坂本龍馬

坂本龍馬記念館に関して

坂本龍馬,記念館,銅像,亀山社中,本,薩長同盟,ゆかりの地,長崎,家紋,岩崎弥太郎

高知の桂浜には「坂本龍馬記念館」が有る。
開館したのは1991年という事なのでまだできて20年も経っていないのであるが、記念館を誕生させるいきさつは1985年と開館より6年も前に有った様である。
坂本龍馬生誕150年を記念して1985年頃、記念事業実行委員会が発足したのが記念館設立に向けての始まりだった様である。
坂本龍馬記念館を作るにあたっては色々とたいへんだった様で、誰かの支援金で作るというスタンスではなく、青年達の募金活動によって作り上げるという精神状態で作られたそうである。
これは同じ桂浜にある坂本龍馬像が募金によって作られた事を受けての事だった様である。
その募金を集める為にいろんなイベントが実践され1991年にやっと開館を迎える事が出来たという事で、坂本龍馬に関連した力強い思いが伝わってくる様である。
先ず入口に入ると、坂本龍馬の蝋人形があるのであるがその姿はやっぱり凛としていて、視線は世界を見つめているかの様に遠くを見つめている。
近代的な建物の中にある坂本龍馬の人形は違和感がなく、新しい事に目を向けていた坂本龍馬には相応しいのではないかと思う。
また、展示物としては龍馬が愛した刀、用いていたピストル、龍馬に関係している人物の銅像の写真等、坂本龍馬に関連した資料や物が色々展示されている。
また、案内図録が発売されている等、記念になる物も有るのでぜひとも「坂本龍馬記念館」に行ってみて坂本龍馬の人生に触れてみてはどうだろうか。


スポンサードリンク

坂本龍馬ゆかりの地・長崎と家紋、岩崎弥太郎

坂本龍馬,記念館,銅像,亀山社中,本,薩長同盟,ゆかりの地,長崎,家紋,岩崎弥太郎

2010年放送の大河ドラマは幕末のヒーロー坂本龍馬を主人公にした「龍馬伝」である。
この大河ドラマは当時の経済人であった「岩崎弥太郎」(1835から1885)の視点で目にした坂本龍馬を描いていくというスタイルを取っている。
そんな重大な任務に為っている「岩崎弥太郎」という人物をご紹介してみると良い。
岩崎弥太郎は、坂本龍馬が生きていた時代に「海援隊」を創設したがその時「経理」を担当していた人物だそうである。
坂本龍馬と岩崎弥太郎は同じ土佐藩の出身という事から顔を認識する様になった様である。
その岩崎弥太郎の活躍であるが、1867年の春に発生した「いろは丸事件」という事件が起きたのであるが、この事件で坂本龍馬は「損害賠償談判」を提起した。
しかし後日になって長崎で談判が実践された際に、岩崎弥太郎は同じく土佐藩である後藤象二郎と共に坂本龍馬に加勢をして、結果的に紀州藩へ8万3000両という、その当時では物凄い大金を支払わせる事として同意させたという立役者である。
そんな金銭面で大活躍をした岩崎弥太郎は、坂本龍馬が暗殺された後「海援隊」が解散したのであるが、土佐藩が大阪に開業させた「九十九商会」を取得して「海援隊」の後進として「三菱商会」と改名をして創設したそうである。
岩崎弥太郎は「三菱商会」の創始者という事になる。
この「三菱商会」はその後色んな遍歴を経て1885年に「日本郵船」として新発足した。これは岩崎弥太郎が死んだ後の話になる。
このように坂本龍馬ゆかりの地として意外にも長崎県が挙げられるが、私はここで坂本龍馬の家紋を見た記憶がある。


坂本龍馬の銅像

坂本龍馬の銅像が長崎と桂浜にあるのをご存知だろうか。
長崎にある坂本龍馬像は平成になってから建造されたもので、平成元年建造、大きさは地面から5m程の大きさの銅像と為っている。
腕を組んだ坂本龍馬の表情は凛としていて世界を見つめているかの様な凛々しさが伺える。
また、高知県の土佐桂浜にある坂本龍馬像は昭和3年に建造されたもので、大きさは地面から13mと本当に大きな銅像に為っている。
一度内部に亀裂が入り修繕はしたが、いまでは右手を懐に入れて何かに寄りかかっている様な、顔はやっぱり長崎同様凛とした顔をして世界を見ている様な表情で立っている銅像である。
写真にしても銅像にしてもそうなのであるが、右手や左手を隠している姿が結構残っている様に実感できる。
土佐の桂浜にある坂本龍馬像に関連しては右手を隠している事から、何故隠しているのかというたくさんの説が有る。
その説を紹介したいと思う。
・右手には護身用であるピストルを所有している為に、それを隠しているという説。
・右手に「万国公法」を所有している為に、それを隠しているという説。
・右手には常に「懐中時計」を所有している為に、それを隠しているという説。
・坂本龍馬の右手には赤い痣がある為に、それを見られまいと隠しているという説。
という様な説があるそうである。一番有力なのは「ピストル」だろうか。
真意は定かではないので、銅像を閲覧する皆さんの想像力で色々楽しめば良いのではないだろうか。

