マイホーム購入ローンや資金計画

マイホーム購入の悩みや苦しみについて

マイホーム,購入,間取り,失敗,ローン,資金,頭金,貯金,新築,計画

マイホームを建てると言う事は、人生で一番決断力のいる買い物である。
人生最大最高の決断力に悩みや苦しみが無い方がおかしいものである。
充分計画した上で決断に踏み切ることが一番良い買い物ができるのである。
マイホームを建てるにあたって初めに出てくる壁は、資金である。
資金には人各々(おのおの)出てくる場所が違ってくる。
親の援助を受けられる方もいれば、自分達の貯金で資金を立てなければならない方もいる。
近頃では、「頭金無しでマイホームが手に入る」等のハウスメーカーも有る。
マイホームが頭金無しで手に入ったとしても、一緒に月々のローン返済も付いてくる。
勿論(もちろん)マイホームにローンは付き物であるが、頭金無しのケースの場合は月々の返済額も増加するわけである。
頭金無しで買い求めるケースの場合は毎月の生活のことも計画し吟味(ぎんみ)することをおススメする。

 

資金の計画が立ったら、土地の計画をすべきだ。
全般的に土地と言っても、その土地ごとの相場や値段は異なる。
建てたいと思う土地の情報を充分に集めることが必須事項となる。
たとえば、マイホームを建てた土地の地盤がゆるかった。
マイホームを建てたはいいけど、交通の便が悪かった。
子供の保育園や小学校が遠かった。
など住む前から分かることも有る。こういった点を充分に下調べすることが必須事項である。
マイホームといってもメリットばかりではない。一度建てたら建て直しがきこない。
マイホーム=自分の家である。何事も自己責任となってくる。充分に下調べをすべきだ。


スポンサードリンク

マイホーム購入の資金について

マイホーム,購入,間取り,失敗,ローン,資金,頭金,貯金,新築,計画

自分の家を持ったり子供ができたりすると、将来設計や夢が膨らむと思う。
その中でもマイホーム購入の夢を所有している人はあまたいると思う。
全般的にマイホームが欲しい!と思っていても、一生に一度の大きな買い物である。
無計画で買い求めると後々痛みが走る目にあうことになる。
まず最初は資金を貯めることから始めよう。
マイホームは殆どの方がローンを組んで買い求める。
ローンとは月々に支払っていく、言わば金融機関への貸しである。
借りたお金を金融機関に返済していくのであるが、ローンには金利がつく。
金利は借りる額が多ければ多いほどプラスされてくる。
マイホームは人生で一番大きな買い物なので、普段の買い物とは桁はずれな金額である。
であるから金利も桁違いな額になるわけである。
金利だけでも相当の資金が必須事項となってくる。

 

そこでマイホーム購入資金を貯めるために、金利を減少させるにはどうしたらいいか?
ローンを減少させることである。
ローンを減少させると言う事は、マイホームの為の貯金をし、頭金に回すのである。
頭金があればあるほど毎月の返済や金利も減る。
近頃では、当たり前のように「頭金ゼロでマイホームを手に入れる」などのうたい文句で広告が出回っている。
金融機関は返せる見込みさえあれば貸してくれるようになってきているのである。
従来では借入額は購入価格の8割だった。
残りの2割の頭金をという言葉が定着し、「頭金は2割」という常識となってきたのである。

 

ローンを組むことも借り入れることも審査は必須事項であるが、勤続年数や借金癖がなければ借り入れることはシンプルである。
であるが、金利もプラスされ返済しなければいけないことを忘れず計画的に夢のマイホームを手に入れたいものだ。


マイホーム購入の頭金はいくら?

