地震対策マニュアルと防災グッズ

地震対策と防災グッズ→優秀な便利グッズ

地震対策,マニュアル,防災,グッズ,非常袋,自分の家,家具,転倒防止,準備,用意するもの

防災グッズで基本中の基本的なものは、非常食、水、ラジオ、懐中電灯、携帯充電器などである。
それ以外にもあると優秀で便利な防災グッズはたくさん有る。
防災グッズとして、防災笛も1つ準備すべきだ。
建物の下敷きになったとき、助けを呼びたいときに声よりも遠くまで音が届くる。
あと、あると便利な防災グッズとして、簡易トイレ。
絶対ではないが、避難所ではトイレが大渋滞になるからである。
プライバシーもなくトイレに苦労すると耳にする。
簡易トイレが1つあれば安心である。
生理用品も準備すべきだ。
他に、あると便利な防災グッズとして、軍手やロープなども優秀で便利である。
軍手は非難する際に手にもつけていこう。
何か作業する際に怪我をしなくて済むと思う。
あると便利な防災グッズとして、ガスなどが止まった際に必須なマッチ、ローソクなどの火を起こせる道具も必需品である。
あると便利な防災グッズの寒さ対策として、カイロも何種類かあると良いだろう。
避難生活を考えて、数枚の下着、シャツなどもあると良いだろう。
お風呂に入れないので、清潔をキープするためには非常に大事である。
ごみ袋。ごみを捨てる以外にも、防寒用として物の保管などにも役立つ。
手が洗えない状況では、ウエットティッシュなどもたいへん役立つ。
ティッシュペーパーと合わせて準備すべきだ。
さらに、上記以外のあると便利な防災グッズを紹介したいと思う。
アドレス帳など知人の連絡先を控えたものを入れておくのも良いだろう。
携帯電話が壊れてしまう可能性も有るし、連絡を取る際に必須事項になる。
あとは、赤ん坊がいる人は赤ん坊用に何種類か準備するものが有る。
赤ん坊の防寒着。寒さをしのぐために一枚着せられるセーターなど。
最低限必須なオムツや粉ミルク、水、ジュース、おやつ。
災害時には、オムツやミルクの配給は充分ではない。
あるレベルは持ち出せるよう非常袋に保管すべきだ。


スポンサードリンク

地震対策と非常袋の中に入れるもの

地震対策,マニュアル,防災,グッズ,非常袋,自分の家,家具,転倒防止,準備,用意するもの

地震などの災害に備えて、防災グッズを非常袋などに保管して準備しておこう。
非常袋を準備できたら、いつでも持ち出せる、家の中の外への脱出経路上において置こう。
それでは、非常袋にはどのようなものを入れたら良いのだろう。
何種類か挙げてみたいと思う。
まず最初は非常袋について。
避難する際は、両手をフリーの状態にして避難したいものである。
障害物を除けたり、子供を抱いたりするからである。
であるから、肩掛けのリュック型が望ましいだろう。
非常袋の中に入れるものとしては、まず最初は非常食である。
定番の「かんぱん」などは、保存期限も長く水や電気もない状態でも食べられるので、非常袋の中に入れるものとしては必需品である。
非常食としては、他にもおかゆ、パン、お菓子などいろんなものが有る。
かさ張り過ぎないレベルに、3日レベルの食料を確保できると良いだろう。
非常袋の中に入れるものとして、次になんといっても肝心なのが、水である。
ペットボトルなどに入って売られている長期保存可能な水。
それ以外にも、非常時に公園などの水を上手に活かす際に水を持ち運べる手提げ型の給水パック。
浄水機能がついたものも優秀で便利である。
次に、非常袋の中に入れるものとして重要なのが、携帯ラジオと懐中電灯である。
非常時の情報入手源であるからだ。
電池がなくても活用できる手動で充電可能な災害用ラジオなど優秀で便利である。
情報入手源の大事なものとして、携帯電話の充電器もかかせない。
携帯電話の電池はすぐになくなってしまう。
電池式の充電器も有るが、いまは災害用に手動式の携帯充電器が有る。
乾電池も入れておくと良いだろう。
他に、非常袋の中に入れるものとして、ちょっとでもいいので、利用頻度の高い単3や単4を持とう。
電池でなければ動かない防災グッズも有るからである。
シンプルな救急セットも非常袋の必需品である。
それと一緒にラップもたいへん役立つ。
怪我などをした際にラップで巻きつけて止血することもできる。
小さいラップで大丈夫である。
非常袋の中に1本入れておこう。


