだろう。
どのようないびき防止グッズが販売されているのか、何種類か紹介してゆく。
☆ノーズ・クリップ
鼻中隔をはさむように取り付けて鼻腔を広げるクリップである。
いびき防止以外にジョギングなどスポーツをする人が鼻呼吸をスムーズにするために用いることが有る。
シンクロナイズドスイミングの選手が活用または利用しているノーズ・クリップは水が入らないように鼻に栓をするもので、いびき用のノーズ・クリップとは異なる。
☆いびき防止用枕
この枕を用いて寝ると自然に横を向いた体制になるので、睡眠時の呼吸を楽にしていびきを防止する。また、センサーがついているいびき防止用の枕も販売されている。
いびきが生じるとセンサーが察知して枕が振動し、いびきのリズムを変化させていびきを防止する。いびきの音を録音する機能もついている。
☆いびき防止用の口閉めテープ
マウステープという名称でも販売されている。
口呼吸が原因でいびきをかく人や、口呼吸によって喉が乾燥してガラガラになるような人に効果が有る。口にテープを貼り、鼻呼吸をうながしていびきを防止する。
これ以外にもいろんないびき防止グッズが販売されている。
これらのいびき防止グッズを活用または利用してもいびき軽減に効果がないケースの場合は絶対に病院に行って適切な治療を受けて欲しい。

いびき治療関連エントリー

男の更年期障害
男の更年期障害のめまいやうつ病などの症状などについて。他に男性の更年期障害と薬や漢方薬の関係や検査に関する話題も。さらに、男の更年期障害の症状として、動悸やむくみに関した情報も紹介する。
腰痛の原因と予防と治療法
腰痛の原因と予防と治療法について。他に腰痛の予防体操やコルセット、ベルト、腰痛に効くツボ、整形外科などの話題も。さらに、腰痛と出産と妊娠の関係、椎間板ヘルニアの関係などについても紹介。
水虫の症状と治療薬
水虫の症状と治療薬について。水虫薬で実践する治療のことや予防・対策法などに関連した話題も。他に、足だけでなく、手、爪などの水虫のことや子供の水虫についてもご紹介。
依存症の種類・原因・症状と治療法
依存症の種類・原因・症状と治療法について。依存症の種類としては、買い物、アルコール、恋愛、ニコチン、インターネット、携帯電話などいろいろある。当ホームページでは、これら各種依存症の解説や女性と依存症の関係などについても紹介する。
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療
統合失調症の原因・幻聴などの症状と治療方法について。他に、統合失調症の陰性症状と陽性症状の違いや緊張型などの分類、更に統合失調症の薬物治療に関してご紹介。
禁煙の効果・方法・グッツの紹介
禁煙の効果・方法や禁煙の禁断症状を抑止する電子たばこや二コレットなどのグッツを紹介する。他に、禁煙草やセラピー、外来の話題や禁煙と女性の関係についても紹介する。
糖尿病の食事の献立
糖尿病の食事の献立や宅配のレシピやメニューなどについて。その他、糖尿病の食事の指導、間食の問題、外食のメニューなどの情報も。さらに、糖尿病の食事の食品交換表とカロリーや単位などもご紹介。
新型インフルエンザとは?
厚労省によると新型インフルエンザ患者の確認地域は、横浜市、札幌、沖縄県、愛知などだ。乳幼児が新型インフルエンザに感染すると大変だ。そこで、新型インフルエンザ対策として人気中なのがダイキンの空気清浄機のようだ。他に、新型インフルエンザとパンデミック、タミフル、リレンザ、備蓄などの話題も。
新型インフルエンザの潜伏期間
新型インフルエンザの潜伏期間について。新型インフルエンザの初期症状の特徴としては微熱が有名だ。特に、乳児の新型インフルエンザは危険なので治療する前に予防接種を受けたいものだ。さらに、新型インフルエンザのワクチンや脳症などの話題も。
新型インフルエンザと免疫
国立感染症研究所や厚生省によると、新型インフルエンザ用ワクチンの接種に優先順位ができたようだ。しかし、新型インフルエンザは誰も免疫を持っていない。このままだと新型インフルエンザのピーク時には学級閉鎖も多発するだろう。その他、新型インフルエンザと合併症、変異、ウィルガードなどの話題も。
生理痛の原因
生理痛の原因について。他に、生理痛の原因と症状である吐き気や下痢、そして漢方などの話題も。参考までに、生理痛が原因となり腹や胃の痛みや嘔吐、熱などを併発することもある。
生理痛緩和に効くつぼ
生理痛緩和に効くつぼ(ツボ)について。他に、生理痛緩和の方法や食べ物などの話題も。参考までに、生理痛緩和の対処法としては整体、栄養成分、漢方薬などもある。