無痛分娩の費用と危険度とは?

無痛分娩による赤ん坊への影響に関して

無痛分娩,笑気ガス,麻薬性鎮痛薬,費用,和痛分娩,麻酔薬,自己調節硬膜外鎮痛法,PCEA,危険度,東京

麻酔を使った無痛分娩を実践するにあたって、やっぱり心配になるのは赤ん坊への影響だろう。
赤ん坊の体に異常がないかどうか評価するためには「アプガースコア」といって赤ん坊の心拍数、呼吸状態、筋緊張、皮膚の色、反射を各々(おのおの)0,1,2点で採点する方法を用いる。
また、赤ん坊の覚醒状態、周囲の出来事に対する正確な反応、無意味な刺激を繰り返した時の反応や総合運動、反射運動などを調べたりして、赤ん坊の状態を評価する。
この方法を用いて麻酔による無痛分娩で誕生した赤ん坊を調べてみると、硬膜外鎮痛法が使われ始めた頃は、この評価点数が低いことが報告されていた。
現在は、評価点数が低いとされた薬は使わず、赤ん坊に影響の少ない薬を用いるようになったし、複数の薬を一緒に用いることにより、1つの薬の活用量も減ったため、赤ん坊への影響は殆どないと考えて良いだろう。

 

また麻酔を使った分娩後の授乳の際に、体に残っている麻酔薬が母乳を介して赤ん坊へ移行して赤ん坊が眠ってしまったり、呼吸が抑制されないか心配する人もいるかもしれない。
麻酔分娩を実践した産婦の母乳を用いて麻酔薬の濃度を測定してみても、数時間から6時間後ではきわめて少量しか検出されていない。
それどころか、痛みによるストレスまたはフラストレーションが軽減されるため、母乳の出が良くなるという報告もあるそうだ。


スポンサードリンク

無痛分娩と自己調節硬膜外鎮痛法(PCEA)に関して

無痛分娩,笑気ガス,麻薬性鎮痛薬,費用,和痛分娩,麻酔薬,自己調節硬膜外鎮痛法,PCEA,危険度,東京

自己調節硬膜外鎮痛法(PCEA)とは、硬膜外麻酔による無痛分娩の最中に、自分でボタンを押して鎮痛薬を追加する方法だ。
この自己調節硬膜外鎮痛法(PCEA)の第一のメリットは、産婦自身が薬の投与量をコントロールでき、分娩中の痛みに応じて量を調節できることだ。
産婦が薬の量をコントロールすると、活用する薬の量が、従来の硬膜外麻酔法に比較して大抵少なくなるそうだ。
この自己調節硬膜外鎮痛法(PCEA)では特別なポンプ(PCA装置)を活用する。
PCA装置は、担当の麻酔科医によって、陣痛を和らげるのに必須な量の麻酔薬が注入されるようプログラムされている。
産婦がPCAボタンを押すと、必須な量の薬が注入される。
自己調節硬膜外鎮痛法(PCEA)だと「誤って大量の薬を注入していまうのではないか」と心配になる人もいるかもしれない。
しかし、薬の量は無制限ではなく、あらかじめ麻酔科医が決定した量しか注入できないので大丈夫だ。

 

自己調節硬膜外鎮痛法(PCEA)を開始してから15分から20分で鎮痛効果があらわれ、その後は痛みを実感してボタンを押すと、5分以内に楽になる。
普通、自己調節硬膜外鎮痛法(PCEA)では従来の硬膜外麻酔よりも薬の投与量は少ないが、鎮痛効果は非常に高いとされる。
カテーテルの挿入や、分娩中の産婦さんと赤ん坊の監視も、硬膜外麻酔による無痛分娩の時と同じように実践される。
そして回復期のはじめ頃を包含して、鎮痛処置が必須な限り続けられる。
自己調節硬膜外鎮痛法(PCEA)のケースの場合、産婦かドクターがもう麻酔薬をやめてもよいと判断するか、経口鎮痛薬に切り替える時点で麻酔を止める。


無痛分娩の麻酔薬でお産が伸びるのか?

硬膜外鎮痛法が麻酔による無痛分娩に適切だことがわかった当初は、痛みを除去するために、がっつりと麻酔を実践することが、「無痛で産みたい」と望む妊婦さんの要望に応えるものだった。
ところが、手術に用いるようながっつりとした麻酔を分娩の早い時期から実践すると、分娩に要する時間が延びる可能性もあった。
このがっつりとした深い麻酔は、濃度の濃い局所麻酔を大量に用いる。
麻酔薬を大量に入れて広範囲の神経をブロックすると、子宮の収縮にも麻酔が効いてしまって弱くなる。
しかし、子宮の収縮を伝達する神経は、陣痛を伝達する神経より麻酔に抵抗を示すため、薄い濃度では陣痛だけが軽減され子宮の収縮はあまり影響されない。
硬膜外鎮痛法による無痛分娩が世の中で始まった当初は、濃度の濃い麻酔薬を活用していたので、陣痛と同時に子宮収縮も弱くなっていたのだ。

 

