香典袋の書き方と金額の相場

香典袋の表書きの書き方

香典,表書き,金額,相場,四十九日,お金の入れ方,キリスト教,神式,密葬,手紙

香典袋の表書きの文字は、薄墨の筆で書くことが常識とされている。 これは涙で墨が滲んで薄くなると言う事を表しているようである。
香典袋の表書きの書き方としては、水引の上半分、中央に用途を書く。
用途は宗教や儀式の意味によって異なる。
仏式では「御霊前」「御香典」「御香料」などと香典袋には書く。
浄土真宗の香典袋の表書きの書き方としては、魂は死後すぐに仏となると考えられ、霊の存在は認めてないと言う事で香典袋には「御仏前」という文字を用いる。白無地またはすの絵柄のついた不祝儀袋に、白黒または双銀の結び切りの水引をかける。
四十九日法要以降は「御仏前」または「御供物料」と香典袋に表書きをし、黄白の水引をかける。
神式の香典袋の表書きの書き方としては、「御玉串料」「御榊料」「御神前料」「御霊前」などと香典袋に書く。白無地の金包みに双銀または双白の結び切りの水引をかける。
キリスト教式の香典袋の表書きの書き方としては、宗派により「御花料」「献花料」「御ミサ料」などと香典袋に書く。白無地の封筒、または白百合・十字架などが印刷された市販の封筒を使い、水引はかけない。
水引の下側中央に香典をたむける人のお名前・名称をフルネームで書く。
連名で香典袋を出す場合の表書きの書き方としては、右から代表格の人や年長者など目上の人となるように記入する。
上下関係が無いケースの場合には五十音順でも良いだろう。
4人以上の連名で香典袋を出す場合の表書きの書き方としては、中心に代表者の姓名だけを記し、左側にやや小さく『他一同』と記す。
または代表者を記さずに『○○一同』とだけ記すこともできる。
どちらのケースの場合も別紙に一同の姓名、住所、そして各々の金額を記して同封する。


スポンサードリンク

香典袋の金額の相場とは?

香典,表書き,金額,相場,四十九日,お金の入れ方,キリスト教,神式,密葬,手紙

香典は故人を弔う気持ちが肝心で金額はその次であるが、近年の金額の相場は以下のように為っている。
会社の部下の葬式に出す香典のケースの場合の金額の相場は、五千円から一万円が金額の相場である。
出す側の年齢や役職によっても変わるが、50歳代以上、または部長級以上のケースの場合の金額の相場は、一万円レベルは包んだ方が良いだろう。
連名で出すケースの場合にはちょっと多い金額を出すと良いだろう。
次に会社の同僚のケースの場合の金額の相場は、三千円から一万円レベルである。
それほど面識のない同僚なら五千円で良いだろう。また連名で出すケースの場合には決定された金額で良いだろう。
会社の上司のケースの場合の香典袋の金額相場は、五千円から一万円レベルである。特別にお世話になった上司には一万円包むと良いだろう。
祖父母の葬式に出す香典のケースの場合の金額の相場は、一万円から三万円であるが、出す側の年齢が高ければ三万円から五万円が適当だろう。
両親の葬式に出す香典袋の金額の相場は、五万円から十万円である。子として最低でも五万円以上は包み両親を送りたいものである。
兄弟のケースの場合の金額の相場は、三万円から五万円レベルである。十万円でも問題ないが、他人ではなく身内であるので三万円以上包んだ方が良いだろう。
親戚の葬式に出す香典袋のケースの場合の金額の相場は、一万円から三万円が一般的である。
親戚を肝心にする日本社会においては、生前それほどお付き合いのなかった親戚のケースの場合でも一万円以上は香典袋に包んだ方が良いだろう。
友人のケースの場合の金額の相場は、五千円から一万円レベルであるが、年齢や関係、親密度によって香典の金額を決定するもので相場はないようなものである。
とくに親しい友人であるケースの場合には三万円以上出しても問題ない。


