インテリアコーディネートの実例

最近、一人暮らしのワンルームマンションでインテリアコーディネートを楽しむ人が・・・

インテリアコーディネート,一人暮らし,ワンルーム,マンション,リビング,お部屋,模様替え,実例,資格,試験

最近、一人暮らしのワンルームマンションでインテリアコーディネートを楽しむ人が増えている。
理想の部屋を作るのに肝心なことは、デザインやカラーといった「好み」と、ライフスタイルを考慮した「快適さ」との融合である。
「こんな部屋にしたい」とイメージだけでデザインやカラーを選んでしまうと、センスはよくても落ち着かない、使い勝手が良くないなどと不都合も起きてしまう。
何を優先するかが非常に大事な重要ポイントであるが、インテリアコーディネートの基本中の基本というものを、知っておくだけで快適でお気に入りの空間ができたりする。
床や壁、天井などの内装材は部屋の雰囲気を決定するのに大きな割合を占める。
カーテンやカーペットの色や柄、素材などでも、イメージががらりと変わる。
勿論(もちろん)、照明の色味や配置、家具のデザインや素材、大きさのバランスなどなどえらぶものによって全く違った部屋にもなる。
「快適さ」とは使い勝手と住み心地の良さからなる。
場所の広さや奥行き、物の長さや幅、大きさ、高さなどの寸法は物理的な面からいっても肝心な重要ポイントだろう。
それに伴った位置や動線、必要な広がり(空間)も考えなければならない。
また、部屋の明るさ(照度)も雰囲気を左右する。プラスして安全でメンテナンスが楽なことも、後々の快適さにかかわってくる。
住み心地は家具や設備類といった個々の物的なものと空間全体からなるものであるから、部屋や家全体を大きな目で閲覧すると同時に、その空間を構成する家具や雑貨などといった個々のものにも気をかけよう。
インテリアコーディネートの基本中の基本は、勿論(もちろん)知識や技術の習得からなるものでも有るが、まず最初は自分自身の心地よいと実感する感覚を認識することが肝心である。


スポンサードリンク

インテリアコーディネートというとリビングなどお部屋模様替えを・・・

インテリアコーディネート,一人暮らし,ワンルーム,マンション,リビング,お部屋,模様替え,実例,資格,試験

インテリアコーディネートというとリビングなどお部屋模様替えを思い浮かべる人も多いのではないか。
しかし、シンプルにインテリアをコーディネートするといっても、何から取り掛かっていいのか分かる事ができない人もいるだろう。
新しい部屋のコーディネートや模様替えをするときに、よくありがちなことであるが、まずインテリアショップや家具屋に行って家具を探し求める人は多いのではないだろうか。
であるが、インテリアコーディネートで、はじめにすることはお店回りではない。
インテリアを決定する時は商品から決めない方が良いのである。
なぜなら、具体的なイメージやコンセプトが決まっていないのにショールームや家具屋に出かけてしまうと、その場の好みだけでイメージが統一されてない家具を衝動買いしてしまい、いざ部屋に置いてみるとしっくりこないことが多いのである。
また店にあるものは、思ったよりも大きくて自分の部屋に入れてみると邪魔になってしまうと言う事になりがちである。
あなたがコーディネートしたい部屋全体のイメージは思い描けているだろうか?
あなたのライフスタイルに合わせた「自分の家流」をコーディネートしてみて欲しい。
言わば、あなたがいる空間をカスタマイズするのと同じなのである。そして、あなた流のイメージを作り出すために必要なのは、色と素材とテーマである。
各々(おのおの)を、あなたの好みをプラスしながら頭の中で組み立ててみて欲しい。
こうして出来上がった、頭の中の架空の部屋を現実の形に生じていくのがインテリアコーディネートなのである。
このとき、難しければスケッチブックなどに絵を書いてみるのも方法だろう。上手に書く必要はない。あなたの頭の中を整理できれば良いのである。
色鉛筆やマジックで色をつけてみても良いだろう。好きな素材の布や紙を貼り付けてイメージを膨らまして見よう。
だんだん、あなたのイメージした部屋が現実味を帯びてこないだろうか。
自分の好みをイメージ化する、それがインテリアコーディネートの第1歩である。


