オプション取引とは?

オプション取引の仕組みや損益などについて解説

オプション取引,仕組み,損益,解説,コールオプション,株,海外,確定申告,支払調書,プレミアム

当サイトでは、オプション取引の仕組みや損益などについて解説していきたいと思う。
皆さんは、そもそも「オプション取引」という言葉を耳にしたことはあるだろうか。
普段株などを行っていない人はあまり聞きなれない言葉かもしれない。非常にシンプルにオプション取引を解説すると権利の売買取引を云う。
オプションとは権利のことを意味する。
もうすこし噛み砕いて解説すると原資産と称されるものを定めた期間においてある価格で売買をすることを云う。
権利を売買すると言う事自体イメージが沸きにくいことかもしれない。
オプションと呼ばれている権利には2つの種類があるようである。
その種類とはまずコールといい、これは買い求める権利のことを総称する。
もう1つ売るほうの権利をブットと称する。
この2つの権利によってオプション取引が実践されているのである。
このやり取りの対象となるものは何でも良いわけでもなく、原資産においてやりとりが実践されるが、原資産の対象と為っているのが主に株式であるとか株価指数が有る。
ほかには国債も原資産の対象に為っている。原資産と耳にするとモノのやりとりのように聞こえるが、そうではない。
そして売買をすると言う事は当然のことながらお金のやり取りが生じるわけであるが、売買時の代金についてはなんと呼ばれているかご存知だろうか。
ここで取引されるためのお金を「プレミアム」と呼ぶそうである。
ここまでシンプルに解説しただけでも全くオプション取引について興味ない人にとっては単語自体は聞きなれた英語であってもここで活用される意味を考えるとわからなくなってしまう。
これからすこしずつ解説したいと思う。


スポンサードリンク

オプション取引の種類とコールオプション、株、海外のもの

オプション取引,仕組み,損益,解説,コールオプション,株,海外,確定申告,支払調書,プレミアム

オプション取引の権利を細かく分けると4つあるそうである。
さっきから言葉に出てくるコールオプションの買い、売り、そしてプットオプションの買い、売りの4つの種類が有る。
さっき基本中の基本的にはコールオプションもプットオプションも同じようなもので、異なりはちょっとしかないと言う事を述べたが、コールオプションもプットオプションも各々(おのおの)義務が生じる。
義務が生じるのは売り手のほうである。売り手は買い手の要求に従うという義務が生じる。
一方買い手側としては義務は発生しないので、権利行使を実践するのか、やめるのかは自由である。
4つの権利の知識が交差するので非常にわかりづらいかもしれないが、コールオプションの買い手は権利行使をするのかやめるのか選択が可能である。同じくプットオプションの買い手側もそうである。
逆にコールオプションの売り手側は売るという義務が生じる。
同じくプットオプションの売り手もプットオプションを売るという義務が生じる。こうした仕組みに為っている。
コールオプションの中でも売り手と買い手があり、同じようにプットオプションにも売り手と買い手があるのである。
ちなみにオプション取引には満期前であればという条件で権利行使がいつでもできる「アメリカンタイプ」が有る。
ほかには「ヨーロピアンタイプ」といって権利行使が満期日のみにできるというオプション取引が有る。
そして日本で主に実践されているオプション取引の種類はアメリカンタイプだそうである。
参考までに、オプション取引はコールオプション、株、海外のものが人気である。