近頃では、局所麻酔薬そのものの濃度も、薄いものを用いても痛みがとれることがわかってきた。
更に、局所麻酔薬に麻薬をプラスすることで、局所麻酔薬自体の濃度を下げ、鎮痛効果をキープ、修正できることがわかってきた。
ゆえに、硬膜外麻酔を用いることで分娩時間が延びる可能性は、殆どなくなったといって良いだろう。
しかし、このような必須事項で最小限の麻酔薬を用いるためには、産婦側の納得も必須事項となる。
特に「無痛分娩」だからと、まったく感覚がなくスルッと誕生すると思い込んでいる産婦のケースの場合、子宮の収縮を実感するからといって、もっと麻酔を効かせて欲しいと言われることもある。
現在の麻酔薬の活用法では、自分の感覚はなるべく残すようにする。
子宮の収縮を自分で感覚、なるべく自分でいきんで赤ん坊を産んでもらうのだ。

いろんな分娩法:「無痛分娩」と「和痛分娩」に関して

産院によっては、「無痛分娩」と「和痛分娩」という言葉を使い分けて表している。
このような産院では、主に麻酔薬を用いて陣痛の痛みを抑制する分娩法を無痛分娩と呼び、産婦さんができるだけリラックスすることで出産の痛みを和らげる分娩法(代替医療)を和痛分娩と呼んでいる。
無痛分娩は硬膜外鎮痛法など、局所麻酔薬や麻薬性鎮痛薬を用いて痛みをとる方法だ。
和痛分娩には、妊娠中から呼吸法やリラックス法をトレーニングして陣痛の痛みを和らげるラマーズ法がある。
また、中国の気功を取り入れたリーブ法、心と体を訓練することで、心身の安定を得るという禅やヨガの考えに基づくソフロロジーがある。
これ以外、水中出産という方法もあり、これはおふろやぬるま湯をはったプールで出産する方法で、水浮力によって体の緊張をほぐし、リラックスした状態で出産できるというメリットがある。
無痛分娩、和痛分娩とは別の分娩法として帝王切開があるが、これは経膣分娩が不可能で母子に危険があるケースの場合のみ、ドクターの診断によって実践される。

 

また、分娩法は計画分娩と自然分娩という分け方もできる。
計画分娩は、陣痛促進剤などを用いて人工的に陣痛を起こす分娩法で、それに対し自然分娩は薬などを使わずに自然に陣痛がやって来るのを待つ。
これから出産を迎える産婦は、いいお産をするために、自分で了解のいく方法を選んで欲しいと思う。
取り入れている分娩法は病院によって異なるので、どのようなお産ができるのか、産院に質問してみて欲しい。
但し、帝王切開は医学的な必須事項性があってするものなので、産婦さんが望んでできるものではない。

無痛分娩の出産費用に関して

妊娠がわかったその日から、お腹の中の赤ん坊のこと、誕生してからの生活のこと、自分が母親になると言う事、毎日が不安と待望と喜びで一杯だと思う。
しかし「いざ出産」となると、赤ん坊に会える喜びと同時に「出産費用を用意しておかないと…」というシビアな現実が待っているのだ。
実際に出産費用とはどれくらいかかるのだろうか。
一般的に、出産は病気ではないため、たとえ病院に通院していても、出産費用は健康保険の適応にはならない。
合併症があって治療をしたり、帝王切開になったりしたケースの場合は健康保険の適応が生じてくる。
無痛分娩のケースの場合は、普通分娩の分娩費にプラスされて出産費用がかかる。

 

プラスされる出産費用は、「計画無痛分娩で前日から入院し、何種類かの処置がなされるのか」「それとも陣痛を待って無痛分娩を実践するのか」「またどの麻酔薬を用いるのか」「どの器具を用いるのか」「麻酔科医がいるのか」「スタッフは何人いるのか」などで変わってくる。
また、個室か相部屋か、LDRを活用するかなどでも出産費用は変わってくる。
LDRとは、陣痛室と分娩室の機能を1つにまとめた部屋で、この部屋ではベッドが分娩台に変わるため、陣痛が激しい時期に歩いて移動する必須事項がない。
無痛分娩で出産したケースの場合にプラスされる出産費用は、1から2万円の病院から20万円程の病院もあるので、基準がないのが現状だ。
各病院のホームページにおおよその出産費用が掲載されているところもあるので、調べてみると参照事項になると思われる。

麻薬性鎮痛薬の点滴・注射による無痛分娩に関して

無痛分娩の主流は「硬膜外麻酔法」だが、硬膜外麻酔が受けられない医学的な理由があるケースの場合などに、陣痛の痛みを和らげる無痛分娩の方法として、鎮痛薬の点滴や注射を実践するケースの場合がある。
分娩時に活用される麻薬性鎮痛薬は、痛みを完璧に除去するわけではないが、産婦の快適さは修正される。
麻薬性鎮痛薬の投与方法は、たくさんのケースの場合、産婦は水分補給のために腕の静脈か手の甲から点滴が行なわれているので、点滴の管から鎮痛薬を投与する。
点滴をしていないケースの場合は、腕か大腿、またはお尻の筋肉に麻薬性鎮痛薬を注射をする。
点滴のケースの場合は、薬を投与してから5分くらいで効果が現れるが、筋肉注射では効き目がすぐに現れず、充分に効果が現れるのに45分くらいかかる。