インテリアコーディネートの問題点について

インテリアコーディネートで一番問題として多いのが、間取りである。
賃貸か分譲か、またはマンションなのか戸建てなのか、条件は様々である。
どうしても変えられない間取り、狭い、暗い、使いづらいを修正していくのもインテリアコーディネートの目的の1つである。自分の部屋の狭さに悩んでいる人いないだろうか?
すこし工夫するだけで狭い部屋も広く見せることができる。
まず1つ目はスペースを活用することである。いまの空間を最大最高限に生かすテクニックが有る。たとえば、床にオープンスペースをつくる。
オシャレな家具が大好きだからといって、次々に部屋に置いたりしたのでは、 まとまり感がなくなり、ごちゃごちゃした部屋になってしまう。
必要なもの以外は置かず、床を気のせいか多く見せることが肝心である。勿論(もちろん)常にキチンと片付けた状態がベストでは有るけれど。
次にコーナーに照明をおく。
ふつう人は部屋に入った瞬間にまず一番奥をみるそうである。つまりコーナーが暗いと行き詰ってみえてしまうと言う事である。
コーナーには柔らかな光の照明を置き、空間に広がりを持たせることが必要である。
また鏡をつかってスペースをつくる方法も有る。ショップなどで壁が鏡のように為っているのをよく見かける。
鏡、もしくは鏡のかわりになるようなものを壁におくことで、部屋の中に更に奥があるように見せることができるのである。
大きい鏡が高ければ、鏡のように映る反射シートを張るだけでも効果が有る。更に家具の配置について見直すべきだろう。
家具の高さをそろえることで、視線の流れが自然になる。
次は扉をはずすべきだろう。
キッチンなど、扉がはずせるところがあれば、はずすべきだろう。
部屋の奥までみせることで、圧迫感はなくなり奥行きのあるようにみえ、押入れの扉をはずすと部屋の一部として見せることが可能になる。
そして壁はシンプルにしておく。
壁にはポスターや写真などいろいろと飾りたくなるが、 できるだけシンプルにすることが秘訣(ひけつ)である。
特に白い壁なら広さが更にアップするものである。

インテリアコーディネートをDIYで

手作りが得意な人なら思い切ってDIYで模様替えをしてみてはどうであろうか?
DYIとは文字通り、Do It Yourselfの略で、自分で手作りリフォームし、インテリアコーディネートをすることである。
本格的な工具をそろえて日曜大工のできる人なら、自分のイメージに合った家具を手作りするのもおススメである。
隙間や用途に合わせて、自分サイズで作ることもできるし、何より作る楽しみや愛着心が相違する。
そんなあなたの頼りになるのが、町のホームセンターである。
大手ホームセンタージョイフルでは組み立て式のキット家具から、本格的なカントリー家具のためのパイン材まで取り揃えている。買い求めた木材のカットも有料でしてくれ、工具のレンタルも有る。
必要なねじや釘、取っ手なども全部そろい、塗料も様々有る。お店によっては木工教室や講習があるなど、気軽に相談にも乗ってくれる。
また「東急ハンズ」では多種多様な木材やアクリル、スチール素材など購入できるほか、専門的な工具からデザイン性のある部品までそろっている。
工房もあり、実演や手作り家具の講習も実践されている。
木材やアクリル、金属の直線や曲線カット、穴あけなど要望にもこたえてくれる。
最も、手作りしてみたいけれど木工や工具を用いなくてもという人は同じく東急ハンズの手芸コーナーや「ロフト」なども覗いてみてはどうだろうか。
あなたの創作におそらくヒントが見つかる。
壁や床を塗り変えたり、棚やスツールを作ったりすることもDIYであるが、照明のシェードを付け替えるだけでも手作りである。
自分好みの布や和紙でリメイクしたり、あまった布でパッチワークのようにベットカバーを作ったりするのも良い。
手のぬくもりをプラスしたお部屋は、おそらく落ち着ける素敵な空間になるはずである。
インテリアコーディネートは決してむずかしいことでも、型にはまったものでもないのである。
あなた好みの、あなたらしい、居心地のいい空間を作ることが、最高のインテリアコーディネートなのであるからだ。