坂本龍馬と亀山社中、料亭『花月』に関して

坂本龍馬と「亀山社中」の関係についてであるが、シンプルに言うと坂本龍馬が立ち上げた日本初の「会社」である。
創設は1865年で薩摩藩、長崎の小曽根家の協力を得て創設したそうである。この2つが協力をしたのはスポンサーという立場からという見方も有る。
設立当時、亀山社中は筆頭が坂本龍馬、社員として勝海舟が設立した神戸海軍操練所にいた同志達で発足したそうである。海軍操練所はその時には既に閉鎖されており同志たちは各々(おのおの)バラバラになっていた所を集められたと云う。
「亀山社中」の仕事は裏表が有った様である。
表の仕事としては武器や軍艦を斡旋するという仕事をしていたのであるが、その裏とは武器や軍艦を斡旋どころかイギリスの商人であったグラバー氏から薩摩藩名義として購入をして、長州藩がそれを買い求めるという流れの仕事の仕方をしていた様である。
この成果が元々犬猿の仲であった2つの藩に信用関係をもたらせる事となり、後々「薩長同盟」という動きに繋がっていったそうである。
また、長崎にあった料亭「花月」に関連しては、龍馬を語る為に外せない物だと言われている。
龍馬が作った亀山社中の隊士達は、日々白袴を履いて花月に通っていたと言われている。
当時束の間の青春時代を坂本龍馬達は送っていた様である。
その広間で酒によって坂本龍馬が花月の柱を斬り付けたという話もあり、証拠にその時の傷がいまでも残されている。
いまでは花月は文化財指定の「史跡料亭」に為っているが、当時は吉原と同じ様に日本三大遊里の1つとなっていたそうである。

坂本龍馬の本『竜馬がゆく』のレビュー

坂本龍馬を一躍大人気に押し上げた本が、司馬遼太郎が書いた代表作「竜馬がゆく」という本である。
坂本龍馬に関連した本で何が好きであるか?と色んな人に耳にしてもこの「竜馬がゆく」を挙げる人が圧倒的に多いのではないだろうか。
司馬遼太郎というと「坂の上の雲」も本当に有名であるが、やっぱり「竜馬がゆく」が司馬遼太郎の代表作として愛されているのではないかと思う。
司馬遼太郎は何種類か幕末維新の事に関連して書いているが、その中でも「竜馬がゆく」は初めに書かれた作品という事である。
幕末史における人物像、主要な事件、京都を舞台に繰り広げられる政治史等、幕末に関連した出来事の大体がこの作品で網羅されていると言っても良い位、坂本龍馬が生きた時代は幕末時代の中心なのである。
特に、坂本龍馬が関わっていると言われる寺田屋事件、池田屋事件、他に大政奉還、禁門の変等に関連してはこの小説で明確に表されていると言っても良いだろう。
そう言った時代に置いて「竜馬がゆく」は坂本龍馬が生きた1日1日を追っていく事で幕末の事をより詳しく描く事ができるという面白い作品に為っている。
また坂本龍馬だけではなく、勝海舟、西郷隆盛、桂小五郎、松平春獄等も非常に大事な人物として小説の中を彩っている。
坂本龍馬の人間像や、政治に関連したいろんな思い等が色々書かれていて、その流れはまるでドラマを見ているかの様なストーリー展開に為っている。
それが事実とかさなっている事もあって面白くたくさんの人を魅了して、坂本龍馬を一躍大人気者にした秘訣なのではないかと思う。
以上が、坂本龍馬の本『竜馬がゆく』のレビューである。

