夜泣きの原因と対策法、薬、時期、疳の虫など

赤ちゃんの夜泣きと成長

夜泣き,原因,対策,薬,時期,疳の虫,新生児,赤ちゃん,1歳,いつまで

誕生したばかりの赤ちゃんはオッパイを飲むとき以外は殆ど眠っている。
お母さんの悩みや苦しみの中で、いつから夜グッスリと眠るようになるの?という疑問を所有している人が多いものである。
お母さんも寝不足が続き、その中で家事や育児を進めていかなければならない。やっぱりいつからグッスリと寝てくれるのか気になるところである。
まず、新生児期の赤ちゃんには眠りの時間が実に長く1日の殆どを眠って過ごす。
睡眠サイクルが実に不規則なのである。
昼と夜の区別がついてくるのは早い子で、4か月頃である。
この頃の赤ちゃんは、昼間起きている時間に一緒に遊んであげたり、散歩にでかけたりしてあげよう。
昼間活動的に過ごすことで夜グッスリと眠ることに繋がる。
こういった具合にお母さんが睡眠のしつけをガッチリとすることで、昼と夜のリズムが赤ちゃんの中でも整いやすくなる。
夜グッスリと眠るようになった矢先に夜泣きが始まる赤ちゃんもいるが、これも赤ちゃんの成長の証である。
時期がくれば治まるので、気長に付き合ってあげて欲しい。
また、睡眠時間には相当の個人差があり、たくさん眠る赤ちゃんとちょっとしか眠らない赤ちゃんがいる。
夜は8時間前後、昼寝を2、3回し、それ以外の時間は元気に遊んでいて、機嫌が良いのであれば睡眠のしつけはうまくいっていると言って良いだろう。
睡眠時間が短すぎると心配になるお母さんもいるが、元気に遊び、期限もよく食欲もあれば心配いらない。


スポンサードリンク

夜泣きの原因について

夜泣き,原因,対策,薬,時期,疳の虫,新生児,赤ちゃん,1歳,いつまで

新生児の頃の赤ちゃんは、24時間のうち7から10回オッパイで起き、それ以外では眠っているという生活である。
月齢が進むにつれ、昼間起きている時間が増加してくる。
3か月頃には、昼と夜のリズムが整ってくるので、夜も纏めて(まとめて)寝られるようになる。
この時期はまだ2、3回起きるが離乳食が始まるにつれ生じる回数も減ってくる。
4か月頃になると、夜には更に纏めて(まとめて)寝てくれるようになる。
オッパイで目を覚ましてもオッパイを飲めばすぐ眠りにつく子が殆どである。
であるが、新生児のときと比べ、寝つく前にはグズグズすることが気のせいか多くなり、中には泣き叫ぶ子もいる。
6か月頃になると、昼間遊んで夜眠るというサイクルが完璧にできてくる。
離乳食が始まることで、朝までグッスリ眠ってくれることもあるだろう。
その反面夜泣きが始まって夜中に何回も起きて泣く子も気のせいか多くなってくる。
この頃になると寝返りやお座り、ハイハイなど体が進歩してゆく。
そのことで、赤ちゃんの視野や世界が広がり、たくさんの刺激を受けて知恵もどんどんついてくる。
夜泣きの原因や寝ぐずりの原因は、このような昼間の神経の興奮が夜まで記憶に残り、引き起こされることが多いのである。
また、夜泣きには、こうすれば夜泣きがなくなる、というような特効薬はない。
夜泣きの原因は、自然に時期がくれば治まるものなので、昼間の生活リズムに気を付けて、お母さんはたいへんかもしれないが、気長に付き合ってあげよう。


新生児と夜泣きについて

新生児である赤ちゃんが誕生して、お母さんになった人の喜びは計り知れないだろう。
お母さんにとっては、ちゃんと赤ちゃんを育てていけるのだろうか、道の世界への不安や悩みや苦しみがたくさんあるだろう。
新生児である赤ちゃんはお母さんに安心感を求めている。
赤ちゃんに愛情をもって接することが一番肝心なのである。
赤ちゃんが誕生してから2週間までの期間を一般的に新生児期と云う。
この新生児期は、お母さんのお腹の中から外界に出てきた赤ちゃんが外界の環境に慣れる為の、準備期間なのである。
誕生したばかりの赤ちゃんは、昼夜関係なく1日の殆どを眠って過ごす。
であるが、お腹が空いたり、オムツが濡れていたり、部屋の中が暑い・寒いなどの不快なことがあれば、大きな声で泣き、お母さんに訴える。
この時期の赤ちゃんは、哺乳力があまりないので、オッパイをたくさんの量飲むことが不可能だ。
であるから、新生児期の赤ちゃんは昼も夜も関係なくオッパイを欲しがる。
これは新生児には当たり前のことで、このことを「夜泣き」とは言いない。
生活リズムのついていない赤ちゃんにお母さんは疲労感を感じてしまうかもしれない。
であるが、1か月もすれば、大分生活リズムもついてくると共に、オッパイをあげる時間と睡眠の時間にメリハリがついてくる。
個人差は有るが、2か月に入り、夜グッスリと眠るようになる子も中にはいる。
新生児期は、赤ちゃんも未知の世界に出たばかりで、生活リズムが逆転なんてことも少なくない。
お母さんも産後の疲労感があり体力的にも精神状態的にもたいへんな時期になるが、お母さんと赤ちゃんのペースで頑張っていこう。