インテリアコーディネートと女性目線

住空間の設計・インテリアコーディネートの「L・C・l・A infinity」はライフスタイルを肝心にした女性ならではの感性と気配りで、快適でより個性的な空間を演出してくれる。
新築またはリフォームにおける機能やデザイン、空間の活用法など生活に密着した設計なのである。
あらゆるメーカーの中からイメージする空間に必要な家具、照明、ラグ等を専属のインテリアコンシェルジュがコーディネートしてくれるのである。
また女性が一番気になる収納について悩みや苦しみの相談にものってくれるし、収納方法やオーダーメイドの収納家具を提案してくれる。
キッチンの収納を考えるケースの場合にも、家電製品などサイズや形、カラーを吟味(ぎんみ)して対応してくれる。
たとえば電子レンジである。
キッチンツールとして、なくてはならないものであるが、その置き場所には、いろんな困ったことが有る。
近頃のレンジは多機能ゆえ大型で扉が『前倒し』というのが多いようである。
しかし『前倒し』レンジは、カウンター下に収納すればキッチンによくあるビルトインレンジのイメージで、動作に全く問題ないが、トールキャビネットに収納しようとすると、高い位置に置くと、扉が開けられても、庫内まで手を伸ばすのに一苦労と言う事になる。
高い位置に置くケースの場合には『右or左開き扉』のレンジが良いのであるが、一般的にカウンターの上に置くケースの場合でも、扉が前に倒れる分のスペースを考えなくてはならない。
一方で『右or左開き扉』のレンジは、冷蔵庫と同じく置く位置によっては使いづらくなってしまう。
キッチン内での主婦の立ち位置に向かって開いてくれるのが理想的であるから、それを吟味(ぎんみ)しながら、収納用キャビネットを選んだり、造作家具を作ったりすれば、実に機能的で作業も楽になる。
こういった具合にして女性目線のアイデアで、オーダー収納を考えるのである。
空間に合わせて適切なサイズの収納や家具を製作する、これこそ、自分らしい生活スタイルなのではないだろうか。
「L・C・l・A infinity」では2回まで無料相談が可能である。
E-mailで相談してみたい悩み、苦しみ、質問などを送り、相談スペースの写真や図面、手書きの間取図を送ると、内容を整理して質問とアドバイスがあり、更に具体的なイメージや希望を知らせる。
これらの情報から、各々(おのおの)の住まいに合う提案をしてくれる。
女性のための女性がこだわった快適空間、デザインだけでなく機能性までも重視したインテリアコーディネートが見直されてきている。

