エコポイント制度とは?

エコポイント制度の意味と総務省、問題点

エコポイント制度,意味,手続き,問題点,対象期間,いつまで,交換商品,家電,申請,総務省

エコポイント制度の意味とは、総務省などが主体となり押し進められた政策で、経済の活性化、地球温暖化対策、地デジの普及が目的である。
しかし、エコポイント制度は、運営団体が決まっていないなど、問題点も多い。
エコポイント制度には、特定の家電のみにエコポイントがつく。
現時点でのエコポイント制度では、エアコン、地上デジタル放送対応テレビ、冷蔵庫の3つのみが、ポイント配布対象の家電製品となる。
では、なぜこの3つなのだろう。それには、明確な理由が有る。
自分の家で排出されるCO2は、その約7割が電化製品によって生じるものと言われている。
そして、その中の約半分が、エアコン、テレビ、冷蔵庫と言われている。つまり、家電製品の中でも特にCO2の排出が多いのが、この3つなのである。よって、この3つをエコポイント制度の対象家電としているのである。
エコポイント制度というのは、基本中の基本的にはエコの普及と環境保全が目的である。
その為、CO2排出量が多い家電にまず限定し、早めの制定を試みたというのが実情だろう。
そして同時に、これら3つの家電に関連しては、殆どの自分の家が活用または利用している物である。普及率が高いという点も、選ばれた理由には当然含まれるだろう。
これから、掃除機や洗濯機がエコポイント制度の対象家電となる可能性はまだ充分あるので、もし買い替えを考えている方は、もうちょっと情勢を見ていた方が良いかもしれない。
2009年7月の時点で、エコポイントが制定されてから、たくさんの人が地デジ対応テレビを買い求めているようである。
3つの中でも、季節柄買い替える人が多いであろうエアコンより、テレビの方が大人気のようだ。
この制度には、何気に地デジの推進も目的の1つとして挙げられているのかもしれない。


スポンサードリンク

エコポイント制度の対象期間と該当家電

エコポイント制度,意味,手続き,問題点,対象期間,いつまで,交換商品,家電,申請,総務省

エコポイント制度の対象期間がいつまでかというと、2009年5月15日~2010年3月末までの予定である。
エコポイント制度でエコポイントが制定された対象家電は、2009年7月の時点では3種類である。エアコン・冷蔵庫・テレビの3種類だ。
これ以外の家電製品に関連しては、いまのところエコポイント制度の対象外である。
たとえば、エコポイント制度の報道を見て、いま家電製品を買い求めるとお得だと思い、電子レンジを買い替えようと考えても、実際にはエコポイント制度の恩恵にはあずかれないと言う事になる。その点は注意が必要である。
そして、更に注意すべきはテレビである。
テレビはエコポイントがつくが、実際は全てのテレビにポイントが付くわけではない。
家電リサイクル法においても、一部のテレビには例外的に対象外と為っているものが有るが、このエコポイント制度に関連してはまた違った基準と為っている。
というのも、地上デジタル放送対応テレビだけが対象商品なのである。
つまり、現時点でアナログ放送しか受信できないテレビについては、対象外となってしまうというわけである。
現時点でテレビを買い替える方の気のせいか多くは、地上デジタル放送対応テレビの購入を考えるかと思う。
ただ、中には別売りのチューナーの活用または利用を考えている方もいるかと思う。
こういった方は、値段的に相当安く為っているアナログテレビを買い求めることも充分あり得る。
こういったケースではポイントは付かないので注意すべきだ。
エコポイントの付く商品には、その旨を知らせるラベルが絶対に付いているので、それをまずチェックするのが一番確実である。


