ウッドデッキの作り方とDIYの施工例に関して

ウッドデッキの作り方とDIY(日曜大工)の施工例へようこそ

ウッドデッキ,作り方,diy,施工,キット,通販,自作,製作,塗装,ベランダ

ウッドデッキの作り方・作成方法やDIY(日曜大工)の施工例、更にウッドデッキの塗替えや手入れ方法などに関して。ウッドデッキには手作り(DIY)キットが通販などでも販売されておりお安い価格で自作(DIY)で製作可能に為っている。
これ以外、ウッドデッキの塗装の仕方や施工例、塗料の種類やメンテナンス方法、ベランダウッドデッキの作り方などに関しても。
ウッドデッキには基礎石やウリンなどの材料が必須であり、バーゴラを上手く活用したウッドデッキも有る。
また、近頃では屋根にウッドデッキを設置する人もいるようだ。


スポンサードリンク

ウッドデッキの基礎の作り方に関する情報

ウッドデッキ,作り方,diy,施工,キット,通販,自作,製作,塗装,ベランダ

安全で安心なウッドデッキを作成するには、まず基礎的な土台作りが非常に大事だ。
一見、基礎作りは重労働でたいへんに見えるが、手を抜くことなく、ガッチリと実践しよう。
ウッドデッキを支える基礎石は、基礎位置でも非常に大事な位置だ。
重量を支えるのみでなく、木の腐食を抑止する肝心な活動も成し遂げている。
基礎石は、石と名が付いているが、近頃ではコンクリートで作られたものが一般的で、束石や、沓石とも呼ばれている。
基礎石を使わずに、石の平板や、ピンコロと称される重量ブロックを基礎石として用いることもあるが、基本中の基本的そしてはホームセンターなどで売られている既成のブロックを用いると良いと思う。
基礎石は重いので、微調整がたいへんでは?という人には、樹脂製のものもある。
こんなに軽くても大丈夫だろうか?と思うかもしれないが、1つで7t程の耐荷重があるそうだ。
軽い木材を使ったウッドデッキには良いかもしれない。
これ以外に、柱を打ちとめる金具プレートが付いた「羽子板つき基礎石」や、4×4材がスッポリ差し込める2×材専用の基礎石もあるので、ある特定のケースの場合には活用してみるのも面白い。


ベランダウッドデッキの製作に関する情報

自分もウッドデッキを楽しんでみたいけど、マンションだから・・と諦めている人はいないだろうか?
マンションのベランダでも、充分に楽しむことができる、ベランダ専用のウッドデッキの製作という事例がある。
家のベランダは狭いから、と思っている人でも、デッキを敷いてみると予想外にベランダが活用可能になるものだ。
リビングのフローリングの色と合わせれば、ベランダがリビングの延長のようになり、部屋の中を広いと実感できる。
また、ウッドデッキは光を吸収してくれるので、太陽の照り返りを押さえることもできる。
ベランダにウッドデッキの製作する前には、絶対にマンションの統制・管理組合などに確認をしてみて欲しい。
ある特定のケースの場合は、工事をしたり、大きな物は置いてはいけなかったりすることもあるからだ。
ベランダウッドデッキの製作が可能だったケースの場合でも、ベランダウッドデッキの製作をする時は施工方法をよく吟味(ぎんみ)してみて欲しい。
ベランダの床は平らではなく、排水のために傾斜がかかっている。
この傾斜に合わせて安定性よくベランダウッドデッキの製作しておかないと、ガタつきが生じて騒音の要因になったり、排水が悪くなって泥やゴミがたまったりしてしまう。
ベランダウッドデッキの製作をしたら、お花や石、小物などを用いてお洒落な空間を演出してみてはどうだろうか。

ウッドデッキの塗装の施工例はこれだ!

