手元供養とダイヤモンド、ペット、葬儀など

手元供養とは?

手元供養,ダイヤモンド,ペット,葬儀,疑問,アクセサリー,ジュエリー,ペンダント,協会,NPO

手元供養とは何だろうか・・・。
従来は遺骨をお寺などへ納骨してお墓を建て慰霊していた。
それを故人の「骨」を供養の対象として、骨の一部をオブジェなどにして身近に置いて故人を偲ぶというものである。
日本人の生活スタイルが変化するなか、現代のスタイルにあった供養方法として注目されているのである。
現代社会は核家族が増加し、先祖代々のお墓や仏壇がない人が多いものである。
形式ばった供養はいやだ。面倒だ。
というようなとき気軽に自分の手元において個人を供養できるという新しい方法である。

 

手元供養の良い所は、個人を何時も身近に実感できるところである。
ペンダントなど何時も身近に持ち運べるものもあり、肌身離さず持っていれる。
手元供養をえらぶ理由は何種類か有る。
何より何時もそばにいたいというケースの場合。
お墓や仏壇の統制・管理がたいへんというケースの場合。
逆に家族に迷惑をかけたくないという故人の意思のケースの場合。
お墓が遠方で面倒が見られないというケースの場合。
お墓への埋葬以外に散骨などの自然葬が好まれるようになってきた。
住宅事情で仏壇を置く場所がないというケースの場合。
など様々である。

 

手元供養とは宗教的なものではない。
であるから「こうしなければならない」という形式はない。
どう供養したいか気持ちを形に表すものである。
各々(おのおの)いろんな形で活用または利用されている。
「手元供養のみ」で上手に活かすケースの場合も有る。
「手元供養」プラス「これ以外の供養方法」と組み合わせて上手に活かすケースの場合も有る。
手元供養は宗教的な形式にこだわらず自分らしい供養ができる形なのである。


スポンサードリンク

手元供養についての疑問点

手元供養,ダイヤモンド,ペット,葬儀,疑問,アクセサリー,ジュエリー,ペンダント,協会,NPO

手元供養についてちょっとした疑問について考えてみると良い。
そもそも遺骨を自分の家に保管することは大丈夫なのだろうか。
遺骨を自分の家に置くと成仏できないという人もいる。
そんなことはない。
供養したいと思う心が肝心なのである。
正式な手続き後に火葬した骨は故人や遺族の意思で持ち帰ることができる。
一般的にお墓に入れるケースの場合は、四十九日を過ぎてから納骨する。
故人は四十九日を過ぎれば成仏できるのである。
お墓がないケースの場合は、十年以上自分の家に持ち継続している例もよく有る。
散骨などとおなじ様に、手元供養も法律上特に問題はない。
宗教的にも遺骨の加工などに関連して問題はない。

 

分骨に関連しても、成仏できないという声も有るがまったく根拠のないことである。
法律的にも分骨はまったく問題ない。
分骨の際は、分骨証明書がいることも有るので火葬場などに確認が必須事項である。
分骨するときは、合掌したあと、新しい割り箸を用いて分けるようにすべきだ。
手元供養品を面倒みることが出来ない状況になったらどうしたら良いのだろうか。
自分が亡くなったりしたあと、どうなるのか心配なところである。
そのケースの場合は、自分の棺に入れてもらうという手段が有る。
または、お寺などで永代供養して預かってもらえるところがあるので相談してみると良い。
しかし永代供養といっても、永久ではない。
十年、二十年、五十年と期間が設定されている。
間違えやすいので注意すべきだ。
永久だと信じてのトラブルも続出している。


手元供養品とアクセサリー

それでは、手元供養品にはどのようなものがあるのだろうか。
代表的なものとして納骨オブジェが有る。
遺骨が収まる手のひらサイズ12cmレベルのお地蔵様アクセサリーが有る。
ニコニコとした笑顔のお地蔵様なので、つい手を伸ばして抱きたくなる。
毎日そばにおいて、語りかけるにはもってこいのお品である。
オブジェに故人の写真を焼付けて写真立てのようにして飾ることもできる。
こちらも遺骨がしまえるように為っている。
一番いい顔の故人と毎日向き合って話ができる。