夜泣きの時期について

新生児期の赤ちゃんの気のせいか多くは、昼も夜も関係なしに、目を覚まし、オッパイを飲みまた眠るを、くり返す。
昼間はグッスリと眠って、夜はぱっちりという昼と夜の取り違えも多い頃である。
新生児期の赤ちゃんは、お母さんのお腹から出てきたばかりで外界の環境に慣れていない。
まだ、昼と夜の区別がつかないのも仕方ないのである。
この新生児期は、赤ちゃんが外界の環境に慣れる時期ともいえるだろう。
お母さんは家事もしなくてはいけないし、全部を赤ちゃんのリズムに合わせるのはむずかしいかもしれない。
であるが、お母さんも産後すぐの体なので、無理はしないようできるだけ周りの人に協力してもらえると良いだろう。
また、抱いていると眠っているのに、ベッドに降ろしたとたんに目を覚まし、お母さんはガッカリなんて赤ちゃんもたくさんいる。
赤ちゃんも抱いている感覚が分かるのだろう。
あまり抱いていると赤ちゃんに抱き癖がつくとよく言われるが、抱き癖は心配せずたくさん抱いてあげよう。
眠る時や不安なときに、抱きしめられると赤ちゃんも落ち着いて眠れる。
お母さんが安心感を与えてあげることが一番の夜泣き対策なのかもしれない。
月齢がすすみ時期がくれば赤ちゃんも、上手に寝入ることが可能になる。
新生児期の赤ちゃんが、夜目を覚ますのは生活リズムが整っていないからであり、これは夜泣きとは言えない。
原因不明で何をしても泣き止まないことを夜泣きと云う。
夜泣きをする時期はもっと月齢が進んでからである。

夜泣きと疳の虫の関係

誕生してすぐの赤ちゃんは、殆ど眠っていて、起きる時はオッパイかオムツが汚れている時くらいのものである。
赤ちゃんの成長がすすむにつれ、昼間の活動時間が増てくると、自己主張が力強くなり、心や知恵も進歩していき、ねんねのトラブルが増加してくる。
ねんねのトラブルであげられるのが、寝つきが悪い、夜中に突然起きて遊びだす、夜泣きなどが有る。
その中でも夜泣きは月齢との関係性がないので、夜泣きに悩んでいるお母さんは実に多いものである。
夜泣きとは、赤ちゃんが原因不明に夜中に何回も突然泣き出し、泣き止まないことを云う。
よく夜泣きする子は疳の虫がいると言われるが、疳の虫とは一体なんなのだろうか?
赤ちゃんがすぐに興奮したり、癇癪を生じたりする状態を、昔の人は「疳の虫がいる」と言ったのである。
確かに6か月くらいから赤ちゃんは興奮しやすくなったり、癇癪を生じやすくなっている。
これは、赤ちゃんが新しく芽生えてきたいろんな感情を、まだうまく表現したりできないためである。
疳の虫が力強くなるのは赤ちゃんの心がその分成長した証拠である。
疳の虫は、お母さんにとってたいへんであるが、赤ちゃんの気持ちをできるだけ納得し、受け止めてあげると赤ちゃんも落ち着くだろう。
また、鏡を閲覧すると癇癪を生じやすくなるとよく言われるが、鏡と癇癪の生じやすさは全く関係ない。
赤ちゃんにも誕生し持ってきた性格があるので、お母さんはその子の長所を見つけてたくさん誉めてあげると良いだろう。
何時もお母さんが見てくれていると思うことで、子供は安心し、心も成長していくのである。