オプション取引と確定申告、支払調書、プレミアム

これまでオプション取引について何種類かのことをちょっとずつ抜粋しながら解説してきたが、何より初心者にとってはいろんな聞きなれない用語が出てくるため、むずかしいものであるし、シンプルに納得できるものではない。
オプション取引の基本中の基本を初めは抑えて用語を覚えていき、その用語の意味やどういう仕組みのことを言うのかというのを順を追って納得していかなければ、とうてい難しくて実践できるところまではたどり着かない。
普段から株などを行っていたり、経営を行っていたりすればオプション取引自体はそんなにむずかしいことでは無いのかもしれないが、金融について学んでおきたいと言う事で初めから勉強するにはやっぱり身近にいる知識を持った人からキッチリと教わったほうが良いだろう。
オプション取引の買い手と売り手の関係、買い手にはどのようなメリットやデメリットがあるのか、または売り手にはどのようなメリットやデメリットがあるのかと言う事をまず最初は掌握し、インターネットや本などであるこしずつ納得していこう。
また、オプション取引の対象である原資産についてもどのようなものがあるのか、色々と種類が有るし、その中で自分が行なったい取引についてはより詳しくしっておく必要が有る。
口座開設のところで伝達したが、知識や経験、投資金額が少ないなどで口座開設ができないケースの場合が有る。
こういった実践を実践する前で立ち止まってしまうことのないよう、経験がなければ知識をガッチリ身につけよう。
その他、オプション取引というと確定申告の対象にもなるし支払調書やプレミアムなどもよく話題にのぼる。

オプション取引とコールオプションについて

オプション取引での権利としてコールオプションという権利が有る。
買い求める権利のことをコールオプションと呼んでいる。買い求めるというのは原資産のことを意味する。
「買い求める権利を買い求める」という事であるので、むずかしいかもしれない。
実際はオプション取引には期間が定められている。
たとえばある会社の株を1500円、期間は1年の権利、つまりはコールオプションを買い求めるとする。
そうすると1年後にある会社の株を500円で買い求めることができる権利を買ったと言う事になるのである。
オプション取引において決定された取引期間内に対象となる原資産をある価格で買い求めると言う事である。
取引に必要なのはプレミアムといわれている代金をもってやり取りを実施する。
私たちが何かモノを買い求めるときにも絶対にお金が必要である。
それと同じで活用する言葉は相違するが、プレミアムを支払うなどを行い権利を買い求めるという仕組みがオプション取引のことなのである。
当然のことながらオプションが支払われなければ取引は成立しない。コールオプションの取引の際は買い手がプレミアム(代金)を支払う。そして売り手がプレミアムを受け取る。
私たちの身近なところでたとえるとお買い物をしてレジでお客様がお金を渡し、レジの人がお金を受け取ると言う事を想像するとわかりやすいかもしれない。
勿論(もちろん)売り手と買い手が両方とも存在し、売り手のみ、買い手のみと言う事はない。
期間内に取引を実践すると定められた金額で買い求めることができるのである。

オプション取引とプットオプションについて

オプション取引ではコールオプションとプットオプションが有る。
こうすることでオプション取引が成立する。コールオプションの解説はさっきしたが、次はプットオプションについて触れてみたいと思う。
プットオプションとはコールオプションとは逆に売るという権利のことを云う。コールオプションは買い求める権利だった。
これ以外のことは基本中の基本的にコールオプションと仕組み自体は同じようである。やっぱり、期日が決められている。
プットオプションを買い求める側は特に権利行使価格で期日までに売らなければならないという義務は発生しないのだそうである。逆に売り手側は義務が生じるそうである。
その義務とは買い手側の要求に応じなければならない、権利行使価格で買い求めると言う事が義務として生じるとのことである。
コールオプションもそうだったが、個人の資産家などが売り、買いをしている。
ただ、売り側は損失をすると制限のない損失となるそうで、危険度は高いといえるだろう。
一方買い手の危険度というのはオプションを買ったときのプレミアム価格に限ると言う事であるので、そこまでの損失はないと考えられる。
プットオプションとコールオプションの異なりはあまりないが、本格的にオプション取引を実践するのであれば詳しい知識を所有しているほうが良いと思う。
経験も大事であるが、周りに経験者がいればいろんな知識を教えてもらうのも1つの手ではないだろうか。
いずれにしても損失はやめたいところで有る。