 

仏壇にもおけるサイズのおしゃれなデザインのミニ骨壷アクセサリーも有る。
このミニ骨壷をすっぽりしまえるメモリーボックスも有る。
骨壷をしまえて、写真も飾れて、ルックスはオルゴールのようなかわいいおしゃれな箱である。
アクセサリーならば、お部屋のインテリアにもなる。
またミニ骨壷や写真、オブジェなどを飾る場所として、仏壇がない方にはおしゃれでシンプルな飾り棚が有る。
仏間が無い、部屋が暗くなるから仏壇は置きたくないなど現代人のニーズにあったのがこの飾り棚である。
実におしゃれで場所もとらず、故人のものをおけるスペースも確保できる。
お値段も手ごろでおススメである。

 

何よりも何時も身近に肌身離さず持っていたい人には、ペンダントや指輪などのアクセサリーがおススメである。
ペンダントには遺骨が入るメモリアルペンダントなどが有る。
写真を入れられるロケットペンダントも有る。
他にも納骨型のお守りペンダントアクセサリーなど様々である。

 

大好きなペットの手元供養や幼くして亡くなってしまった我が子の手元供養品としては・・・。
ペットならばペットの体重、我が子ならば出生体重のテディベアのぬいぐるみが作製できぬくもりを実感することができる。
こういった具合に現在では数気のせいか多く、いろんな種類の手元供養品が作られている。
ご遺族の思いが癒される助けになるものを、各々(おのおの)選んでみて欲しい。

手元供養品・・・ペンダントなど

手元供養品には、納骨型と加工型が有る。
オブジェや骨壷やペンダントなど、骨の一部を納めるのが納骨型。
人工ダイヤやアクセサリーなど骨を加工して形を変えて持つのが加工型。
納骨型の納骨オブジェは陶器や石像でできたお地蔵さんなどに納骨するものである。
骨壷は保管しやすいようにミニ骨壷やガラスでできたかわいらしい納骨用小瓶なども有る。
おしゃれなインテリア感覚でお部屋に置くことができる。
オブジェに故人の写真を焼き付けたり、いろんな形のオブジェが作られている。
ポピュラーなお地蔵さんの形からアーティストがデザインしたものまで様々である。
遺骨を肌身離さず持ち運べるものとして、骨を埋め込んだ指輪や納骨ペンダントなども有る。

 

加工型には、骨の炭素を加工して作られた人工ダイヤモンドがあり、それを更に加工して指輪やネックレスを作れる。
成分により色が異なるので故人によりカラーが変わる。
焼骨から不純物を取り除き美しいパウダー状に粉骨したものをエターナルパウダーという。
パウダー化した遺骨をガラスに封じ込めて作るネックレスやガラス球なども有る。
また粉骨したものからセラミックプレートを作成して、写真立てやペンダントとすることもできるのである。
このようなエターナルプレートはガラスや陶器と異なる温かみのある質感になる。
強度や耐久性にも優れている。
オブジェは人工石から作り上げることも可能である。
仏壇の変わりにお部屋におしゃれに飾れる、ガラスで作られた祭壇のメモリアルフラワーというものも有る。

手元供養と葬儀の準備

葬儀は現在の日本では90%以上が仏式である。
近頃では音楽葬やシンプルな故人を偲ぶ会のような自分たちの形式にこだわった葬儀もでてきた。

 

葬儀の流れを一通りみてみると良い。
葬儀は一般的には死亡日に納棺する。
次の日に通夜、翌々日に葬儀・告別式と実践される。
通夜、葬儀の日程が決まったら、関係者へ連絡を急ごう。
伝達することは、故人の氏名、死亡日、喪主名、葬儀の日時、場所などである。
喪主を決定することも先決である。
喪主は葬儀の取り仕切りから、最後の供養まで全責任が有る。
慎重にかつ早急に選ばなければならない。
次に手伝っていただく方の任務分担を決めよう。
受付係、炊事・接待係、車両係、写真係、留守居係、進行係、会計係などが必須事項となる。