地震対策と防災グッズの備蓄

防災グッズは、非常時、非常袋に入れて持ち出すものだけではない。
自分の家に被害がなく、避難所に避難せず自分の家で過ごすケースの場合。
電気、水道、ガスなどがしばらく止まる可能性も有る。
その間も生活可能に最低限のものを備蓄しなければならない。
たとえば、一番困るのは水である。
飲料水、手洗い、料理、トイレ、お風呂などいろんな用途で水が必須となる。
防災グッズの備蓄として、ペットボトルに入った水を可能な限り保管する。
または、20Lレベルの水を2年入れ替えなしで保管できるタンクなども有る。
飲料水用としてでなければ、ポリタンクなどに水を入れて外においておくのも良いものである。
こういったもので、最低限の水を防災グッズとして備蓄しておこう。
簡易浄水器もあると衛生的である。
次に、防災グッズの備蓄としては簡易トイレである。
優秀な水をトイレに用いる分までにはまわせないかもしれない。
非常時に備え、簡易トイレがあれば安心である。
その他、防災グッズの備蓄としては、屋根や壁にちょっとした穴が開いたときなどの応急処置用に防水シート。
浸水を防ぐために、土嚢などもあると優秀で便利である。
電気が止まった際に、ろうそくとマッチ、チャッカマンなども欠かせない防災グッズの備蓄品である。
ろうそくは防災用品で長時間火を灯し継続することができるものが有る。
何本か準備すると良いだろう。
非常食や水などをあたためるために、燃料携帯缶も必需品である。
ガスなどは管破裂などが生じるとガス漏れ点検などをしてから復旧する。
よって電気や水道よりも復旧に時間がかかる。
最低3日レベルは困らない分準備すべきだろう。

地震対策と家具転倒

自分の家での地震対策防災グッズなら、家具の転倒防止を目的にしたものが多いと思う。
地震の際にまず危険なのが、タンスや食器棚、冷蔵庫、テレビなどの大型家具の転倒である。
転倒した家具につまずいたり、家具転倒の際に割れたガラスや食器などで怪我をすることも有る。
これら家具転倒は、事前の耐震対策にてあるレベル、軽減、防ぐことができる。
各々(おのおの)の家具転倒対策を閲覧してほしい。
冷蔵庫…L字金具やチェーンなどで壁と固定すると良いだろう。
タンス…L字金具などによる壁との固定。
タンスストッパー、ふんばるくん(商品名)などタンスの下に引くだけでいいものも有る。
食器棚…L字金具やチェーンなどなどによる壁との固定。
突っ張り棒などの併用も適切である。
壁に穴を開けたくない人は、「ガムロック(商品名)」など粘着マット式になったL字道具も有る。
ガラスには、ガラス飛散防止フィルムなどを貼ると良いだろう。
窓ガラスにも貼っておくと効果的である。
また開き戸タイプのものは、地震などの揺れが生じると自動的にロックがかかる扉フックも有る。
最もシンプルな家具転倒の対策方法としては、耐震マットが有る。
引越しや家具の購入の際などに、家具の底につけるだけであるレベルの効果が有る。
テレビなどは、転倒防止の金具がつけられないので、耐震マットで対応するのがいいと思う。
大地震の際は、重たいテレビでさえも倒れてくるからたいへん危険である。
家具転倒対策グッズである、「突っ張り棒」も効果的である。
家具や壁を気付けることなくシンプルに装着できるので、優秀で便利である。
単体での活用より、他の金具との併用がより適切だと思われる。