ウッドデッキをより良い具合で長持ちさせるためには、メンテナンスが肝心だ。
ウッドデッキのメンテナンスの中でも肝心な塗装は、1年に1回は実践しよう。
塗装をしなくても耐久性があるから大丈夫、というウリンやイペなどの高価な木材もあるが、木は生きている自然な素材だ。
もしもウッドデッキが紫外線を受けることを継続して放置していると、退色して、反りや割れが生じるケースの場合があるので要注意だ。
より美しい具合で長持ちさせるためには、やっぱり継続的な塗装をした方が安心だ。
塗装なんて、何だかたいへんそうじゃん、と思う人も数多いと思うが、やってみれば意外とシンプルだ。
それでは、ウッドデッキの塗装の施工例を見てみよう。

 

塗装する時は、天気の良い日を選ぶこと。なぜなら、塗料が乾きやすいし、その方が作業していて気持ち良いからだ。
まず、水洗いをしてシンプルに汚れを落としてよく乾かすこと。
充分に乾いていないと、塗装しても塗料が中まで染みこみまずに、乾いている位置とのムラが出るのでとくに気を付けて欲しい。
更に、ウッドデッキの塗装の施工例として、ササクレがあるケースの場合はペーパーなどで削り落としておく。
表面が整ったら、いよいよ塗装だ。塗装用の手袋をはめて、ハケやウエスに塗料をたっぷりと染みこませて、ウエス(ゾウキン)のケースの場合はゾウキンがけのように丁寧に塗っていく。
塗装した後の余分な塗料は、ウエス(ゾウキン)で拭きとっておくと、実に綺麗に仕上がる。
その後、塗装が乾けば完了だ。
以上が、ウッドデッキの塗装の施工例だ。

ウッドデッキの塗料とメンテナンスに関する情報

次に、ウッドデッキの塗料とメンテナンスに関する情報について述べたいと思う。ウッドデッキの塗装には、「外部性木部用塗料」という塗料が利用されることが一般的だ。
塗料の素材には、水性と油性があって、各々(おのおの)にステインタイプとペンキタイプがある。
ステインタイプは、浸透性塗料とも呼ばれ、色素が木材に染みこんで着色するので、木目を生かした仕上がりになる。
再塗装する時も、上から重ね塗りすることが可能で、初心者でもシンプルに綺麗に仕上げることが可能だし、メンテナンスがとっても楽だ。
ペンキタイプは、ニスやペンキのように、表面に被膜を作って木材を保護する塗料だ。
白やグリーンなど、いろんな色があるので、普通のウッドデッキとはやや異なった個性的な仕上がりになるが、時間が経つにつれて、剥がれてくる。
塗り直すケースの場合は、前の塗装を全て落としてからでないと、再塗装することができない。
メンテナンスのことを考えると、ステインタイプがおススメだ。
油性と水性では、どちらでも良いが、ウッドデッキ用の塗料としては油性塗料が一般的で「キシラデコール」という塗料が定番と言われている。
だがしかし、油性のケースの場合は塗料が別のところに付いてしまったケースの場合、シンナーでふき取らないと落とせない。
水性塗料の場合、乾燥前ならばシンプルに落とすことができるが、油性の方が、伸びが素晴らしく、やや持ちが良くメンテナンスが楽といった長所がある。
どちらが良いかどうかは一概には言えないが、初心者には、水性タイプの方が扱いやすいかもしれない。
ちっぽけな子供や、ペットがいる家庭では、塗料が心配だと思うが、環境にきちんと配慮した、そして私達の体にも害のない天然素材の塗料「オスモカラー」、「カルデット」などもある。
こういった、人にも環境にも優しい塗料を選べば、落ち着いて塗装することができる。

自作(DIY)ウッドデッキの手作り作業の施工例など

近頃では、日本でもDIY(自作・日曜大工)が大人気で、ウッドデッキも手作りしたいと思っている人は数多いようだ。
自作のウッドデッキを手作りするためには、事前の準備が色々と必須事項として存在する。
もちろん、事前に工具をそろえておくことも肝心だ。ノコギリなどの手工具の他に、インパクトドライバーや、丸の子などの電動工具もそろえておくという必須事項があるのだ。
このような自作ウッドデッキに活用する資材や塗料の調達の他にも、忘れてはならないこととして作業環境を整えておくことがある。
意外と軽視しやすい現場の作業環境だが、事前にガッチリ整えておかないと、作業がスムーズにいかない。
自作ウッドデッキの手作り作業の施工例としては、塗装などを考慮したケースの場合、2から3週間はかかる。
その間、資材をどこに置いておくのか、雨対策のための養成シートは用意してあるか、塗装した木材を養成するところはあるかなど、資材の保管スペースを確保しておくという必須事項があるのだ。
また、作業する空間、すなわちスペースも必須だ。
更に自作ウッドデッキの手作り作業の施工例として、電動工具を用いるために必須事項になるコンセント位置が作業場と近くにあるか、などの確認も必須事項だ。遠いケースの場合には、コードリールを用意しておかなければならない。資材をカットすると、多量に端材も出る。これらの処理対策についても、考えておかなければいけない。
また、電動工具などを用いる時に出る騒音は、近所への迷惑になるケースの場合があるので、作業する前に、ご近所さまへの挨拶(あいさつ)をキッチリとしておくことも肝心だ。
以上、自作ウッドデッキの手作り作業の施工例だ。

