クオークローンの過払い金

株式会社クオークローンとクオークカード、審査

クオークローン,株式会社,過払い,最高裁判決,審査,和解,業務停止,高金利,住宅,重要ポイント

「クオークカード」という商品は、株式会社クオークローンで取り扱っている商品になる。
もしインターネットの利用ができるケースの場合には、融資に関連した申込から返済と言った作業が、インターネットで全て可能になるので、来店しなくても処理ができるので、よりシンプルに利用できる様になる。
また、インターネットでは無記名で問題ないので現在どれだけの融資額がしてもらえるのか、という事が分かる借り入れのシミュレーションも行っている。
株式会社クオークローンはどのような所か気になる人もいるだろうが、三井住友銀行系列になる。
大手の銀行系列のローン会社という事であるので、個人情報漏えいやプライバシーの保護に関連しても、落ち着いてご利用して頂く事が可能である。
また、クオークカードの申し込みは、インターネットから申し込むと最短20分でスピード審査が完了し、即指定口座に融資額が振り込まれるので、突発的な支出が有る時になんかは、実に優秀で便利なサービスになる。
何故スピード審査が可能かというと、株式会社クオークローンで作成されるクオークカードについては、独自審査を採用している為に、他社の審査と比較するとやや甘いといえる。
であるから、予定外の出費が有ったケースの場合、給料日が後だけど、いますぐお金が必要というケースの場合には実に頼りになるクオークカードなのである。
また、株式会社クオークローンで取り扱っているサービスには、クオークカードだけではなく、女性専用のキャッシング、アルバイトやパートで働いている人用のキャッシングと用途に合わせて取り揃えて有るので、ご利用してみて欲しい。


スポンサードリンク

クオークローンの過払い金と和解について

クオークローン,株式会社,過払い,最高裁判決,審査,和解,業務停止,高金利,住宅,重要ポイント

クオークローンに関連した「過払い金返還請求」について、解説していきたいと思う。
先ず「過払い金返還請求」というのは、クオークローンでキャッシングを上手に活かすと、返済を毎月すると思う。
その返済で払い過ぎていた金利分の金額を、債権者(クオークローン)に返金してもらう為に債権者に請求する事を指している。
キャッシングを上手に活かす際には、当然金利がつくが、その金利には上限があり、2つの法律によって定められている物である。
《出資法》
キャッシングの上限金利は29.2%になる。
《利息制限法》
利用金額により金利が変動する。
10万円以内のケースの場合・・・20%
10万円から100万円以内のケースの場合・・・18%
100万円以上のケースの場合・・・15%
クオークローンに限らず、消費者金融の大部分は「利息制限法」を超過した金利を加算して請求しているのが現状である。
但し出資法には違反していないので大丈夫という認識の基で金利を定めていたのが現状である。であるから、利息制限法よりはたくさんの金利を支払っているという事になるのである。
つまり、「借入」「返済」を1回で済ましている人にはあまり関係が無いと思うのであるが、長期間にわたって繰り返し活用している人のケースの場合だと、過払い金が発生してしまうというケースが出てやって来る事になる。
過払い金を変換してもらう為の請求であるが、返済中の方は勿論(もちろん)の事、完済してしまっていまは返済していないという人のケースの場合でも、請求する事が可能であるので調べてみる価値はあると思う。
但し、過払い金の和解が成立した場合であっても、大手の金融業者の場合和解成立から3ヵ月後、中小の金融業者の場合、和解成立したあと半年から1年経過したあとでなければ支払えないようなので注意が必要である。


