原油価格の動向

原油価格の動向と原油先物、円相場、リアルタイムのグラフやチャート

原油価格,動向,リアルタイム,グラフ,チャート,WTI,NY,ドバイ,高騰,下落,推移

日本は現在、原油消費量の99.9%以上を輸入に当てにしていると言われている。
つまり、ほぼ全ての原油が他国からの輸入というわけである。
であるので、国内での取引に関連しては、円相場の動向というのが、原油先物には非常に大きく影響してくる。
円で原油を買い求めているからである。
その為、円の相対的価値というのが、原油先物の価格動向に相当響いてくる。
たとえば、円高のケースの場合。
円高というのは、円の相対的価値が高くなると言う事である。
逆に円安は、円の価値が低くなった状態である。
1ドル=110円が、1ドル=109円となったケースの場合は、円高である。
円が少なく為っているので、こっちを円安と間違える人も多いものであるが、円を中心に考えると、1円=0.009091ドルから、1円=0.009174ドルにアップしている事が分かる。
この円高のケースの場合、輸入価格が下落する。
つまり、安く買えると言う事だ。
逆に、円安のケースの場合は、価格がアップする。
こういった、円高、円安の情報は、毎日のニュースで絶対に円相場の紹介の際に報道されている。
当然、新聞やインターネット上での経済に関連した項目でも掲載されている。
原油先物を取り扱うケースの場合は、円高、円安への気配りも非常に大事となってくる。
日本国内における取引のケースの場合は、絶対に円レートをチェックしておこう。
原油先物は危険度が大きいと言われているが、それは価格が変動する要素があまた在るからである。
これらを全て抑えておけば、ある意味一番楽しい銘柄といえるかもしれない。
また、原油価格の動向を認識するには、リアルタイムのグラフやチャートを見れば良い。


スポンサードリンク

原油価格の動向とWTI、NY、ドバイの原油価格の高騰や下落の推移

原油価格,動向,リアルタイム,グラフ,チャート,WTI,NY,ドバイ,高騰,下落,推移

原油価格というのはWTIの原油価格を意味するのが普通だが、NYやドバイの原油価格の高騰や下落の推移といった動向も注目してみると面白い。
と言うわけで、原油価格は、世界情勢によって非常に過敏な変動を見せる。
世界の動向、特に中東とアメリカの動向で、原油の価格は急に跳ね上がったり、急に落ち込んだりする。
非常に起伏の激しい商品といえる。
先物取引で取り扱われる商品先物銘柄は、代表的なものとして、金先物、白金先物、とうもろこし先物 、大豆先物、小豆先物、コーヒー先物といった商品が有るが、その中でも特に価格の動向が忙しなく動く商品が、原油先物といえるだろう。
ここまでたくさんの要因で値動きする銘柄は早々ないからである。
安定感という点では劣る反面、値動きが激しいことから、短期の取引に向いている商品といえる。
基本中の基本的に、原油は世界景気によって需要が大きく変動する。
世界全体の景気がよくなれば、工業に対しての需要が伸び、消費される原油も増加してゆく。
そうなると、原油の価値がアップし、原油価格も増加してゆく。
原油は、産業における中心的な資源であり、工業においての血液と同等の存在であるから、工業・産業が活発化すれば、血の巡りもよくなると言う事である。
先物取引を実践するケースの場合、基本中の基本的にはどのような銘柄であれ、世界の経済情勢をあるレベル読まないと、利益を勝ち取ることは不可能だ。
その中にあって、原油は特にアメリカの経済情勢の動向が重要ポイントとなるので、ある意味わかりやすいかもしれない。
アメリカと中東の景気に目を光らせておけば、その後の原油価格の動向はやや読みやすいのである。
但し、危険度の高い銘柄であることに変わりはないが。