夜泣きの薬に宇津救命丸

赤ちゃんは、誕生した時からお腹がすいたりオムツが濡れたり、部屋の中が暑い、寒いなど、不快な事があると泣いて訴えてくる。
赤ちゃんが成長するにつれ、原因不明で、夜中に突然泣き出し、何をしても泣き止まない、いわゆる夜泣きがでてくる。
このことを昔から「夜泣き」というわけである。
夜泣きは、6か月から1才半位の、神経質な赤ちゃんによく見られる。
夜泣きが始まると、お母さんや隣に寝ているお父さんは、寝不足な日が続きたいへんになる。
そして、夜泣きが何日も継続すると、イライラが募り、「どうして夜泣きがおきるの?」「どうして泣き止まないの?」「どうしてこの子は…。」「いい加減にして…。」と思うようにもなるだろう。
お母さんは、可愛い我が子をそう思ってしまう自分を責めて、自己嫌悪になるかもしれないが、夜泣きはお母さんも赤ちゃんも悪くない。
夜泣きは、赤ちゃんが成長した証拠で、知能や心の日進月歩、昼間の刺激が関係していると言われている。
夜泣きには、いろんな対処法が有るが、その中に、夜泣きに利く薬も有る。
中でも、宇津救命丸は、400年も前から夜泣きの薬として使われてきている良薬である。
宇津救命丸という薬は、睡眠薬とは異なり、赤ちゃんの体調を整え、体質から力強くするお薬である。
また、他にも整腸機能や疳の虫、癇癪、下痢などにも効果が有る。
宇津救命丸という薬は、赤ちゃんが口にするお薬なので、生薬のみを活用し、おだやかな機能である。
薬には個人差があり、薬を飲めば夜泣きがなくなるわけではないが、薬局、薬店などに販売されているので、一度試してみるのも良いだろう。

夜泣きはいつまで続くのか

新生児期には、オッパイをあげれば泣き止み眠ってくれた赤ちゃんも、成長するにつれて、夜寝ついたと思ったら、しばらくすると急に泣き出し、目を覚ます子がでてくる。
これを「夜泣き」と云う。
お母さんは赤ちゃんに付き合い寝不足になり、周りの家族にも気をつかって実にイライラしてしまうだろう。
お母さんとしては、何が原因なのか、いつまで夜泣きが続くのかと悩んでしまうと思うが、夜泣きにはハッキリとした原因がわかっていない。
月齢が進むにつれて赤ちゃんも、寝返りやお座り、ハイハイとだんだん行動範囲が広くなってくる。
それと共に、新生児の頃は寝てばかりいた赤ちゃんも、昼間活動的になり、たくさんの刺激を受けるようになる。
この刺激や興奮状態が、夜まで持ち越されたりすることが夜泣きの原因とも言われている。
昼間あまり刺激の強い場所や、無暗に興奮状態にさせないようにする事で、治まる子もいるが、2才頃まで夜泣きが継続する子も少なくない。
いつまで夜泣きが続くのかは、個人差があり、3か月頃から夜泣きをする子もいれば、幼稚園に入園してから始まる子もいる。
中にはずっといつまでも夜泣きをしない子もいる。
夜泣きは赤ちゃんが成長した証で、赤ちゃんに問題があるわけではない。
夜泣きがいつまでも続くと、お母さんはたいへんであるが、絶対に治まる日がくるので、「この時期は仕方ない」「赤ちゃんは泣くもの」と思い、いろいろ対策を考えつつ、赤ちゃんとお母さんのペースで頑張っていこう。

1歳の夜泣きについて

赤ちゃんは、お母さんやお父さんの強い愛情を与えられて、ちょっとずつ成長してゆく。
赤ちゃんは、1歳まで成長していくプロセスの中で、たくさんのことを吸収し、ちょっとずついろんなことを理解し、できることも増加してゆく。
そして、夜泣きという結果がおとずれる子供もいるのである。
つまり、夜泣きも成長の証しなのである。
飲む、眠る、うんちをするなど、そうした生活の全部をお母さんやお父さんがいなければ生活できなかった新生児期から1歳までの間に、離乳食をおいしそうに食べたり、よちよち歩いたり、自己主張が力強くなったりと…。
本当に赤ちゃんが誕生してから1歳位までの時期、そして幼児期までの成長には、めざましいものが有る。
赤ちゃんが成長すると共に、お母さんも一緒に成長していくのである。
初めての赤ちゃんで、右も左もわからず悩んでばかりだったお母さんも、だんだんと赤ちゃんとの生活に慣れてきて、たくましくなるだろう。
赤ちゃんの体重や身長、進歩などでの悩みや苦しみは、お母さんにとって、実に気になるところである。
お母さんは育児をしていく中で、育児書や周りの子の成長、周囲からの言葉に敏感に為っているのかもしれない。
確かに、育児書や同じお母さんの意見を参照事項として活用するのも良いだろう。
であるが、赤ちゃんにも大人と同じように性格が有る。
お座りするのも歩き出すのも1人1人相違する。
日中グズグズの子もいるし、あまり昼寝をしない子、眠ったらなかなかどうして起きない子など、いろんな子がいる。
それはその子の個性でも有る。
お母さんは、「まだ○○しない」ではなく「○○ができた」と喜ぶことで成長の助けとなり、お母さんの気が楽に持て、育児を楽しむことができるだろう。

夜泣きの対策法とは?