 

次に葬儀の日程を決定したら、葬儀社を決めなければならない。
自分の行いたい葬儀の希望をかなえてくれること。
何より経験豊富であるレベルの会社の店舗を構えていることなどが大事である。
葬儀社を決定したら、打ち合わせをする。
日程、会場、費用などの希望を伝達して、見積書をもらおう。
大抵はセットプランに為っているので、それにオプションを追加するかどうかの異なりで料金が変わる。

 

葬儀の内容が決まり、いよいよ当日、供物が届いたら名札の肩書きを確認する。
そして故人との関係の深い順などに並べよう。
焼香順、席順なども決めなければならない。
出棺時の任務分担もすべきだ。
遺族代表の挨拶をする人、棺を担ぐ人、遺影、遺骨などを持つ人などの任務分担も必須事項である。
以上が一通りの事前準備である。
分かる事ができないことは葬儀社の担当者に相談して決定すると良いだろう。

ペットの手元供養

長年一緒に暮らして連れ添った中だからこそ、自分の家で一緒にいたい。
という思いはペットも同じである。
亡くなったペットを手元供養して、そばに置きたいという形が注目されている。
家族の一員として大事なペットを人間と同じ葬儀を実践する人が増加してきた。
手元供養はペットの死を受け入れる準備、心のケアができるのである。

 

それでは、ペットが亡くなったらまずどうすれば良いのだろうか。
まず最初は亡くなったらやさしく目や口を閉じてあげて、涼しいところに寝かせよう。
前肢や後肢はそっと胸のほうへ曲げてあげよう。
死後硬直が始まってしまうと体が固まってしまい、棺に入らなくなってしまう。
毛並みを整えて、顔や体の汚れている部分は綺麗(きれい)にしてあげよう。
ペットのお葬式は特に決まりはない。
形にとらわれず亡くなったペットを供養してあげたいという気持ちが大事である。
近頃は民間業者もペットの葬儀を引き受けてくれる。
料金もいろんな設定が有る。相談してみると良い。

 

お葬式の後は、火葬になる。
近頃は人間同様ペットも火葬する人が増加した。
他の動物と一緒に火葬する合同火葬も有るが、手元供養をする際は個別火葬にすべきだ。
自分のペットの骨を判別できなくなってしまうからである。
保健所に頼むと、焼却してもらうこともできる。
骨の判別がむずかしいので手元供養には適さないと思う。

 

そして、ミニ骨壷やメモリーボックスに入れたり、アクセサリーに加工して肌身離さず持てるようにする。
これ以外にも写真をエンブレムにしたり、立体肖像画などにすることもできる。
各々(おのおの)人の思いを癒すことができるものを、各々(おのおの)の形で供養してあげるのが良いと思う。

手元供養にダイヤモンド

遺骨や遺灰からダイヤモンドを作ることができる。
世界にたった1つその人だけのダイヤモンド。
それをメモリアルダイヤモンドという。
故人の輝きがダイヤモンドの輝きとなり、何時もそばにいられるのである。
天然のダイヤモンドは長い年月を経て自然界の炭素に高温高圧がかかりつくられる。
それを人工的に再現したのである。
亡くなった人の遺灰から炭素を抽出し、高温高圧を人工的にかけてダイヤモンドを作る。
故人の生前の生活環境等により、遺灰の化学物質は人により若干の異なりが有る。
であるから、個々によって各々(おのおの)異なる輝きを放つダイヤモンドができあがる。
まさに世界に1つ、その故人だけがもつ輝きがそこにあるのである。
色は無色から薄いブルーになる。
残された遺族にとって、心のよりどころになり死を受け入れる助けにもなるだろう。

 