マイホームの悩みや苦しみの1つとして、資金面の悩みや苦しみは尽きない。
ローンを組めるからと言って、毎月の生活水準もできれば下げたくはないものである。
せっかくのマイホームを手に入れたのに、ライフスタイルが崩れてしまい、家族がバラバラなんてことも有る。
自分達のライフスタイルが崩れないようマイホームを買い求めるにはどうしたら良いのだろうか。
まず、よく言われるのが頭金である。
マイホームの為に貯金をしている方は、「頭金」を貯めているのである。
頭金とは、マイホーム購入額のいくらかを初めに払ってしまうお金である。
そして、ローン返済をちょっとでも減らそうという計画なのである。マイホームは人生で一番高額な買い物である。
と言う事は、ローンも多額になってくるわけである。それと共に金利がつく。
総額にすると1%の金利でも3000万のマイホームを買い求めたとしたら、金利だけで年間30万である。
たとえば頭金なしで3000万のマイホーム購入をした際、2.75%金利で年間80万越えの金利が発生してくる。
80万あれば家具一式揃えられる。
では、頭金はマイホーム購入額の何割位あれば毎月の生活を無理なく過ごすことができるのだろうか。
よく言われるのが「物件価格の2割」である。
これは、金融機関が融資してくれるのが物件価格の8割というケースが多いからである。
2割プラス諸費用で200万位かかる。
であるから、3000万のマイホームを買い求めるケースの場合、3分の1位必須事項となってくるだろう。
近頃では、頭金ゼロで購入できる物件も気のせいか多くなってきている。
買い求める際の、計画はお忘れなく。

マイホーム購入のためのローン借入先

自分の家や子供を持つと、将来的にマイホームが欲しい!となる人が多いと思う。
欲しいと言ってもそうシンプルに手に入らないのが「夢のマイホーム」である。
マイホームは一生に一度の大きな買い物である。言ってみれば人生を左右する買い物である。
マイホームの購入を失敗すると金銭面で痛みが走る目を見る。
マイホームは計画が必須事項不可欠である。
マイホームを買い求めるにあたって、一番初めの壁は、資金面である。
資金と言っても貯金している人もいればしていない人もいる。
近頃では頭金なしで購入できる物件も気のせいか多くなってきている。
できれば頭金を貯金し、マイホーム買い求めるのが理想である。
なぜなら返済額が大幅に変わるからである。

 

マイホームは人生で最大最高の買い物というように、支払額も巨額になる。
頭金なしで、マイホームを買い求めると、金融機関からの融資総額が、マイホーム価格の3倍位を支払わなければならないと言われている。
これは購入価格によっても変動するが、それだけ金利も巨額になるわけである。
巨額なだけに、金融機関からのローン融資はできれば金利が安い方が良いものである。
一番金利ローンが安いと言われているのが、労働組合である。
労働組合とは就業している会社が加入している組合である。
会社に就業していれば、口座を開設することや、住宅ローンを組むことができる。
労働金庫からローン融資を受ける際に、他の金融機関と異なり、優遇金利と言って金利が安くなるシステムが有る。
また、非組合員でも労働金庫でローン融資は受けれるが、優遇金利は適用されないので要注意だ。

マイホーム購入→新築住宅と中古住宅

マイホームと全般的に言っても、いろんな形が有る。
新築一戸建てやマンション、中古の一戸建てやマンションも有る。
その中でも、中古一戸建ての購入は建物の築年数は勿論(もちろん)、土地やリフォームにも目を向けていかなければならない。
では、中古一戸建てを買い求めるには、どのような計画を立てていけばよいのだろうか。
まず最初は、安値で上質の家を探し求めることである。
中古物件は、築年数が20年を超えていると、建物の価格はゼロに近いのである。
当然、このような物件は安くなるので、「建物自体を買い求める」というより、「土地を買い求める」と考慮した方が良いだろう。
中古と言っても、前に住居していた人が、綺麗に住宅を活用していれば、家の良さや雰囲気が出るし、エアコンなどの設備や庭園の樹木等、価格以外でのメリットもあるケースの場合も有る。
良い物件が見つかり、すぐに入居することができるのも中古住宅のメリットといえる。