エコポイント制度で交換できる商品について

エコポイント制度の最大最高の特徴点は、なんといってもエコポイントを商品と交換できる点だ。
基本中の基本的に、大手家電量販店では店独自にポイント制度を起用しており、そのポイントを貯める事で、そのお店、もしくは系列店で割引サービスを受ける事が可能に為っている。
しかし、エコポイント制度は、このお店独自のポイントとはまったく別のポイントなので、対象家電製品を買い求めると、販売店のポイントと、エコポイントの両方が1つの家電商品で貯まる。一粒で2度美味しい、とはまさにこの事だ。
法人での購入に対してもエコポイントは付くので、大量購入の際にはなかなかどうしてバカにならない費用が浮くことになるだろう。
そんなエコポイント制度でもらえるエコポイントであるが、実際にはどのような商品と交換できるのだろう。
この点は、この制度を上手に活かすにあたって実に非常に大事な点である。では、エコポイントで交換できる商品を見ていこう。
商品は大きく分けると、以下の5種類である。
・商品券、プリペイドカード
・地域型商品券
・全国型の地域産品
・都道府県型の地域産品
・省エネ、環境配慮製品
商品券に関連しては、実質的にお金と同等の価値が有る。
その為、商品ではあるものの、割引サービスといった見方をしても問題ないかもしれない。
地域産品に関連しては、いろんな商品が用意されているので、それをえらぶ楽しさが有る。
エコポイント制度の魅力の1つと言っていいのではないだろうか。

エコポイント制度と交換商品でお得な物について

エコポイント制度を活用するケースの場合、数たくさんの商品との交換が可能と為っている。
その為、たくさんの家電量販店ではエコポイント制度を大々的に宣伝すると共に、エコポイント制度がいかにお得な制度であるかというのを大きく取り上げている。
その一方、多様化している商品の中にあって、どの商品がお得なのかと言う事は、あまり語られていない。
とはいえ、家電量販店が特定の商品に対してプッシュするのは、ひいきにも繋がるし、当然といえば当然だ。
ただ、実際問題、消費者の立場としては、どのような商品がお得なのかというのをどうしても知りたいところである。特に、商品券の還元率は知っておきたいところだ。
どれくらいのポイントで、何円分の券はプリペイドカードがもらえるのか。その中から、特にお得な物を何種類かピックアップして見よう。
まず、交通機関のICカードの中では、nimoca(西日本鉄道)がお得である。10,000ポイントで交換可能と為っているが、その際に10,000円分が進呈される。
1ポイント=1円、すなわち還元率100%である。他の交通機関のカードと比較すると相当お得である。
電子マネーに関連しては、どれも100%くらいなので殆ど異なりはない。
そして、エコポイント制度で交換可能な商品券の中でも特にお得なのは、家電量販店のベスト電器で活用可能な「ベストギフトカード」である。
このカード、なんと還元率117%と為っている。つまり、1ポイントで1円より多い変換が可能なのである。
ぜひとも活用してみて欲しい。

エコポイント制度と交換商品で還元率が良くない物について

エコポイント制度で得られたポイントを商品と交換するケースの場合、たくさんの人は商品券やプリペイドカードをえらぶかと思う。単純に使い勝手が良いからである。
電子マネーなどは、実質的に現金と殆ど差がない。電子マネー自体、現金と交換する方法もあるくらいである。
その為、物品よりも商品券に関連しての情報を知りたいという人は相当多いかと思う。
ただ、各家電量販店において、エコポイント制度の商品でお得なのは?という情報に関連しては、さすがに掲示されていないのである。
逆に、あまりお得でないのは?と耳にした日には、大抵の家電担当の店員さんから嫌な目をされる事請け合いである。
であるが、消費者の立場としては、エコポイント制度をより効率よく活用または利用したいと考えるのは当然のことで、あまり還元率の良くない商品券とは交換したくないと考えるのは、自然なことかと思う。そこで、ここではあまり還元率の高くない商品券も何種類か紹介する。
まず、一番目に付くのは「こども商品券」だ。
自分が活用するというよりは、子供、お孫さん、または親戚や友達の子供などにプレゼントする目的で交換を試みる形が多いかと思う。
しかしこの「こども商品券」、還元率がなんと67%である。
1,500ポイントで交換できるので交換はしやすいのであるが、1,000円分しかもらえない。相当低いと言わざるを得ないのだ。
これ以外、「花とみどりのギフト券」、「JAL旅行券」、「JCBギフトカード」などは90%を切っている。そして、交通機関のICカードへのチャージは大抵90%未満である。
基本中の基本的に、使い勝手のいい物ほど還元率が低いという印象である。
家電購入時には、こういったことも踏まえた上でポイントの使い方を考えよう。