また遺骨を用いるのは抵抗がある人や、遺骨の量が少ない人は遺髪でも作ることができる。
遺髪から抽出したちょっとの炭素で作ることができるのである。
生前に作ることもでき、家族の髪の毛を混ぜて作ることもできる。
遺灰からダイヤモンドを作るプロセスは、まず遺灰を化学検査して炭素の成分をチェックする。
その後、熱処理などを施し不純物を取り除き炭素を抽出する。
高温高圧処理をし、黒鉛にする。
更に高温高圧処理をし、ダイヤモンドを生成する。
そしてカットと研磨が施されてダイヤモンドが完成するのである。

 

ダイヤモンドをそのままそばに置く人、ネックレスや指輪にして持ち歩く人各々(おのおの)である。
アクセサリーには刻印などもできる。
肝心な故人との思い出を何時も胸に、たった1つの輝きを何時もそばで実感していられるのである。

手元供養でダイヤモンドを作るには

メモリアルダイヤモンドを作るには、どれくらいの遺灰が必須なのだろうか。
スイスに本社をおく本当に有名メーカーのアルゴダンザを例にとって考えてみると良い。
一般的には、遺灰の3分の1から5分の1にあたる300gレベルが最低必須事項となる。
他の会社では60gレベルでダイヤモンドの作成ができるところも有る。
子供が亡くなったケースの場合やそれ以外の理由でも遺灰が最低量に至らなくても、作成できるケースの場合も有る。
遺灰の中の炭素量が多ければ作れるのである。相談してみると良い。

 

遺灰の量が少ないからといって、ダイヤモンドの質には影響はない。
また遺灰の質についてであるが、病気で亡くなったケースの場合や年老いた人の弱った骨のケースの場合でも、ダイヤモンドの仕上がりに影響はない。
また亡くなってからしばらく経つケースの場合でも、問題なく作ることができる。
但し、出来上がったダイヤモンドを故人のものかどうか確認することはできないのである。
遺灰は高熱で熱せられているのでDNAが破壊されてしまうのである。
であるから預けた遺灰に関連して、メーカーは責任もって番号などによって統制・管理している。
誰のものか分かるようにきっちりと統制・管理されているので安心である。

 

ダイヤモンドの製作には普通16日から24日レベルかかる。
しかしジュエリーなどに加工するケースの場合は更に日にちを要する。
また遺灰ではなく、遺骨からでも炭素抽出ができるのでダイヤモンド作成は可能である。
とっくに納骨済の遺骨からもダイヤモンドの作成ができる。
お墓などを統制・管理している事務所に遺骨の返却依頼をすれば、手続きを踏んで返却してもらえるそうである。

手元供養協会

手元供養協会とは、平成17年に設立されたばかりのあたらしい団体である。
正式名称は「NPO手元供養協会」である。
手元供養の普及を願う人達が集って創られたものである。
手元供養協会は、手元供養が、他の葬儀とおなじ様に一般的に普及し定着することを願っているのである。
手元供養とは、日本のライフスタイルの変化により仏壇、お墓の設置が難しくなってきている現代。
オブジェやネックレス、プレートなどにしてお骨をそばに置いておきたい。
更に身近に故人を実感していたい。何時もそばにいたいという遺族の思いを癒す助けになるものである。

 

手元供養協会の事務所は現在、関東と関西に2ヵ所有る。
手元供養協会には公認の支援団体も何種類か有る。
一般会員や法人会員もいる。
入会金は一般会員が3,000円、法人会員が50,000円。
年会費は正会員が5,000円、一般会員が3,000円、法人会員が20,000円である。
これらは以下の活動の費用として使われている。

 

手元供養協会の活動として、手元供養の普及活動。
手元供養のガイドラインの策定と実践。
研修や勉強会及びイベントの開催。
手元供養の賛同者への情報提供活動。
葬送の相談窓口や手元供養品のクレーム受付もしている。
手元供養協会とは、以上のことをボランティアで活動している団体なのである。

 

手元供養品の実物を目にしたいケースの場合は、協会が主催している各種イベントや展示会にいくと見れる。
近頃では新聞、マスコミに気のせいか多く取り上げられたため、実物を目にしたいとの声が高まっているとのことである。
そこで手元供養品の各種見本を一式、展示会用に貸出をするサービスも協会が始めた。
手元供養協会のホームページで申し込みができる。