 

中古物件をえらぶ際には、新築住宅では計算しなくて良い、リフォームをどれだけしなくてはいけないのか。
どの部分のリフォームが必須なのかを、目で見て手で触って確かめることが必須事項となってくる。
中古住宅と言っても、リフォームをすることで、新築住宅同じ住まいになる。
中古物件は、内装が汚れていたり、衰えていたりするのは当たり前である。
であるが、構造部分や柱などがガッチリしていれば、見える部分だけをリフォームすることで、新築住宅おなじ様に戻すこともできる。
中古住宅は安値で買い求めることができるが、リフォームなどのキープ費やローンを前もって計画することが肝心である。

マイホーム購入と資金計画

マイホーム購入に向け、計画するのに一番の壁は、資金面だと思う。
資金と言ってもなかなかどうして毎月の生活の中で貯金していくのはむずかしいだろう。
しかし、「資金がないけれど、マイホームが欲しい」「毎月の家賃をローン返済にあてれば済むことだ。」など、安易な考えでなんの計画もなくローンを組むと痛みが走る目を見る。
ローン事故の気のせいか多くは、多額の返済不能が一番多いのである。
住宅ローンは、家電や自動車などのローンと異なり、20年、30年と長期にわたり計画的な返済が有る。
であるから、毎月のローン返済額が、家族の収入に見合っていないケースの場合、生活が苦しくなる。
そして、ローンの支払いを延滞するようになり、いずれ返済ができなくなってしまう。
こういった具合に、ローン事故のないようにするには、借入額と返済額のバランスが非常に大事重要ポイントとなってくる。

 

まず、自己資金額がどの位あるのかを確認することである。
自己資金と言っても購入価格の20%は必須事項となる。
なぜなら、公的融資を受ける際、借入額は、原則として購入額の80%以内と為っているからである。
20%自己資金を貯金できたからと言って、マイホーム購入には諸費用や手数料、家具などのマイホーム購入後に出て足を運ぶお金も有る。
であるから、購入価格の30%位は自己資金を計画的に確保しておくと良いだろう。
近頃では、頭金ゼロで購入できる家も増加してきている。
であるが、マイホーム購入は一生に一度の大きな買い物である。
充分計画をし、周りに流されず、自分たちの「買い時」を見つけるのが一番である。

マイホーム購入に向けての貯金

マイホーム購入はサラリーマンや主婦の夢である。
マイホームの夢を実現するのに必須なのは、できるだけたくさんの自己資金である。
なぜ自己資金が必須なのか。近頃では、頭金(自己資金)無しでマイホーム購入ができたりもする。
であるが、頭金無しでのローン返済は金利だけでも巨額になる。
ローン返済には金利が絶対に付いてくる。
金利は言ってみれば無駄なお金である。
自分たちの購入金額以上に払っていかなければならない。
であるから、頭金を貯金し、金利をいかに減少させるかがマイホーム購入への非常に大事重要ポイントとなってくるのである。

 

頭金を貯金する為には、普通の金融貯蓄でも良いが、世の中には、住宅購入に的を絞ることで、有利な貯金が有る。
1つは【財形住宅貯蓄】である。財形住宅貯蓄とは、務めている会社が導入していることが大前提となる。
毎月の給与から天引きで貯金をしてくれるというシステムである。
積立期間は、5年以上であるが、住宅購入・リフォーム・増築など、本来の目的のためなら、5年未満でも払い出しが可能である。
また、給与からの天引きの為、毎月確実に貯金できることが一番のメリットといえるだろう。
次に、【つみたてくん】である。
つみたてくんとは、住宅金融公庫が年に2回発行する住宅債券のことである。
積立金額は、20万・40万・60万と三種類あり、積立総額が異なる。
メリットは、公庫融資を受ける際、加算額の特権があることである。
最後に、【住宅積立郵便貯金】である。住宅積立郵便貯金とは、名の通り、郵便局を窓口とする貯金である。
メリットは、普通の融資の他に、郵貯加算額とし、最高275万円が受けれる。
こういった具合に、貯金と全般的に言ってもマイホーム購入の際に、有利となる貯金もあるので、上手に活かすと良いだろう。