四十九日の香典袋の金額相場と法事法要

仏教では人が亡くなると魂は身体を出て霊となると考えられている。
死後四十九日間は死者の霊が現世とあの世の間をさまよっているといわれ、その間供養することで死者の霊が無事に極楽浄土へ行き、成仏できることを願うのである。
法事や法要は本来死者の冥福を祈り、その霊を慰めるために命日に実践する仏式の儀式である。
死者を供養すると同時に遺族の悲しみを癒し、心を満たしてあげる意味も有る。
法事、法要を実践する年月は亡くなった日から七日ごとに実践されるのが本来である。これを追善供養という。
死後満一年の命日は一周忌、その後は亡くなった年も入れて数え、満ニ年目の命日は三回忌、その後は七回忌、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、以降は五年毎に実践される。こういった法要を年忌法要という。
法事に出席するケースの場合にお香典を持っていくことは基本中の基本的なマナーに為っている。
法事で出すお香典の金額相場は、四十九日法要では、親戚一万円、友人五千円、知人五千円、一周忌では親戚一万円、友人一万円、知人三千円、三回忌では親戚一万円、友人一万円、知人三千円、これ以外の法要での金額の相場は、親戚一万円、友人五千円、知人三千円が金額の相場と為っている。
故人との関係が近い、または親しいケースの場合ほど気のせいか多くの金額を香典袋に包んでいるのではと思う。
法事での不祝儀袋は「黒白」または「黄白」の水引で「結び切り」または「あわび結び」でかける。
香典袋の表書きは仏式では「御霊前」「ご香典」「御香料」、四十九日法要以降は「御仏前」と書く。

香典袋へのお金の入れ方と香典の包み方

香典袋へのお金の入れ方としては、まず中袋と外袋を分け、中袋を広げる。
その際に水引をほどいたりはずしたりしてはいけない。
そして、香典袋へのお金の入れ方として、中袋の中央にお金をおく。
香典袋へのお金の入れ方で「不祝儀はお金を裏返して入れる」といわれることも有るが、それは死の世界がこの世とは逆さに為っているという考えに基づくもので、近頃では祝儀とおなじ様に裏返さずに入れる方法が一般的に為っている。
正しいお金の入れ方を実践したら、元のように中袋を折りお金を包みたいと思う。
裏に「封」とかいてあるところがあればのりなどで貼る。次に中袋を外包みに入れる。
外包みを裏返し、下側の折り返し部分を水引から抜く。
抜いた下側から中袋を入れる。そして最後に外袋の裏側は上側の折り返しが下側の折り返しの上に重なるように折る。「祝儀は上向き、不祝儀は下向き」となる。
香典袋へのお金の入れ方としては、できるだけ新札のお金を包みたいと思う。
新札を用意できないケースの場合にはできるだけ綺麗なお金を選んで包みたいと思う。
香典袋へのお金の入れ方として、かつて新札は「不幸のために前もって準備していた」と思われ失礼にあたるとされていたが、銀行などで容易に新札が手に入る現代においては、このような誤解を招くこともない。
また水引は「中身は清浄なもの」という意味を込めるために連結するものであるから、使い古したお金では水引の意味が無くなってしまう。
受取る側も使い古した汚いお札を受取ることは気持ちの良いものではないだろう。
香典袋へのお金の入れ方としては、新札のお金を包むことに抵抗があるようならば折り目を1つつけておく。

 

≪香典袋とふくさ≫
お香典は、「ふくさ」というちっぽけな風呂敷に包んで、お通夜または告別式に持参するのが礼儀とされている。
ふくさに包めば香典袋が折れたりしわにならず持ち運ぶことができる。
ふくさの包み方は、祝儀袋と不祝儀袋とでは異なるので注意して包みたいと思う。
近頃では台つきのものが気のせいか多く市販されているが、これは香典袋にシワがよらないように、ふくさの中央に台が添えられたものを云う。
台付ふくさのケースの場合には台の色が赤いものは慶事用である。
弔事用のふくさの包み方は、ふくさをひし形になるように角を上に広げ、中央に香典袋を表向きに置き、右、下、上の順にたたみたいと思う。
最後に左側を折って端を裏側に回し完成である。台付きふくさのケースの場合は、爪を左側なるようにおいてたたみたいと思う。
弔事で用いるふくさの包み方としては、青、緑、灰色、紫など、地味な色のものを用いる。
紫色のふくさは祝儀にも活用できるので優秀で便利である。
香典を受付で手渡しするときには、表側を上にしてふくさを開き、表書きの氏名を先方に向けて差し出す。
そのときには一言「このたびはご愁傷様でした」などのお悔やみの言葉を添える。
通夜などで受付が設けられていないケースの場合が有るが、そのケースの場合には祭壇に香典の表書きが手前向きになるようにお供えする。
ふくさのまま渡すことはふくさを返すことになるので、「不幸が繰り返される」といわれ嫌がられる。
ふくさがなく、どうしても準備している時間がない、というケースの場合には白や黒のハンカチに包んで持参すべきだろう。
香典袋のまま持ち歩き、差し出すことはマナー違反である。

