おまとめローンとは?

おまとめローンで返済計画の見直しと住宅ローン

おまとめローン,相談,銀行系,新生,三井住友,北洋,福岡,ろうきん,信用金庫,住宅

ローンというものは、借金とは別に考えても良いものである。
ただ、それはあくまでも計画性をもって買い求めるケースの場合である。
単に、目の前にお金がないからという理由だけで組んだローンは、当然借金と同義である。そうなってくると、なかなかどうしてむずかしい点が出てくる。
借金というのは、当然であるが嫌なものである。たくさんの人は、その借金しているという事実から目を背ける事だろう。
中には、その額や借りている業者のことすらガッチリと掌握していないという人もいるくらいものである。
借金額、その支払い方法、金利など、その全てから目を背けたくなるという気持ちは分かるが、こうしてしまうと、相当返済が難しくなってしまう。
中には、自分の興味ない間に高金利の借金に変貌しているなどという事も充分ありえる業界なのである。
そうならない為にも、おまとめローンは非常に優秀で便利な一面が有る。
おまとめローンによって、借金返済プランの見直しを実践する機会が得られるという事だ。
返済プランを立てる際、初めは大丈夫と思ってローンを組み立てる人が殆どかと思う。
であるが、現実的にそうはならなかった訳であるから、そこには何かの原因があってしかるべきである。しかし、そこから目を背ける人が多いのが現状である。
ただ、おまとめローンを上手に活かすケースの場合は、嫌でも現実に目を向けることになる。
それによって、明らかな暴利や返済計画のずさんさが判明することも多々あるのである。
それを見直すだけでも、相当返済額が変わってくることも有る。
あと、おまとめローンのおすすめの方法としては、住宅ローンと他のローンを一本化することだろう。


スポンサードリンク

おまとめローンなら銀行系で相談→新生銀行、三井住友銀行、北洋銀行、福岡銀行が人気

おまとめローン,相談,銀行系,新生,三井住友,北洋,福岡,ろうきん,信用金庫,住宅

おまとめローンのようなローンの一本化は、危険度が大きいとも言われている。
実際、複数の業者にローンを組んでいる時点で既に危険度過多の状況では有るが、そこから更に転落する危険度を背負うとなれば、やっぱり慎重になる事を重視しなくてはならない。
おまとめローンを上手に活かす上で一番厄介なのは、その時点で既に色んな感覚が麻痺してしまっている人が殆どであるという事だ。
ローンを組むことに抵抗がなくなるばかりか、危険度を背負う事にも何ら危機感を抱かなく為っている状態である。
そうなると、高確率で人生を破壊するようなブラック、悪徳業者の餌食となるだろう。まず、大前提として自分一人で抱え込まないことが肝心である。
危機感を抱かなさ過ぎる事も、逆に深く考えすぎる事も、自分一人で解決しようとするから生じうるものなので、まず最初は相談をするというのが非常に大事なのである。
自分のいま置かれている立場を客観的に見てくれる第三者が理想であるが、まず最初は親に相談する事を考えよう。
おまとめローンを実践する前に、親の資産で返せる額なら、それで一気に返すのが一番安全である。
親からお金を借りることに抵抗がある人もいるだろうが、金融業者から借りることに比べれば、そんな抵抗や恥などはあってないようなものである。
親の資金でも返せないケースの場合は、現在借金している業者に相談を持ちかける人もいるかもしれない。
また、おまとめローンなら銀行系で相談しよう。おまとめローンで人気があるのは、新生銀行、三井住友、北洋、福岡のようである。
ただ、複数の業者にローンを組んでいる状態で、金利の引き下げをしてくれる業者はまずないと考えて欲しい。
それよりは、債務整理の道を模索した方が良いだろう。とはいえ、この債務整理も、シンプルに可能かというと、そうとは限らない。
まず最初は弁護士や司法書士に相談を持ちかけることが肝心だ。


おまとめローンに必要な書類とは?