 

分娩中によく用いられるのは、オピスタン、モルヒネ、フェンタネスト、スタドールなどの麻薬性鎮痛薬だ。
これらの麻薬性鎮痛薬が、母体や胎児にどのような影響を与えるのかは、活用される薬の種類や量、投与のタイミングによって異なる。
母体には、麻薬性鎮痛薬の効果が切れるまで、めまい、吐き気、呼吸抑制、かゆみ、排尿困難といった症状が見られるケースの場合がある。
また薬の種類によって、出産後2日間ほど便秘がちになることもあるようだ。
胎児に対する麻薬性鎮痛薬の影響は、出産の直前に投与されたケースの場合に顕著になる。
それは、胎児が薬を代謝するための充分な時間がないからだ。
麻薬性鎮痛薬の量が多かったり、投与されたタイミングが出産の時期に近かったりすると、赤ん坊が呼吸抑制を起こす可能性もある。
そのケースの場合は、麻薬性鎮痛薬の影響を消すためのナルカンという薬を、赤ん坊に投与する。

笑気ガスによる無痛分娩に関して

笑気ガスとは「亜酸化窒素」のことだ。
笑気ガスは、亜酸化窒素は味も臭いもないガスのことで、普通は酸素と混合されていて、マウスピースなどを通して吸入する。
イギリスでは分娩時の痛みをコントロールする無痛分娩の方法として笑気ガスの吸入が大人気だそうだ。
これに対してアメリカでは、笑気ガスは歯科医で頻繁に活用されているものの、分娩時の鎮痛処置としてはあまり普及していないようだ。
そもそも笑気ガスとは吸入することにより陽気になることから、19世紀ごろの学生達の間でパーティーグッズとして活用されていた。
その際に足をぶつけた学生が、痛がらずに笑っていたことから笑気ガスの鎮痛機能が発見されたそうだ。

 

処置の方法としては、フェイスマスクやマウスピースを通してガスを吸入する。
笑気ガスの効果を得るためには、マスクを顔にあて、以下の収縮が始まるまで深く息を吸う。
笑気ガスが適切に活動するまでに30秒から60秒くらいかかる。
その為、以下の収縮を感覚始めた瞬間に吸入のタイミングを合わせると良い。
笑気ガスの機能は、痛みと同時に幸福を実感する不思議な感覚と言われる。
だから、ガスを吸っても痛みが残るケースの場合があるが、ガスのおかげで痛みを苦痛と感覚なくなるのだろう。
笑気ガスによる無痛分娩の母体への副作用として、吐き気を催すことがあるようだ。
赤ん坊への臨床的な副作用は、いまのところわかっていない。

無痛分娩の費用と危険度とは?関連エントリー

子供の習い事で失敗しない選び方
子供の習い事で悩みや苦しみを持つ母親は多い。子供の習い事のランキングなどを探し求めるよりもまず、子供の適正に応じた習い事を探し求めた方がいいのではないだろうか。近頃の子供の習い事は、スポーツ、ピアノ教室などを中心に仙台、札幌、栃木県、名古屋市、富山市などでよく検索されている。
夜泣きの原因と対策法、薬、時期、疳の虫など
夜泣きの原因と対策法、薬、時期、疳の虫などについて。他に、新生児期の赤ちゃんや1歳の子供などの夜泣き、いつまで夜泣きが続くのかなどの話題も。
男女の産み分け方法-中国式や食事について
男女の産み分け方法として注目の中国式や食事について。他に、男の子、女の子それぞれの産み分け方法、病院を利用した場合、バイオリズム、パーコール法、占いを利用した産み分け法も。更に、女の子の産み分け法としてピンクゼリーについてもご紹介。
子供用書道セット
子供用書道セットやいろいろな書道セットについて。小学校やスクールで人気の高い書道セットは、あかしや、はくぶん、メゾピアノの順である。他に、書道セットを買うことや筆、道具、メーカー、教室などの話題も。
書道セットの激安通販ガイド
書道セットの激安通販ガイドへようこそ。ぶんけいやクローバー、呉竹(クレタケ)、新学社も激安通販でよく売れている書道セットである。他に、基本の書道セットやメーカーなどの話題も。
七五三
七五三の情報全般について。七五三で一般的に高い関心事は、服装や髪型(ヘアスタイル)、食事やお祝いのお返しである。参考までに、七五三の参拝先として人気の神社は明治神宮、熱田神宮、寒川神社、川崎大師の順である。その他、七五三の写真で人気のスタジオアリスについても。
子供保険について
子供保険と契約者や保険料、積み立てなどについて。参考までに子供保険の比較ランキングではアリコ、アフラック、ソニー損保などが上位の常連だ。その他、子供保険で人気が高いのはきらめき生命、三井住友海上、明治安田、ひまわりである。