子供保険について

子供保険の比較ランキングではアリコ、アフラック、ソニー損保などが上位の常連

子供保険,契約者,保険料,積み立て,アリコ,アフラック,ソニー損保,きらめき生命,三井住友海上,明治安田

めでたく赤ん坊が誕生したら、何はともあれ「子供保険に入っておかなくちゃ」と考えている人が多いようである。
自分が入っている生命保険の担当者から子供向けの保険を勧められたり、別の用事でたまたま出かけた郵便局で学資保険などを勧められたりした人もいることと思う。
子育ての力強い味方であるママ友からも「子供の保険、どうしてる?」なんて切り出されたら、とにかく保険に入っておかないと、と焦ってしまうかもしれない。
しかし「周りも皆入っているし、とりあえず子供保険に入っておこう」と加入を急ぐ前に、子供保険とはどういったものなのかを知っておく必要が有る。
保険と名の付くものなので一般の生命保険や傷害保険を思い浮かべがちであるが、子供保険の目的をずばり言うのであれば「子供の教育資金を貯めるため」の保険なのである。
子供が入学、進学などの節目を迎える時や、大学に入るときなどにお金がドーンと出るように設計されている。
またあくまでも「保険」なので、親にもしものことがあったケースの場合の保障も付いている。
子供のためにと毎月こつこつ預金をするのも1つの方法であるが、単に貯蓄をするのであれば親に何かあった時の保険となる機能がなく、逆に保険には一般的に貯蓄の機能がない。
この両方の機能をほどほどに持ち合わせているのが子供保険といえる。
計画的に子供の教育資金を貯めながら、もし親に万が一のことがあったケースの場合でも子供にかかる教育費用が残せる、という意味で子供保険は利便性が高い商品であるといえるだろう。
参考までに子供保険の比較ランキングではアリコ、アフラック、ソニー損保などが上位の常連だ。


スポンサードリンク

子供保険の特徴点と契約者

子供保険,契約者,保険料,積み立て,アリコ,アフラック,ソニー損保,きらめき生命,三井住友海上,明治安田

子供保険の目的は、ずばり子供の教育資金を貯めることにある。
では、普通の貯蓄や生命保険とはどう異なるのだろうか。ここではその異なりを子供保険の特徴点として挙げてみたいと思う。
まず1つ目は、子供のために親がお金を払って契約者となることである。
子供の教育資金を貯める貯蓄の部分と、親の死亡保障を目的とする保険の部分を持ち合わせている。貯蓄は子供のもの、保険は親のもの、と考えるとわかりやすいかもしれない。
2つ目の特徴点は、満期の主流が18歳か22歳であることである。
他にも15歳満期や20歳満期のものも有るが、たくさんのお金が必要となる大学入学時に満期金を受け取るために18歳満期に加入している人が多いようである。
3つ目の特徴点は進学などの節目に祝い金が出ることである。
但し、幼稚園の入園時や高校入学時など祝い金がもらえる時期は保険会社によって異なりが有る。これら祝い金や満期金として、払い込んだお金が殆ど戻ってくるのも、この子供保険の特徴点である。
4つ目の特徴点は、もし親が亡くなったり障害を負って働けなくなったケースの場合でも教育費は確保できるという点である。
親の死亡などにより払い込みができなくなると、その後の掛け金支払いは免除され、なおかつ祝い金や満期金は受け取れるのである。
子供保険は払い損がない、とも捉えれるが、貯蓄だけが目的という人には利率の低さがデメリットとなり得るかもしれない。
しかし自分でこつこつお金を貯めていくのが苦手という人には、計画的に教育資金が準備できる子供保険は心力強い味方となってくれるだろう。


