中古住宅購入のチェックポイント

中古住宅を購入した人のブログとリフォーム

中古住宅,購入,ブログ,リフォーム,方法,チェック,魅力,誇大広告,マンション,ローン

中古住宅を購入した人のブログをいろいろ見てみると、完璧にリフォームされた新築と変わらない中古住宅の購入が人気のようだ。
現在の景気不況の中、新築住宅よりも安価で購入できる中古住宅の購入に注目が集まっている。
構造がガッチリしていて、キッチリと管理されていた中古住宅ならば、価格面だけでなく広さの面などで新築住宅を購入するよりも有利な点が気のせいか多く有る。
近頃は高齢化になって広い家屋を手放し、管理が楽なマンションなどに住み替える人が増加している。
その為、高額で購入できないような広い一軒家を中古住宅ならば購入することも可能である。
新築マンションの売れ行き不振の中であっても、中古マンションの売れ行きは好調である。
中古マンションと言っても完璧にリフォームされた新築と変わらない中古マンションが大人気である。
リノベーションマンションと言われ、リフォームされる前よりも高機能のマンションとして誕生し変わった中古物件が安くて機能が充実していると注目されている。
官公庁オークションで販売される中古住宅も有る。
中古住宅と一口に言っても、単に古いというイメージからは離れた物件も気のせいか多く扱われているのである。
また、2009年から税制改正によって住宅ローンの控除額が引き上げられたので税金面でもお得である。
中古住宅には、一戸建ての住宅とマンションなど集合住宅が有る。
どのような中古住宅を購入すべきか、自分や家族のライフスタイルに合ったものをガッチリ吟味(ぎんみ)し自分の眼で見て決定して欲しい。
そして、キッチリと返済できる資金計画を考えて購入できる価格を知り、予算を組んでおこう。


スポンサードリンク

中古住宅購入と住宅ローンの種類

中古住宅,購入,ブログ,リフォーム,方法,チェック,魅力,誇大広告,マンション,ローン

中古住宅の購入を考えるケースの場合、気になることの1つが住宅ローンである。
ここではどのような住宅ローンがあるのか紹介すべきだろう。
まず、フラット35である。
支払い期間が最長35年の、固定金利型の住宅金融支援機構の住宅ローンである。借入時に返済金額が決定するので資金計画が建てやすくなる。保証料・繰上げ返済手数料がかからない。申し込みは取扱金融機関で行える。各金融機関でローンの金利は異なる。平成21年7月融資開始の金利は、返済期間21年以上35年以下で2.820%から3.960%である。
次に、財形住宅融資である。
住宅財形貯蓄を行っている人以外でも、一般財形・年金財形を行っている人も活用または利用できる住宅ローンである。財形貯蓄を1年以上続け、残高が50万円以上ある人が対象である。5年固定金利型で、5年ごとに金利の見直しが実践される。平成21年7月1日現在の金利は1.96%である。
次に、銀行のローンがある。
各銀行でいろんな特徴点のある住宅ローンが提供されている。活用または利用状況によって金利が優遇されるものや預金額分には金利がかからない預金連動型、女性向け住宅ローンなどが有る。交渉によって金利を下げてもらえる可能性も有る。金利タイプは固定型・変動型・固定金利選択型・上限金利設定型、いろんな金利タイプを組み合わせるミックス型などが有る。
最後に、自治体のローンもある。
居住する自治体に住宅ローンがあるのかどうかを調べてみると良い。地域によってはお得なローンも有る。広く宣伝していないケースの場合も有るので、各自治体に確認して調べておこう。

 

これ以外、生命保険会社や貸金業者(ノンバンク)でも住宅ローンを扱っている。
また、勤務先で住宅ローンを扱っていないかどうかも確認しておこう。
高額なローンであるので中古住宅を購入する際には、できるだけ金利や手数料を安くする情報を集めておくことが肝心である。