原油価格の動向と世界情勢の動向、自然の猛威

原油価格高騰の背景には、常に世界情勢の動向による要因というものが有る。
たとえば、テロなどが特に大きな外因となる。
2004年、原油の産地としては圧倒的なシェアを誇っているサウジアラビアでテロが発生した。
それも、石油化学施設の事務所がテロの矛先となってしまったのである。
それまで、石油関連の施設を狙うテロというのは、タブーとされてきた。
しかし、それが実際に生じた事で、一気に原油に対しての見方も変わってきた。
つまり、原油はテロの要因を作るという事が世界全体に認識されるようになったのである。
このテロ発生による、国際石油市場への影響は計り知れないものがあり、原油価格は凄まじい勢いで高騰した。
これは、これからテロによって原油の供給がストップするのではという懸念によって生じた高騰である。
これ以降、テロの動向に対しての注意、関心は大きく増大したといえるだろう。
こういった社会的情勢以外にも、自然災害による原油価格の高騰もあった。
たとえば、同年度のハリケーン「アイバン」による被害である。
このハリケーンによって、メキシコ湾付近の石油積み下ろし施設が機能を止め、その結果原油の供給が大幅に制限され、価格が高騰したという事件があった。
石油を扱う施設が自然災害によって衝撃を受けるというのは、石油市場に大きな影響を与える事に繋がるのである。
こういった、人為的、自然的な現象にかかわらず、原油価格はいろんな要因で変動していくのである。

原油価格の動向→原油価格高騰におけるガソリンへの影響

2000年代突入と同時に生じた原油価格高騰問題。
これを機に、ガソリン価格は当然のように高騰していった。
原油とガソリンはそのまま=で繋げてもいいほど、密接な関係がある事はいうまでもないだろう。
勿論(もちろん)、日本でもこれは大きな問題として取り上げられた。
まず打撃を受けたのは、ガソリンスタンドである。
ガソリンを売るわけであるから、当然その商品の仕入れ値が急騰すると言う事になり、各ガソリンスタンドは値上げに踏み切るしかなく、顧客の減少が相次いだことで廃業を余儀なくされる所があまた見受けられた。
同時に、この動向を機に、セルフ型のガソリンスタンドが急増した。
人件費を抑制することで、価格を一定のラインで留めるという手法である。
こうすることで、あるレベル給油におけるスタンスは変化したといえる。
特に印象深かったのは、2008年の春から夏にかけてのガソリン価格の急騰である。
一時は200円/l以上という異常自体になり、たくさんの人が自動車を手放して自転車などのガソリンを活用しない移動手段に移行した。
いまでは相当落ち着きを見せているが、こういった突然の高騰はいつ生じるか解からない。
実際、ガソリンの値段がいまの2倍になるなど、数年前の一体どれくらいの人達が予測していただろう。
そう考えると、非常に恐い事態といえる。
ガソリンは、既に日常生活になくてはならない燃料である。
車社会となり、殆どの自分の家に一台以上車がある時代であるから、ガソリンの高騰はたくさんの自分の家にとって死活問題である。
その動向は、これからも注意深く観察していく必要があるだろう。

原油価格の動向→原油価格高騰における灯油への影響

ガソリンと共に、大きな影響を原油価格高騰から受けたのが、灯油価格である。
灯油も当然原油が原材料となるので、原油価格と灯油価格は動向が比例することになる。
しかも、自分の家用に活用する灯油、農業や漁業で活用するA重油に関連しては、ガソリン税や軽油引取税などといった税金が課せられない事から税金の割合が低く、小売価格における原材料の価格、すなわち原油価格が占める割合が高いため、ガソリンや経由以上に大きな影響を受けた。
つまり、ガソリン以上に価格が跳ね上がったと言う事になる。
実際、ガソリン価格が1.5倍にアップした際、灯油は2倍の上昇を見せた。
ただ、その割には灯油に関連してはそこまで熱く報道されなかった。
というのも、ガソリンほど大あまたの人が活用しているわけではないからなのだろう。
灯油の活用または利用というのは、一般自分の家では石油ストーブ、ボイラーといったものに使われる事が殆どであるが、近頃は電気ストーブ、電気式ボイラーといった電気をエネルギーとしたものに移行してきているので、こちらはそれほど騒ぎにならなかったようだ。
とはいえ、北海道などの寒い地域では、この灯油の高騰も深刻な問題となり、動向が心配されていた。
灯油ボイラーや石油ストーブ、ファンヒーターといったものは、電気のものと比較し、相当燃費がいい事で知られていた。
その為、多少古いものでも重宝することが気のせいか多く、需要も一定以上のラインを確保していた。
しかし、灯油の高騰によって、燃費においてもあまり恩恵がなくなったと言う事で、石油ストーブなどの需要は一気に薄れてしまった。