香典袋の手紙の見本

香典に関係する手紙の見本を紹介する。
まず、いろんな事情で葬儀に参列できず、香典を郵送するケースの場合に添えるお悔やみの手紙の見本である。
「△△様御逝去のお知らせをいただき、驚きと悲しみを抑えることができません。心からお悔やみ申し上げます。ご家族の皆様のお悲しみは如何ばかりかとお察し申し上げます。すぐにお参りにうかがえずたいへん申し訳なく思っております。どうぞお許しください。
失礼ながら、心ばかりの香料ですが同封いたしました。ご霊前にお供えくださいますよう、お願い申し上げます。
慎んで、ご冥福をお祈り申し上げます。」

 

次に香典の礼状である。郵送されてきた香典に対しては礼状を出す場合の見本である。
「拝復 このたび△△の葬儀に際しましては、過分のご香典をいただき、ありがとうございました。厚くお礼申し上げます。
おかげさまで葬儀も無事終わりました事、ひとえに皆様方のおかげと感謝しております。
今後とも何かにつけお世話になることも多いかと存じますが、どうかよろしくお願い申し上げます。敬具」

 

香典返しを配送するケースの場合の見本としては、忌明けのあいさつ状にその旨を書き添える。
「拝啓 時下ますますご清祥のこととお慶び申し上げます。
△△の葬儀に際しましては、ご丁寧なご弔詞を賜り、かつ過分な御香料を頂き、御芳志のほど、厚くお礼申し上げます。
七七忌に際して謝意を表したく、粗品ではございますが、お届け申し上げました。ご受納いただければ幸いと存じます。
略儀ながら、書中をもってごあいさつ申し上げます。」

キリスト教と香典

キリスト教式の葬儀では前夜式と葬式が実践される。
前夜祭では仏式や神式とおなじ様に受付で香典(弔慰金)を差し出し記帳する。その後、聖歌(賛美歌)の合唱があり、聖書の朗読、祈りの後、献花が実践される。キリスト教式では仏式の香典にあたるものを弔慰金とよぶことも有る。
キリスト教式の葬式では受付で香典を差し出し記帳する。
前夜式のときすでに供えしているケースの場合には記帳だけをする。
式次第や聖歌(賛美歌)は印刷物で用意されているのが一般的である。その後献花をして哀悼の意を表する。
献花はまず、遺族に向かい一礼し、花が右を向くように受取る。
そして胸の前で花が手前になるように回す。その後遺影に向かって一礼し、両手で捧げる。最後に後ろにさがり一礼をして終わる。
キリスト教式の香典は宗派によって表書きの書き方が変わる。
カトリックの香典の表書きの書き方としては、「御ミサ料」とし、白無地の封筒に包み水引はかけない。
プロテスタントの香典の表書きの書き方としては、「お花料」「献花料」と表書きをする。白無地の封筒、または白百合や十字架の絵が印刷された市販の封筒に包み、水引はかけない。
キリスト教式の香典を持参するときも、弔事用のふくさに包みたいと思う。
包む金額は、故人との関係や弔問する側の立場によって相違する。
また、キリスト教式では香典返しのしきたりがない。
これは香典そのものが日本独特の習慣または慣例で、他国にはみられない習慣または慣例だからである。
しかし、キリスト教式では死後1ヶ月後の昇天記念日には、挨拶状と同時に故人を偲ぶような品物を贈るのが一般的に為っている。

神式と香典

神式と香典の関係についてであるが、まず神式では葬儀のことを、神葬祭・神道葬祭・神葬とよぶことも有る。
神式の場合、教導者により霊魂観に異なりがあり、葬儀の内容も異なるが、式の進行は一般的に「手水の儀」「お祓い」「奉幣・献餞」「祭詞奏上」「奏楽」「弔事・弔電朗読」「玉串奉奠」「出棺」となる。
仏式の焼香にあたるものが、神式では玉串奉奠である。
神式の玉串奉奠は榊の枝に紙片がついた玉串を祭壇に捧げる儀式である。
玉串には神霊が宿っているとされ、故人の霊を慰める意味が有る。
神式における玉串奉奠はつぎのよう実施する。
1.順番がきたら前へ進み、遺族、神官に一礼し、神官から玉串を受け取る。このとき、根元が右手に左手は葉先を下から支えるようにする。2.玉串を置く台の前に進み、玉串をおしいただき、自分の正面に立てるように持つ。3.左手が根元、右手が葉先になるように持ち替える。4.時計回りに百八十度回し、根元を祭壇に向ける。5.玉串を台の上に置き、前向きのまま退いて、深く二礼する。6.しのび手でニ拍手し、深く一礼して下がり、遺族と神官に礼をする。
神式のしのび手というのは、実際には手を合わさず、両手を打つ寸前で止めて、音をたてない拍手を云う。
神式では焼香はなく玉串を捧げることから、香典袋の表書きの書き方としては、「御玉串料」「御榊料」「御神前料」「御霊前」などと書く。白無地の包みに白黒または双白の結び切りの水引をかける。
神式のケースの場合、一般的に50日目の霊前祭の直後にお礼の品を贈って香典返しとする。