おまとめローンの基礎知識として、申し込みの際の必要書類を知っておく事は大事なことである。
必要書類をガッチリ用意しなくては、当然審査には通らない。審査をしてもらう事すらできないのである。まず最初は、どういった書類が必要かを確認すべきだ。
おまとめローンに必要な書類は、「身分証明書」、「給料明細」、「源泉徴収表」、「所得証明書類」といったものである。
身分証明書とは、免許証、健康保険証、住民票といったものだ。
基本中の基本的には、身分証明書はどれか1つでいいのであるが、健康保険証は必須書類である。その為、これを持っていけば、身分証明書と併用できるので、一番優秀で便利である。
これら以外の書類は、申し込む業者によって変わってくる。その為、まずどのような書類が必要かを確認すべきだろう。身分証明書も指定される事があるので、その指定に従う必要が有る。
おまとめローン独自の必要書類としては、現在の総残債務が確認できる書類である。いまローンを組んでいる金融業者の残債務確認書類が必要となる事が多いようだ。
ただ、これらはあくまでも確認の為で、審査の時点で一本化するための金額と業者の数は申請しているので、この書類の申請は実際に審査が通った後でもOKというケースが多いようだ。
これらの書類は、抜けのないようにガッチリと用意すべきだ。耳にした後で抜けがあるというのは、心象が良くない。ローンの一本化というものは、貸す側、借りる側の信用が非常に大事となってくる。
書類はガッチリ用意しておこう。

おまとめローンの保証人に関して

普通のローンを組むケースの場合、近頃は保証人の必要がないケースも増加している。クレジットローンなどは、殆ど保証人を必要としないだろう。
時代的な風潮もあってか、気軽に借りられるようにというサービスが増加してきているようである。ただ、おまとめローンとなると話は別である。
複数のローンを一本化するので、金額は必然的に大きくなる。
また、責任という点においても、普通のローンを組むケースの場合と比較すると、どうしても下がった状態で申し込む事になる。
その為、おまとめローンに関連しては、保証人が必要なケースが多いようである。おまとめローンを申し込む業者によっても、保証人が必要かどうかは変わってくる。
たとえば、銀行に申し込むケースの場合は、ほぼ誤りなく必要である。とはいえ、銀行で一本化を図る機会というのは、個人ではまずないだろう。大抵は民間の業者に頼む事になる。
近年、こういったおまとめローンのケースの場合でも、保証人の必要がない業者が増加してきている。
ただ、こういった業者の中には、悪徳業者も有る。保証人が必要ないという条件をエサにした釣りだ。
その為、安全性を確保したいケースの場合は、保証人が必要な業者をえらぶのも1つの手である。
また、保証人なしで受けられるローンは、金額に限度が有る。その金額によっては、保証人が必須なケースも増加してくる。
なかなかどうしてむずかしい事では有るが、おまとめローンを上手に活かすケースの場合は、保証人になってくれる人を探さなくてはならないと覚悟しておこう。

おまとめローンで一本化できる金額とは?

おまとめローンを実践するケースの場合、一本化できる金額は最大最高でどのレベルかという事は非常に非常に大事な要素といえる。
たとえば、A社に300万、B社に200万、C社に100万円のローンが残っている際、最大最高で400万円までの融資が可能な業者と、500万円までの融資が可能な業者、そして600万円まで可能な業者とでは、一本化の意味合いが大きく変わってくる。
全部の借金を1つにまとめるから一本化、という決まりはないが、やっぱりできれば1つの会社のみに支払うという状態にしたいものである。
できれば、一本化できる額が大きいに越したことはない。ではその限度額というのは、法律か何かで決まっているのだろうか。実際は決まっていないようで、限度額は業者によって異なる。その為、この限度額も、業者選びの上で非常に大事な要素の1つとなるのである。
自分がローンを組んでいる合計額よりも大きい額を取り扱うことが可能な業者を探し求める必要が有る。
この限度額は、対象者によっても違ってくる。本人の収入や、同居家族の総収入によって、限度額が上下するのである。
中には、本人のみの収入を対象とするところも有るし、いろんな条件を加味するところも有る。このあたりは、業者によって異なる。
おまとめローンのケースの場合、一本化が前提なので、基本中の基本的には限度額がローン総額を上回っていなければ成立しない。
その為、おまとめローンを取り扱っている業者は、会社としての上限を設けないで、消費者のローン総額を最大最高の融資額に設定しているところも気のせいか多くあるようである。