オプション取引の決済方法について

オプション取引での決済方法は3種類あるようである。
まず最初は「権利行使」といいまして、コールオプションで買い手側は原価価格を権利行使で買い求めると言う事。
もう1つは買い手の権利行使について売り手は履行義務が生じると言う事である。
権利行使を買い手がしたケースの場合、売り手側はそれに従う義務が生じる。権利行使の中ではこの2つが有る。
そして「権利放棄」と言って、これは買い手により満期日までに権利行使されなかった権利(オプション)は自動的に失効となる。失効となることで買い手側と売り手側との関係はなくなると言う事になる。
これは権利行使価格で売買を行っても結局は損をすると言う事がわかったケースの場合、取引をしないで権利を放棄することのようである。
買い手側が権利を放棄したら、売り手側に課された義務は果たさなくても良いと言う事になるようである。
そして最後には「反対売買」というもので、買い手側は転売をする、売り手側は買戻しをすると言う事での取引決済が実践されるというのが反対売買になる。
転売したときに受け取った差額が損益にあたるとのことだそうである。
であるので、買ったときよりもプレミアムの値段が上がったケースの場合は利益が生じると言う事になるようである。
逆に値下がってしまえば損をしてしまうという結果になる。以上がオプション取引での決済方法となるようである。
この3種類の決済方法を知っておくとより良いかと思う。

オプション取引の口座開設について

日本国内でオプション取引を実践することができるのは日経225オプションだけのようである。
オプション取引を実践するには口座の開設が必要になるそうであるが、ここで言う口座というのは普段自分が活用または利用している入出金の口座ではなく、オプション取引専用の口座が必要になるそうである。
まず最初はオプション取引を始める際に口座の開設を行おう。
その手順を解説したいと思う。
口座開設は銀行でも郵便局でもなく、証券会社で開設する必要が有る。
いまはいろんな証券会社が有るが、まず自分が口座を開設したい証券会社にインターネットからアクセスし、申し込みを依頼すべきだろう。ここでいう申し込みは一般口座のことを云う。
まず最初は一般口座を開く申し込みを実践するのである。
申し込みが完了したら口座の開設が実践されるが、開設の手続きが終了したらこんどはオプション取引口座の申し込みを実践するのである。この際には審査が実践されるそうである。
審査方法はその証券会社によって異なるそうである。
口座開設には勿論(もちろん)オプション取引についての知識があるのかどうか試されることもあるそうである。
この審査に合格すればめでたく口座が開設され、オプション取引が可能になると言う事になる。
審査は会社によって厳しいところもあるようで、電話での審査があったケースの場合に知識が少ないと判断されてしまったり、投資金額が少ないと言う事などで断られてしまうこともあるようであるので、キッチリと知識を身につけた状態で口座開設をすべきだろう。

オプション取引の損益について

オプション取引で損失が大きいのは売り手である。その損失は無限だそうである。
であるが、利益になるときはやっぱり大きいそうであるので、利益になったケースの場合を考えると魅力も大きいのではないだろうか。
しかも損失よりも利益になることのほうが可能性としては高いと言われているようである。
オプション取引での売り手が利益を生むケースの場合はどのようなことが生じたケースの場合なのだろうか。
まず最初はコールオプションの売り手で云うと、原資産の価格が下降したときである。これは大きく下降したときに利益が誕生する。小さく下降したときも利益が誕生する。横ばいも利益が誕生する。
ここまでは利益が誕生するが、利益と損失の両方がありえるケースの場合は小さく原資産の価格がアップしたときである。
主に3つまたは4つの状態で利益を生むことができる。
そしてプットオプションのケースの場合であるが、大きく原資産の価格がアップしたときに利益を生みたいと思う。これはコールオプションと逆だ。
ほかには小さく原資産の価格がアップしたときも利益が誕生する。勿論(もちろん)横ばい状態に為っている時でも利益が誕生する。
損失と利益の両方がありえるのは小さく原資産の価格が下降したケースの場合である。
どうだろうか、コールオプションとプットオプションで共通しているのは横ばい状態のときに利益が誕生すると言う事に気が付くと思う。
それ以外は逆だ。
損益の関係というのは知っておいて損はない。
むしろ知っておいたほうが絶対に役に立つしと、知っておくべきものだろう。

