アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイル

アロマテラピーの効能

アロマテラピー,効果,効能,お勧め,オイル,花粉症,マッサージ,歴史,虫除け,ペット

アロマテラピーの最大最高の効能は自然療法であることである。
自然のものを用いているため、身体に悪影響を及ぼすこともない。
また人の身体に合っている療法にもなる。

 

アロマテラピーは体にも心にも適切な活動をしてくれる。
アロマテラピーは、痛みを伴う体の不調は勿論(もちろん)、精神状態的なストレスまたはフラストレーションにも効能があるとされている。
自然の香りを活用または利用して、緊張をほどきリラックスした状態を作ってくれる。
イライラや怒りなどストレスまたはフラストレーションの原因になるものを静めてくれる効能もある。
アロマテラピーは、逆に元気のない時は明るい気持ちにさせてくれる効能も有る。

 

また体調不良だけではなくホルモンバランスを整えてくれるのもアロマテラピーの効能である。
アロマテラピーは、内臓などの体内の活動やホルモンバランスを整えてくれる。
更には美容にもよいとされており、肌トラブルも修正してくれる活動を所有している。
女性独自の悩みや苦しみである冷え性や便秘にも効能があると言われている。
1つの香りでいろんな不調に効果があるわけではない。
植物の種類によって、ストレスまたはフラストレーションや肌トラブルなど効き目のある香りが異なる。
自分が修正したいと思うヶ所に当てはまる香りを選定するようにしよう。
アロマテラピーだけで、不調が絶対に治るという保証はない。
但し、広範囲で私達に影響を与え、良い方向に持っていってくれる効能があることに誤りない。
世界で、多く活用されているアロマテラピーであるため、やや手に入れやすく、旅先での疲労感などにも効能がある。
どこでもいつでもシンプルに活用または利用できるのもアロマテラピーの効能の1つだろう。


スポンサードリンク

アロマテラピーの効果・・・不安を解消

アロマテラピー,効果,効能,お勧め,オイル,花粉症,マッサージ,歴史,虫除け,ペット

心の悩みや苦しみが多いと不安になる。
不安とは漠然としたもので、特に定義などはない。
これから生じることに対して、悪いことが生じるかもしれないと思うことが不安という感情につながってしまう。
この不安が大きくなればなるほど、心だけでなく体にまで影響をもたらしてしまう。
そうなる前に不安をちょっとでも解消すべきだ。
その1つの方法としてアロマテラピーが有る。
完璧に不安をなくすと言う事は出来ないかもしれないが、不安を軽くすることはできるだろう。

 

不安の原因にもよるが、不安に効果があると言われるエッセンシャルオイルはたくさん有る。
まず最初は緊張からやって来る不安におススメのオイルである。
ラベンダーやパチュリー・サンダルウッド・ローマンカモマイルなどが良いだろう。
これらのオイルをブレンドすればよりよい効果を待望できる。
次に予期不安である。これから生じることにたいして心配をしたり、危惧したりして心労などを生じさせてしまうことを意味する。
このような不安にはベルガモットやラベンダー・ネロリ・ローズオットーなどを活用すべきだ。

 

また精神状態的な不安にもアロマテラピーには効果が有る。
これは胃の不調や下痢・めまいなどを生じさせる不安のことを意味する。
エッセンシャルオイルはベチバーやシダーウッド・ジュニパーを使おう。
活用方法は寝る前にマッサージを実践するのがおススメである。
肩や首筋をマッサージすると効果的である。また背中をマッサージしてもらうのも良いだろう。


アロマテラピーとエッセンシャルオイル

アロマテラピーと言えばエッセンシャルオイルである。
エッセンシャルオイルは、キャンドルやお香など全てのもとに為っているものでも有る。
エッセンシャルオイルは花や葉など植物のあらゆる部分から抽出されたものである。
種類によっては相当高額なものも有る。
何万円単位で売られているものもあるのである。
勿論(もちろん)安く手に入れることのできるものも有る。
自分のお気に入りの香りでアロマテラピーを興じると良い。

 