手元供養とダイヤモンド、ペット、葬儀など関連エントリー

引越し業者の失敗しない選び方や口コミなど
私が引越し業者の比較をするときは、やっぱりランキングホームページを閲覧する。しかし、これには業者自らが自分に投票している可能性も有る。そう考えると、引越し業者の評判や口コミを活用して、安い引越し業者の選び方や金額の見積もり方など知る方が良い。引越し業者は人口の数多い東京都や大阪府に集中しているようだ。
悪質・悪徳なリフォーム詐欺で失敗しないために
リフォームというと住宅、すなわちトイレ、浴室や風呂、屋根などが本当に有名だ。しかし、ジュエリー、洋服、着物などもリフォームの対象になる。リフォームは、東京、福岡、大阪などで盛んに実践されているようだが、間違っていない知識を持って、悪質・悪徳なリフォーム詐欺で失敗しないための知識を身に付けよう。
マイホーム購入ローンや資金計画
マイホーム購入で失敗しない情報。マイホームを購入するために知っておくべきローン、資金計画、頭金、貯金などの話題も。他に、マイホーム購入のための間取りの事、新築と中古物件の事、さらにマイホーム購入時に失敗やトラブルを回避するための方法について。
地震対策マニュアルと防災グッズ
地震対策マニュアルと防災グッズについて。地震対策の防災グッズというと非常袋を配布する企業が多いと思う。自分の家での地震対策防災グッズなら、家具の転倒防止を目的にしたものが多いと思う。これが地震対策として準備できることや用意するものについてのマニュアルである。
大人の書道セット
大人の書道セットについて。子供と大人両方に評価の良い書道セットを挙げるとイオン、gc210、かわいい女の子用、ディズニーなどである。他に、書道セットの手入れや思いなどの話題も。
香典袋の書き方と金額の相場
香典袋の表書きの書き方と金額の相場、四十九日の香典袋の金額の相場と法事法要、香典袋の包み方やお金の入れ方、更に手紙の見本、郵送、連名の秘訣(ひけつ)をご紹介。他に、キリスト教、神式、密葬と香典についても解説。
中古住宅購入のチェックポイント
中古住宅を購入した人のブログをいろいろ見てみると、完璧にリフォームされた新築と変わらない中古住宅の購入が人気のようだ。そこで、中古住宅の購入方法やチェックポイントを紹介したいと思う。さらに、中古住宅の購入の魅力と誇大広告、マンション、ローンなどの話題も。
中古住宅購入ローンの注意点
中古住宅を購入するときのおすすめの手順として手数料をローンにする方法もある。そこで、中古住宅購入ローンの注意点について紹介したいと思う。他に、中古住宅購入とローンの金利タイプ、契約解除、諸費用、欠陥があった場合の責任の話題も。
中古住宅購入と減税
中古住宅を購入した後の税金の手続きとして住宅ローン控除をすれば減税できる。他に、中古住宅購入と繰り上げ返済やリノベーションの話題も。さらに、中古住宅購入と資金計画や諸経費、財形住宅貯蓄などの紹介も。
土地収用法の解説
土地収用法の解説と手続きについて。他に、土地収用法第3条や事業認定、都市計画法、対価補償金などの話題も。さらに、土地収用法改正や租税特別措置法、税金、特別控除などもご紹介。
ねずみ駆除
ねずみ駆除業者で有名なのはダスキンであるが、市役所や保健所でも相談にのってくれる。自分でできるねずみ駆除方法には超音波、薬剤、毒餌などがありアースが有名である。参考までにねずみ駆除の盛んな地域は、東京都江戸川区と大阪である。
インテリアコーディネートの実例
最近、一人暮らしのワンルームマンションでインテリアコーディネートを楽しむ人が増えている。インテリアコーディネートというとリビングなどお部屋模様替えを思い浮かべる人も多いのではないか。そんなインテリアコーディネートの実例や資格試験の話題も。