クオークローンの完済後の過払い金と最高裁判決

キャッシングをクオークローンで利用している方で、自分の返済金額から見て明らかに金利を支払い過ぎているなと実感している方も多いのではないだろうか。
金利の高さにビックリして、請求書が手元に届いた時に思わず「何かの誤りじゃ」と思って、クオークローンに直接問い合わせたという経験を所有している人も多いと思う。支払い前に関連してだったら何とかなるかなと思っていても、完済した物についてはもうどうしようもないのではないかと実感している人も多いだろう。
しかし過払い金の返還請求は、完済した後であってもできるのである。但し条件が有って完済後「10年以内」という条件がつく。10年以内であれば完済していても過払い金の返還請求ができる。
いまでは最高裁判決で、完済した後であっても取引履歴の開示を求められたら、保存してある分に関連しては全て開示しなければならないという義務が付けられている。
であるから、自分で取引履歴が分からないという方に関連しては、クオークローンを始めとした消費者金融に問い合わせて履歴を開示して貰う事ができるのである。もしかすると開示自体を渋る可能性も有るので、そのケースの場合は弁護士等の専門家を通した上で開示請求をしてもらおう。
勿論(もちろん)、消費者金融側に取引した履歴が残っていないというケースの場合も有るだろう。そう言ったケースの場合でも、自分で明細書等が残っているのであれば、それを用いる事ができるので、できるだけ取っておいた方が良いと思う。
1つだけ注意しなければならないのは、完済後10年以上経つと時効が成立してしまうという事だけである。

クオークローンと過払い金返還請求の条件と手続き

クオークローンのキャッシングを利用している方で、返済をしている方が殆どだと思うが、その支払い方によっては「過払い金」が発生している可能性が有る。過払い金が発生していると、その条件によっては変換してもらう為の請求ができる。
では、どう言ったケースの時に「過払い金」が発生しているのかご紹介してみたいと思う。
《過払い金が発生して返還請求できる条件》
クオークローンの利用期間が3年以上あるケースの場合が該当する。そして、返済している金利が、「利息制限法」の利息を超過した金額で請求されている必要がある。
さらに、過払い金返還請求をまだやった事が無く、返済期間が3年以上に達しておらず短いケースの場合で、まだ元本を返しきっていなくて、金利が利息制限法を超えているケースの場合は、過払いになっていないケースも出てくる。
それでは、過払い金返還請求をできる条件に該当したケースの場合「過払い金返還請求」の手続きをするのであるが、その方法は以下の様な流れで実践される。
《手続きの流れ》
クオークローンに対して、取引の履歴を開示してもらえる。その上で利息制限法に当て嵌めた金利で計算し直す。
上記で計算し直した金利、実際に支払った金利の差を算出し、「過払い金」として確定させる。
計算した金額を提示した上で、過払い金の返還を求めてクオークローンと交渉する。
上記の返還要求が認められたケースの場合、過払い金が返金される。認められないケースの場合は訴訟も起こせる。
クオークローンに限らず、どの消費者金融でも過払い金返還の請求はできる。請求自体は利用者本人が行っても良いのであるが、出来れば弁護士等の専門の方に依頼する方が良いだろう。

クオークローンと過払い金返還請求における費用について

クオークローンの様な消費者金融を利用している人にとって、いままで支払っていた返済金額から「過払い金」が戻ってくるかもしれないと思ったら嬉しいと思う。
でも、手放しで「やったー、お金が戻ってくる」と喜んでばかりもいられない。過払い金の返還請求をする際には、費用がかかるケースの場合が有る。たとえばクオークローンでの過払い金が1万円なのに対して、費用が5万円かかってしまったらマイナス4万円になってしまって、逆に返還請求しない方が良かったという事も充分に有り得る。であるから、その費用と過払い金を照らし合わせた上で、過払い金の返還請求をするかどうか決定した方が良いだろう。
普通、過払い金の返還請求を実践するには、煩雑な作業がともなうので弁護士等の専門家に頼んで代理で行ってもらう事が一般的と為っている。このケースの場合は費用が必要になる。勿論(もちろん)、煩雑な事務作業を自分一人でできるというならば、債務者本人が請求をしても大丈夫である。このケースの場合は着手金等が不要になるので、費用をグッと抑制する事ができる。
弁護士や司法書士と言った専門家に代理として請求を行って貰うケースの場合、着手金として普通25,000から50,000位がかかると言われている。更に必要となる費用はこれだけではなくて、過払い金返還請求が認められたケースの場合、成功報酬を支払う必要も有る。この成功報酬であるが、大体過払い金の20%以内が平均的である。
自分で実践するか、専門家を上手に活かすかどちらをえらぶのも自由であるが、細々とした事を全てやって貰える分、専門家に頼んだ方が優秀で便利だと考えられる。