エッセンシャルオイルは色々工夫することで、使い方の幅も広がるのでお勧めである。
アロマポットでも楽しめる。またお風呂に数滴たらすだけでアロマバスも楽しむことができる。
その日の気持ちによって、エッセンシャルオイルを変えることができる。
シンプルに香りを変えることができるのもメリットの1つである。
このエッセンシャルオイルを用いる際の注意の必須事項について。
まず最初は自分の体に合っているものかどうかを認識することが必須事項である。
妊娠中は活用してはならないオイルも有る。
またオイルでマッサージをした後、日光を浴びるとシミになるものも有る。
肌に直接オイルをつけることのないようにすべきだ。

 

またエッセンシャルオイルの入っているボトルにも意味が有る。
茶色や青色のボトルは遮光ビンで光を通さないように為っている。
エッセンシャルオイルを保管する際は、直射日光の当たらないようにするのも肝心である。
他にも湿気もやめた方が良い。
オイルであるので火気にも充分注意すべきだ。
注意さえすれば誰でもシンプルに楽しむことができる。

アロマテラピーとキャリアオイル

アロマテラピーで活用されるエッセンシャルオイルは直接肌につけることが不可能だ。
その為エッセンシャルオイルはキャリアオイルで希釈する必須事項が有る。

 

キャリアオイルにも種類はたくさん有る。
香りの種類は勿論(もちろん)体調に合わせて変える事もできる。
エッセンシャルオイルとの組み合わせも自由で、オリジナルの香りでアロマテラピーを楽しむことができる。
中でもよく使われるのがスイートアーモンドやグレープシード・ホホバの3種類である。
アロマテラピーが初心者という人であれば、この3つの中から好きなものを選んで使えば問題はないだろう。
キャリアオイルも質感や特性が各々(おのおの)異なる。
この3つで言えば一番粘性の力強いものがスイートアーモンドになる。
逆に粘性が低くすっきりしたものがグレープシードである。
またホホバは長期間品質が変わらないという特徴点を所有している。
自分の好みのキャリアオイルをマッサージなどに活用すべきだ。

 

キャリアオイルをえらぶ際は、100%天然植物オイルのものを選定するようにすることがお勧めである。
日本国内で販売されているものであれば、殆どが天然植物100%のオイルに為っている。
あまり安価なものであれば純度の低いものである可能性も有る。
また匂いの力強いものやオイルの色が濃すぎるものは加工をされたものである可能性が高く為っているので気を付けよう。
このキャリアオイルはキャップをあけない限り、品質はそのままで長期保存ができるというメリットも有る。

アロマテラピーとマッサージ

アロマテラピーの方法としてマッサージが有る。
体にオイルを塗ってマッサージを実践することで心身共にリラックスできる。
マッサージしたい部分にオイルを塗り、指と掌で優しくマッサージする。
同時に香りを楽しむことができるため実に気持ちがいいものである。
リンパの流れにそってマッサージをするのが一番効果的であるとも言われている。
このマッサージで皮膚からオイルの成分を体内に浸透させる。
そうすることでアロマテラピーの高い効果を得ることができる。

 

マッサージで一番注意する必須事項があるのはオイルである。
エッセンシャルオイルは直接肌につけることが出来ないので、キャリアオイルで薄めてマッサージオイルを作る。
マッサージ自体は難しくないが、エッセンシャルオイルの希釈濃度には注意を払う必須事項が有る。
希釈濃度が1%以下になるように作る。
それより濃度が高ければ肌のトラブルにつながるので気を付けよう。
エッセンシャルオイルの濃度にもよってキャリアオイルの活用量は異なる。
たとえば濃度が1.0%のオイルであれば、エッセンシャルオイル10滴にキャリアオイルを50mlプラスしれば完成である。

 

たくさんのエッセンシャルオイルがマッサージに活用できるが、中には活用をやめた方がいいというものが有る。
それがクローブバッド・シナモンリーフ・タイムホワイトの3種類である。
どれも皮膚刺激性が力強いため、マッサージには適していない。

アロマテラピーと虫除けスプレー

アロマテラピーと言えば、体調不良などいろんな効果が有る。
しかし近頃では虫除けとしてアロマテラピーを上手に活かす人が増加してきている。
薬局で売っている虫除けスプレーには体に有害な物質が含まれている。
虫除けスプレーは、世界中で使われているが、傷口や口から体内に取り込まれる可能性は実に高いのが現状である。
また他の薬品と併用したケースの場合、神経障害が生じるという危険性も有る。
近頃ではこのような問題があるため、活用をためらう人も多いのである。

 