中古住宅の購入方法と不動産広告を閲覧する時の注意点-1

この広告を閲覧する際に注意点を知っておき、中古住宅の購入に役立てよう。
不動産広告には誇大広告や不当表示を抑止するために、表示に関連したルールが決められている。
広告に表示されている事項を読む時の注意点を考えていこう。
まず、広告主である。
広告の責任の所在を明確にするために、広告主の名称の表示が必要である。また、広告主の連絡先(電話番号)の表示も必要である。
次に、物件の取引態様である。
広告主が売主、代理もしくは媒介(仲介)であるのかが表示される。
次に、免許証番号である。
宅建業法による免許証番号の表示が必要である。国土交通大臣免許(2つ以上の都道府県をまたがって営業)、もしくは都道府県知事免許(1つの都道府県内で営業)の番号が明記される。
次に、物件の所在地である。
不動産の所在地には登記簿上の地番と、普通住所として活用または利用している住居表示が有る。不動産の売買では権利関係の確認など登記簿が必要とされるので、登記簿上の地番も広告に表示されるのが一般的である。
次に、物件の面積である。
敷地の他に私道負担があるケースの場合はその私道負担面積も別に表示が必要である。150m2(私道を包含する)のような表示は正しくない。
最後に、価格である。
パンフレット以外のチラシなどは最高価格、最低価格、最多価格帯の表示でも構わない。ガスや水道施設に対する負担金、もしくは管理やキープ費が必要なケースの場合は、それに関連した費用の表示も必要である。

中古住宅の購入方法と不動産広告を閲覧する時の注意点-2

新築住宅や中古住宅の購入方法として不動産広告を参照事項にすることが気のせいか多くなる。
不動産広告を閲覧する時には、いろんな注意点が有る。
まず、交通の利便性(駅、学校、スーパー、病院などの施設への距離・所要時間)である。
駅から徒歩○分、という表示では、徒歩での道のりを80m=1分として計算されている。坂道や信号待ちにかかる時間は考慮されていないので、絶対に自分の足で確かめることが肝心である。
またマンションが何棟もあるようなケースの場合、駅などの施設から一番近い部分が表示されているので注意が必要である。
次に、電車やバスの所要時間である。
電車やバスはダイヤに応じた所要時間が表示されている。但し、乗り換え時間や待ち時間は計算に入っていない。
また、電車やバスの本数は表示されていないので、実際に現地で交通機関を活用または利用して自分の目で確かめることも肝心である。
最後に、用途である。
第一種低層住宅専用地域など、用途地域の種類が明記されている。各用途地域によって建物の種類(店舗が建てられないなど)、建ぺい率や容積率などが異なる。
中古住宅を購入時に違反物件なのかどうかを判断する材料になる。
また、購入後に改築などで違反にならないように気を付けなければいけない。
更に、用途地域によっては工場やパチンコ店などが建てられるので、どのような用途地域であるかを知っておくことは購入の水準になる。
閑静な住宅に住みたいと思うならば、店舗などを建てる制限が厳しい用途地域の物件を選定するようにしよう。

中古住宅購入と誇大広告

土地、新築住宅や中古住宅など不動産を購入する際には、誇大広告に注意すべきだろう。下記の用語は、事実に基づいたものでない限り、原則として利用不可能のものだ。
まず、全く欠けることがないという意味の表現である。
完璧、完璧、絶対、絶景、万全など。
他社や他の物件と比較して優れているという表現である。
日本一、優秀、当社だけ、超、至便、業界初など。
一定の基準で選別されたものを意味する表現である。
特選、厳選など。
最上級の意味で使われる用語も利用不可能である。
最高、最高級など。
価格が著しく安いという意味の用語も利用不可能である。
格安、掘出、破格。
人気が著しく高くて売れ行きが好調であるという意味の用語も利用不可能である。
完売など。即日完売や完売御礼と表示されているケースの場合には、事実であることを証明する資料も提示されている必要が有る。
実際の物件よりも優良であると誤認させるものも使ってはいけない。
日当たり良好など。駅までの道のりではなく直線距離を表示しているケースの場合や、もこれにあたる。将来の値上がり確実と言う事もこれにあたる。
また、実際に売るつもりない良い物件を表示し、実際はそれより条件が下回る物件販売を行なっているケースの場合も誇大広告である。
これ以外、再建築不可などの条件を表示しないまま安い物件であると錯覚させるような広告にも注意して欲しい。
写真やイメージのイラストなどに惑わされないことも肝心である。
中古住宅を購入する際には広告に書いてあることを鵜呑みにせず、記載してあることをチェックすべきだ。
そして、分かる事ができないことは質問し、自分の目で物件を確かめて判断することが非常に大事である。