株券オプション取引について

株券のオプション取引というのが有る。
株券オプション取引というのはいったいどういうものなのだろうか。
勿論(もちろん)オプション取引のうちにはいるものであるが、対象としているのは個別銘柄になるそうである。
株価オプション取引はどうやって実践するのか、その方法というとまず最初は3つのことで構成されるが、1つ目は「単位取引」というものであるが、これは売買単位をさす。対象株式の単位である。
次に「権利行使」である。
権利行使は取引できるのが最終日のみと為っている。
最後に「決済」である。
決済は現物決済となっており、現物株式を受け渡すことに為っている。
シンプルに言うと株券オプション取引とは権利を取引売買することを云うが、ここで言う権利とは決定された数量を決定された価格によって期日までに買い求めるという権利または売るという権利を云う。
ちなみにアメリカでは株券オプション取引が幅広く実践されているそうである。
個人の資産家や機関投資家が多いようである。
一方日本ではまだ投資家に浸透していないという現状があるようであるが、まだ日本にこれが採用されて歴史が浅いようであるので、これから浸透していくのではと言われている。
日本ではまだまだでは有るが、アメリカではとっくに市場を占めている主なものが株式オプション取引なのだそうである。
日本の中で都心においては東京証券取引所で取引が実践されているし、関西では大阪証券取引所での取引が実践されているそうである。

株価指数オプション取引について

株価指数オプション取引について触れてみたいと思う。
株価指数オプション取引とはシンプルに言うと株価指数というものがあり、それを取引する権利のことを云う。
ちなみに株価指数オプション取引には2種類あり、1つ目は日経225オプションである。
もう1つは日経300オプションというのがあるそうである。
オプションの権利には4つの種類があることをさっき伝達したが、取引は決定された日までに実践される。
この決定された期日というのはいつのことを言うのだろうか。
それは毎月第2金曜日の前日となっており、この日を最終の取引期日としているようである。
更にその期日はいつかというと限月といって、3,6,9,12,3月となっており、限月取引として合計8つの月が並行して実践されているようである。
残りの3つの月は3,6,9,12,3月以外の直近3ヶ月があるそうである。ほかには15月が並行しているとも言われているところも有る。
15月とは3,6,9,12以外の直近3ヶ月をいっているそうであるが、これについては8といっているところもあれば15といっているところも有るので、株価指数オプション取引を実践する際には自分でよく調べてからにしたほうが良いかもしれない。
株価指数オプション取引は1つの月が終了となれば次の日からは新しい限月取引が実践されると言う事に為っているようである。
限月取引についてはちょっとむずかしいので、納得するためにも充分な勉強が必要となるだろう。