原油価格の動向→原油価格高騰における電気への影響

ガソリンや灯油が原油価格高騰によって多大な影響を受けたのは、周知の事実といえるだろう。
では、同じくエネルギーである電気に関連してはどうだろう。
電気と原油というのは、直接的な結びつきはないように思える。しかし、実際には結びつきはあるのである。
電気には、いろんな発電方法が有る。
昔は風力発電と水力発電が主で、少しずつ火力発電が主力となり、そこに原子力発電が伸びてきたというのが発電における主な日本での流れである。
現在では、火力が6割、原子力が3割、水力が1割といった割合に為っている。この中の火力発電に注目する。
火力発電は、石炭、天然ガスを活用したものがあまたを占めている一方、石油を活用した発電も実践されている。
その割合は少しずつ減ってきており、現在は全体の10%レベルと成った。
ただ、それでも発電全体の1割は石油の活用によって賄われているのである。
こういった背景から、原油価格高騰と電気には直接的なつながりが発生している。
近年、電気料金が値上げされているが、その原因の一端は、実際は原油価格高騰にあるのである。
石油を用いて発電するという方法は、これからも継続して実践されてゆく。よって、これからも電気料金は原油価格の影響を受け継続すると言う事である。
電気料金がどうして上がっているのか、と疑問に思っていた人は、原油価格の動向に注目して欲しい。
この動向次第で、これからの電気料金も変動してくる可能性が高いのである。

原油価格の動向→原油価格高騰における運輸業への影響

原油価格高騰に伴い、一番打撃を受けたとさえ言われているのが、運輸業である。
運輸業で一番コストを消費するのは、当然ながら運輸する為の交通コストだ。
そうなってくると、原油高騰の影響が多大に誕生するのは必然といえる。
陸海空、運輸業はいろんなフィールドで活動を行っているが、そのどれも原油を基盤としたエネルギーによって動かすのだ。
トラックはガソリンで動くるし、飛行機は灯油、船は重油を主に活用する。
どれも、原油価格高騰の影響をモロに受けることはいうまでもない。
特に、灯油を原料とする飛行機の交通費は相当値上げされ、運輸業には致命的な状況となってしまった。
運輸業にとって、2008年は悪夢のような年だったかと思う。
天井知らずで上がり続けた原油価格の動向によってたくさんの会社が倒産に追い込まれ、残った企業も体力的に限界を迎えているところがあまたという状況だった。
中小企業はトラックを出せば赤字という状況が続き、大手であっても経常利益は激減していった。
運輸業がすたれるのでは、という危機感すら抱くような状態となってしまったのである。
その後、原油価格が落ち着きを見せたことであるレベル安定はしてきたが、原油価格高騰の爪痕はまだまだくっきり残っており、たくさんの運輸業関係者は、その経済動向に対して危機感を抱いているようである。
原油に頼らないエネルギーの開発も進められているが、まだまだ一般化するのは先の事である。
当分、彼らの苦悩は継続することになるだろう。

原油価格の動向→原油価格高騰における漁業への影響

原油価格高騰の余波は、漁業にも大きな影響を与えた。漁業というと、当然船に乗って大海原に何日も出かけることになる。
その間、ずっと燃料を消費することになる。
これが非常にコスト面では大きく、漁業の経費の気のせいか多くは、この燃料費に費やされる。
当然、燃料費が高騰すると言う事は、漁業にとっては致命的である。
2008年、原油価格高騰を機に、廃業に追い込まれた漁師は相当いるようである。
また、廃業とはいかないまでも、遠洋漁業を止めるという漁師が激増した。
特に、マグロ漁船の気のせいか多くは、一時休業という事態に追い込まれてしまったようである。
たとえ魚が獲れても、売買価格が燃料費に食い尽くされてしまい、赤字になってしまうからである。
船を出すたびに赤字となるのでは、何の意味もない。
かといって、近郊で取れる魚では、なかなかどうしてお金にならず、薄利少売が基本中の基本となり、利益を生むのが厳しい状況となってしまった。
こういった漁業の苦悩は、たびたびニュースで放送されている。
その実態は相当深刻で、島国の日本を長年支えてきた漁業は、かつてない危機に晒されているのである。
漁業のこれからの動向も気になるところである。
原油価格高騰は少しずつ落ち着きを見せたが、漁業を生業とする自分の家は、去年だけでも相当数減ってしまった。
残った漁師も、原油価格の動向を毎日戦慄を覚えながら見守っている状態のようである。
相当厳しい状況と言わざるを得ないだろう。