マイホーム購入と間取について

マイホームとは、家族のライフスタイルによって生活しやすいかどうかが決まってくる。
より住みやすいマイホームにするためには、自分たちに合ったベストな間取りを決めていくことが非常に大事である。
マイホームでは、食事や家事、睡眠などのいろんな生活行為が実践される。
その生活パターンは人各々(おのおの)異なるので、自分たちの生活行為が快適でスムーズに実行できるよう、間取りを話し合っていこう。
間取り計画の重要ポイントとして、あげられる中の1つが、LDKである。
LDKという間取りは、リビング・ダイニング・キッチンの略である。
3つが同じ空間にあることで、開放感があり、家事や料理をしながら、リビングやダイニングの様子が見えるので、実に温かい雰囲気の間取りなのである。
間取りがLDタイプの家も有る。
この間取り、キッチンが独立していることで、キッチンの汚れ・臭いなどが気にならないことや、来客の際、気を使わずに調理できるメリットも有る。

 

次に、水まわりである。
キッチンやトイレ・浴室などの水まわりスペースは、1ヶ所にまとめる間取りを実践することで、コストが安くなる。
2階や3階にトイレを設置する際にも、1階と同じ位置にトイレを設置することで、騒音などが気にならないものである。
最後に、階段と廊下の間取りである。
間取りとして階段・廊下の移動スペースを少なくすることで、他のスペースが広くとれる。
部屋の広さを充分確保したいときには、リビングを通して他の部屋に行き来可能にするなど工夫してみると良いだろう。
間取りを決定する際には、家具のスペースもとっておくことが非常に大事である。
実際、家具を置いてみると落ち着ける部屋がない。
などのトラブルや失敗がないよう気を付けよう。

マイホーム購入のトラブルや失敗を回避するには?

マイホーム購入には営業マンが絶対にくっついてくる。
営業マンとシンプルに言っても、マイホーム購入時からマイホーム購入後のアフターサービスまで、長期にわたって付き合っていくのである。
自分たちの信用力がある会社、信用できる営業マンを見つけ、意見など、なんでも聞ける関係になれると、トラブルや失敗のないマイホーム造りに役立つだろう。
マイホームは自分色の家にできることが一番のメリットである。
その中でも、間取りは自分たちのライフスタイルによって変えることができる。
間取りは、その家族によって、使い方や、使いやすさが異なる。
勿論(もちろん)予算や、建物の大きさ・地形などによって条件も違ってくる。
その中で、自由に間取りを決めていかなければならない。
これは実にたいへんでガッチリとした計画が必須な作業である。
実際には、たくさんの部分で妥協していかなければ、間取りは決まっていかないのだ。

 

ここでトラブルや失敗を回避するために大事になるのが、家族の要望を整理し、優先順位をつけておくことである。
その上で、設計担当者との打ち合わせをしていこう。
自分たちのライフスタイルや要望が明確になっていないと、設計担当者との話も進んでいかないし、自分たちが思い描いている家は不可能だ。
また、間取りの打ち合わせ途中に、2階にトイレを設置したい。
水回りをふやしたい、などの要望や変更も出てくるケースの場合が有る。
このケースの場合、業者の中には、追加工事費が明確に為っている業者も有るが、殆どの業者が価格提示されていない。
マイホーム購入のトラブルや失敗を回避するためには、絶対にその都度見積もりを出してもらうことが肝心である。
そして、どのようなちっぽけな追加事項でも、見積書として価格を明確にし、全部図面に反映させて、契約書に添付するのが、もっともマイホーム購入のトラブルや失敗を回避する方法といえるだろう。