クオークローンの過払い金返還請求のメリットとデメリット

クオークローンでは支払いに対する過払い金について返還請求する事ができるが、過払い金返還請求における「メリット」「デメリット」はどういう事が挙げられるのだろうか。
クオークローンでの過払い金返還請求に対してのメリットは、なんと言っても「お金が手元に戻ってくる」という事に尽きるだろう。返済している期間が長いとか、借入している額が多かったとかいう人のケースの場合は、相当の金額が戻ってくると思って良いと思う。キャッシングをしたのであるから、利息を払うのは当然なのであるが、出来れば払いたくないのが本音だろう。真面目に地味に返済していっていった人は、お金が手元に戻ってくる可能性が有るので、ぜひとも過払い金の返還請求を吟味(ぎんみ)してみてはどうだろうか。
やり方については、自分でもできるが、不安だという人の方が多いと思う。であるから、弁護士・司法書士と言った専門家を当てにしてみるのがベストな選択だと思う。
次にデメリット部分に関連してであるが、過払い金返還請求をするのと同じタイミングで「任意整理」「債務整理」をしたケースの場合、信用情報機関に名前・名称が載ってしまうという事、つまりブラックリストに載ってしまうという事である。
ブラックリストに名前・名称が載ってしまうと、次に別のローンを組もうとしたケースの場合、不利になってしまう可能性が有るので注意が必要である。とは言ってもあくまでも「任意整理」「債務整理」をしたケースの場合に限っての話しであるので、過払い金返還請求だけを行ったのであれば関係は有らない。

クオークローンが業務停止へ

クオークローンでは業務停止になった事が有る様である。
高金利で融資を行っている様なグレーゾーンを利用した消費者金融では、ケースの場合により業務停止になる事が有る。
利息制限法で言うと金利がそれ以上になっていても、金利法では上限が29.2%である為、決して違法にはならないので、法的にはその消費者金融を業務停止処分にする事は不可能だ。
しかし、金利以外で違法と認められるような内容の業務をしているケースの場合には、業務停止となる事が多々有る。
CMで名前・名称を耳にした事がある人も多いと思うが、アイフルは違法取り立てをしたという事から、業務停止処分が下されたのだ。更に武富士でも同じ様な事例で一時期業務停止処分が下されている。大手の消費者金融でも違法な取り立てによる業務停止処分が下されているのである。であるから、クオークローンも違法な何かが有ったので業務停止処分が下された物とみて誤りが無いだろう。
クオークローンの金利は実に高いので、返済が無理になってくる人も中には出てくる。その時に違法な取り立てをしていたとしても、何ら不思議はない。こうなると、クオークローンの高金利は、融資が甘い分、多重債務者でも借りる事ができるので、そう言った危険度を負うという形で高金利に為っているのかもしれない。
いまは、本当に有名なタレントを用いてCMを流す等しているので、そんなに怖いイメージはないが、昔は消費者金融というと「サラ金」という様なイメージだったので、特に注意が必要になるかもしれない。

クオークローンの重要ポイント

クオークローンを上手に活かす上で、ぜひとも知っておいて欲しい重要ポイントが有るので、ご紹介する。ぜひとも利用時の参照事項にしてみて欲しい。
《限度額》
クオークローンでは、最大最高限度額が100万円と為っている。これだけの金額を融資できるのは大満足の内容だと思う。更に独自の基準で利用時の審査をしているので、他で借りられなかったという人にとってもチャンスが巡ってくる。その点が他社には無い、クオークローンだけの特徴点になるのではないだろうか。
《実質年率》
実質年率がクオークローンでは29.20%と為っている。支払方法に関連しても元本自由支払方式という返済方法をとっているので、ご利用期間や回数等を自由に設定して欲しい。最長は5年間で60回と設定される。期間が満了したら、5年毎に自動的に継続されるようになる。
《即日融資可能》
インターネットからクオークローンを申し込んで頂いたケースの場合、審査状況にもよるが、最短なら20分で指定口座に融資する事が可能である。
《独自の審査》
たくさんの人に融資が受けられるチャンスが巡る様に、クオークローンでは独自の審査方法を採用している。やや審査が通りやすいので、現状他では厳しいという方にとっては相当のチャンスではないかと思う。
《利用がシンプル》
プロミスのATM、コンビニのATM、銀行のATM等から返済する事が可能である。買い物ついでにシンプルに返済する事ができるので、シンプルに上手に活かす事ができる。

