生命保険見直しのポイント

生命保険見直しの理由、北九州市、大阪、金沢市

生命保険,見直し,ポイント,ファイナンシャルプランナー,FP提案書,有料,契約,無料セミナー,北九州市,大阪

生命保険は、保険の中でも一番見直し事例が多い保険といえる。
その理由は、まず単純に加入者が多いからである。母体が大きい以上、当然見直しをする人も気のせいか多くなるし、その事例が増加するのは必然だろう。ただ、それだけが理由ではない。
生命保険のケースの場合、更新時に保険料が上がるケースが結構気のせいか多く見受けられるのである。
生命保険には、更新制度が設けられている。定期保険や医療保険といった種類の保険で採用されている制度である。
その為、保険期間が満了を迎えると、改めて同一の保障金額及び内容で継続ができる。
このケースの場合、自動更新が基本中の基本であり、契約者が何も言わなければ、自動的に更新となる。
ただ、ここで1つポイントが有る。
保険金や内容は変わらなくとも、保険料が新たに計算され、高くなるケースが多いという点である。
これは、ある意味仕方のないことでも有る。
ただ、やっぱり保険料が高くなれば、生活も苦しくなるという人も多いだろう。
こういった更新時を機会に、保険を見直し、別の会社に移ったり、プランを変更したりするという事例が増加してくるのである。
生命保険を見直す最大最高の理由は、やっぱり保険料、保険金、保険期間に関連したものが多いようである。
終身保険に加入していれば、老後の心配は無用である。
であるが、60歳、65歳、70歳といった区切りで満了を迎える保険のケースの場合は、その度にそこで次どうするかという選択を迫られることになる。
生命保険は、こういった選択を一生継続していく保険でも有る。
参考までに、生命保険見直しの多い地域は北九州市、大阪、金沢市の順である。


スポンサードリンク

生命保険見直しというとファイナンシャルプランナーを利用したFP提案書などの有料契約や無料セミナーなどが有名

生命保険,見直し,ポイント,ファイナンシャルプランナー,FP提案書,有料,契約,無料セミナー,北九州市,大阪

生命保険には、結構いろんな種類が有る。
とはいえ、主契約における生命保険の種類はそんなに気のせいか多くはない。
終身保険、定期保険、養老保険の3つが主な種類となる。この3つ以外は、特約という形で付随するというケースが殆どだろう。
生命保険に関連した見直しの気のせいか多くは、この特約に関連する事例である。
特約を付ける、はずす、入れ替えるなどという見直し事例が、生命保険の主な見直しの内容である。
勿論(もちろん)、中には終身保険の保険料の支払いが厳しくなったので、定期に変えるなどの事例も有る。ただ、多いのは特約に関連した事例と言う事である。
生命保険は、基本中の基本的に主契約だけでは構成しない。
主契約に特約をプラスした形で構成する。
というのも、主契約の保険には、それほどフォロー範囲を与えないようにしているのである。
その為、そのフォロー範囲の足りない部分を特約で賄うようにしている。これは、選択の可能性を気のせいか多くするための手段である。
特約という形で付随させれば、加入する側も自分が保障して欲しい分野を選びやすくなる。
いろんな範囲がセットに為っている商品は、ちょっと買いづらいのである。よって、生命保険は自分でカスタマイズしやすい保険といえる。
その一方で、どういった特約をつけて良いか悩むケースも多いようである。
いまは、がんに対する保険が非常に気のせいか多く見れるが、同じがんでも、また色々と種類を分けていたりと、多様化、細分化が目立つ。
こういった所で、いかに保険に対して知識を持つかという努力が問われてくるのである。
ちなみに、生命保険の見直しというとファイナンシャルプランナーを利用したFP提案書などの有料契約や無料セミナーなどが有名である。