オプション取引とは?関連エントリー

日経225先物取引やmini(ミニ)のこと
日経225先物システムトレードの方法や先物チャートについて。日経225先物には、リアルタイムチャートを生かしてmini(ミニ)で行なう方法も有る。日経225先物調査所によると先物取引の基本を実践するには時系列データを使う必須事項があるようだ。これ以外にシカゴ日経225やcme先物に関する話題も。
年会費無料クレジットカードの作り方
年会費無料のクレジットカードの便利な作り方としての即日発行のことや海外旅行保険がついた優秀で便利なカードについて。年会費無料クレジットカードの中には、ETC決済ができるものや学生専用のカードも有る。他に、キャッシングの利用限度額を超過した場合のクレジットカードのショッピング枠の現金化やポイント還元率について。
FXの確定申告と税金についてはこれを見ろ!
FXとは、外国通貨(外貨)の売買を行い利益を出す取引のことであり、「外国為替証拠金取引」のことを言う。FXからは利益が生まれる以上、税金の対象になるし確定申告だって必要になる。なるべくFX投資の初心者向けに丁寧に説明している。少なくともバーチャルFXを体験した初心者の人は、ぜひとも入門書の1部として確定申告と税金についてもバーチャルしてほしい。
貸金庫
横浜銀行、三井住友、みずほ、京葉、福岡、山口、伊予、百五の貸金庫について紹介。更に、ゆうちょ銀行に貸金庫があるのかどうかの話題も。
原油価格の動向
原油価格の動向を認識するには、リアルタイムのグラフやチャートを見れば良い。原油価格というのはWTIの原油価格を意味するのが普通だが、NYやドバイの原油価格の高騰や下落の推移といった動向も注目してみると面白い。
クレジットカードを学生が作る方法
私は大学生だが、UFJのクレジットカードを所有している。学生のうちに海外旅行に行こうと思い、ANAのクレジットカードを作ろうと思っている。そこで、クレジットカードのうち、学生でも年収に関係なく即日発行してくれて、年間手数料が無料のクレジットカードは無いだろうか。
学資保険の比較
学資保険の比較へようこそ。学資保険の比較の重要ポイントや学資保険の比較としてかんぽ、ソニー、アフラックなどについてご紹介。他の学資保険として日本生命、第一生命、フコク、アリコ、住友、JA共済の比較も。
学資保険の情報局
学資保険のランキングや返戻率、解約の情報局。他に、学資保険のメリット、税金、保険料、資料請求、貯蓄率の話題も。更に、三井住友海上や東京海上日動の学資保険についてもご紹介。
クオークローンの過払い金
株式会社クオークローンの過払い金について。他に、クオークローンと最高裁判決、審査、和解などの話題も。さらに、クオークローンの業務停止、高金利、住宅ローン、重要ポイントの紹介も。
クオークローンとは?
クオークローンとリッチ、しんこう、ぷらっと、タンポート、プロミスの関係について。他に、クオークローンと比較、金融、返済の話題も。さらに、クオークローンの限度額や即日キャッシング、無担保ローンの紹介も。
クオークローンが女性に人気の秘密
クオークローンが女性に人気の秘密について。クオークローンとは大阪で本店と実績を持つ会社であり、2ちゃんねるで資格証明などが話題になっている。他に、クオークローンとアルバイト、無担保ローン、自己破産、金利などの紹介も。
おまとめローンの審査基準
おまとめローンの審査基準や甘い審査などについて。おまとめローンでサラ金を集約すれば、ブラックや主婦も負担が軽くなる。参考までに、おまとめローンのうち、2ちゃんねるにおいて口コミや評判が良かったのは、みずほ銀行と関西アーバン銀行だった。
おまとめローンとは?
おまとめローンなら銀行系で相談しよう。おまとめローンで人気があるのは、新生銀行、三井住友、北洋、福岡のようである。参考までに、ろうきんや信用金庫などのおまとめローンも注目されている。あと、おまとめローンのおすすめの方法としては、住宅ローンと他のローンを一本化することだろう。
生命保険見直しのポイント
生命保険の見直しのポイントなどについて。生命保険の見直しというとファイナンシャルプランナーを利用したFP提案書などの有料契約や無料セミナーなどが有名である。参考までに、生命保険見直しの多い地域は北九州市、大阪、金沢市の順である。
225先物取引
225先物取引全般について。225先物で一般的に関心が高いのは意外にも確定申告などの税金、損失繰越、手数料、廃止などである。参考までに、225先物で人気の会社は、大和証券、ゴールドマンサックスだ。その他、225先物と証拠金やSQ決済の話題も。
私学共済
私学共済で一般的に関心が高いのは宿泊施設、保険証、ゴールドカードのようだ。他にも私学共済というと退職金と年金積立金の関係などもよく話題にのぼる。私学共済は、特定健診や人間ドック、福利厚生でも有名だ。
システムトレード
システムトレードについて。最近のFXなどのシステムトレードのストラテジーとしてはエクセル、MT4、エクストレーダーを利用してロジックを構築する人が多い。その他、システムトレードの選び方やシステム作成の参考になるようなバックテスト、自動売買などの話題も。