おまとめローンで金利負担減少、ろうきんや信用金庫なども注目

おまとめローン最大最高のメリットは、金利の軽減である。
1つの業者に一本化したからといって、絶対に金利が低くなるとは限らないが、ガッチリと低金利の業者をえらぶ事ができれば、絶対に返済額は低下する。
たとえば、現在3社に借金しているとする。内訳は、A社(15%)に、B社(20%)に、C社(25%)としておこう。尚、カッコ内はその会社の実質年利である。
A社に100万円、B社に50万円、C社に30万円のローンを組んでいるケースの場合、一ヶ月あたりの金利はどうなるかというと、A社が100万×15%×30日/365日=12,329円、B社が8,219円、C社が6,164円となり、合計26,712円となる。
一方、これをおまとめローンにより、年利14%のD社に一本化したケースの場合、180万円×14%×30日/365日=20,712円となる。
この場合、月に6,000円の利得という事になる。
そして、月々の返済額の限度が4万円としよう。
おまとめローンを活用または利用していないケースの場合、利息以外の返済額は13,300円レベルになり、実に130ヶ月以上、つまり10年以上支払い継続する必要が出てくる。
一方、おまとめローンを行ったケースの場合、利息外では月々20,000円弱の返済となるので、90ヶ月弱で済むと思う。
勿論(もちろん)、実際にここまで単純化は不可能だが、低金利の業者への一本化がどれだけ適切なのかは明らかである。
おまとめローン最大最高のメリットは、金利をちょっとでも下げる事に有る。
特に、高い金利に多額のローンを組んでいるケースの場合は、できる限り早く一本化しておきたいものだ。
参考までに、ろうきんや信用金庫などのおまとめローンも注目されている。

おまとめローンの手順について-パート1

おまとめローンを申し込むと決定したケースの場合、まずその手順について学ぶ必要が有る。手順とはいっても、そこまでむずかしいものではない。
用意する物は何種類か必要であるが、それもそんなに手間隙のかかるものではない。
事前に手順を知っておけば、申し込みを実践する前に揃えることも可能である。では、そんなおまとめローンの手順について、1から見ていこう。
まず手順の初めに実践する事は、確認である。
各金融企業のホームページをガッチリチェックし、自分があてはまる条件下での金利はいくらか、限度額はいくらか、条件はどう為っているか、返済方法は、といった点を全部確認する。利用規約も決して読み飛ばさないようにすべきだ。
ここで失敗してしまったという人もいる。確認は絶対に、過剰なくらい行おう。
次に、自分がお世話になると決定した企業のホームページにある申し込み画面へと移動する。
基本中の基本的に、金融関連の申し込みは近年インターネットが主流と為っている。
実際に企業の窓口へ赴くケースは殆どなく、電話やFAXを活用する例もだいぶ少なく成った。
インターネットであれば、申し込む人の情報などもすぐに分かるので、企業側も重宝しているのである。
申し込み画面では、その情報となる必要事項の記入を実践することになるだろう。自分の基本中の基本的な個人情報の入力となる。これが終焉を迎えると、申し込みの初めのステップは完了と言う事になる。
後は、相手方からメールや電話で連絡がくるので、それを待とう。

おまとめローンの手順について-パート2

おまとめローンの手順としては、まず金融企業のホームページに記載されている情報をくまなく確認し、そして申し込みページから必要事項記入後に申し込みを実践するというのが基本中の基本的な流れである。
それが終焉を迎えると、こんどは審査が実践される。審査は、入力した情報を元に、その希望者の個人データを照合して実践される。
いろんな項目が吟味(ぎんみ)の材料となり、その結果がメールや電話で知らされることになる。この間、特にする事はないので、気長に待とう。
もし審査に通過したケースの場合は、指定した銀行口座にお金が振り込まれる。
このお金を用いて他の業者への借金を支払えば、おまとめローンの手順としては完了となる。後は、そのお金を融資してもらった企業へ返済していくだけである。契約書類はこの後に送られてくる。
必要書類を既に揃えているケースの場合は、その契約書類に付随し、必要事項記入の後に送付すべきだ。この辺りは、普通のローンと同じだ。
おまとめローンの手順とはいっても、基本中の基本的な部分は普通のローンと変わりはない。
1つの業者から融資を受け、その融資で他の業者に支払いを実践するというのが基本中の基本となる。
ただ、審査を通過する可能性は格段に低くなるので、審査に落ちたケースの場合のことも考えておこう。
基本中の基本的には、落ちてすぐ他へトライするのではなく、1ヶ月は待つべきと言われている。
まして、追加での申し込みは絶対にやめておこう。
申込みブラックとなってしまい、ローンを組むこと自体難しくなってしまう。