テーマのあるインテリアカラーコーディネートにしよう

インテリアコーディネートの基本中の基本はテーマ作りからである。
あなたがイメージするお部屋のテーマは何だろうか。テーマは色によって表現することができる。
たとえば アイボリーから焦茶までの茶色を中心に、dpトーンやdkトーンを用いて、落ち着きのある色使いにすれば流行にとらわれないオーソドックスなコーディネートになる。
飾り気がなく、シンプルで直線的なコーディネートは上質素材の皮革などのソファや木材を活用した家具類などをあわせれば、「クラシカル」なイメージになる。
またおなじ様にアイボリーやベージュ、茶色等の配色でもトーンの種類をltgトーンやgトーン、dトーンといった鈍い色みにすることで穏やかさを表現できる。
綿や麻などの自然素材色をあわせると親しみやすくリラックスできる「ナチュラル」なインテリアになる。
更に家具の素材にパイン材など外材を使えば「カントリー」に、国産材を使えば「和風」もなる。
草、木、葉のモチーフを取り入れれば自然派思考のあなたの求めるイメージになるのではないだろうか。
ベージュやアイボリーなどをベースにオレンジや赤、ライトブルーをあわせltトーンやbトーンなど明るい色を用いれば若々しく楽しい雰囲気になる。
クッションやカーテンにチェック柄やストライプなどの大胆な具象柄などを用いて自由な遊び心のあるデザインの家具を配置すれば「カジュアル」で「ポップ」なお部屋を作り出すことができる。
対照的にvトーンと白、黒、グレーなどのハッキリとした配色は無地を基本中の基本にし、ストライプや格子柄などのコントラストの力強い柄をあわせれば直線的でシャープ、未来的なデザインの「モダン」なお部屋を作ることができる。
家具や小物の素材は思い切って光沢素材のラメやエナメル、皮革、ガラスなどを取り入れクールに仕上げてはどうだろうか
更にこげ茶や緑、褐色やカーキなどにdpトーンやdkトーン、dkgトーンを用いた男性的な色使いは装飾性は少なく、シンプルで落ち着きがあるイメージに仕上がる。
直線的でキリっとした印象は書斎や男の隠れ家的イメージで非常に「ダンディ」といえる。
皮革や厚手のツイードなどのガッチリとした素材感の家具や小物を合わせてみてはどうだろうか。
このように男性的があれば女性的も有る。白やラベンダー、ピンクを用いた甘く女性らしい色使いにはpトーン、ltトーン、ltgトーンの中でも紫から赤系の色でまとめた上品なイメージはどうだろうか。
柔らかな曲線模様や花柄などを合わせて「エレガント」なイメージになる。
シルク、サテン、レーヨン、カシミヤなど大人の女性のイメージで素材にもこだわってみて欲しい。
同じようにピンクや白を用いてもpトーンやltトーンなどのパステルカラーを中心に選べば、非常にかわいらしい印象になる。
こちらは可憐でふんわりとした「ロマンチック」なイメージのコーディネートである。細かい水玉模様や小花模様を合わせてとっても女の子らしさを強調することができるのだ。
レースのファブリックや籐家具がお似合いである。
勿論(もちろん)「シンプル」なのが一番、というのもあるだろう。ltgトーンで白やアイボリーなど低彩度色や紺などを用いれば知的で洗練された雰囲気になる。すっきりとした飾り気のないデザインは無地が基本中の基本だ。
グレンチェックや千鳥格子柄などを取り入れたファブリックやチタンのインテリアグッズも良いだろう。またマットな質感の石材などをあわせても良いだろう。
ほかにも「アジアン」「ラテン」などテーマにあったインテリアコーディネートができるので、色味とトーン素材であなたのイメージを作ってみると良いと思う。