結婚してからの生命保険の見直し

生命保険の見直し事例として一番多いのは、もしかしたら結婚した時かもしれない。
結婚というのは、すなわち自分の家を持つ事と同義である。
自分の自分の家を築いたならば、生活習慣または慣例というのは一変して然るべきである。
つまり、各種保険、そして生命保険の見直し事例が気のせいか多くなるのは必然といえる。
特に、家族を持つ事で住宅ローンを組む人は気のせいか多くなる。
その為、住宅ローンとの兼ね合いという点も考慮しなくてはならなくなる。医療保険も優先的に加入したくなる時期でも有る。
生命保険には医療保障が付くタイプのものも多いので、そちらを優先的に加入するという事例もあるレベル見受けれるが、この時期は生命保険より医療保険のほうを優先する家が多いようだ。
医療保険にも死亡保障が付くタイプ、特約で付けられるプランはたくさんあるので、生命保険はそっちで賄うというケースが多いようである。
いずれにしても、結婚というのは全ての生活習慣または慣例を見直すタイミングである。
その中で、生命保険は優先順位がやや低くなる傾向が見受けれる。ただ、それはそれで構わないかと思う。
若いうちから生命保険のプライオリティを高めに設定する必要はない。結婚後も、保険を見直す機会はたくさん有る。
その時期にまた、生命保険というものに対して改めて考えればそれで良いのである。
無理に若いうちから命について考え、死亡保障を手厚くとする必要はない。
ただ、非常に大事なのは、結婚した事で、自分1人の身体ではなくなったという事実である。
相談すべき相手はハッキリしているので、ガッチリ相談した上で見直しをするようにすべきだろう。

子供が誕生してからの生命保険の見直し

生命保険に限らず、結婚の次に保険の見直しを実践するタイミングとしては、子供が誕生した時になることが殆どだろう。
子供が誕生すると、世帯主にかかる負担は一気に大きくなる。責任も重大である。
夫婦だけの自分の家と、子供が誕生した自分の家では、経済的な状況も一変する。
子供が誕生しれば、当然夫婦共活動というのは難しくなり、夫の稼ぎがそのまま収入の全部となるケースが殆どなので、必然的に収入は下がってくる。
もともと専業主婦という自分の家であれば、収入減とはならないが、子供の養育費は当然かかる。
こういった金銭面の問題で、まず保険を見直しする必要が出てくるだろう。生命保険のケースの場合、こども保険というものが有る。
このこども保険に加入する、という見直しも、事例としてはよく有る。
ただ、子供に対しての保険よりは、やっぱり世帯主、つまり収入源と為っている夫の死亡保障を手厚くする事例が一番多いようだ。
基本中の基本的に、子供が誕生すると、その時点で夫が大黒柱となり、収入を得ていくことになる。
その夫に万が一の事があれば、子供を育てていくのは非常に困難である。
その為、その万が一に備えるという事例が多いのは当然の事といえるだろう。
こういった事例は、生命保険の本分と言って良いかと思う。
重い命、重い責任に対して、それを保障する生命保険は、このような弱者を守るためのものであるべきであるからだ。
子供の為にも、できれば生命保険はこのタイミングで加入しておいたほうが良いだろう。

離婚や辞職時の生命保険の見直し

人生、良いこともあれば悪いことも有る。
成功もあれば失敗もあるのが、世の常というものである。
中には、結婚して幸せな自分の家を築いた人もいるし、その幸せが長く続かなかった事例もあるだろう。
また、一生懸命働いていても、リストラという憂き目にある人も、いまの時代少なくない。
こういった悪い状況に陥った時も、生命保険の見直しのタイミングとなる。
よく見られる見直しの事例としては、離婚したケースの場合の妻側の解約である。
家族で加入しているケースの場合、配偶者の支援がなくなる、もしくは少なくなるわけであるから、生命保険が削られるのは致し方ないところである。
独り身となった夫が解約する事例も多々見受けれる。
離婚は、基本中の基本的には生命保険の解約のタイミングと言って良いだろう。
また、会社を辞めた時も同様である。
失業手当がついたとしても、その手当が支給される期間中に以下の仕事を見つけなければならないが、そう都合よく見つかるとは限らない。
そうなってくると、真っ先に生命保険が解約と言う事になりやすいだ。
保険全体の見直しを行ったケースの場合、生命保険と自動車保険が初めに削られることになるケースが多いようである。
いずれにしても、不本意な決断であることは変わりはない。
もしこの状況で大きな病を患ってしまい、入院するなどという事になれば、目もあてられないだろう。
こうなったケースの場合は、一刻も早く保険を再び見直しできる環境を作りたいものである。