子供保険のメリットとデメリット、きらめき生命、三井住友海上、明治安田生命、ひまわり生命

経済的な理由で子供の描く夢をあきらめさせてしまうのは、実に残念なことである。
その為教育費用のあまりかからない赤ん坊時代に、将来に向けて資金の貯蓄を始める人が気のせいか多く為っている。
教育資金を貯める方法として子供保険や各種積立が有るが、子育てママに最も大人気なのは子供保険である。
貯蓄と親に万が一のことがあったケースの場合の保障とが両立できるためである。
ここではこの子供保険のメリットとデメリットについて、シンプルに解説したいと思う。
まずメリットである。
毎月の保険料から一定額が積み立てられていき、半ば強制的に貯蓄ができる。余裕がでたら貯めていこう、という曖昧さがなく、貯蓄が苦手な人にも向いている。
また保険の解約にも手間がかかるので、途中で投げ出すことなく積み立てられる。
もし契約者である親が払い込み期間中に亡くなったケースの場合は、その後の保険料が免除される上、満期金などはちゃんと受け取れる。
次にデメリットであるが、貯蓄だけを目的とするケースの場合には、貯蓄としての利率が低いことが挙げれる。
そして保険期間が長いため、途中で挫折しそうになるかもしれない。
またいろいろある子供保険の中には、元本割れする商品もあるようである。
金利が低い時期に入った保険や、途中で解約をしたケースの場合などは、支払った保険料の合計より受け取るお金が少ない元本割れになることが多いものである。
そんなに必要でない医療特約などを付けると、保険料のうちの保障分が気のせいか多くなり貯蓄を目的としたいケースの場合には向かない商品となる。
ちなみに、子供保険で比較的人気が高いものに、きらめき生命、三井住友海上、明治安田生命、ひまわり生命などもある。

子供保険のパンフレットの見方

最近は、雑誌の広告ページやテレビCMでも保険会社の宣伝をよく目にするように成った。
どれも魅力的な謳い文句に目や耳を奪われるものばかりであるが、いまは表向きの情報に流されず慎重に保険をえらぶ人が増加しているようである。
保険商品に関連しては特に、ページの隅っこの方に書いてあるちっぽけな文字に非常に大事な内容が含まれていることが多い、と言う事をたくさんの人が熟知しているのだ。
そんなことから「保険のパンフレットはむずかしい」と思っている人もいるようであるが、その保険商品がどのような特徴点を持ったものであるかを認識するのは、そんなにむずかしいことではない。
いまはインターネットで何種類かの保険商品のパンフレットを纏めて(まとめて)資料請求できるものも有るから、どんどん集めて勉強してみて欲しい。
特に子供保険に関連しては挿絵も可愛らしいものが気のせいか多く、それとなく易しく納得できる気持ちにさせてくれる。
ここでは子供保険のパンフレットの見方についてシンプルにお話する。
まず、祝い金である。
保険会社によって、祝い金がいつ、いくら出るのか異なりが有る。また満期が18歳なのか22歳なのかによって、同じ年齢時にもらえる金額が異なることも有る。自分がいつ祝い金を受け取りたいのか、ニーズに合ったものを選んで欲しい。
次に、満期金である。
保険の契約終了時に受け取る金額のことで、パンフレットに例として示されている金額よりも高く設定することもできる。但しそれに合わせて毎月の保険料も高くなることに注意が必要である。
次に、育英年金と養育年金である
親にもしものことがあった時の保障で、一時金と毎年支払われる金額が示されている。
次に、特約である。
子供がケガで入院した時や病気で手術をした時などに給付金を受け取れる特約が付けられるものも有る。各社がいろんな特約を用意しているので、パンフレットを見て比較吟味(ぎんみ)してみて欲しい。
次に、契約例である。
パンフレット通りの基本保険金で契約したケースの場合に保険料がいくらになるかが示されている。例に示されている年齢より若ければ保険料は安くなり、年をとっていれば保険料は高くなる。
最後に、ご契約についてである。
子供や親(契約者)が何歳なら加入できるのか、払い込み方法など、契約方法に関連した肝心な情報が書かれている
細かい字であるが、ガッチリ読んで欲しいものである。