中古住宅購入の魅力

中古住宅とは一度購入者により登記された住宅である。中古住宅には新築住宅にはない魅力が有る。
まず、価格が安いことが挙げられる。
新築住宅に比較して一般に安価な点が中古住宅をえらぶ大きな魅力である。但し、入居までに修繕やリフォームが必要になるケースの場合があるので物件を直接見て購入の判断を実践することが肝心である。
前の持ち主と交渉して、カーテンやエアコンなどを設置されたままの状態で引継ぎ、その分の購入費を浮かせることもできる。
次に、地域を選択しやすいことである。
中古住宅は各地域に点在している。子どもの通う学校の学区に住みたいケースの場合、その学区の住宅を見つけやすいのが中古住宅である。
但し、学校に近くても学区は別のケースの場合があるので、事前に自治体に問い合わせて学区を確認して欲しい。
通院している病院に近い物件、スーパーに近い物件など中古住宅は条件に合わせての選択の可能性が広がる。
次に、住居環境を確認しやすいことが挙げられる。
中古住宅によっては、まだ売主が住んでいるケースの場合が有る。見学には、人が住んでいる状態の住居を閲覧することになる。
持ち主から直接話を耳にすることができるので隣人に関連してや、テレビの受信体系など情報をなるべく積極的に集めておこう。
最後に、リフォームしやすいことがある。
中古住宅は価格が安い分、リフォームにお金をかけることができる。また、リフォームが必要であることを前提に安いというケースの場合も有るし、値引きの交渉も可能である。
自分や家族の目的に合わせた中古住宅を見つけて購入して欲しい。

中古住宅購入のチェックポイント-1

中古住宅の購入には新築住宅に比較してチェックしなければならない点が増加する。どのようなことに注意してチェックすべきかを知っておこう。
まず、違法建築ではないか。
リフォームで建て増しした、など中古住宅は違法物件である可能性を考えて見学の際にはチェックしておこう。適法な物件であれば検査証が交付されているので、その有無を確認すべきだ。
検査証取得がないケースの場合には、不動産会社に専門家による診断も視野に入れて欲しい。
また、適法に建築された物件でも現在の法律では建ぺい率などが違って同じ大きさの住宅が建てられないことが有る。同じ理由で、増築したくてもできないことも少なくない。
絶対にその区域での制限がどう為っているのかを確認しておこう。
中古住宅は建て替えや改築・増築する可能性が高いので、それができるかどうかに関連して制限に注意しておく必要が有る。
次に、修理や補修の可能性を考えよう。
居住年数や家族構成、管理状態によって中古住宅の状態は様々である。室内はもとより外壁にひびが入っていないかどうかも包含してチェックしておこう。
購入後のリフォームや修理の費用も包含して、購入するかどうかを考えて欲しい。
室内では、絶対にドアやふすまの開け閉めをしてキッチリと閉まるかどうか、ドアとの隙間がないかどうか立て付けをチェックして欲しい。
押入れも包含し壁や天井にカビやしみがないかどうかも確認しておこう。中古住宅は購入の前に充分に自分の目で閲覧することが非常に大事である。
購入後に失敗だったと後悔しないためにも、時間をかけて吟味(ぎんみ)して欲しい。