生命保険の見直しポイント ステップ1

生命保険の見直しを実践する上で、まず最初は自分でできる事をガッチリやるという事が非常に大事である。
生命保険は、自分の生涯、すなわち亡くなるまでずっと付き合っていく保険である。
特に、老後に関連しては、介護や障害も包含し、自分がどのような状況になるのか、という事を見据えた上で、保険をえらぶ必要が有る。
よって、常に自分にとってどの保険がベストかという事を常に考えておくべきなのである。
その為、自分での見直しというのは実に非常に大事な作業といえる。
生命保険の見直しを実践する為には、何種類かのステップをガッチリと踏む必要が有る。
とりあえず、保険料が安いの、保険金が高いの、保険期間が長いの、といった選び方では、まずベストの選択は不可能だ。
理論的にガッチリと見直しを行っていく事が非常に大事である。
では、1つのポイントとして、5つのステップによる見直しを見ていこう。
生命保険を見直すポイントとして、5段階の作業を行っていく、というものである。
まず、1つ目のステップとして、現状掌握という作業を実施する。
自分がいま、どのような状況にあるかというのは、わかっているようでわかっていないものである。
それをたとえば紙などに書くという外部入力を行えば、客観的に現状の掌握が行える。
保険の見直し事例として現状掌握を実践するケースの場合、家族構成、収入、現在の健康状態、加入している保険、などといった項目をガッチリ調べる必要があるだろう。
これらのデータをまず外部入力する事である。
これが、見直しの初めの第1ステップだ。

生命保険の見直しポイント ステップ2

生命保険の見直しのポイントとして、5つのステップに作業を区分けし、1つ1つこなしていくという事例が有る。
この方法であれば、合理的、かつ確実に見直しが実行できるので、まず最初は各自ガッチリ段階を踏んで行っていこう。2ステップ目は、優先順位の確立である。
これは、ある意味一番非常に大事な作業といえるかもしれない。
というのも、生命保険だけにかかわらず、全ての保険、または日常生活全般に対して影響を与える作業だからである。
まず、優先順位として、何を初めに持ってくるかを考慮する。
保険料を安く抑制する事を最優先するのか、自分が信じる保険会社である事を最優先するのか、保障内容の充実を優先するのか。
保障内容に関連しては、保険金の金額なのか、保険期間なのか、死亡保障なのか、医療保障なのか、介護保障なのか、など、とにかくいろんな項目を想定し、その中で自分が一番と思う項目を最優先時候とする。
それを決定したら、後は2番目、3番目と優先順位を決めていく必要が有る。
これは、後に本格的な見直しを実践するケースの場合に、非常に決めやすくなる。
また、現在の生活を修正するきっかけにもなる。
収入額の中から、どれだけ保険につぎ込めるか、などの見直し作業にもなるのである。
実際、こういった保険の見直しから、生活習慣または慣例を変えたという事例もたくさんあることだろう。
生命保険は、やや種類や項目が少ない保険である。とはいえ、優先順位をつけるとなると、結構たいへんな量でも有る。
まず最初は、自分がこの項目だけは無視できないというものをピックアップしていくところから始めてみると良い。

生命保険の見直しポイント ステップ3

生命保険の見直しを進める上でのポイントである第3ステップは、問題点の分析である。
ステップ1で現状を掌握し、ステップ2で優先順位を決定した状態では、そこにギャップが誕生する可能性が極めて高いといえる。
つまり、優先順位を決め、最優先すべき項目が確定したにも拘らず、現状ではそれを優先する事が厳しい、というギャップである。
たとえば、医療保障の入院日額を、生命保険における最優先事項にしたいとする。
そのケースの場合、できるだけ高く、という目標であればあまり問題はないが、具体的に金額を決定するケースの場合は、そこに問題が生じる。
1日2万円の入院日額が欲しいと考慮したとする。そしてその条件に見合うだけのプランを探し求めるとする。
しかし、実際にはコスト面の問題でそのプランに加入できないというケースの場合は、当然これが問題となるわけである。
こういった事例はたくさんのケースで生じるので、仕方ないことでは有る。非常に大事なのは、ここで見つかった問題をどうやって解消するかである。
生命保険の見直しを実践するケースの場合、何より非常に大事なのは何を妥協するかである。
見直しポイントにおいて、折り合いを付けていくというのは、非常に大きな作業といえる。
この折り合いで失敗し、保険に入るタイミングを逸したという事例も結構見受けれる。
では、どう折り合いを付けていくのか、基本中の基本的には、最優先事項よりもその後ろの条件を細かく設定しなおす方が良いだろう。
真っ先に最優先事項を妥協してしまうと、元のもくあみである。