エッセンシャルオイルには殺虫機能のある香りは残念ながら存在しない。
ただ蚊などの虫が嫌う香りがあるのである。
その香りを身にまとうことで、蚊などが近寄ってくることが減る。
虫除けに効果があるという香りにはユーカリやレモングラス・ゼラニウム・シロトネラがあげれる。
これらの香り1つだけでもブレンドしても効果は有る。
虫除けスプレーとしての作り方もシンプルである。
キャリアオイル5mlにエッセンシャルオイルを10滴プラスする。
そして精製水を45mlプラスしたら完成である。
活用する際には良く振って、肌にスプレーをするだけである。
虫除けはスキンケアが目的でないので、精製水でなくても水道水でも問題ない。

 

虫除けスプレーの効果は香りがある間だけである。
香りがなくなると効果がなくなるので、こまめにつけなおす必須事項も有る。
またこの虫除けスプレーは長持ちしないので2週間レベルで使い切るようにすべきだ。
ただし、幼い子供の虫除けとしては刺激が強すぎるので、やめた方が良いだろう。

アロマテラピーとペットアロマ

アロマテラピーと言えば、人間だけが楽しむものではなく為っている。
近頃話題に為っているのがペットのアロマテラピーである。
犬や猫だけでなく小動物にも効果があると言われている。
人間がアロマテラピーを楽しむのとおなじ様にポットやマッサージオイルを用いて体内に吸収する。
ペット用のアロマオイルなどもたくさん販売されている。
しかしペットも人間が用いるエッセンシャルオイルと同じものを用いてよいのである。
人間もペットも一緒にアロマテラピーを実践することができるのが魅力である。

 

ペットにアロマテラピーをすることにはいろんなメリットがあると言われている。
まず最初はペットを元気にしてくれる。
アロマテラピーはペットを癒すだけでなく、動物が本来持つ回復力を高めてくれる活動が有る。
またアロママッサージであれば飼い主とのスキンシップの時間も増加し、飼い主のアロマテラピーの効果が待望できる。
マッサージはペットと触れ合うことが増加するため、ペットの具合の変化にも敏感に気付くことができる。
エッセンシャルオイルの種類によって、ノミ・ダニ退治や皮毛のパサツキも修正してくれる。
ブラッシングの前にスプレーで薄めたエッセンシャルオイルをかけるのもおススメである。

 

アロマテラピーを実践する際に気を付けなければならないことも有る。
傷口などがある時はオイルがつかないようにしなければならない。
またマッサージをしている時にペットが興奮することがあれば、用いるのをやめた方が良いのである。
そして活用する前にはペットにエッセンシャルオイルの香りを嗅がせてみると良い。
その香りを嫌がれば用いるのは辞めよう。

アロマテラピーで花粉症対策

花粉症に苦しむ人は日本にはたくさんいる。
春になれば病院に行って薬をもらうという人も多いのではないだろうか。
そんな花粉症をアロマテラピーで修正すべきだ。
花粉症に効くと言われるエッセンシャルオイルはユーカリとティートリーである。
この2つのエッセンシャルオイルには抗菌性が力強いのが特徴点である。
また粘膜の炎症を抑えてくれるという活動を他のものに比較するとたくさん包含しているのである。
近頃では病院でもアロマテラピーを取り入れている所が増加してきている。
花粉症が発症すると言われている時期の2ヶ月前からティートリーを内服すると花粉症の症状が和らぐという事例がたくさんあるとも言われている。

 

花粉症対策としてのアロマテラピーの活用方法はたくさん有る。
外出先でもいつでも効果を得るためにエッセンシャルオイルをたらしたハンカチやティッシュ持ち歩くことをおススメする。
またマスクにエッセンシャルオイルをつけるのも良いだろう。
但し肌に直接触れない部分にオイルをつけるようにしなければならない。
更に外出先から帰ったらオイルの入った水でうがいをするのも効果が有る。
勿論(もちろん)お風呂やマッサージなども効果が有る。

 

病院で花粉症対策の薬をもらうこともできる。
花粉症には勿論(もちろん)効果が有る。
しかし、薬の副作用に悩まされている人も多いのが現状である。
自然のものを活用したアロマテラピーは副作用もないので一度試してみるのが良いだろう。