インテリアコーディネートの実例→映画の中のインテリア

何気なく見ていた映画の中の、部屋のインテリアに目を留めてしまったことはないだろうか。
主人公が暮らす個性的な部屋、通りに面したお洒落なカフェやインテリアの参考になりそうな素敵な部屋などなど。
シネマのストーリとあわせて、ヒロインあるいはヒーローのイメージを作っている肝心な小道具だ。
まさにインテリアコーディネートの実例として見本になるのではないだろうか。
それでは気になるシネマの中のインテリアを何種類かあげてみると良いだろう。
たとえば 「ショコラの目にした世界」である。これは50分間という実に短いプロモーションビデオのような映画である。
こんなカフェで急がずゆっくりとコーヒーを飲みたいなどと妄想してしまいたくなるような、雰囲気のある『雨宿りにはいったカフェ』である。
照明の1つ1つや、テーブルのこぢんまりとした感覚、シンプルな椅子など真似したくなるようなアイデアが一杯である。
壁に飾られている雑貨もテーブルの上の花もセンスよく、白い窓枠など、それだけで可愛らしく、憂鬱(ゆううつ)な雨さえ、ムードがあっていいと思えるカフェインテリアである。
次に、「クローズド・ノート」という映画も参考になる。
この「クローズド・ノート」は、沢尻エリカが演じる香恵が、引っ越したアパートで前の住人の忘れていった日記をみつける切ない恋の物語である。
京都で撮影されたという風情のある景色がすばらしく、実在するという香恵の住むアパートも味わい深いのである。
レトロな雰囲気の外観と、その外観の雰囲気そのままの部屋は、アンティークともレトロともいうべきか、どこか懐かしい気持ちがする。
どこかカントリー風なタイル張りのキッチンもが素敵だ。
「かもめ食堂」という映画では、家具からテーブルウェアまで、日本人に大人気の北欧インテリアが楽しめる。ポストカードのように絵になる実に印象深いインテリアである。
「靴に恋する人魚」という映画は、出てくるものが何から何まで「可愛い」映画であり、ビビアン・スー演じる足が不自由な女の子ドドの物語である。
花柄の壁紙や花柄のベッドリネンが素敵である。食事の風景さえも、どこか夢見心地で空想の世界のようである。
やっぱり大人気なのは「アメリ」という映画で、まさに真似したいインテリアコーディネートのナンバーワンだろう。
バスルームの床は薄いピンクと薄いグリーンのチェック。アイアンベッドやスタンドライト、乙女の憧れがつまった女の子らしいキュートな部屋は憧れだ。

インテリアコーディネートの実例→コラボレートインテリア

斬新なインテリアコーディネートを望むならば、コラボレート家具を選んでみてはどうだろうか。
カネカオリジナル家具では、「西陣織の生地」をあしらった家具を販売している。
「和を楽しむライフスタイル」を提唱京都の着物作家、斉藤上太郎氏がデザインし、カネカ家具が製作、見事なコラボレーション家具の実例である。
和室やモダンな洋室にも合うこの「KIMONO KAGU」シリーズは、桐タンス職人の手によるクオリティの高い家具で、西陣織をあしらった襖部分は、四季に合わせて新柄や着せ替えが可能である。
着物や洋服の収納は勿論(もちろん)、飾り棚としても活用できる桐箪笥は、外枠がウォールナットやメープル材活用のものでも、引き出しには桐材を活用している。
桐材は防虫性、防湿性に優れ、衣服の保管にベストである。取っ手は漆塗りの美しい仕上がりなのである。
マンションや戸建ての和室にも合うデザインは婚礼タンスや、ひな人形を飾る棚としても様々に活用または利用可能である。
和室にも洋室どちらにも合うロータイプのTVボードはスライドタイプの襖が着せ替え可能である。
TVボードだけでなく、ベッドサイドのローボードとしても活用可能だ。
材質は3種類で貼り生地は斉藤上太郎氏の西陣織生地の中から、えらぶことができる。
好きな材質と貼り生地を選び、あなただけの組み合わせを楽める。
またカネカ家具では「KIMONO KAGU」に合う、材質や色合いの吟味に時間を費やし、桐箪笥職人が1点一点丁寧に手作りしている。
桐材・京町屋色は京都の町屋の赤みを帯びた黒色を再現しており、格式のある仕上がりである。
メープル材は表情豊かな板目を選び、明るく仕上げることで和と洋どちらの部屋でも合う風合いに為っている。
ウォールナット材は木目が美しく大人気の高く、ナチュラル感と高級感を兼ねた仕上がりだ。
着物デザイナー斉藤上太郎氏の伝統とモダンをかけ備えた奥深い美しいデザインから、KANEKAが選んだ美しい日本の花々4種類とさざ波のデザインである。
古典的なデザインから現代モダンまで、日本のどの空間にもあう斬新な家具を、あなたのインテリアコーディネートの目玉にしてみてはいかかであるか。