おまとめローンのデメリットに関して

おまとめローンには、メリットもあればデメリットも有る。
こればかりは、制度である以上仕方のないことである。メリットしかない制度など、この世には存在しない。
あくまでおまとめローンは何種類かあるローン返済の方法の1つという考えを持っておくことが非常に大事である。おまとめローンのデメリットは、まず気を緩めてしまうという点である。
借金を一本化できたことで、返済へのプレッシャーが軽減し、返済がルーズになるというケースは、結構見受けられる。
それまで張り詰めていたものが一気に緩んだ事で、危機感がなくなってしまうのである。
実際、おまとめローンにしたことで、返済ができなくなったという人も結構いるようだ。
勿論(もちろん)、精神状態的な部分というのは自己責任なので、それで許される事はない。自分に厳しくない人は、もしかしたら向いていないのかもしれない。
また、おまとめローンにトライして、失敗した時の危険度も大きいものである。
たとえば、5つくらいの業者に借金を抱えている状態だと、結構審査通過が難しくなる。10だと相当厳しいだろう。
その結果、申し込んだけど審査に落ちたという事が続き、そのうち精神状態的に参ってしまうという危険度が有る。
特に、そういう状態だと、慌てて以下の業者にすぐ依頼するというケースが気のせいか多く見れる。そうなるとアウトである。申し込みブラックとみなされ、相手にされなくなる事となる。
こうなると、普通のローンを組むことも難しくなるのである。

おまとめローンで損するケースに関して

おまとめローンを考慮し、実際に申し込んだばかりに損をしてしまうケースも、残念ながら少なからず有る。一番多いのは、悪徳業者に引っかかるケースである。
おまとめローンは、甘い言葉で巧みに消費者を誘惑し、その身ぐるみを剥ごうと目論んでいる悪徳業者の巣窟とすら言われている。
というのも、このおまとめローンを活用または利用しようと考える人は、状況的に相当追い詰められた人達だからである。
当然そうなると判断力は鈍り、背に腹を変えられない人達があまたターゲットとなる。騙しやすいのも道理という訳である。
悪徳業者に目をつけられやすいおまとめローンは、何よりも慎重さが非常に大事となってくる。
たとえば、悪徳業者でなくとも、条件面で複雑な契約が結構あったりするのである。初めの金利は甘めで、少しずつ厳しめになっていくという条件を掲示しているところも有る。
よって、大きな表示で「金利×.×%!」と広告を出しているところも、その金利が自分にも適用されるか、時間経過による変動はないかと言う事を常にチェックしておかなくてはならない。それくらい、厳しいところなのである。
また、おまとめローンで失敗するケースとして、審査に通過した時点でもう借金がだいぶ減ったような錯覚に陥る点である。
実際、返済額は減るだろうが、借金がなくなったわけではない。
しかし、ややハードルが高い審査を通ったことで、ある種の達成感が誕生してしまい、その結果、支払いへのモチベーションが薄まってしまったと言う事がよくあるようである。
人間である以上、あるレベルの浮かれや錯覚は仕方がないのであるが、おまとめローンに関連しては、こういった甘えは通用しない。何しろ、がけっぷちの状況である。
もし、ここでも返済を滞らせてしまえば、もうお金を融資してくれる業者はいなくなるかもしれないというくらいの心構えが必要である。