密葬・家族葬と香典

密葬・家族葬と香典の関係についてであるが、まず近年、「密葬」または「家族葬」と称されるものが急激に増加している。
家族葬とは、故人の家族・親族、親しい友人など少人数で実践する形式の葬儀である。
密葬とは、諸事情で直ぐに葬儀(本葬)があげられないケースの場合に、火葬までの葬儀を近親者のみで密かに実践する儀礼のことをさしている。
近頃では葬式をせず、火葬だけでひっそりと行って欲しいなどの故人の遺志で、密葬をえらぶことも有る。
密葬・家族葬はシンプルな葬儀で、通夜も葬儀も儀礼的なことは省く。
密葬・家族葬の良い点はまず、近親者と故人がゆっくり最後の時間を送ることができると言う事である。
また人数が限定されるため葬儀費用が少なくてすむと言う事である。
しかし、密葬のケースの場合は一般の葬儀とは異なるため、他の親族の納得を得ることが必須事項である。
密葬の情報が漏れて会葬に来る人数が増加したケースの場合には、思いがけない出費につながることが有る。
また遺族の思いがけない方が最後のお別れを希望されていたケースの場合、その気持ちに応えられないことになるので、故人が生前に築かれた社会との関係を壊すことにも成りかねない。
密葬後には、知人・友人にあいさつ状を出し、密葬を行ったことを伝達しよう。
また、密葬・家族葬は家族、親族だけで実践するものであるため、他人が関わるのはやめるべきである。
香典においても辞退されるケースの場合が多いのであるが、故人と親族同然の親しさがあったケースの場合などは、密葬儀の全てが終焉を迎えてから香典を渡したい旨を、直接遺族にお話すると良いだろう。

香典袋の郵送

香典袋は本来、直接お通夜や告別式に持参するのが礼儀であるが、遠方に住んでいるなど、いろんな事情で葬儀や告別式に参列できないことも有る。
そのケースの場合にはまず弔電を打ち、できるだけ早く香典袋を郵送する。
香典を郵送するケースの場合には、金銭を「不祝儀袋(香典袋)」に入れ、その不祝儀袋を現金書留の封筒に入れて喪主宛に郵送する。
金銭を直接現金書留の封筒に入れて郵送することがないように気を付けよう。
また為替や、弔電と一緒に電報為替で香典を送る方法も有るが、喪家の手間を考慮すると現金書留で香典郵送したほうが良いだろう。
現金書留の封筒に入れる不祝儀袋(香典袋)には普通通り表書きをし、中袋にも金額と住所、氏名を記入する。
郵送する現金書留の封筒に住所、氏名を記入するからといって省略しないようにすべきだ。
お通夜、告別式に参列できないからといって、友人、知人など他の弔問者に香典を預けることは喪家に対して失礼にあたる。
参列できないケースの場合には絶対に香典袋を郵送するようにすべきだ。
香典袋を郵送する際には、できるだけお悔やみの言葉と参列できないお詫びを書いた“手書き"の手紙を添えて送るようにする。
香典に添えるお悔やみの手紙は、はがきでなく絶対に封書で出すようにすることがマナーである。
郵送の便箋は色物をやめ、上質の白を用いるのがマナーである。
毛筆のケースの場合は、薄墨を用い哀悼の意を表する。
「なお、心ばかりのご香料を同封いたしましたので、ご霊前にお供え頂きたく存じます。」などと香典袋を同封の旨を書き添える。

香典袋と連名

香典を包む際に連名で包むことが有る。連名で包むと言う事は、一人分を香典袋に包むのではなく、何人分かを纏めて(まとめて)香典袋に包むことを云う。
連名で香典を出すケースの場合、香典袋の表書きの書き方としては、右から代表格の人や年長者など目上の人とするのが一般的である。上下関係が無いケースの場合には五十音順でも良いだろう。
香典袋にはスペースが限られているため、人数が多いケースの場合には全員分の姓名を記すことが難しくなる。
そこで4人以上の連名で出すケースの場合は、香典袋の中心に代表者の姓名だけを記し、左側にやや小さく『他一同』と記す。
または代表者を記さず、『○○一同』とだけ記すこともできる。
どちらのケースの連名の場合も別紙に一同の姓名、住所、そして各々の金額を記して同封する。その際にも、順序は右から代表者、年長者など目上の人になる。
香典袋には中袋に金額を明示する。遺族側の会計処理上たいへん助かる。
香典袋に包む金額は、連名だからといって合わせて一人分と言う事ではない。一人ずつ、お付き合いのレベルによって用意する。
また夫婦で参列するケースの場合には世帯主名でも連名でも問題ないが、故人と夫婦共に交流があったケースの場合には連名にするのが一般的である。
遺族側にとって連名で香典を頂くと言う事は何かと手数が掛かるものである。できるだけ1人ずつ香典を包むことが、遺族の人に対しての心遣いになる。
連名で出すケースの場合は一人ずつの金額が少ないことが多いので、香典返しが必須ない旨を書き添えるようにすべきだ。