坂本龍馬の本『おーい!竜馬』のレビュー

武田鉄也原作、小山ゆうが描いた坂本龍馬の漫画本「おーい!竜馬」が実に面白いものである。
勿論(もちろん)坂本龍馬の大ファンである武田鉄也さんが原作であるので、視点が坂本龍馬で実に良いイメージで書かれているのであるが、幕末の時代を書いた漫画としては実に面白い作品ではないかと思う。
この漫画本の原作を「司馬遼太郎」とうっかり勘ちがいして読む人も少なくは無いのではないだろうか。
絵も小山ゆうが書いているので心理描写もバッチリであるし、殺されるシーンなんかはちょっと残酷とも思える様な写実性が見てとれる。
また幕末の時代に底辺で生きている人達のいろんな心情なんかは実によく描かれていて、長編漫画なのであるが楽しんで読む事ができる。
土佐藩の身分格差、内政、坂本龍馬に関係している人達の登場、関係していないだろうけどその時代に生きた人達も交えた内容等、歴史に沿って描かれている様でやっぱりフィクション的な内容は、歴史物の漫画という様に楽しんで読み進められたら良いと思う。
その後に興味を持ったら歴史書を読む等して実際にはどうだったかを探っていった方が、入りやすいのではないかと思う。
結構人が惨殺されるシーンが多い為に、お子様が閲覧するのはどうかとは思うが、時代が時代だっただけに仕方のないシーンなのかなというのも正直な所である。
坂本龍馬、岡田以蔵、武市半平太、高杉晋作等いろんなキャストが登場しての坂本龍馬漫画をぜひとも一度読んでみてはどうだろうか。「もう1つの坂本龍馬」という観点で読むと面白いと思う。
これが坂本龍馬の本『おーい!竜馬』のレビューである。

坂本龍馬と薩長同盟

坂本龍馬が関係している事に「薩長同盟」という歴史が有る。
「薩長同盟」とは江戸時代の好機である1866年に、薩摩藩と長州藩の間に交わされた政治・軍事を目的として同盟である。他に「薩長盟約」「薩長連合」という様にも呼ばれている。
幕末において薩摩藩と長州藩は互いに政治の世界で多大なる影響力を持っていた。その2つの藩が「討幕」という思想の点では共通していたと云う。
しかし西郷隆盛や大久保利通がいた薩摩藩は、長州藩を会津藩と協力して京都から追放した事から(これが政変や禁門の変)敵対する様になったと云う。
しかし、その敵対していた2つの藩が何故同盟を連結するまでに至ったのかというと、土佐藩を脱藩した坂本龍馬、中岡慎太郎は自身らが立ち上げた亀山社中という会社を用いて、薩摩藩と長州藩の斡旋をした事をきっかけにして、討幕運動に協力する6カ条を打ち立て薩長同盟を締結させたという事である。
但しそこに至るまでにはいろんな会談を経てやっと漕ぎつけたという形だった様である。
この薩長連合が成功をした背景には、当初は反対していた西郷隆盛に対して、同じ長州藩の木戸孝允という人物が、その理由を打ち明けた事が決め手になったと言われている。
この様に薩摩藩と長州藩が締結された背景には、坂本龍馬が大きく関わっている事がお分かり頂けると思う。
表だって行動していない様で、ガッチリと行動を生じているのはさすが坂本龍馬だったといえるのではないだろうか。

坂本龍馬とフリーメイソンについて

フリーメイソンとはイギリスで発生された男性のみの秘密結社で、目的としては会員同士の親睦を目的とした友愛団体であると言われている。
この秘密結社は世界中に派生したとも言われている。厳密に言うと「フリーメイソン」というのは会員個人の事を指している様である。
坂本龍馬もその1人だったのではないかと言われているのであるが、その真実も定かではない。
この話の根源になったのは薩長同盟で、元々薩長同盟を締結させる際に各藩が武器を入手していたのであるが、その入手先は坂本龍馬が設立した海援隊だった。
その海援隊がどこから武器を入手したのかというと、イギリスの武器商品であったグラバーだったのではないかと言われている。
そのグラバーがフリーメイソンだったのではないかと言われているし実際にグラバーが住んでいた家の所にフリーメイソンの印が描かれた物があるのであるが、実際はフリーメイソンだったという事実際は何処にもなかった様である。
グラバーがフリーメイソンなのなら、坂本龍馬もフリーメイソンだったのではないかという見方も力強いのであるが、真実が分からないいま異なるのではないかとも思う。
但し、フリーメイソンの教えは実に寛大な物の様で、差別を無くし、不幸な人々を助け、人類に対して寛容を教えると言ったものだった様である。
そんな教えは世界を見据えていた坂本龍馬にとっては実に魅力的だったのではないだろうか。
もしも坂本龍馬がフリーメイソンだったらという仮説では有るが。