エコポイント申請に必要な書類について

家電購入の際にエコポイント制度を上手に活かす為には、エコポイントの登録が必要である。それにはまず、エコポイント事務局へ申請する必要が有る。
この申請がなければエコポイント制度の活用または利用ができないので、絶対に申請を実践するようにすべきだ。
このエコポイント事務局への申請には、何種類かの書類が必要である。全て事前に用意しておかないと、申請から登録までに時間を要してしまうので、絶対にあらかじめ用意しておこう。
まず、保証書が必要である。
保証書には、購入日、購入店、買い求めた製品の製造番号や型番が分かる記述がされている事が条件である。この保証書に関連しては、商品についている物のコピーで問題ない。
次に、領収書が必要である。
これもやっぱり、購入日や購入店、そして買い求めた製品の製造番号・型番がガッチリ記載されていなければならない。領収書はレシートタイプのものでも問題ない。但し、こちらは原本が必要である。
もし、領収書やそれに準ずる証明書類の発行がされない商品のケースの場合は、「対象製品購入証明書」という書類を販売店からもらうようにして欲しい。それで代用可能である。
そして、リサイクルを活用または利用したケースの場合は家電リサイクル券の排出者控えが必要となる。
これはコピーで問題ない。
エコポイント制度は、ガッチリと申請しておかないと活用または利用できない恐れが有る。送り先の住所も間違えないようにすべきだ。
エコポイント事務局の住所は以下の通りである。

 

〒119-5085 郵便事業株式会社 新東京支店留
グリーン家電エコポイント申請係

エコポイント制度とインターネットでの交換申請と手続き

特定の家電を対象としたエコポイント制度を上手に活かす上で実践する申請には、郵送の他にインターネットによる交換申請が可能と為っている。
インターネット上のエコポイントの申請は、ホームページ上の入力フォームに必要事項を打ち込み、申請するという方法である。
近頃はよくネット上で契約を交わすというケースが増加しているが、このエコポイント制度でもそれが採用されている。
このインターネット申請を活用する事で、エコポイント制度をよりシンプルに活用または利用できる。
では、ネット上での申請について解説してゆく。
まず、基本中の基本的に注意すべき点は、インターネットでの交換申請でも結局は郵送する必要があると言う事である。
オンライン上での処理ではなく、あくまで申請書をネット上で作り上げるというのが、インターネットを活用または利用した申請である。
その為、将来はまだ解からないが、2009年7月の時点においては、いずれにせよ郵送をする必要が有る。
まず、インターネット上の入力フォームで、必要事項を記入してゆく。
公式のホームページで必要事項をガッチリ確認の上、下部の「注意事項を確認してエコポイントを申請する」をクリックして、入力フォームに進んで欲しい。
クリックすると、入力フォームが開く。
そこで、申請日、申請者の氏名、生年月日、電話番号、住所、メールアドレス、購入日、商品カテゴリーや型番、製造番号、リサイクル券番号、エコポイントの点数を記入する。
更にその後、商品のコードを4つまでえらぶ事ができるので、ポイントにあった物を選定するようにしよう。但し、20歳未満の方はお酒類の交換が不可能なので
注意すべきだ。家電購入時に得られるポイントは、ガッチリ申請しないと水の泡である。
家電を買い求めたお店で必要な手続き等を耳にしておくと良いだろう。

エコポイント制度と書面での交換申請について

エコポイント制度を上手に活かす為には、ガッチリと申請を実践する必要が有る。
エコポイント事務局への申請が実践されていないと、ポイント交換による商品を受け取る事は不可能だ。
商品はエコポイント事務局から送られてくるので、当然といえば当然だ。エコポイント制度を無駄にしない為にも、申請はちゃんと行おう。
申請方法は2つ有る。
そのうちの1つは、書面による申請である。
このケースの場合は、保証書、領収書などに必要書類に必要事項を記入して、事務局の住所を書き、郵送するという方法だ。一番分かりやすい方法かと思う。
気を付ける点は、やっぱり書類をガッチリそろえる事と、内容、及び住所の記入ミスである。絶対に送る前にチェックしておくようにすべきだ。
書面で送るケースの場合には、申請書が必要である。エコポイントの申請書は、家電販売店や郵便局で入手可能と為っている。
エコポイントのラベルが対象家電に貼ってある家電製品を置いている家電量販店には、絶対に申請書が置いてあるので、店員の方に尋ねてもらおう。
書面で申請を実践するメリットは、パソコンを使わなくていいという点だろうか。
現代社会において、パソコンの活用は最早必須事項では有るが、高齢の方の中には、パソコンを用いる事ができない方も大勢いるかと思う。
また、自分の家にパソコンがない、インターネットに繋がる環境が整っていないというケースも、まだまだ多いはずである。
こういった人々のケースの場合は、書面での郵送が一番確実だ。