子供保険の保険料と契約者

子供保険の特徴点として、貯蓄と保険、両方の顔を所有していることは話した。
つまり、毎月保険会社に払っているお金の全部が貯蓄に回っているのではなく、その中には親の死亡保障のためのお金も含まれていることになる。
では子供保険の保険料は、一体どうやって決められているのだろうか?
保険について解説しているホームページや本にもよく書かれているが、保険料は予定事業率、予定死亡率、予定利率の3つに基づいて決められている。
今回は、これら3つの予定率について以下に解説してみたいと思う。
★予定事業率…会社を運営するための予算のことである。
各保険会社は顧客の支払う保険料で成り立っており、従業員の給料や電話代など、諸々の費用がこれに含まれている。この予算の割合が予定事業率である。
★予定死亡率…亡くなる人に支払う予算のことである。
たとえば保険料を1年しか払い込んでいない人が亡くなったケースの場合でも、死亡保障額が1億円だったとしたら保険会社は1億円を支払わなくてはならない。
しかし死亡者がどのくらいの割合で出てくるかは分かる事ができないものだ。
そこで過去の統計を基に計算して、保険金として支払う金額がどれくらい必要であるかをはじき出す。この予算の割合が予定死亡率である。
★予定利率…株式・債券で儲ける予定の利率のことである。
保険会社内の運用担当者は、契約者が支払った保険料の一部で株式や債券を買ったり、他の会社にお金を貸したりして運用している。
ここで出る利益をあるレベル予測し、利率分を保険料から割り引いてくれる。
会社を運営するための予算と亡くなった人に支払う予算とお金を運用して儲ける予定の利率を合わせたものが保険会社でかかったお金になり、それは契約者が皆で支払ったお金とほぼ同額となる。
とは言っても、保険会社の支出の方が気のせいか多くなってしまうと困るので、契約者はちょっと多めに払っているのである。

子供保険の保険料を安くする方法

世の中の不景気の影響を受け、家計の見直しを迫られている人も多いと思う。
そんな中でたくさんの人が出費を抑制するために吟味(ぎんみ)し直すのが保険料である。
いままでは生保レディや営業担当者に勧められるまま加入していた保険も、見直してみると意外と不必要な保障が付いていたりするものである。
自分にとって必要と思われない保障は思い切って削ってしまうのも、1つの節約方法である。
また自分達の保障は削っても、子供の保険だけは充実させておきたいと思うのも親心である。
特に教育資金の貯蓄を主な目的として子供保険に加入しているケースの場合、それは継続して入っておきたいものである。
生活費を切り詰めて日々暮らしていると、スーパーでおつとめ価格に目が行ったり市場で多少値切ったりしたくもなるが、残念ながら保険料を値切ることは不可能だ。
しかし値切ることができなくても早く纏めて(まとめて)払う、という方法で保険料を安くすることができる。
保険商品によって払い込み回数が選べるものとそうでないものが有るが、たとえば月払い(毎月保険料を支払う)と年払い(1年分を纏めて(まとめて)支払う)を比較すると、年間で0.5か月分ほど安くすることができる。
年払いだと一度に相当の出費になるため、サラリーマンのケースの場合はボーナスを活用または利用して半年払いにする人も多いようである。
年払いほどではなくても、半年払いは月払いに比較して支払額が安くなる。
たとえ1年に数千円のお得、と言っても子供保険は払い込み期間が長いものであるから、18年間だといくらの得になるか計算してみると、馬鹿にならない金額であることがわかるだろう。