地震対策と転倒防止

普段からできる防災対策として、非常に大事なこと。
それは、転倒防止、すなわち家具や家電の転倒を最小限に食い止めることである。
転倒防止の為の方法として、転倒防止器具の取り付けが有る。
転倒防止器具として、一体どのようなものがあるのか見てみると良い。
代表的なもので一般的に活用されるのが、L字金具である。
家具と壁をねじなどで固定するものである。
取り付けの際に気を付けなければならないのが、壁の強度である。
壁の空洞の部分ではなく、柱の部分にねじをささなければ壁の強度がもたない。
壁の下のどこに柱があるか分かる事ができないときは、探知センサーなどを上手に活かすと良いだろう。
壁や家具などに穴を開けたくないケースの場合。
転倒防止の1つ、突っ張り棒ならばシンプルに設置ができ穴もあかない。
家具と天井の間に棒を設置するのである。
L字金具ほどの強度はないが、あるレベルの揺れには耐えられるだろう。
着脱がシンプルなのが魅力である。
但し、何時も棒が見えている状態なので、見栄えが良くない。
タンスのケースの場合などは、転倒防止用のストッパーの利用が優秀で便利である。
タンスをちょっと持ち上げて、手前の下の部分に挟み込むだけのものである。
あまりに背の高いタンスにはこれだけでは危ないので「突っ張り棒」などの併用がおススメである。
しかし普通のタンスならば、転倒防止用のストッパーだけでもあるレベルの揺れには耐えれる。
上下に分かれているタイプのタンスには、連結金具で上下を固定しておくと良いだろう。
テレビ、電子レンジ、電話などの家電製品には耐震マットがシンプルで効果的である。
テレビは金具で壁に固定するのも良いだろう。
しかし壁に穴をあけたくなかったり、そこまでガッチリやりたくないケースの場合は・・・
転倒防止用の耐震マットならば家電の下に引くだけである。
地震の際、こうしたちっぽけな家電製品も落下して怪我の原因となる。
特に重たい、テレビや電子レンジなどには、こういった転倒防止用の耐震マットを設置しておくのが良いだろう。

地震対策と家具の配置

地震などの防災対策として、転倒防止を施すことは勿論(もちろん)である。
更に、家具の配置についても大事なことである。
まず最初は避難経路上とくに出入り口を封鎖しそうな場所に家具を設置しないことである。
背の高い家具や、転倒しそうなものを扉付近に置くと扉が封鎖されてしまう。
すると避難できなくなる可能性があるからである。
また家具の中身が飛び出して、避難の際足場を悪くすることが考えれる。
出入り口付近に飛び出さないように、家具を置く向きも考えよう。
避難する際、窓も非常に大事な避難経路である。
窓を塞がないようにすべきだ。
窓ガラスには飛散防止フィルムを貼ろう。
地震の際、ガスコンロやストーブの上に落下物がありその為火災などを起こすことが有る。
たいへん危険である。
地震対策の家具の配置として、火の元の頭上には何も置かないようにすべきだ。
また地震対策の家具の配置として、タンス、食器棚など高いものの上には重たいものを置かないようにすべきだ。
頭上に落下したら危険である。
寝室は特に非常に大事である。
寝ている時は無防備である。
タンスや鏡台、照明器具などが寝ている場所に落ちてくる危険がないように配置することも、地震対策の家具の配置として重要である。
寝ている時に地震が発生したケースの場合、暗闇の中足元も見えずにたいへん危険である。
ガラスなどが割れて落ちている可能性も有る。
すぐにとれる位置にスリッパや懐中電灯を配置して眠るようにすべきだ。
地震対策の家具の配置としては、生活しやすいようにレイアウトする。
同時に地震の安全を考慮してレイアウトするようにすべきだ。

地震対策と企業→オフィス編

日中の大半を過ごす、企業のオフィス。
地震対策の防災グッズというと非常袋を配布する企業が多いと思う。
しかし、企業のオフィスには、たくさんの書棚や備品も在るのだ。
また、企業のオフィスは、たくさんの人が活動する場所である。
いざというとき混乱しないようにちょっとでも被害を少なくする地震対策を行おう。
企業の地震対策として、書棚などのキャビネットは、全て隣同士連結する。
書棚自体はL字金具やチェーンなどで壁や天井に固定すべきだ。
更に丈夫に固定するため、床にも固定する。
上下の書棚に関連しては、連結金具を活用または利用し合体させよう。
書棚の中身も重たいものを下にしたほうが重心は落ち着く。
ガラスがある書棚のケースの場合には、飛散防止フィルムを貼ろう。
書棚の開き戸やデスクの引き出しなどはラッチつきのものが良いである。
地震の際扉が開いて中身が全部落ちてきてしまうからである。
企業の地震対策として、オフィスに多くあるデスクについては、隣同士連結して固定する。
また、企業の地震対策として、パソコンなどの機器は耐震マットなどを活用または利用して固定する。ストラップ式の耐震マットも有る。
プリンターなどもおなじ様に耐震マットで固定すべきだろう。
FAXやコピー機など大きなもので、台に乗せて活用しているものも耐震マットなどで固定する。
下に滑車がついているものは、常日頃から滑車をロックして動かないようにすべきだ。
企業オフィスにあるテレビなどの機器についても対策を実施する。
耐震マットやストラップ、金具などを活用または利用して固定すべきだ。
企業の地震対策として、照明についてもチェーンなどを活用または利用して天井に固定する。
地震の際、頭上から落下してくる危険性が有るからである。
企業の地震対策として、避難経路上に大きなもの、倒れやすいものを設置しない。
非常口の前には何もおかないこと。
各々(おのおの)の個人デスクの下にはヘルメットと軍手を常備するようにすべきだ。
企業の地震対策として、最低限以上のことを行おう。