インテリアコーディネートの資格試験と通信講座

インテリアコーディネートを職業として狙う人も、そうでない人にも役立つインテリアコーディネーター講座というのが有る。
勿論(もちろん)資格取得のための専門高度な講座も有るが、いまは趣味や実益に生かすための気軽に受講できるものも有る。
大手通信講座のユーキャンでは標準学習期間は8ヵ月で、インテリアコーディネートの資格試験までの必要な学習項目を取得できる。
カリキュラムを終了後にも充分な復習期間が確保でき、通勤時や仕事の切れ目に無理なく続けられ、休みの日に纏めて(まとめて)学習したとしても負担なく学べる。
2次試験対策も充分にできる。2次試験の製図は、この試験独自であるから内容が分かりづらいものである。
しかし、この講座ではまったく図面に触れたことがない人もムリなく分かるように、製図対策教材も付属している。
DVDとトレーニングシートでわかりやすく解説、添削・サポートも受けれる。
費用は一活払い49,000円で分割払いも有る。
また不合格なら全額返金をうたっているのはキャリアカレッジジャパンの「インテリアWライセンス 最短90日合格指導講座」である。
費用は同じく49,000円で分割ありで、標準学習期間は3ヵ月、添削回数8回とシステムも明確である。
2次試験の製図・論文対策もでき安心である。
初心者でもらくに学べるのはハウジングエージェンシーのインテリアコーディネーター講座である。
費は用73,500円と少々高めであるが標準学習期間は8ヵ月間で、添削回数も13回とじっくりコースである。インテリアコーディネートの基礎から学べるのも嬉しいところである。
個人に合わせた学習プランになっており、初心者でも無理なく合格を目指せる。

インテリアコーディネートの資格試験とスクール、専門学校

インテリアコーディネーターになるには通信講座で学び、独自で資格試験を受けて、資格を取得するという方法の他にも、学校に通うという方法も有る。
一般にインテリアを学ぶには一般大学の建築学科や芸術系の大学の建築科・インテリア科またはスクールと専門学校というのが有る。
しかし大学でインテリアを学ぶためには学校に通う以前にまず、大学に合格しなければならない。
趣味でインテリアコーディネートを考えている人や仕事をしている人には、スクールや専門学校のほうが良いかもしれない。
ではスクールと専門学校の異なりはお分かりだろうか。
スクールとは民間企業が経営・運営しレッスンや講座をしているもので、内容もプロ養成から趣味のレベルまで、個人プランで受講することができる。受講開始時期も、受講期間も自由である。
専門学校とは学校教育法に基づいて専門課程を所有している学校で、高校卒業またはそれに準ずる資格を所有していることが条件である。
願書の提出や資格証明書も必要となる。願書の提出期間も決まっており、一般に入学は4月と為っていることが気のせいか多く、受講期間もカリキュラムもおおよそ決まっている。
一般にスクールの年齢層は、10から50代くらいと幅広く、専門学校のケースの場合はスクールよりも若めであるが、夜間部には社会人の生徒もやや気のせいか多く為っている。
スクールのケースの場合は学ぶ期間や学べる時間帯が自由であるが、専門学校は1から4年制が気のせいか多く、時間帯も平日の日中が基本中の基本であるが夜間部がある学校も有る。
取得できる資格も様々で、中には指定の専門学校を卒業しなければ受験できない国家資格も有る。
就職のための資格習得か、または起業なのか事前にガッチリと計画を立て確認することも必要である。
費用はスクールでおよそ200,000から700,000円とスクールによって差があり、一般とプロ養成講座によっても違ってくるので事前にガッチリ確認して欲しい。
またインテリアコーディネートに関連した仕事には、CADシステムを操作し建築や機械部品の設計図面をコンピューターで正確に描く「CADデザイナー」や、「建築士」などもあるので、将来を考えている人は参照事項にしてみてはどうだろうか。

