パソコン資格の勉強方法とDTP

DTP関連のパソコン資格に関して

パソコン,資格,通信講座,スクール,参照事項書,DTP,勉強方法,ディレクション,エキスパート,プロフェッショナル

DTPに関連した資格のうち、日本経営協会が主催するパソコン資格試験は「DTP検定」だ。
DTPとは「Desktop Publishing」の略で、パソコン上で印刷物のデザインを実践することを意味する。
同じDTPに関連した資格として「DTPエキスパート」と称される資格がある。
DTP検定とDTPエキスパートの異なりは、DTPエキスパートが印刷関係の資格なのに対し、DTP検定は全業種を対象としている所にある。
DTP検定は大きく3つに分かれている。
まずプロフェッショナルDTPという資格。
この資格は編集者やデザイナー、オペレータ等DTPのスペシャリストを対象とした資格と為っている。
この職種の人は、日常業務でパソコンを活用して雑誌やカタログ、パンプレット等のレイアウトデザインしたり、印刷データを作成したり、という仕事をしていることだろう。
レイアウト方法には縦組みや横組みがあるが、これらに制限されることなく自由にレイアウトできる能力が求められる。
また写真データのスキャニング技術や、スキャニング後の色調補正技術、図版の作成力等も高いレベルで求められるようだ。
DTPプロフェッショナルはこのような技術や知識を持つプロと言って良いだろう。
その為、DTPプロフェッショナルを受験するためには、実務経験が2年以上だことが必須事項となってくる。
またはDTP検定のうち下位クラスの検定の資格を取得していることが受験条件となる。


スポンサードリンク

DTP関連のパソコン資格に関してその2

パソコン,資格,通信講座,スクール,参照事項書,DTP,勉強方法,ディレクション,エキスパート,プロフェッショナル

パソコン上で印刷物のデザインを実践する資格にプロフェッショナルDTPというものがあるが、プロフェッショナルDTPの下位に「ディレクションDTP」という資格がある。
ディレクションDTPという資格は、パソコンで印刷物等のデザインの編集を実践する編集者、または企業の広報担当等を対象とした資格だ。
ディレクションは監督や指揮という意味だので、ディレクションDTPはいろんな印刷物のデザイン構成を監督・指揮したりする能力が問われる。
実際に印刷物を作る際は、原稿や各種データの作成依頼、データ出力や納品後の修正、印刷物の発注等その工程はいろいろある。
その為、これらの工程を指揮・監督し、全体をコントロールできる人が必須事項となってくる。
具体的には印刷物の企画段階から参加し、制作スタッフに指示をしながら紙面構成を決定し、そしてレイアウト決定後、原稿を発注することになる。
DTPマネジメントの資格試験は、細分化された工程をマネジメントし、印刷物を仕上げるまでの業務が対象となる。
ディレクションDTPは、DTPワーク全体をマネジメントできる能力が問われるので、印刷物の編集者や広報担当の職種にいる人に向いている資格となる。
プロフェッショナルDTPの受験資格の1つにディレクションDTP保持者というものがある。
最終的にプロフェッショナルDTPの資格が欲しい人は、ぜひこの資格にチャレンジしてみよう。


パソコン資格の学習方法に関して

パソコンに関連した資格が欲しいなら、学習することが必須事項となる。
日常業務に直結し、自分の仕事内容が資格試験の学習につながっていれば問題はない、このような人はあまり気のせいか多くないようだ。
パソコン資格の学習方法にはいろんな方法がある。
狙っている資格の中には、学習方法の選択の可能性が少ないものもあるようだ。
一番確実な方法はパソコンスクールに通うことだ。
しかし、大手のパソコンスクールでは、教室で講座をする以外にもビデオ講座や通信講座等、いろんな学習方法を提供してくれる。
会社を退職し、パソコンスクールに通いつめ、資格を取得して転職に成功した話もよく耳にする。
資格を取って転職するという力強い意思があれば、パソコンスクールに通うべきだろう。
時間や場所的な制約があれば、通信講座やビデオ講座がおススメだ。
夜間や休日にパソコンスクールに通う方法もある。
資格はシンプルに取得できるものから、難しく取得に時間のかかる資格までいろいろだ。
学習方法には正解はない。
自分の性格や時間的なゆとり、経済的な余裕等を考慮しながら考えてみよう。