バーゴラ付きウッドデッキのメリットに関する情報

ウッドデッキを取り付けたいな、と考えている人は、バーゴラ付きにしてみてはどうだろう。
バーゴラとは、イタリア語の葡萄棚が語源で、もともとはツル性の植物を絡ませるように作られた洋風の柵上の建築物のことだ。
ウッドデッキと組み合わせて、上部に作られているのを目にしたことがある。
夏場のウッドデッキの上は、太陽の照り返しにより想像以上に熱く為る。
また、せっかくウッドデッキを作っても、外の紫外線が気になって、なかなかどうして使えていない人は予想外に数多いものだ。
バーゴラ付きウッドデッキなら、直射日光のみでなく、力強い風も和らげることができるので、ウッドデッキでの生活が、現在よりも快適になるだろう。
バーゴラ付きウッドデッキのケースの場合、クレマチスやモッコウバラなどのツル性の植物を絡ませたり、布などを掛けたりすれば、その効果は更にアップするだろう。
また、直射日光にさらされると、ウッドデッキは日々劣化していくものだが、バーゴラ付きウッドデッキの場合ならば、ウッドデッキの劣化抑止にもなる。
これ以外にも、バーゴラ付きウッドデッキはアイデア次第でいろんなことに活用できるのだ。
バーゴラの柱に照明器具を取り付ければ、暗い夜でもデッキ上で食事などを楽しむことが可能である。
また、バーゴラにロープやチェーンで座板を吊るせば、お洒落なブランコの出来上がりだ。
実際に利用する機会がなくても、演出としても雰囲気がある。
以上が、バーゴラ付きウッドデッキのメリットだ。

DIY(日曜大工)ウッドデッキとウッドデッキのキットに関する情報

DIYとは、「Do It Yourself」の略で、シンプルに言えば日曜大工のことを意味するが、住宅の一部的な補修から、リフォームや立て替え等まで、専門の業者を通さずに自分自信で実践することを意味するようだ。
DIYの考え方としては、イギリスから始まり、アメリカへと拡大していった。
現在では、日本でもDIYは密かにブームを呼んでいるようだ。
DIYウッドデッキとは、まさしくウッドデッキを自分で製作・作り上げることになる。
自分で製作・作成したウッドデッキならば、完成した時に最高の喜びと満足感を得られだろうし、家族からも尊敬のまなざしを向けられることも誤りなしだろう。
でも、ウッドデッキなんて自分で製作・作成できるのか?と不安に思う人も数多いと思う。
そんなウッドデッキのDIYを手助けする、「ウッドデッキDIYキット」というものが販売さらにネット通販されているのをよく見かける。
材料がキット化されて販売・通販されている、自宅で簡単に組み立てられるという、非常に優秀で便利なものだ。
あらかじめデザインが決まっているキットもあるが、自分の庭に合わせて、自分でデザインを決定することができるキットもある。
ウッドデッキDIYキットを販売・通販している業者の中には、オーダーメイドでデザイン、設計をしてくれるところもあるようだ。
こんなデザインのウッドデッキにしたい、こんなものも取り付けたい、といった細かなことまで可能にしてくれるオーダーメイドなら、手作り感あふれるウッドデッキに仕上がるだろう。
DIYは初めてで、ウッドデッキなんて自分で製作・作成できるかどうか心配・・・という人も、完成するまで販売・通販してくれた業者のサポートを受けられるところが数多い。
これならば、落ち着いてウッドデッキの製作・作成にとりかかることができる。