香典袋の書き方と金額の相場関連エントリー

引越し業者の失敗しない選び方や口コミなど
私が引越し業者の比較をするときは、やっぱりランキングホームページを閲覧する。しかし、これには業者自らが自分に投票している可能性も有る。そう考えると、引越し業者の評判や口コミを活用して、安い引越し業者の選び方や金額の見積もり方など知る方が良い。引越し業者は人口の数多い東京都や大阪府に集中しているようだ。
悪質・悪徳なリフォーム詐欺で失敗しないために
リフォームというと住宅、すなわちトイレ、浴室や風呂、屋根などが本当に有名だ。しかし、ジュエリー、洋服、着物などもリフォームの対象になる。リフォームは、東京、福岡、大阪などで盛んに実践されているようだが、間違っていない知識を持って、悪質・悪徳なリフォーム詐欺で失敗しないための知識を身に付けよう。
マイホーム購入ローンや資金計画
マイホーム購入で失敗しない情報。マイホームを購入するために知っておくべきローン、資金計画、頭金、貯金などの話題も。他に、マイホーム購入のための間取りの事、新築と中古物件の事、さらにマイホーム購入時に失敗やトラブルを回避するための方法について。
手元供養とダイヤモンド、ペット、葬儀など
手元供養とダイヤモンド、ペット、葬儀などについて。他に、手元供養についての疑問に対する回答やアクセサリー、ジュエリー、ペンダントに関する話題も。さらに、手元供養協会のようなNPO法人についても紹介。
地震対策マニュアルと防災グッズ
地震対策マニュアルと防災グッズについて。地震対策の防災グッズというと非常袋を配布する企業が多いと思う。自分の家での地震対策防災グッズなら、家具の転倒防止を目的にしたものが多いと思う。これが地震対策として準備できることや用意するものについてのマニュアルである。
大人の書道セット
大人の書道セットについて。子供と大人両方に評価の良い書道セットを挙げるとイオン、gc210、かわいい女の子用、ディズニーなどである。他に、書道セットの手入れや思いなどの話題も。
中古住宅購入のチェックポイント
中古住宅を購入した人のブログをいろいろ見てみると、完璧にリフォームされた新築と変わらない中古住宅の購入が人気のようだ。そこで、中古住宅の購入方法やチェックポイントを紹介したいと思う。さらに、中古住宅の購入の魅力と誇大広告、マンション、ローンなどの話題も。
中古住宅購入ローンの注意点
中古住宅を購入するときのおすすめの手順として手数料をローンにする方法もある。そこで、中古住宅購入ローンの注意点について紹介したいと思う。他に、中古住宅購入とローンの金利タイプ、契約解除、諸費用、欠陥があった場合の責任の話題も。
中古住宅購入と減税
中古住宅を購入した後の税金の手続きとして住宅ローン控除をすれば減税できる。他に、中古住宅購入と繰り上げ返済やリノベーションの話題も。さらに、中古住宅購入と資金計画や諸経費、財形住宅貯蓄などの紹介も。
土地収用法の解説
土地収用法の解説と手続きについて。他に、土地収用法第3条や事業認定、都市計画法、対価補償金などの話題も。さらに、土地収用法改正や租税特別措置法、税金、特別控除などもご紹介。
ねずみ駆除
ねずみ駆除業者で有名なのはダスキンであるが、市役所や保健所でも相談にのってくれる。自分でできるねずみ駆除方法には超音波、薬剤、毒餌などがありアースが有名である。参考までにねずみ駆除の盛んな地域は、東京都江戸川区と大阪である。
インテリアコーディネートの実例
最近、一人暮らしのワンルームマンションでインテリアコーディネートを楽しむ人が増えている。インテリアコーディネートというとリビングなどお部屋模様替えを思い浮かべる人も多いのではないか。そんなインテリアコーディネートの実例や資格試験の話題も。