仕事と資格|教養が身に付く雑学サイト

仕事と資格の記事一覧

仕事と資格記事一覧

言語聴覚士会の資格を取得するには、大学や専門学校に足を運んで国家試験対策をするという選定肢が有る。どうしても言語聴覚士として就職したい人にとって気になる事は、就職した後の給料や言語聴覚士法の規程内容ではないだろうか。更に、念願の言語聴覚士になって就職を考えている人が数多い地方は、予想外にも愛知県や福岡県のようだ。

福祉のお仕事に就くためには、まず資格試験に合格しなければならない必須事項が有る。その為には、まず大学に足を運んで国家試験の勉強をするという選定肢が有る。福祉関係の大学では、川崎医療福祉大学、羽衣国際大学、神奈川県立保健福祉大学、高崎健康福祉大学などが大人気のようだ。大学で国家資格試験に合格した人達がその後就く仕事には、福祉住環境コーディネータ、精神状態保健福祉士、介護福祉士、社会福祉主事などが有る...

職務履歴書は自分の経験やスキルをアピールするものである。それに対し履歴書は、自分のデータを企業に伝達するものである。つまり、企業に初めに提出する書類こそが履歴書なのである。企業側は履歴書から文書の作成能力や日本語表現能力などいろんなことを読み取る。書類選考に通過するには、第一印象が全てである。字の旨い下手ではない。ガッチリと丁寧に入社したいという気持ちが伝わるように書こう。一般的に履歴書はA4サイ...

マンションが初めて我が国で建設されたのは昭和31年である。それ以降、たくさんのマンションが建設されることが継続している。それに伴ってマンションでの住民同士のトラブルや契約、老朽化などの問題も気のせいか多く発生している。このようなトラブルや管理・補修・建て替え問題に対処してマンションでの暮らしを良好にするのがマンション管理士である。適切なアドバイスを実行できるマンション管理のプロであり国家資格である...

マンションでの暮らしの中にはトラブルはつきものである。マンション管理士をはじめ管理組合の役員や管理業者は、どのようなトラブルがマンションには多いのかを知っておこう。国土交通省の平成20年度のマンション総合調査では、特にトラブルのないマンションは全体の22.3%だった。つまり、約8割のマンションは何かしらトラブルを抱えていることになる。トラブルの種類では、居住者間のマナーのトラブルが一番気のせいか多...

地震の多い日本では、マンションだけに限らず住宅への耐震性が要求される。落ち着いて生活するためには、耐震性のあるマンションをえらぶ必要が有るし、いま住んでいるマンションの耐震性を高める補強工事なども必要である。地震に対する備えを怠らないためにも、耐震性について管理組合及びマンション管理士には耐震に対する知識や耐震診断、耐震改修工事の実施が求めれる。国土交通省の平成20年度マンション総合調査の結果では...

雇用保険は国が統制・管理している強制的な保険である。労働者を1人でも雇っているところは雇用保険に加入しなければならないのである。そして労働者は被保険者となる。ハローワークは昔の職業安定所であるが、労働者の雇用に関連した業務を行っている国の機関である。雇用保険と失業給付の業務をハローワークが行っていると言う事である。失業した時の失業給付はハローワークで手続きをすることになるが、この時には雇用保険被保...

突然興味ない営業マンから電話がかかってきたら、たいていの人は早く切りたいと思うだろう。そこで営業マンは、「早く切りたい」というお客さんの思いを、「話をちょっと耳にしてみよう」と思わせなければならない。そこで営業のコツとして、トークの中でお客さんの心に響くキーワードを発することが非常に大事である。お客さんは、たいてい営業マンが話す内容を聞き流しているが、営業マンがトークの中で興味を示すキーワードを出...

漢字検定という言葉を耳にした事のない人はあまりいないのではないだろうか。漢字検定は正式名称や合格点が話題になることも多い。しかし、言葉は耳にした事があっても、どの様な検定で、どの様な仕組みに為っているかまで熟知している方は気のせいか多くはないと思う。ちなみに漢字検定の正式名称は財団法人日本漢字能力検定と云う。その日本漢字能力検定協会が実施しているのが日本漢字能力検定である。世間では日本漢字能力検定...

最近話題の漢字検定だが、一般的に関心が高いのは受験料や小学生の漢字検定のようだ。漢字検定に興味のある方なら、財団法人日本漢字能力検定協会のホームページを1度は訪問した事があると思う。まだ訪問した事がない方は、漢字検定に関連しての情報や公開会場などを認識する事ができるので、閲覧する事をおススメする。小学生向けのホームページもある事から、漢字検定が小学生にも大人気の事が分かる。漢字検定は、省略して漢検...