原油価格の動向→原油価格高騰における外食産業への影響

直接的な原油価格高騰の衝撃を受ける分野があまた誕生した一方、間接的な衝撃を受けた企業は更に数多在る。
外食産業もその1つといえるだろう。
殆どの産業においては、何らかの形で運輸業とつながっているので、原油価格の動向の余波を受けない仕事というのは殆どないのであるが、この外食産業は特にそれが大きいようである。
材料の配達は運輸業の全体的な値上げの影響を受けるし、材料も魚を中心に、仕入れが難しく為っている。
ただ、これらの事はまだどうにかなる範囲だろう。
問題は、客足が鈍っているという点である。
原油価格の高騰によってガソリン価格が跳ね上がったが、その影響で外出する人の数や頻度が激減したのである。
そうなれば当然、外食産業には致命的となる。
特に、寿司屋は漁業の打撃と運輸の打撃をダブルパンチで受ける状況で、相当厳しい状況を余儀なくされたのだ。
一方、外食産業の中でも、駅付近やショッピングセンター内の店舗においては、あまり影響が出ていないようである。
運賃に変更のない電車を上手に活かす客層のお店や、買い物に来た客を取り込む店舗に関連しては、ガソリン高騰は関係ないので、当然の結果では有る。
ただ、こういった差異によって更に二極化が進み、外食産業の動向にも大きな変化が訪れることは誤りない。
外食産業は、基本中の基本的にはすたれる事はない分野であるが、これから更なる原油価格高騰が生じれば、体力的にもたない企業もあまた出てくるだろう。
何十年も継続してきた家の近くの定食屋がつぶれるなどという事も起こりかねない。
これは一般人の生活にも影響を及ぼす問題といえる。

原油価格の動向→原油価格高騰におけるサービス業への影響

いろんな面で大きな影響を及ぼした原油価格高騰であるが、各サービス業にもその影響は出ているようである。
特に打撃が大きかったのはクリーニング店である。
クリーニングには洗剤を大量活用するが、その洗剤の中には石油を材料としたドライクリーニング用の溶剤が有る。
普通、クリーニングに出すケースの場合、家ではなかなかどうして落とせない汚れ、洗濯機では洗えない布地の物を出す。
こういったニーズに応える為、クリーニング店ではこういった洗剤を活用しているのであるが、その洗剤が原油価格高騰によって相当値上がりしてしまったのである。
結果、相当厳しい状況となってしまった。
ガソリン価格高騰も問題と成った。
クリーニングに持ってくる人の中には、あまり自分で洗濯をしたくない、またはできないという人達も大勢いる。
それは、たとえば一人暮らしのサラリーマンで、時間的に夜しか家にいないが、アパートに住んでいるので夜に洗濯機を回すのは無理という人などである。
そういう人達が、これまでは車でクリーニング店を訪れていたものの、ガソリン価格が勿体無いから休日に纏めて(まとめて)家で洗うというように生活スタイルを変えたという例は相当気のせいか多く見受けれる。
クリーニングに出していた人達の動向が変動したと言う事である。
これにより、郊外にお店を構えていたクリーニング店は相当苦戦を力強いられる事と成った。
これからも、このクリーニング店を始め、サービス業全般に勤めている人は、原油価格の動向を注意深く見守りながら、身の振り方を考えていく必要があるだろう。