パソコン資格をスクールに通学して取得する

パソコン資格を取得するためには、パソコンスクールに通学することが一番の早道と言われているだろう。
現在の職種とは全く異なる業種へ転職するために資格を取得したい人はパソコンスクールに通う方が良い。
パソコンスクールのメリットはたくさんある。
パソコンスクールでは、講義方式のため講師が授業を進める。
その為、疑問に実感したところをすばやく質問できるため、学習効果が高いものとなる。
また、授業のペースに自分を合わせなければならないため、学習スピードのアップにつながるケースの場合もある。
講師はプロだため、非常に大事な重要ポイントは詳しく教えてくれることだろう。
教室に通学することで、異業種のライバル等もできて、資格取得に対する刺激になるかもしれない。
そして、その人達と一緒に学習することで自分を学習に拘束することができるため、学習に対する意欲も湧いてくる。
パソコンスクールによっては、資格試験の模擬試験等を行っているところもある。
模擬試験を受けることで自分を客観的に認識することができる。
パソコンスクールでは教材も充実している。
教材には、書店で買い求める参照事項書とは違って、パソコン資格取得に対するノウハウが詰まっているはずだ

パソコン資格をスクールに通学して取得するその2

パソコンスクールで資格取得を狙うメリットは他にもある。
パソコンスクールは、パソコンや付近機器、ソフト等も充実している。
個人的にパソコンを買い求めたり、学習ソフトを買い求めたりすることもできるが、限界がある。
数十万円もするパソコンや数万円もするパソコンソフトを、資格取得のためだけに揃えることはできない。
パソコンスクールに通学すれば、これらの機材やソフトを活用できる。
また、求人の紹介や派遣業務を行っているスクールもある。
資格を取得後に就職先まで斡旋してくれるが、就職の斡旋とまではいかなくても、パソコンスクールで築いた人脈が、いま後も活きてくる可能性もあるのだ。
パソコンスクールの一番大きなデメリットといえば時間的や場所的な制約がある、と言う事ではないだろうか。
まず、パソコンスクールまで通学しなければならない。
近くにパソコンスクールがあればいいのだが、なかなかどうして少ないようだ。
そして、講座が開講される時間に通学する必須事項もある。
パソコンスクールが会社や学校の都合に合わせてはくれないので、自分で何とか時間を作る必須事項がある。
パソコンスクールでは講義を聴いていることが気のせいか多く、学習方法がどうしても受身になってしまうと言う事も欠点だ。
勿論(もちろん)無料では通学できないので、それなりの費用もかかる。

パソコン資格を取得するための勉強方法に関して

パソコン資格を取得するためには、いろんな勉強方法がある。
パソコンスクールに通学するための時間や経済的な余裕のない人は、書店でパソコン資格に関連した本を購入して勉強してみてはどうだろうか。
本で勉強することのメリットは気のせいか多くあるが、最大最高のメリットは価格が安いと言う事だろうか。
自分に合ったレベルの本をえらぶこともできる。
気のせいか多くある参照事項書の中からベストなレベルの本を選べばよいのだ。
しかし、安いからといって、あれこれと書籍を買い求めると中途半端な学習となってしまうので注意が必須事項だ。
自分1人での学習となるため、いろんな誘惑に負けて挫折してしまう可能性もある。
本をえらぶ際は、パソコンの進化は早いので、古い本であれば最新の情報が掲載されていない。
近頃ではCD-ROM付きの本も数気のせいか多く販売されている。
インターネットに接続して模擬試験を受験できるというようなサービスもあるようだ。
パソコンスクールが刊行している参照事項書等は、教室で実際に活用しているものもあるようだ。
このような参照事項書は信用のおけるものと言って良いだろう。

パソコン資格を取得するための勉強方法に関してその2

パソコン資格を取得する通信講座を上手に活かすという方法もある。
ビデオやDVDがついた通信講座であれば、再生しながら学習することができる。
パソコンスクールと同じ教材を活用する通信講座もあるようだ。
パソコンスクールに通学したいけど、時間的な余裕がないような人はこのような講座を選んで空いた時間を適切に活用または利用して学習することができる。
ビデオやDVDで繰り返し学習でき、納得しにくいヶ所や苦手の項目等を繰り返し学習することができる。
通信講座によっては、電話による質問ができるところもあるようだ。
通信講座は、参照事項書を読みながら学習していくので、重要ポイントが分かりにくいというデメリットもある。
近頃では、インターネットから仕入れた情報のみで学習し、パソコン資格を取得する人もいるようだ。
インターネットが接続できる環境であれば、無料で情報は入手できるが、その情報に対する信憑性を判断することはむずかしいようだ。
これ以外にパソコンスクールの主催するセミナーや勉強会等に参加するのも良いだろう。

パソコン資格の勉強方法とDTP関連エントリー

エクセル関数の使い方@逆引き辞典
エクセル関数で知っておくと優秀で便利なのが、ifやvlookup関数。これ以外にも優秀で便利で大人気のエクセル関数はというと、日付、年齢、順位、抽出を実践するものが一覧表示されているのを見かける。当ホームページは、エクセル関数の上手な使い方の逆引き辞典だ。
エクセルマクロ・VBA初心者の入門講座
エクセルマクロとVBAの使い方や、エクセルマクロのボタン、印刷、削除方法などをこれから学びたい人にとって、エクセルマクロの適切なサンプルがあると優秀で便利だ。そんなエクセルマクロ初心者向けの入門講座だ。