アロマテラピーの歴史

アロマテラピーが大人気になったのはつい近頃であるが、アロマを活用していたのは相当昔からである。
古代エジプトではとっくにアロマが活用されていたと言われている。
ミイラを作る際の防腐剤や化粧品・薬として使われていたのである。
またクレオパトラはバラが好きだという話は耳にしたことがあるかもしれない。
専用の香樹園をもつほど、バラが大好きでアロマを愛用していたのである。
こういった具合にアロマテラピーの歴史は実に古いのである。
1900年代になったら、世界中で愛用されているのが分かる。

 

療法としてアロマテラピーを初めに活用したと言われるのはフランスである。
火傷のあったヶ所にラベンダーを塗ることで傷があっというまに治ったという話が本当に有名だ。
ただいまのアロマテラピーは医療として使われるよりも自然の力を活用または利用した療法という考えが中心である。
現在で最もアロマテラピーが浸透しているのはフランスである。
これ以外にもイギリスなどのヨーロッパを中心に療法と扱われている。

 

日本でアロマテラピーが広まったのはつい近頃である。
1996年には日本アロマテラピー協会が発足するなど、大人気も出てきている。
リラクゼーションや美容として活用または利用している人が多いものであるが、医療の分野でも広がりを見せている。
日本で実践されているアロマテラピーはイギリスで使われているものが基本中の基本に為っていると言われている。
このアロマテラピーは心身のバランスを異常のない状態にするためのものになる。

アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイル関連エントリー

ウッドデッキの作り方とDIYの施工例に関して
ウッドデッキの作り方やDIY(日曜大工)の施工例に関して。ウッドデッキには手作り(DIY)キットが通販などでも販売されており自作(DIY)で製作可能に為っている。ウッドデッキの塗装の仕方や施工例、ベランダウッドデッキの作り方に関して。
ガーデニング用品で快適に暮らす
ガーデニング用品をインターネットで探している人の多くは、「激安家具送料無料」という検索ワードを用いる。だが、ちょっと待って欲しい。ガーデニング用品を激安通販で買う時に、「激安家具送料無料」のみで検索を実践するのはやや無謀な気がする。ガーデニング用品には、オーニングテントやテーブルチェアー、更に霧吹き、プランター、ガーデンパラソルだってあるのだ。また、大人気のガーデニングショップ園芸用品店は、東京や千葉などに数多くある。
東京・大阪・岡崎・琵琶湖等の花火大会
東京湾、琵琶湖、大阪、岡崎等の全国でも本当に有名な花火大会の情報を紹介。他に、知多半島や北大路、篠田、淀川にも本当に有名な花火大会が有る。暑い夏にロケット花火でも打ち上げながら、花火大会を楽しむ情報を見て欲しい。
坂本龍馬
坂本龍馬の記念館、銅像、亀山社中、本、薩長同盟などについてご紹介。坂本龍馬ゆかりの地として意外にも長崎県が挙げられるが、ここで坂本龍馬の家紋を見た記憶がある。他に、坂本龍馬とフリーメイソン、岩崎弥太郎、幕末歴史検定の話題も。
坂本龍馬の歴史
坂本龍馬の歴史を年表を参考にして幼少期と青年期に分けてご紹介。坂本龍馬といえば脱藩や京都の寺田屋が有名だが、身長についても諸説がある。他に、坂本龍馬の墓、暗殺や姉・乙女などの話題も。
大河ドラマ 坂本龍馬
2010年のNHK大河ドラマは、福山雅治が演じる坂本龍馬である。そこで坂本龍馬と海援隊、名言、勝海舟などについてご紹介。他に、坂本龍馬は日本で初めて新婚旅行をした事でも有名で、妻・おりょうと温泉に行ったようだ。
BLEACH(ブリーチ)のアニメ
BLEACH(ブリーチ)のアニメ、夢小説、映画、ゲームなどの情報。他に、BLEACH(ブリーチ)の声優、ミュージカル、主題歌、コスプレ、登場人物の紹介も。
ハロウィン
ハロウィンというと日本では、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのイベント、壁紙などの人気が高い。そんなハロウィンのグッズや仮装コスチュームなどについて。他に、ハロウィンの時期や絵本、ランタンなどの話題も。
アロマの効能と効果
アロマの効能と効果など。他に、アロマと無印良品や加湿器、キャンドルなどの話題も。さらに、アロマとデライト、ローズ、ゼラニウムのことや妊娠中のアロマの影響についても。