原油価格の動向関連エントリー

日経225先物取引やmini(ミニ)のこと
日経225先物システムトレードの方法や先物チャートについて。日経225先物には、リアルタイムチャートを生かしてmini(ミニ)で行なう方法も有る。日経225先物調査所によると先物取引の基本を実践するには時系列データを使う必須事項があるようだ。これ以外にシカゴ日経225やcme先物に関する話題も。
年会費無料クレジットカードの作り方
年会費無料のクレジットカードの便利な作り方としての即日発行のことや海外旅行保険がついた優秀で便利なカードについて。年会費無料クレジットカードの中には、ETC決済ができるものや学生専用のカードも有る。他に、キャッシングの利用限度額を超過した場合のクレジットカードのショッピング枠の現金化やポイント還元率について。
FXの確定申告と税金についてはこれを見ろ!
FXとは、外国通貨(外貨)の売買を行い利益を出す取引のことであり、「外国為替証拠金取引」のことを言う。FXからは利益が生まれる以上、税金の対象になるし確定申告だって必要になる。なるべくFX投資の初心者向けに丁寧に説明している。少なくともバーチャルFXを体験した初心者の人は、ぜひとも入門書の1部として確定申告と税金についてもバーチャルしてほしい。
貸金庫
横浜銀行、三井住友、みずほ、京葉、福岡、山口、伊予、百五の貸金庫について紹介。更に、ゆうちょ銀行に貸金庫があるのかどうかの話題も。
クレジットカードを学生が作る方法
私は大学生だが、UFJのクレジットカードを所有している。学生のうちに海外旅行に行こうと思い、ANAのクレジットカードを作ろうと思っている。そこで、クレジットカードのうち、学生でも年収に関係なく即日発行してくれて、年間手数料が無料のクレジットカードは無いだろうか。
学資保険の比較
学資保険の比較へようこそ。学資保険の比較の重要ポイントや学資保険の比較としてかんぽ、ソニー、アフラックなどについてご紹介。他の学資保険として日本生命、第一生命、フコク、アリコ、住友、JA共済の比較も。
学資保険の情報局
学資保険のランキングや返戻率、解約の情報局。他に、学資保険のメリット、税金、保険料、資料請求、貯蓄率の話題も。更に、三井住友海上や東京海上日動の学資保険についてもご紹介。
クオークローンの過払い金
株式会社クオークローンの過払い金について。他に、クオークローンと最高裁判決、審査、和解などの話題も。さらに、クオークローンの業務停止、高金利、住宅ローン、重要ポイントの紹介も。
クオークローンとは?
クオークローンとリッチ、しんこう、ぷらっと、タンポート、プロミスの関係について。他に、クオークローンと比較、金融、返済の話題も。さらに、クオークローンの限度額や即日キャッシング、無担保ローンの紹介も。
クオークローンが女性に人気の秘密
クオークローンが女性に人気の秘密について。クオークローンとは大阪で本店と実績を持つ会社であり、2ちゃんねるで資格証明などが話題になっている。他に、クオークローンとアルバイト、無担保ローン、自己破産、金利などの紹介も。
おまとめローンの審査基準
おまとめローンの審査基準や甘い審査などについて。おまとめローンでサラ金を集約すれば、ブラックや主婦も負担が軽くなる。参考までに、おまとめローンのうち、2ちゃんねるにおいて口コミや評判が良かったのは、みずほ銀行と関西アーバン銀行だった。
おまとめローンとは?
おまとめローンなら銀行系で相談しよう。おまとめローンで人気があるのは、新生銀行、三井住友、北洋、福岡のようである。参考までに、ろうきんや信用金庫などのおまとめローンも注目されている。あと、おまとめローンのおすすめの方法としては、住宅ローンと他のローンを一本化することだろう。
生命保険見直しのポイント
生命保険の見直しのポイントなどについて。生命保険の見直しというとファイナンシャルプランナーを利用したFP提案書などの有料契約や無料セミナーなどが有名である。参考までに、生命保険見直しの多い地域は北九州市、大阪、金沢市の順である。
225先物取引
225先物取引全般について。225先物で一般的に関心が高いのは意外にも確定申告などの税金、損失繰越、手数料、廃止などである。参考までに、225先物で人気の会社は、大和証券、ゴールドマンサックスだ。その他、225先物と証拠金やSQ決済の話題も。
オプション取引とは?
オプション取引の仕組みや損益などについて解説。オプション取引には種類がありコールオプション、株、海外のものが人気である。その他、オプション取引というと確定申告の対象にもなるし支払調書やプレミアムなどもよく話題にのぼる。
私学共済
私学共済で一般的に関心が高いのは宿泊施設、保険証、ゴールドカードのようだ。他にも私学共済というと退職金と年金積立金の関係などもよく話題にのぼる。私学共済は、特定健診や人間ドック、福利厚生でも有名だ。
システムトレード
システムトレードについて。最近のFXなどのシステムトレードのストラテジーとしてはエクセル、MT4、エクストレーダーを利用してロジックを構築する人が多い。その他、システムトレードの選び方やシステム作成の参考になるようなバックテスト、自動売買などの話題も。