地震対策と緊急連絡カード

地震対策として緊急連絡カードは、シンプルにすぐできる地震などの防災対策である。
緊急連絡カードに記入して、家族全員が何時も持ち歩こう。
大人のケースの場合は、財布や定期、かばんなどに入れると良いだろう。
子供のケースの場合はランドセル、通園バッグなどに入れると良いだろう。
緊急連絡カードとはどのようなものだろうか。
災害時などに本人に何かあった際、周囲の人に身元を知らせるものである。
確認がとれれば、家族へ連絡がとりやすくなる。
地震などの災害の混乱で家族と離れ離れになったケースの場合、怪我をして輸血が必須なケースの場合などもすぐに対応できる。
緊急連絡カードには、持ち主の名前・名称や住所、連絡先電話番号、血液型、生年月日、親の名前・名称などを書いておく。
緊急連絡カードに避難場所も書いてあると、いざというとき自分でどこにいけばいいか判断できる。
または子供のケースの場合は、周囲の人が連れて行ってくれるだろう。
既往歴や持病、アレルギー情報など書いてあれば更に役立つ。
緊急連絡カードは、企業や消防庁、自治体が作成したものも有るが、個人でもシンプルに作成できる。
自治体などのホームページからダウンロードするのも良いだろう。
学校、会社などで作成しているところも有る。
手書きでも構わない。
ぜひ家族全員分をいるぐ作成し携帯すべきだ。
また自分の家内の緊急連絡カードとして、緊急時の各所連絡先を記入したものを作り上げる。
電話のそばなど、家族がよく目に見える場所に貼っておこう。
救急車「119」火事「119」。
かかりつけの小児科、外科、休日診療所、救急病院、病院に困った際の連絡先など。
家族が怪我などをした際、とっさにどこに電話をすればいいのか判断できないことが有る。
これを作成しておけば、電話番号を調べることなくすぐに連絡できる。
また救急車などに電話する際も、伝達しなければならない項目を書いておこう。
混乱した状態で、頭で考えて話すのはむずかしいかもしれない。
緊急連絡カードのメモを見て、落ち着いて伝達される手助けになる。

地震対策として準備できることや用意するもの

以上のように、いろんな地震対策が有るわけだが、まず最初は地震対策としてすぐに準備できることや用意するものを整理しておこう。
地震対策として準備できることや用意するものとして、何種類かあるので、以下にシンプルに記載しておく。
まず最初はシンプルなものとして、家の周囲の安全対策である。
家の周囲の危険地域のチェック、避難時経路のチェックをすべきだ。
会社、学校などからの帰宅する際の帰宅経路の確認をすべきだ。
実際に歩いて被災時拠点となるコンビニの場所などをチェックすべきだ。
家族間での避難先の確認、連絡手段の確認をすべきだ。
家族分のヘルメットと軍手を購入すべきだ。
屋根のアンテナや落ち着きのない瓦は固定すべきだ。
ブロック塀などの強度チェックをすべきだ。
鉄筋などが入っていないものは危険である。補強すべきだ。
プロパンガスなどがおいてあるケースの場合には、鎖などで固定すべきだ。
窓ガラスには飛散防止フィルムを貼ろう。
家具や家電を壁や床に固定すべきだ。
避難経路となるベランダなどは常に整理整頓すべきだ。
避難時に持ち出す、一次持出品と被災後に活用する二次持出品を準備すべきだ。
持出品は継続的に消費期限などをチェックすべきだ。
身元確認できる免許証などのコピーや保険証券のコピーなどを持出袋に入れよう。
けがなどをした際の連絡先、救急病院やかかりつけ医の電話番号などをわかりやすい場所に貼ろう。
携帯電話のwebサービスなどにある、災害伝言板を閲覧すべきだ。
自動メール送信サービスなどに、メールアドレスを登録すべきだ。
地域や学校、職場での防災訓練になるべく積極的に参加すべきだ。
地域ぐるみで連携し、非常時に備えよう。