夜泣きをするようになると、お母さんや周りの家族は実にイライラし、寝不足になることだろう。
お母さんは、そんな家族に気を使い、「早く泣き止ませないと」「いつまで継続するのだろうか」「うちの子だけ・・・」など、不安に思うことだろう。
であるが、夜泣きは、赤ちゃんの成長プロセスに必須事項ともされているし、赤ちゃんの成長の証でもあるのである。
夜泣きにはハッキリとした原因はないが、月齢と共に活動的になった赤ちゃんの行動範囲が広まり、刺激や興奮が気のせいか多くなり、夢に見ることになることが夜泣きの原因とも言われている。
夜泣きには絶対に効くといった対策法や特効薬はない。
夜泣きの対策法として、まず最初は、普段の生活から見直し、生活リズムの修正や、昼寝の回数、お風呂や食事の時間などを、整えていくことが基本中の基本の対策である。
夜泣きの対策法として日常生活を修正することで、夜泣きがなくなる子もいるという事例も多い。
また、夜泣きには精神状態も影響していて、弟や妹ができ、お母さんがかかりきりになっていたり、幼稚園や保育園でのストレスまたはフラストレーションを実感していたりするなど、子供なりに訴えたい気持ちが夜泣きに繋がっていることが原因の場合も有る。
夜泣きの対策法としてお母さんは、子供の気持ちになって、いち早く夜泣きの原因を察知して修正してあげることが、必須事項だろう。
その他の夜泣きの対策法としては、薬や鍼灸なども有る。
薬は、薬局、薬店にも置いてあり、誰でも簡単に手に入れやすいものである。
鍼灸は、大人の針とは異なり、お母さんの膝の上でトントンとしてもらうもので、不快なくて寝てしまう子もいるようである。
値段は地域によっても異なり、1000から5000円位といえる。
また、夜泣きの対策法として、ベビーマッサージをすることで夜泣きが修正される例も有る。
ベビーマッサージは書店に行けばたくさんの本が販売されており、お母さんでもシンプルに実践することができるので、試してみるのも良いだろう。

夜泣きの原因と対策法、薬、時期、疳の虫など関連エントリー

子供の習い事で失敗しない選び方
子供の習い事で悩みや苦しみを持つ母親は多い。子供の習い事のランキングなどを探し求めるよりもまず、子供の適正に応じた習い事を探し求めた方がいいのではないだろうか。近頃の子供の習い事は、スポーツ、ピアノ教室などを中心に仙台、札幌、栃木県、名古屋市、富山市などでよく検索されている。
無痛分娩の費用と危険度とは?
無痛分娩の費用と危険度について。無痛分娩には種類があり麻薬性鎮痛薬や笑気ガス等を使ったものが有る。他に無痛分娩は麻酔薬を自分で投与する自己調節硬膜外鎮痛法(PCEA)も有る。無痛分娩の事例は東京に気のせいか多く、近頃では和痛分娩というものまで存在する。
男女の産み分け方法-中国式や食事について
男女の産み分け方法として注目の中国式や食事について。他に、男の子、女の子それぞれの産み分け方法、病院を利用した場合、バイオリズム、パーコール法、占いを利用した産み分け法も。更に、女の子の産み分け法としてピンクゼリーについてもご紹介。
子供用書道セット
子供用書道セットやいろいろな書道セットについて。小学校やスクールで人気の高い書道セットは、あかしや、はくぶん、メゾピアノの順である。他に、書道セットを買うことや筆、道具、メーカー、教室などの話題も。
書道セットの激安通販ガイド
書道セットの激安通販ガイドへようこそ。ぶんけいやクローバー、呉竹(クレタケ)、新学社も激安通販でよく売れている書道セットである。他に、基本の書道セットやメーカーなどの話題も。
七五三
七五三の情報全般について。七五三で一般的に高い関心事は、服装や髪型(ヘアスタイル)、食事やお祝いのお返しである。参考までに、七五三の参拝先として人気の神社は明治神宮、熱田神宮、寒川神社、川崎大師の順である。その他、七五三の写真で人気のスタジオアリスについても。
子供保険について
子供保険と契約者や保険料、積み立てなどについて。参考までに子供保険の比較ランキングではアリコ、アフラック、ソニー損保などが上位の常連だ。その他、子供保険で人気が高いのはきらめき生命、三井住友海上、明治安田、ひまわりである。