中古住宅購入のチェックポイント-2

中古住宅に限らず建売住宅などを購入する際に必要なチェック重要ポイントを知っておこう。確認を怠らず、良い物件をえらぶようにこころがけて欲しい。
まず、土台の確認が必要である。
土台に換気口が充分にあるかどうかを確認して欲しい。また、シロアリ対策や防腐処理が実践されているかの確認も肝心である。
次に、採光や通風の良さである。
日光が入るかどうか、また風が部屋の中を通過するかどうかを確認しておこう。
窓があっても、隣の家との距離などの関係で室内が暗いケースの場合があるので注意が必要である。
南向きの物件であっても、すぐ近くに高層マンションがある、傾斜地に建っているケースの場合には日が射し込まない。絶対に部屋に入って確認して欲しい。
マンションでは、窓のない部屋がどのくらい暗いのかも見ておこう。
また、カビなどの原因になるので、風通しが良い窓の配置に為っているかなど通風の状態もガッチリチェックしておいて欲しい。押入れの中にカビがあるかどうかも見ておこう。
次に、スイッチやコンセントの配置や数も肝心である。
電化製品の配置を考えるうえで肝心であるので、絶対にコンセントがどこにあって数はどのくらいあるのかの確認をしておこう。また、スイッチの位置が使いやすいかも確認することが肝心である。
ガス温風器などガス器具を活用または利用しているケースの場合には、ガスのコンセントがあるか、その位置はどこにあるかの確認も必要である。
中古住宅を購入する際には、何回も現地へ足を運び、了解のいく物件を選択して欲しい。

中古住宅購入のチェックポイント-3

中古住宅は人が住んでいた物件である。購入する前には必要なヶ所は何回もチェックして、了解のいく購入を実現させよう。
まず、部屋の間取りやスペースである。
家族が住む肝心な部屋である。和室が必要ならば和室があるかどうかの確認をしておこう。
家具を置くスペースもよく考えて物件を見学して欲しい。間取り図は前もって閲覧することができるが、それだけでは実際の使い勝手は判断不可能だ。実際に室内を歩いて、通りやすいかどうかなど使い勝手を確かめて欲しい。
また、その際にはドアの開け閉めがスムーズか、床はきしまないかなども確認しておこう。
ベランダやバルコニーに防水処置が施されているかどうかも確認が必要である。
次に、駐車スペースが充分かどうかも確認しよう。
たとえ一戸建てであっても車庫がない物件も有る。自動車やバイク、自転車を置く充分なスペースがあるかどうかを確認すべきだ。
マンションのケースの場合は1戸につき、何台置くことができるのかの確認や、駐車場の場所、駐車場代の掌握も必要である。そして、駐車場から道へと自動車を出しやすいかどうかも確認して欲しい。
最後に、住居環境も重要である。
絶対に現地へ行ってスーパーや病院などへどのくらいの距離があるのか、坂道や近くに川があるかなどの環境を確認しておこう。子どもさんがいる人ならば交通量が多いと気になる。また、通学路の確認も肝心である。
交通量だけでなく、大人気のない場所を通過するのかどうかも実際に歩いて確かめよう。
日中と夜間、晴れている時と雨天時と歩きやすさはどうなのかも知りたい項目である。
近所にはどのよう人が住んでいるのか、話が聞けると参照事項になる。
中古住宅を購入する際には、こういった具合に気になる点をどんどんチェックしてから購入を決定するようにして欲しい。

中古住宅購入と中古マンションのチェックポイント

中古住宅には一戸建てとマンションなどが有る。
ここでは中古マンションを購入するにあたって物件をえらぶために知っておきたいチェック重要ポイントを紹介する。
まず、管理組合と管理費である。
マンションでは絶対に住民で組織される管理組合が有る。この管理組合が住民の意見をまとめたり、マンションの修繕や管理費積立などに携わる。
マンション管理では管理組合で実践する自主管理と、業務を管理会社への委託している管理組合が有る。
一般に管理会社へ業務委託しているケースの場合が多いようである。その分、業務委託しているマンションの方が管理費は高くなる。
しかし、マンション修繕などのこまごまとした事務や交渉などを行わなくて済む利点が有る。
中古マンションの購入後は管理費を支払うことになるので、管理費がいくらかかるのか絶対にチェックしておこう。
自家用車がある人は、この管理費にプラスして駐車場代も必要となる。住宅ローンの他にこれらの支払いも必要となることを考慮しておこう。
次に、大規模修繕と修繕積立金である。
マンションでは継続的に修繕が必要である。一般に10年から15年くらいに1度大規模修繕が必要となる。
その為に修繕のための積立金も支払うことになる(管理費として一緒に集金されているケースの場合も有る)。
この積立金で修繕費をまかなう訳であるが、修繕に必要な資金が足りないケースの場合、不足分が徴収されることが有る。その金額が数十万円にのぼることも有る。
このような事態を防ぐためにも、どのくらいの積立を行っているかを購入前に不動産屋に問い合わせておこう。
中古住宅の購入としてマンションを考えるケースの場合、一戸建て購入とは異なる面が有る。
購入後、トラブルに巻き込まれないようにするためにも充分なチェックが必要である。