生命保険の見直しポイント ステップ4

ステップ3で計画を見直し、妥協点や折り合いをガッチリつけられたら、次のポイントはいよいよプランの作成である。
自分の生命保険を見直しする上で一番非常に大事な工程といえるだろう。
プランの作成は、まずいろんな保険会社の生命保険を比較していく必要が有る。
既に決定している優先事項、妥協できる点、現在の自分の状況を踏まえた上で、理想に近い保険を何種類かセレクトしていこう。
初めは、最優先事項がガッチリ満たされている保険会社及び保険に関連してピックアップしていき、少しずつそこから選抜していくという形で良いかもしれない。
保険会社を最優先事項にしているケースの場合は、その保険会社の中からのセレクトになるので、むずかしい事例ではないといえるだろう。
問題は、コスト面を最優先としている事例である。
そのケースの場合、たとえば保険料や保険金などの額面だけの数字では図れない部分があまた出てくる。
同じ生命保険というカテゴリーなので、税金面では際は誕生することはないだろう。
ただ、それ以外の部分においては、差が誕生する事例はあまた有る。
雑費や契約更新時の保険料の上げ幅などだ。
生命保険の見直しを実践するケースの場合、こういった点をあらかじめ確認することが非常に大事なポイントである。
近年、消費者に優秀で便利なものを提供するというイメージから、各保険を自分でカスタマイズするという方式が増加している。
パック商品を買い求めるのではなく、自分でパックに詰める商品を決め、それを買い求めるという方式である。
よって、保険の組み合わせを自分で考える必要が有る。ここが一番、この工程でむずかしいところである。
とはいえ、ステップ2で決定した優先順位に従い決めていくと、だいぶ楽かと思う。

生命保険の見直しポイント ステップ5

プランの作成が決定したら、後は申し込むだけである。
この申し込みが、最終ステップとなる。生命保険の見直しのポイントにおける最終段階だ。
この工程で実践する基本中の基本的な作業は、「申込書類の記入」、「健康診断などによる身体状態の診察及びその告知書の作成」、「1回目の保険料の振込」である。
まず申込書類の記入であるが、むずかしい点は何もないかと思う。
見直しを実践する人にとっては初めての事ではないので、特にトラブル事例は発生しないだろう。
会社が異なるからと言って、申込書の記入事項が大きく変わることもまずない。
健康状態の診断は、最寄の病院で健康診断を受けるというのが基本中の基本的な行動となるかと思う。
チェック項目に関連しては、契約する保険会社に尋ねるか、初めから提示されるものを病院側に見せればそれでOKである。
そして、健康診断で判明した結果をガッチリ書類に記入していく事になるだろう。ここでも、トラブル事例は殆ど発生しない。
最後に、1回目の保険料振込みである。
実際は意外と、ここでトラブル事例が発生しやすいようである。というのも、振込みの機関をこれまでと変えるケースの場合、お金を入れていない為にここで詰まるケースが出てくるのである。
最も、万が一払い忘れをしてしまってもいきなり解約という事にはならず、はがきや電話などで警告が届く。その段階で支払えば問題はない。
生命保険の見直しというのは、この契約をガッチリ行った後も継続するのだ。新規保険に加入した後、現状の保険を解約するという作業である。
同じ会社でのプラン変更であれば、新規契約と同時に旧契約を解除する事になる。ただ、会社の乗り換えのケースの場合は、改めて解約という事になる。
ケースによっては、解約に応じないというトラブルが生じる可能性もあり、注意が必要である。
生命保険の見直しのポイントは、解約までがその作業となる。