マイホーム購入ローンや資金計画関連エントリー

引越し業者の失敗しない選び方や口コミなど
私が引越し業者の比較をするときは、やっぱりランキングホームページを閲覧する。しかし、これには業者自らが自分に投票している可能性も有る。そう考えると、引越し業者の評判や口コミを活用して、安い引越し業者の選び方や金額の見積もり方など知る方が良い。引越し業者は人口の数多い東京都や大阪府に集中しているようだ。
悪質・悪徳なリフォーム詐欺で失敗しないために
リフォームというと住宅、すなわちトイレ、浴室や風呂、屋根などが本当に有名だ。しかし、ジュエリー、洋服、着物などもリフォームの対象になる。リフォームは、東京、福岡、大阪などで盛んに実践されているようだが、間違っていない知識を持って、悪質・悪徳なリフォーム詐欺で失敗しないための知識を身に付けよう。
手元供養とダイヤモンド、ペット、葬儀など
手元供養とダイヤモンド、ペット、葬儀などについて。他に、手元供養についての疑問に対する回答やアクセサリー、ジュエリー、ペンダントに関する話題も。さらに、手元供養協会のようなNPO法人についても紹介。
地震対策マニュアルと防災グッズ
地震対策マニュアルと防災グッズについて。地震対策の防災グッズというと非常袋を配布する企業が多いと思う。自分の家での地震対策防災グッズなら、家具の転倒防止を目的にしたものが多いと思う。これが地震対策として準備できることや用意するものについてのマニュアルである。
大人の書道セット
大人の書道セットについて。子供と大人両方に評価の良い書道セットを挙げるとイオン、gc210、かわいい女の子用、ディズニーなどである。他に、書道セットの手入れや思いなどの話題も。
香典袋の書き方と金額の相場
香典袋の表書きの書き方と金額の相場、四十九日の香典袋の金額の相場と法事法要、香典袋の包み方やお金の入れ方、更に手紙の見本、郵送、連名の秘訣(ひけつ)をご紹介。他に、キリスト教、神式、密葬と香典についても解説。
中古住宅購入のチェックポイント
中古住宅を購入した人のブログをいろいろ見てみると、完璧にリフォームされた新築と変わらない中古住宅の購入が人気のようだ。そこで、中古住宅の購入方法やチェックポイントを紹介したいと思う。さらに、中古住宅の購入の魅力と誇大広告、マンション、ローンなどの話題も。
中古住宅購入ローンの注意点
中古住宅を購入するときのおすすめの手順として手数料をローンにする方法もある。そこで、中古住宅購入ローンの注意点について紹介したいと思う。他に、中古住宅購入とローンの金利タイプ、契約解除、諸費用、欠陥があった場合の責任の話題も。
中古住宅購入と減税
中古住宅を購入した後の税金の手続きとして住宅ローン控除をすれば減税できる。他に、中古住宅購入と繰り上げ返済やリノベーションの話題も。さらに、中古住宅購入と資金計画や諸経費、財形住宅貯蓄などの紹介も。
土地収用法の解説
土地収用法の解説と手続きについて。他に、土地収用法第3条や事業認定、都市計画法、対価補償金などの話題も。さらに、土地収用法改正や租税特別措置法、税金、特別控除などもご紹介。
ねずみ駆除
ねずみ駆除業者で有名なのはダスキンであるが、市役所や保健所でも相談にのってくれる。自分でできるねずみ駆除方法には超音波、薬剤、毒餌などがありアースが有名である。参考までにねずみ駆除の盛んな地域は、東京都江戸川区と大阪である。
インテリアコーディネートの実例
最近、一人暮らしのワンルームマンションでインテリアコーディネートを楽しむ人が増えている。インテリアコーディネートというとリビングなどお部屋模様替えを思い浮かべる人も多いのではないか。そんなインテリアコーディネートの実例や資格試験の話題も。