おまとめローンとは?関連エントリー

日経225先物取引やmini(ミニ)のこと
日経225先物システムトレードの方法や先物チャートについて。日経225先物には、リアルタイムチャートを生かしてmini(ミニ)で行なう方法も有る。日経225先物調査所によると先物取引の基本を実践するには時系列データを使う必須事項があるようだ。これ以外にシカゴ日経225やcme先物に関する話題も。
年会費無料クレジットカードの作り方
年会費無料のクレジットカードの便利な作り方としての即日発行のことや海外旅行保険がついた優秀で便利なカードについて。年会費無料クレジットカードの中には、ETC決済ができるものや学生専用のカードも有る。他に、キャッシングの利用限度額を超過した場合のクレジットカードのショッピング枠の現金化やポイント還元率について。
FXの確定申告と税金についてはこれを見ろ!
FXとは、外国通貨(外貨)の売買を行い利益を出す取引のことであり、「外国為替証拠金取引」のことを言う。FXからは利益が生まれる以上、税金の対象になるし確定申告だって必要になる。なるべくFX投資の初心者向けに丁寧に説明している。少なくともバーチャルFXを体験した初心者の人は、ぜひとも入門書の1部として確定申告と税金についてもバーチャルしてほしい。
貸金庫
横浜銀行、三井住友、みずほ、京葉、福岡、山口、伊予、百五の貸金庫について紹介。更に、ゆうちょ銀行に貸金庫があるのかどうかの話題も。
原油価格の動向
原油価格の動向を認識するには、リアルタイムのグラフやチャートを見れば良い。原油価格というのはWTIの原油価格を意味するのが普通だが、NYやドバイの原油価格の高騰や下落の推移といった動向も注目してみると面白い。
クレジットカードを学生が作る方法
私は大学生だが、UFJのクレジットカードを所有している。学生のうちに海外旅行に行こうと思い、ANAのクレジットカードを作ろうと思っている。そこで、クレジットカードのうち、学生でも年収に関係なく即日発行してくれて、年間手数料が無料のクレジットカードは無いだろうか。
学資保険の比較
学資保険の比較へようこそ。学資保険の比較の重要ポイントや学資保険の比較としてかんぽ、ソニー、アフラックなどについてご紹介。他の学資保険として日本生命、第一生命、フコク、アリコ、住友、JA共済の比較も。
学資保険の情報局
学資保険のランキングや返戻率、解約の情報局。他に、学資保険のメリット、税金、保険料、資料請求、貯蓄率の話題も。更に、三井住友海上や東京海上日動の学資保険についてもご紹介。
クオークローンの過払い金
株式会社クオークローンの過払い金について。他に、クオークローンと最高裁判決、審査、和解などの話題も。さらに、クオークローンの業務停止、高金利、住宅ローン、重要ポイントの紹介も。
クオークローンとは?
クオークローンとリッチ、しんこう、ぷらっと、タンポート、プロミスの関係について。他に、クオークローンと比較、金融、返済の話題も。さらに、クオークローンの限度額や即日キャッシング、無担保ローンの紹介も。
クオークローンが女性に人気の秘密
クオークローンが女性に人気の秘密について。クオークローンとは大阪で本店と実績を持つ会社であり、2ちゃんねるで資格証明などが話題になっている。他に、クオークローンとアルバイト、無担保ローン、自己破産、金利などの紹介も。
おまとめローンの審査基準
おまとめローンの審査基準や甘い審査などについて。おまとめローンでサラ金を集約すれば、ブラックや主婦も負担が軽くなる。参考までに、おまとめローンのうち、2ちゃんねるにおいて口コミや評判が良かったのは、みずほ銀行と関西アーバン銀行だった。
生命保険見直しのポイント
生命保険の見直しのポイントなどについて。生命保険の見直しというとファイナンシャルプランナーを利用したFP提案書などの有料契約や無料セミナーなどが有名である。参考までに、生命保険見直しの多い地域は北九州市、大阪、金沢市の順である。
225先物取引
225先物取引全般について。225先物で一般的に関心が高いのは意外にも確定申告などの税金、損失繰越、手数料、廃止などである。参考までに、225先物で人気の会社は、大和証券、ゴールドマンサックスだ。その他、225先物と証拠金やSQ決済の話題も。
オプション取引とは?
オプション取引の仕組みや損益などについて解説。オプション取引には種類がありコールオプション、株、海外のものが人気である。その他、オプション取引というと確定申告の対象にもなるし支払調書やプレミアムなどもよく話題にのぼる。
私学共済
私学共済で一般的に関心が高いのは宿泊施設、保険証、ゴールドカードのようだ。他にも私学共済というと退職金と年金積立金の関係などもよく話題にのぼる。私学共済は、特定健診や人間ドック、福利厚生でも有名だ。
システムトレード
システムトレードについて。最近のFXなどのシステムトレードのストラテジーとしてはエクセル、MT4、エクストレーダーを利用してロジックを構築する人が多い。その他、システムトレードの選び方やシステム作成の参考になるようなバックテスト、自動売買などの話題も。