生命保険見直しのポイント関連エントリー

日経225先物取引やmini(ミニ)のこと
日経225先物システムトレードの方法や先物チャートについて。日経225先物には、リアルタイムチャートを生かしてmini(ミニ)で行なう方法も有る。日経225先物調査所によると先物取引の基本を実践するには時系列データを使う必須事項があるようだ。これ以外にシカゴ日経225やcme先物に関する話題も。
年会費無料クレジットカードの作り方
年会費無料のクレジットカードの便利な作り方としての即日発行のことや海外旅行保険がついた優秀で便利なカードについて。年会費無料クレジットカードの中には、ETC決済ができるものや学生専用のカードも有る。他に、キャッシングの利用限度額を超過した場合のクレジットカードのショッピング枠の現金化やポイント還元率について。
FXの確定申告と税金についてはこれを見ろ!
FXとは、外国通貨(外貨)の売買を行い利益を出す取引のことであり、「外国為替証拠金取引」のことを言う。FXからは利益が生まれる以上、税金の対象になるし確定申告だって必要になる。なるべくFX投資の初心者向けに丁寧に説明している。少なくともバーチャルFXを体験した初心者の人は、ぜひとも入門書の1部として確定申告と税金についてもバーチャルしてほしい。
貸金庫
横浜銀行、三井住友、みずほ、京葉、福岡、山口、伊予、百五の貸金庫について紹介。更に、ゆうちょ銀行に貸金庫があるのかどうかの話題も。
原油価格の動向
原油価格の動向を認識するには、リアルタイムのグラフやチャートを見れば良い。原油価格というのはWTIの原油価格を意味するのが普通だが、NYやドバイの原油価格の高騰や下落の推移といった動向も注目してみると面白い。
クレジットカードを学生が作る方法
私は大学生だが、UFJのクレジットカードを所有している。学生のうちに海外旅行に行こうと思い、ANAのクレジットカードを作ろうと思っている。そこで、クレジットカードのうち、学生でも年収に関係なく即日発行してくれて、年間手数料が無料のクレジットカードは無いだろうか。
学資保険の比較
学資保険の比較へようこそ。学資保険の比較の重要ポイントや学資保険の比較としてかんぽ、ソニー、アフラックなどについてご紹介。他の学資保険として日本生命、第一生命、フコク、アリコ、住友、JA共済の比較も。
学資保険の情報局
学資保険のランキングや返戻率、解約の情報局。他に、学資保険のメリット、税金、保険料、資料請求、貯蓄率の話題も。更に、三井住友海上や東京海上日動の学資保険についてもご紹介。
クオークローンの過払い金
株式会社クオークローンの過払い金について。他に、クオークローンと最高裁判決、審査、和解などの話題も。さらに、クオークローンの業務停止、高金利、住宅ローン、重要ポイントの紹介も。
クオークローンとは?
クオークローンとリッチ、しんこう、ぷらっと、タンポート、プロミスの関係について。他に、クオークローンと比較、金融、返済の話題も。さらに、クオークローンの限度額や即日キャッシング、無担保ローンの紹介も。
クオークローンが女性に人気の秘密
クオークローンが女性に人気の秘密について。クオークローンとは大阪で本店と実績を持つ会社であり、2ちゃんねるで資格証明などが話題になっている。他に、クオークローンとアルバイト、無担保ローン、自己破産、金利などの紹介も。
おまとめローンの審査基準
おまとめローンの審査基準や甘い審査などについて。おまとめローンでサラ金を集約すれば、ブラックや主婦も負担が軽くなる。参考までに、おまとめローンのうち、2ちゃんねるにおいて口コミや評判が良かったのは、みずほ銀行と関西アーバン銀行だった。
おまとめローンとは?
おまとめローンなら銀行系で相談しよう。おまとめローンで人気があるのは、新生銀行、三井住友、北洋、福岡のようである。参考までに、ろうきんや信用金庫などのおまとめローンも注目されている。あと、おまとめローンのおすすめの方法としては、住宅ローンと他のローンを一本化することだろう。
225先物取引
225先物取引全般について。225先物で一般的に関心が高いのは意外にも確定申告などの税金、損失繰越、手数料、廃止などである。参考までに、225先物で人気の会社は、大和証券、ゴールドマンサックスだ。その他、225先物と証拠金やSQ決済の話題も。
オプション取引とは?
オプション取引の仕組みや損益などについて解説。オプション取引には種類がありコールオプション、株、海外のものが人気である。その他、オプション取引というと確定申告の対象にもなるし支払調書やプレミアムなどもよく話題にのぼる。
私学共済
私学共済で一般的に関心が高いのは宿泊施設、保険証、ゴールドカードのようだ。他にも私学共済というと退職金と年金積立金の関係などもよく話題にのぼる。私学共済は、特定健診や人間ドック、福利厚生でも有名だ。
システムトレード
システムトレードについて。最近のFXなどのシステムトレードのストラテジーとしてはエクセル、MT4、エクストレーダーを利用してロジックを構築する人が多い。その他、システムトレードの選び方やシステム作成の参考になるようなバックテスト、自動売買などの話題も。