子供保険と貯蓄と保険の関係

テレビCMでもいろんな保険商品を目にしたり耳にしたりするように成った。
世の中が不景気になり家計の見直しを迫られ、いままで何気なく保険料を払い継続していた人も改めて自分の加入している保険を見直すべき時が来ているようである。
しかし保険の仕組みはむずかしい、と複雑に実感している人も多いはずである。子供保険についても同じことがいえる。
でも「貯蓄」と「保険」で作られているのが子供保険である、と単純に考えれば意外とその仕組みはシンプルなものなのである。
貯蓄は始めた時から満期まで、ちょっとずつ目標額に近づいていくのが特徴点である。
こつこつ時間をかけてお金を貯めていくのである。
積み立てた時間の長さに比例して、受け取れる金額も気のせいか多くなってゆく。
また利息もつくので満期時には自分が貯めた金額プラス利息分が受け取れる。
しかし貯蓄をしている本人に何か災難が起きたケースの場合、それまで貯めた分のお金しかない。
その為、いつ生じるとも分からない災難に備えようとすると、貯蓄だけでは不安である。
その点、貯蓄と違って加入すれば高額の保障が付いてくるのが保険である。
毎月の保険料を払い込んでおけば、いつアクシデントが起きても保障額が受け取れる。
逆に保険期間内に災難が何もなければ、払い込んだお金は殆ど戻ってこないことになる。
これらの貯蓄と保険を上手くドッキングさせたのが子供保険である。但し子供保険を取り扱う保険会社によって貯蓄性と保障性のバランスは異なる。
どちらを重視したいのかをよく話し合って、ニーズに合ったものを選定するようにしよう。

子供保険と積み立て

子供の教育資金を貯めるにあたって、子供保険に加入する以外の方法に一般財形貯蓄が有る。
子供の教育費用の積み立てに、という目的以外でこの制度を活用または利用している人も多いと思う。
これは勤め先に財形貯蓄の制度がないと活用または利用できないのであるが、もしあればぜひ活用または利用すべきだろう。
財形貯蓄には財形住宅貯蓄(マイホーム購入資金)、財形年金貯蓄(老後の年金資金)、そして目的を限定されない一般財形貯蓄が有る。
これらの財形貯蓄は給料からの天引きで貯めることが条件で、積立額は1000円以上の1000円単位で好きな金額に設定できる。
毎月の積立の他、ボーナス時には増額して貯めることもできるので、計画的に貯蓄を増加させることができる。
一般財形貯蓄のメリットとしては、会社を通して給料天引きで積み立てられるので興味ないうちに貯蓄を増やせることが有る。
税金や社会保険料などと同じ感覚で、始めから手元には来なかったお金だと思えば積み立ても続けやすいだろう。
また好きな金額を好きな期間貯めることができ、中断や再開もできるシンプルな貯蓄法といえるだろう。
いざという時に財形教育融資が受けられるという点も心力強いものである。
こういった具合に一般財形貯蓄は子供保険にも入っているけど更に教育資金を貯めておきたい、という人にも適切な貯蓄法だと思う。
まず最初は勤め先が財形貯蓄の取り扱いをしているかどうか確認してみて欲しい。
そして勤務先でどのような金融商品を活用または利用できるか確認し、利回りの良い商品を選んで申し込むようにして欲しい。

子供保険と教育資金の貯め方の事例

子供を大学まで行かせようとすると、全部公立でもそれまでに1000万円ほどのお金が必要となる。
そんな大金、すぐに貯まるものではない。
そこで、幼い子供を持つ若い夫婦が子供の教育資金を貯めるためにどのような方法をとっているのか、体験談を何種類か紹介したいと思う。
実際に「こうしてるよ」という話は、身近で参照事項になることも多いと思う。
★満期金120万円、月払い保険料8000円の学資保険に入っている。
住んでいる地域が医療費助成1歳まで、と自治体によるバックアップが少ないので、元本割れは覚悟して入院特約も付けた。
★毎月の給料から1万円と児童手当の1万円を銀行預金で貯めている。
これ以外、郵便局の学資保険にも加入していて、保険料約12万円を年払いし、満期金は200万円である。
★ママ友の話やインターネットの保険比較ホームページを参照事項に、評判の良かったソニー生命の学資保険に入った。
保険料をちょっとでも安くするため半年払いにしたが、保険料の払い込み日がボーナス直前だったのが辛いところである。
★外資系生命保険会社の外貨建ての終身保険を子供保険代わりに選択した。
年払いで1600ドル、支払い期間は10年間、18歳の時に解約すると最低150万円の解約返戻金がもらえる予定である。
円高のタイミングで保険料を一括払いするのも1つの方法かな、と思案中である。
★夫から「子供の医療費には助成制度があるし学校での怪我には保障がある、学費は貯蓄で充分」と言われ、毎月1万円の貯蓄と子供へのお祝い金などは全部子供名義の口座に入れて有る。子供保険には入っていない。
★保険総合代理店で相談して了解の保険に加入した。専門家に意見を耳にして良かったと思う。