中古住宅購入のチェックポイント関連エントリー

引越し業者の失敗しない選び方や口コミなど
私が引越し業者の比較をするときは、やっぱりランキングホームページを閲覧する。しかし、これには業者自らが自分に投票している可能性も有る。そう考えると、引越し業者の評判や口コミを活用して、安い引越し業者の選び方や金額の見積もり方など知る方が良い。引越し業者は人口の数多い東京都や大阪府に集中しているようだ。
悪質・悪徳なリフォーム詐欺で失敗しないために
リフォームというと住宅、すなわちトイレ、浴室や風呂、屋根などが本当に有名だ。しかし、ジュエリー、洋服、着物などもリフォームの対象になる。リフォームは、東京、福岡、大阪などで盛んに実践されているようだが、間違っていない知識を持って、悪質・悪徳なリフォーム詐欺で失敗しないための知識を身に付けよう。
マイホーム購入ローンや資金計画
マイホーム購入で失敗しない情報。マイホームを購入するために知っておくべきローン、資金計画、頭金、貯金などの話題も。他に、マイホーム購入のための間取りの事、新築と中古物件の事、さらにマイホーム購入時に失敗やトラブルを回避するための方法について。
手元供養とダイヤモンド、ペット、葬儀など
手元供養とダイヤモンド、ペット、葬儀などについて。他に、手元供養についての疑問に対する回答やアクセサリー、ジュエリー、ペンダントに関する話題も。さらに、手元供養協会のようなNPO法人についても紹介。
地震対策マニュアルと防災グッズ
地震対策マニュアルと防災グッズについて。地震対策の防災グッズというと非常袋を配布する企業が多いと思う。自分の家での地震対策防災グッズなら、家具の転倒防止を目的にしたものが多いと思う。これが地震対策として準備できることや用意するものについてのマニュアルである。
大人の書道セット
大人の書道セットについて。子供と大人両方に評価の良い書道セットを挙げるとイオン、gc210、かわいい女の子用、ディズニーなどである。他に、書道セットの手入れや思いなどの話題も。
香典袋の書き方と金額の相場
香典袋の表書きの書き方と金額の相場、四十九日の香典袋の金額の相場と法事法要、香典袋の包み方やお金の入れ方、更に手紙の見本、郵送、連名の秘訣(ひけつ)をご紹介。他に、キリスト教、神式、密葬と香典についても解説。
中古住宅購入ローンの注意点
中古住宅を購入するときのおすすめの手順として手数料をローンにする方法もある。そこで、中古住宅購入ローンの注意点について紹介したいと思う。他に、中古住宅購入とローンの金利タイプ、契約解除、諸費用、欠陥があった場合の責任の話題も。
中古住宅購入と減税
中古住宅を購入した後の税金の手続きとして住宅ローン控除をすれば減税できる。他に、中古住宅購入と繰り上げ返済やリノベーションの話題も。さらに、中古住宅購入と資金計画や諸経費、財形住宅貯蓄などの紹介も。
土地収用法の解説
土地収用法の解説と手続きについて。他に、土地収用法第3条や事業認定、都市計画法、対価補償金などの話題も。さらに、土地収用法改正や租税特別措置法、税金、特別控除などもご紹介。
ねずみ駆除
ねずみ駆除業者で有名なのはダスキンであるが、市役所や保健所でも相談にのってくれる。自分でできるねずみ駆除方法には超音波、薬剤、毒餌などがありアースが有名である。参考までにねずみ駆除の盛んな地域は、東京都江戸川区と大阪である。
インテリアコーディネートの実例
最近、一人暮らしのワンルームマンションでインテリアコーディネートを楽しむ人が増えている。インテリアコーディネートというとリビングなどお部屋模様替えを思い浮かべる人も多いのではないか。そんなインテリアコーディネートの実例や資格試験の話題も。