クオークローンの高金利について

その昔、消費者金融というとサラ金というイメージが有った。高い利子をつけてお金を貸して、払えなくなったら無理な取り立てをする。それで借金地獄に陥って足を運ぶという様な怖いイメージだった。
しかし現在では、そのイメージを変える為にいろんな努力をしてきている。その良い例がCMである。高感度が良い女性を起用してCMに出演してもらう事で、サラ金というイメージが払しょくする様に成った。怖いイメージから明るいイメージになったのである。
また、借入をする時も店舗に行って直接借りるのではなく、無人契約機という物を導入して、1人でも借りられる様にシンプルさを売りにしたイメージを押し出した。これにより、昔の暗くて怖いイメージは無くなり、誰でもシンプルに気軽に借りる事ができる明るいイメージに成った。
明るいイメージになったと言っても、お金を借りる消費者金融には変わりない。クオークローンの様に高金利で貸付を行っている所も勿論(もちろん)あるのである。
とは言っても、昔に比較すると「サラ金」というイメージが無いので、身近に実感する様になったのは事実である。そのせいも有るが、借りやすいという事から、複数の消費者金融を利用してしまう人も続出、その為に低金利では既に審査が通らなくなった為に、高金利で貸していて、審査も多少甘いクオークローンの様な消費者金融を上手に活かす、という悪循環に陥ってしまう人も多々出てきている。
こうなると、借金を繰り返していく傾向が出てやって来るため、借金を完済する事が出来ずに雪だるま形式で増加していくという事も多々ある様になってくる。

クオークローンと住宅ローンについて

クオークローンは、元々株式会社クオークが出資して行っていたローン会社になる。しかし現在では、クオークローンはプロミスの子会社と為っているので、プロミスの無人自動契約機からでも審査や貸付、返済ができる様に為っているのが売りになっていた。
そのクオークローンと、住宅ローンについてのお話であるが、住宅ローンは何十年という長期ローンに為っているケースの場合が殆どだと思う。金利が低金利で一定に為っているのであれば良いのであるが、変動したケースの場合には利息金額が相当高くなってしまう事になる。
たとえば、金利が変動する時期が予め分かっているならば、利息が高くなってしまう前に、残債分の金額を全て他の所から借りて、住宅ローンを全て完済してしまうという方法が有る。それが住宅ローンの借り換えである。
借り換えをすると、安くなるのかというとそうとも限らない。住宅ローンを借り換えて安くなるパターンというのは、残金が1000万円以上残っているケースの場合で、かつ返済期間の残りが10年以上ある事、借り換え前後の金利が1%以上である事が条件になる。
とは言っても、住宅金融公庫への借り換え自体は不可能なので、他のローンを組む様に変えなくてはならない。
たとえば残債が数十万という事で有れば、クオークローン等を利用しても良いだろうが、実質年率が29.2%と相当高い為に、逆に支払総額は高くなってしまう可能性も有る。
メリットとしては月々の返済額を減少させる事ができるという点になる様である。