ウッドデッキの最強の材料「ウリン」に関する情報

ウッドデッキに利用される木材は、実にたくさん種類があるが、その中でも「最強の木材料」と称されるものは何といっても「ウリン」だ。
ウリンはディズニーシーのウッドデッキや、松山空港の展望台・遊歩道、横浜ベイサイドマリーナの浮桟橋など、たくさんの重構造物の非常に大事なヶ所に利用されている。
ウリンとはボルネオ島にのみ生息するクスノキ科の木材だ。
「鉄の様に力強い」 という意味から、「アイアンウッド」と呼ばれていることもある。
ボルネオ島では「生涯腐らない木」と言われていて、水に対する耐久性が実に力強いのが特徴点だ。
ウッドデッキに必須な性能は、なんといっても耐久性だ。
水に力強く、耐久性に優れているウリンをウッドデッキに用いるなら、メンテナンスをしなければならない必須事項などない。半永久的なものといえるだろう。
また、防腐剤などを使わなくても、腐ることがなく、ささくれなどの心配もないので、健康面でも安心だ。ちっぽけなお子さんやペットがいる家庭では、非常に大事な重要点だろう。
ウリンの耐久性の秘密は、ウリンに含まれているポリフェノールだ。
ワインで本当に有名なポリフェノールだが、ポリフェノールには力強い抗菌機能があって、これを数多く含んだウリンは、シロアリやバクテリアの繁殖を防ぎ、腐ることがないのだ。
また、ポリフェノールは、太陽の光や、酸素、水によって、色に深みを出していく。もともと赤茶色のウリンは、塗装をしていなくても良い色合いで、その色はだんだん深みのあるこげ茶色へと変わり、味わい深いものになっていく。
塗装しなくても良い色合いを保ち、耐久性に優れて、メンテナンスの必須事項がないウリン。ウリンはウッドデッキの木材として最強の木材料だといえるだろう。

ウッドデッキの作り方とDIYの施工例に関して関連エントリー

ガーデニング用品で快適に暮らす
ガーデニング用品をインターネットで探している人の多くは、「激安家具送料無料」という検索ワードを用いる。だが、ちょっと待って欲しい。ガーデニング用品を激安通販で買う時に、「激安家具送料無料」のみで検索を実践するのはやや無謀な気がする。ガーデニング用品には、オーニングテントやテーブルチェアー、更に霧吹き、プランター、ガーデンパラソルだってあるのだ。また、大人気のガーデニングショップ園芸用品店は、東京や千葉などに数多くある。
東京・大阪・岡崎・琵琶湖等の花火大会
東京湾、琵琶湖、大阪、岡崎等の全国でも本当に有名な花火大会の情報を紹介。他に、知多半島や北大路、篠田、淀川にも本当に有名な花火大会が有る。暑い夏にロケット花火でも打ち上げながら、花火大会を楽しむ情報を見て欲しい。
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイル
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイルについて。他に、アロマテラピーを利用した花粉症対策やマッサージのやり方に関する話題も。さらに、アロマテラピーの歴史、虫除けの作り方、ペットのアロマテラピーなども紹介。
坂本龍馬
坂本龍馬の記念館、銅像、亀山社中、本、薩長同盟などについてご紹介。坂本龍馬ゆかりの地として意外にも長崎県が挙げられるが、ここで坂本龍馬の家紋を見た記憶がある。他に、坂本龍馬とフリーメイソン、岩崎弥太郎、幕末歴史検定の話題も。
坂本龍馬の歴史
坂本龍馬の歴史を年表を参考にして幼少期と青年期に分けてご紹介。坂本龍馬といえば脱藩や京都の寺田屋が有名だが、身長についても諸説がある。他に、坂本龍馬の墓、暗殺や姉・乙女などの話題も。
大河ドラマ 坂本龍馬
2010年のNHK大河ドラマは、福山雅治が演じる坂本龍馬である。そこで坂本龍馬と海援隊、名言、勝海舟などについてご紹介。他に、坂本龍馬は日本で初めて新婚旅行をした事でも有名で、妻・おりょうと温泉に行ったようだ。
BLEACH(ブリーチ)のアニメ
BLEACH(ブリーチ)のアニメ、夢小説、映画、ゲームなどの情報。他に、BLEACH(ブリーチ)の声優、ミュージカル、主題歌、コスプレ、登場人物の紹介も。
ハロウィン
ハロウィンというと日本では、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのイベント、壁紙などの人気が高い。そんなハロウィンのグッズや仮装コスチュームなどについて。他に、ハロウィンの時期や絵本、ランタンなどの話題も。
アロマの効能と効果
アロマの効能と効果など。他に、アロマと無印良品や加湿器、キャンドルなどの話題も。さらに、アロマとデライト、ローズ、ゼラニウムのことや妊娠中のアロマの影響についても。