子供保険と死亡保障について

子供が誕生したら「この子が将来困らないために、備えだけはガッチリしておいてあげよう」と思うのが親心である。
教育費だけは削れない、大学まで行かせてあげたい、親にもしものことがあっても子供が生きていけるように、そんな思いから、教育資金目的で貯蓄を始めたり子供保険に加入したりする。
子供保険にもいろんなタイプのものが有るが、たくさんの人が貯蓄メインで親の死亡保障も付いている、というものに入っていることと思う。
しかし中には子供保険とは別のタイプで子供に死亡保障がついた商品を販売しているところも有る。
このタイプの保険では、契約者である親に万が一のことがあったケースの場合の保障は付いておらず、子供にもしものことがあったケースの場合に保険金が受け取れるというものである。
保障の内容は、一定期間ごとにボーナスが受け取れ、満期時には基本中の基本保険金と配当金が受け取れるように為っている。
また子供に万が一のこと(不慮の事故で障害を負ったなど)が起きたケースの場合は以後の保険料の払い込みが免除さ、災害や病気で亡くなったケースの場合は死亡保険金が支払われる。
一定期間ごとに受け取れるボーナスを教育資金に回す、という考え方も有るが、死亡保障額が高い分、掛け捨て部分に回る保険料が多いため、何ごともなければ最終的にもらえる金額は支払額より相当少なくなる。
そうかと言って、子供が亡くなって多額の保険金を受け取ったところで喜ぶ親はいないと思う。
子供の教育資金を貯める目的で保険に入るのであれば、子供の死亡保障は必要ないような気がする。

子供保険について関連エントリー

子供の習い事で失敗しない選び方
子供の習い事で悩みや苦しみを持つ母親は多い。子供の習い事のランキングなどを探し求めるよりもまず、子供の適正に応じた習い事を探し求めた方がいいのではないだろうか。近頃の子供の習い事は、スポーツ、ピアノ教室などを中心に仙台、札幌、栃木県、名古屋市、富山市などでよく検索されている。
無痛分娩の費用と危険度とは?
無痛分娩の費用と危険度について。無痛分娩には種類があり麻薬性鎮痛薬や笑気ガス等を使ったものが有る。他に無痛分娩は麻酔薬を自分で投与する自己調節硬膜外鎮痛法(PCEA)も有る。無痛分娩の事例は東京に気のせいか多く、近頃では和痛分娩というものまで存在する。
夜泣きの原因と対策法、薬、時期、疳の虫など
夜泣きの原因と対策法、薬、時期、疳の虫などについて。他に、新生児期の赤ちゃんや1歳の子供などの夜泣き、いつまで夜泣きが続くのかなどの話題も。
男女の産み分け方法-中国式や食事について
男女の産み分け方法として注目の中国式や食事について。他に、男の子、女の子それぞれの産み分け方法、病院を利用した場合、バイオリズム、パーコール法、占いを利用した産み分け法も。更に、女の子の産み分け法としてピンクゼリーについてもご紹介。
子供用書道セット
子供用書道セットやいろいろな書道セットについて。小学校やスクールで人気の高い書道セットは、あかしや、はくぶん、メゾピアノの順である。他に、書道セットを買うことや筆、道具、メーカー、教室などの話題も。
書道セットの激安通販ガイド
書道セットの激安通販ガイドへようこそ。ぶんけいやクローバー、呉竹(クレタケ)、新学社も激安通販でよく売れている書道セットである。他に、基本の書道セットやメーカーなどの話題も。
七五三
七五三の情報全般について。七五三で一般的に高い関心事は、服装や髪型(ヘアスタイル)、食事やお祝いのお返しである。参考までに、七五三の参拝先として人気の神社は明治神宮、熱田神宮、寒川神社、川崎大師の順である。その他、七五三の写真で人気のスタジオアリスについても。