地震対策マニュアルと防災グッズ関連エントリー

引越し業者の失敗しない選び方や口コミなど
私が引越し業者の比較をするときは、やっぱりランキングホームページを閲覧する。しかし、これには業者自らが自分に投票している可能性も有る。そう考えると、引越し業者の評判や口コミを活用して、安い引越し業者の選び方や金額の見積もり方など知る方が良い。引越し業者は人口の数多い東京都や大阪府に集中しているようだ。
悪質・悪徳なリフォーム詐欺で失敗しないために
リフォームというと住宅、すなわちトイレ、浴室や風呂、屋根などが本当に有名だ。しかし、ジュエリー、洋服、着物などもリフォームの対象になる。リフォームは、東京、福岡、大阪などで盛んに実践されているようだが、間違っていない知識を持って、悪質・悪徳なリフォーム詐欺で失敗しないための知識を身に付けよう。
マイホーム購入ローンや資金計画
マイホーム購入で失敗しない情報。マイホームを購入するために知っておくべきローン、資金計画、頭金、貯金などの話題も。他に、マイホーム購入のための間取りの事、新築と中古物件の事、さらにマイホーム購入時に失敗やトラブルを回避するための方法について。
手元供養とダイヤモンド、ペット、葬儀など
手元供養とダイヤモンド、ペット、葬儀などについて。他に、手元供養についての疑問に対する回答やアクセサリー、ジュエリー、ペンダントに関する話題も。さらに、手元供養協会のようなNPO法人についても紹介。
大人の書道セット
大人の書道セットについて。子供と大人両方に評価の良い書道セットを挙げるとイオン、gc210、かわいい女の子用、ディズニーなどである。他に、書道セットの手入れや思いなどの話題も。
香典袋の書き方と金額の相場
香典袋の表書きの書き方と金額の相場、四十九日の香典袋の金額の相場と法事法要、香典袋の包み方やお金の入れ方、更に手紙の見本、郵送、連名の秘訣(ひけつ)をご紹介。他に、キリスト教、神式、密葬と香典についても解説。
中古住宅購入のチェックポイント
中古住宅を購入した人のブログをいろいろ見てみると、完璧にリフォームされた新築と変わらない中古住宅の購入が人気のようだ。そこで、中古住宅の購入方法やチェックポイントを紹介したいと思う。さらに、中古住宅の購入の魅力と誇大広告、マンション、ローンなどの話題も。
中古住宅購入ローンの注意点
中古住宅を購入するときのおすすめの手順として手数料をローンにする方法もある。そこで、中古住宅購入ローンの注意点について紹介したいと思う。他に、中古住宅購入とローンの金利タイプ、契約解除、諸費用、欠陥があった場合の責任の話題も。
中古住宅購入と減税
中古住宅を購入した後の税金の手続きとして住宅ローン控除をすれば減税できる。他に、中古住宅購入と繰り上げ返済やリノベーションの話題も。さらに、中古住宅購入と資金計画や諸経費、財形住宅貯蓄などの紹介も。
土地収用法の解説
土地収用法の解説と手続きについて。他に、土地収用法第3条や事業認定、都市計画法、対価補償金などの話題も。さらに、土地収用法改正や租税特別措置法、税金、特別控除などもご紹介。
ねずみ駆除
ねずみ駆除業者で有名なのはダスキンであるが、市役所や保健所でも相談にのってくれる。自分でできるねずみ駆除方法には超音波、薬剤、毒餌などがありアースが有名である。参考までにねずみ駆除の盛んな地域は、東京都江戸川区と大阪である。
インテリアコーディネートの実例
最近、一人暮らしのワンルームマンションでインテリアコーディネートを楽しむ人が増えている。インテリアコーディネートというとリビングなどお部屋模様替えを思い浮かべる人も多いのではないか。そんなインテリアコーディネートの実例や資格試験の話題も。