クオークローンの過払い金関連エントリー

日経225先物取引やmini(ミニ)のこと
日経225先物システムトレードの方法や先物チャートについて。日経225先物には、リアルタイムチャートを生かしてmini(ミニ)で行なう方法も有る。日経225先物調査所によると先物取引の基本を実践するには時系列データを使う必須事項があるようだ。これ以外にシカゴ日経225やcme先物に関する話題も。
年会費無料クレジットカードの作り方
年会費無料のクレジットカードの便利な作り方としての即日発行のことや海外旅行保険がついた優秀で便利なカードについて。年会費無料クレジットカードの中には、ETC決済ができるものや学生専用のカードも有る。他に、キャッシングの利用限度額を超過した場合のクレジットカードのショッピング枠の現金化やポイント還元率について。
FXの確定申告と税金についてはこれを見ろ!
FXとは、外国通貨(外貨)の売買を行い利益を出す取引のことであり、「外国為替証拠金取引」のことを言う。FXからは利益が生まれる以上、税金の対象になるし確定申告だって必要になる。なるべくFX投資の初心者向けに丁寧に説明している。少なくともバーチャルFXを体験した初心者の人は、ぜひとも入門書の1部として確定申告と税金についてもバーチャルしてほしい。
貸金庫
横浜銀行、三井住友、みずほ、京葉、福岡、山口、伊予、百五の貸金庫について紹介。更に、ゆうちょ銀行に貸金庫があるのかどうかの話題も。
原油価格の動向
原油価格の動向を認識するには、リアルタイムのグラフやチャートを見れば良い。原油価格というのはWTIの原油価格を意味するのが普通だが、NYやドバイの原油価格の高騰や下落の推移といった動向も注目してみると面白い。
クレジットカードを学生が作る方法
私は大学生だが、UFJのクレジットカードを所有している。学生のうちに海外旅行に行こうと思い、ANAのクレジットカードを作ろうと思っている。そこで、クレジットカードのうち、学生でも年収に関係なく即日発行してくれて、年間手数料が無料のクレジットカードは無いだろうか。
学資保険の比較
学資保険の比較へようこそ。学資保険の比較の重要ポイントや学資保険の比較としてかんぽ、ソニー、アフラックなどについてご紹介。他の学資保険として日本生命、第一生命、フコク、アリコ、住友、JA共済の比較も。
学資保険の情報局
学資保険のランキングや返戻率、解約の情報局。他に、学資保険のメリット、税金、保険料、資料請求、貯蓄率の話題も。更に、三井住友海上や東京海上日動の学資保険についてもご紹介。
クオークローンとは?
クオークローンとリッチ、しんこう、ぷらっと、タンポート、プロミスの関係について。他に、クオークローンと比較、金融、返済の話題も。さらに、クオークローンの限度額や即日キャッシング、無担保ローンの紹介も。
クオークローンが女性に人気の秘密
クオークローンが女性に人気の秘密について。クオークローンとは大阪で本店と実績を持つ会社であり、2ちゃんねるで資格証明などが話題になっている。他に、クオークローンとアルバイト、無担保ローン、自己破産、金利などの紹介も。
おまとめローンの審査基準
おまとめローンの審査基準や甘い審査などについて。おまとめローンでサラ金を集約すれば、ブラックや主婦も負担が軽くなる。参考までに、おまとめローンのうち、2ちゃんねるにおいて口コミや評判が良かったのは、みずほ銀行と関西アーバン銀行だった。
おまとめローンとは?
おまとめローンなら銀行系で相談しよう。おまとめローンで人気があるのは、新生銀行、三井住友、北洋、福岡のようである。参考までに、ろうきんや信用金庫などのおまとめローンも注目されている。あと、おまとめローンのおすすめの方法としては、住宅ローンと他のローンを一本化することだろう。
生命保険見直しのポイント
生命保険の見直しのポイントなどについて。生命保険の見直しというとファイナンシャルプランナーを利用したFP提案書などの有料契約や無料セミナーなどが有名である。参考までに、生命保険見直しの多い地域は北九州市、大阪、金沢市の順である。
225先物取引
225先物取引全般について。225先物で一般的に関心が高いのは意外にも確定申告などの税金、損失繰越、手数料、廃止などである。参考までに、225先物で人気の会社は、大和証券、ゴールドマンサックスだ。その他、225先物と証拠金やSQ決済の話題も。
オプション取引とは?
オプション取引の仕組みや損益などについて解説。オプション取引には種類がありコールオプション、株、海外のものが人気である。その他、オプション取引というと確定申告の対象にもなるし支払調書やプレミアムなどもよく話題にのぼる。
私学共済
私学共済で一般的に関心が高いのは宿泊施設、保険証、ゴールドカードのようだ。他にも私学共済というと退職金と年金積立金の関係などもよく話題にのぼる。私学共済は、特定健診や人間ドック、福利厚生でも有名だ。
システムトレード
システムトレードについて。最近のFXなどのシステムトレードのストラテジーとしてはエクセル、MT4、エクストレーダーを利用してロジックを構築する人が多い。その他、システムトレードの選び方やシステム作成の参考になるようなバックテスト、自動売買などの話題も。