エコポイント制度と商品券、プリペイドカードとの交換

エコポイント制度開始により、対象家電を買い求めるとエコポイントが貯まるように成った。
そのポイントが一定以上貯まったケースの場合、いろんな商品と交換が可能となる。
その中の1つ、商品券及びプリペイドカードについて見ていこう。
商品券、プリペイドカードといっても、その種類は1つではない。また、数種類でもない。実にたくさんの種類の商品券が有る。
あまりにも種類が多すぎて、その商品券やプリペイドカードと交換するか、相当迷うのではないかというくらいものである。
代表的な商品券というと、やっぱり図書券が挙げられるかと思う。図書券との交換も可能である。図書券は「生活関連券」という部類に入る。
図書券の他、フラワーギフトカードやクリーニングギフト券、ガソリンサービスステーションプリペイドカード、こども商品券などが該当する。
これ以外にも、オレンジカードやSuica、PASMOを筆頭とした鉄道カード及びカードへのチャージ、バスやフェリーなどの切符や券、おこめ券やビール券などといった食品、飲食券、各旅行会社、航空会社の発行している旅行券、全国の各大手デパートなどが発行している商品券、電子マネーなど、本当に多種多彩な交換が可能である。
電子マネーなどは、殆どお金をもらうのと同じ様なものだ。
エコポイント制度によって家電の購入が楽しくなるというのは、こういったいろんな交換商品が居並んでいる事も大きいだ。
エコポイント制度で家電を購入し、孫にこども商品券をプレゼントするなどという高齢者の方も増加していく事だろう。

エコポイント制度と全国型の地域産品との交換

エコポイント制度で家電購入時にもらえるエコポイントは、プリペイドカードや地域型の商品券との交換が可能である。
ただ、中には商品券との交換に抵抗を覚える方もいるだろう。
商品券での買い物なんて普段しないし、時間的な都合もあってあまり必要ないというケースや、コストパフォーマンス的な問題で、他の物が良いと考える方もいるだろう。
そういう方に対しては、地域産品との交換がおススメである。
地域産品には、全国型と地域型が有る。ここでは、全国型の地域産品を紹介すべきだろう。
全国型というのは、そのまま全国で展開している会社における地域産品の提供となる。一番分かりやすい例だと、郵便局の「ふるさと小包」だろう。
郵便局に足を運ぶと、よくこのふるさと小包のパンフレットがたくさん置かれている。
メロンや牛肉など、各地方の名産品を現地直送でお届けするサービスである。それが、そのままエコポイントによって購入できるのである。
お金の代わりにエコポイントを用いるという事以外には、特に相違点はない。
全国型の地域産品では、この郵便局の他にも、楽天市場、ぐるなび、シャディ、三越の「地域の特産品」など、18種類のサービスの中から選択ができる。
これらのケースの場合、自分が受け取るだけでなく、お歳暮として他の自分の家に送ることも可能と為っているので、商品券とはまた違った使い方ができる点が魅力である。
エコポイント制度で家電を買い求める事で、日頃お世話に為っている方にお礼ができるというのは、家電購入の大きなモチベーションにも繋がる。

エコポイント制度とは?関連エントリー

入学祝いのお返しや金額の相場、礼状など
入学祝いのお返しや礼状やお礼などについてどうしているか?入学祝いには、小学校のみでなく中学校の内祝いなども有る。また、入学祝い金額の相場や入学祝い用の手紙の書き方なんかも知りたいところだ。そこで入学祝いのお返しや金額の相場、礼状などについて。