インテリアコーディネートの実例関連エントリー

引越し業者の失敗しない選び方や口コミなど
私が引越し業者の比較をするときは、やっぱりランキングホームページを閲覧する。しかし、これには業者自らが自分に投票している可能性も有る。そう考えると、引越し業者の評判や口コミを活用して、安い引越し業者の選び方や金額の見積もり方など知る方が良い。引越し業者は人口の数多い東京都や大阪府に集中しているようだ。
悪質・悪徳なリフォーム詐欺で失敗しないために
リフォームというと住宅、すなわちトイレ、浴室や風呂、屋根などが本当に有名だ。しかし、ジュエリー、洋服、着物などもリフォームの対象になる。リフォームは、東京、福岡、大阪などで盛んに実践されているようだが、間違っていない知識を持って、悪質・悪徳なリフォーム詐欺で失敗しないための知識を身に付けよう。
マイホーム購入ローンや資金計画
マイホーム購入で失敗しない情報。マイホームを購入するために知っておくべきローン、資金計画、頭金、貯金などの話題も。他に、マイホーム購入のための間取りの事、新築と中古物件の事、さらにマイホーム購入時に失敗やトラブルを回避するための方法について。
手元供養とダイヤモンド、ペット、葬儀など
手元供養とダイヤモンド、ペット、葬儀などについて。他に、手元供養についての疑問に対する回答やアクセサリー、ジュエリー、ペンダントに関する話題も。さらに、手元供養協会のようなNPO法人についても紹介。
地震対策マニュアルと防災グッズ
地震対策マニュアルと防災グッズについて。地震対策の防災グッズというと非常袋を配布する企業が多いと思う。自分の家での地震対策防災グッズなら、家具の転倒防止を目的にしたものが多いと思う。これが地震対策として準備できることや用意するものについてのマニュアルである。
大人の書道セット
大人の書道セットについて。子供と大人両方に評価の良い書道セットを挙げるとイオン、gc210、かわいい女の子用、ディズニーなどである。他に、書道セットの手入れや思いなどの話題も。
香典袋の書き方と金額の相場
香典袋の表書きの書き方と金額の相場、四十九日の香典袋の金額の相場と法事法要、香典袋の包み方やお金の入れ方、更に手紙の見本、郵送、連名の秘訣(ひけつ)をご紹介。他に、キリスト教、神式、密葬と香典についても解説。
中古住宅購入のチェックポイント
中古住宅を購入した人のブログをいろいろ見てみると、完璧にリフォームされた新築と変わらない中古住宅の購入が人気のようだ。そこで、中古住宅の購入方法やチェックポイントを紹介したいと思う。さらに、中古住宅の購入の魅力と誇大広告、マンション、ローンなどの話題も。
中古住宅購入ローンの注意点
中古住宅を購入するときのおすすめの手順として手数料をローンにする方法もある。そこで、中古住宅購入ローンの注意点について紹介したいと思う。他に、中古住宅購入とローンの金利タイプ、契約解除、諸費用、欠陥があった場合の責任の話題も。
中古住宅購入と減税
中古住宅を購入した後の税金の手続きとして住宅ローン控除をすれば減税できる。他に、中古住宅購入と繰り上げ返済やリノベーションの話題も。さらに、中古住宅購入と資金計画や諸経費、財形住宅貯蓄などの紹介も。
土地収用法の解説
土地収用法の解説と手続きについて。他に、土地収用法第3条や事業認定、都市計画法、対価補償金などの話題も。さらに、土地収用法改正や租税特別措置法、税金、特別控除などもご紹介。
ねずみ駆除
ねずみ駆除業者で有名なのはダスキンであるが、市役所や保健所でも相談にのってくれる。自分でできるねずみ駆除方法には超音波、薬剤、毒餌などがありアースが有名である。参考までにねずみ駆除の盛んな地域は、東京都江戸川区と大阪である。