篤姫で坂本龍馬を演じた玉木宏

2008年の大河ドラマは宮崎あおい主演の大河ドラマ「篤姫」だった。
その後半も最後の方になって坂本龍馬が登場するシーンがあるのであるが、それを演じたのが俳優の玉木宏である。
坂本龍馬は実に歴史上の人物としては実に魅力がある人で、役として演じるのでも実に大人気の役どころだそうである。
いままでにも色んな役者がその坂本龍馬を演じてきていた。
それを大河ドラマ「篤姫」では玉木宏が演じるという事で、どういう格好だったのか実に見てみたい様な衝動に駆れる。既に終焉を迎えているドラマであるが、相当高評価だった大河ドラマだっただけに改めて閲覧するのも良いのではないだろうか。
玉木宏本人は撮影に臨む際に、「坂本龍馬を演じる事ができてすごく嬉しい」という事、「楽しみながら撮影をしたい」という様なコメントを発表している。
実際に篤姫で坂本龍馬が登場するシーンを見てみたら、いままでの優等生的なイメージを一新させた新しい玉木宏を閲覧する事が出来た。
お猿さんみたいで、目に希望があり、実に勇敢な感覚の坂本龍馬だった印象を実感する事ができる。
「のだめカンタービレ」から玉木宏の大人気に火が付いた様なイメージが有るが、ここ近頃は露出も気のせいか多く、たくさんの映画やドラマ、CM等見ない日は無いのではない位の大人気ぶりである。
そんな玉木宏が演じた坂本龍馬は篤姫を見ていない人でも見てみたくなるドラマかもしれない。

坂本龍馬ゆかりの地と「坂本龍馬 幕末歴史検定」

2008年に放映された大河ドラマが「篤姫」だった事もあり、にわかに幕末ブームが漂う近頃、既に「歴ドル(歴史アイドル)」なんて言葉も登場した程、幕末がいま大人気に為っている。
そんなあおりを受けてか、2008年11月16日(日)「坂本龍馬 幕末歴史検定」という坂本龍馬が生きた幕末を中心とした検定が実践された。
開催地は首都東京を始めとして京都、長崎と言った坂本龍馬ゆかりの地で実践されているのもユニークな事だと思う。
それとなくであるが歴史の検定があるのは分かるが、坂本龍馬個人を題材にした検定があるのは実にユニークな事だと思う。
それほど坂本龍馬の大人気というのは物凄いという事なのだろう。
第1回目に実践された「坂本龍馬 幕末歴史検定」の時には、会場にたくさんの人が集まり自分こそが「龍馬命」という様な感覚の雰囲気も実感できたようである。
亀山社中をもじった「全国龍馬社中」という所が主催する検定であるが、その公式ホームページには練習問題ができる様に為っているのであるが、これが結構むずかしいのである。
とは言う物の坂本龍馬ファンにしてみたらシンプルな問題かもしれない。
そんな「坂本龍馬 幕末歴史検定」も、第2回が実践される事に成った。日程は2010年3月、奇しくも大河ドラマで「龍馬伝」が放映されている時期に開催されるのであるから面白い話だと思う。
ぜひとも「坂本龍馬 幕末歴史検定」を受けて、自分こそが龍馬命という事をアピールしてみてはどうだろうか。
おそらく勉強するのも楽しいと思う。

坂本龍馬関連エントリー

ウッドデッキの作り方とDIYの施工例に関して
ウッドデッキの作り方やDIY(日曜大工)の施工例に関して。ウッドデッキには手作り(DIY)キットが通販などでも販売されており自作(DIY)で製作可能に為っている。ウッドデッキの塗装の仕方や施工例、ベランダウッドデッキの作り方に関して。
ガーデニング用品で快適に暮らす
ガーデニング用品をインターネットで探している人の多くは、「激安家具送料無料」という検索ワードを用いる。だが、ちょっと待って欲しい。ガーデニング用品を激安通販で買う時に、「激安家具送料無料」のみで検索を実践するのはやや無謀な気がする。ガーデニング用品には、オーニングテントやテーブルチェアー、更に霧吹き、プランター、ガーデンパラソルだってあるのだ。また、大人気のガーデニングショップ園芸用品店は、東京や千葉などに数多くある。
東京・大阪・岡崎・琵琶湖等の花火大会
東京湾、琵琶湖、大阪、岡崎等の全国でも本当に有名な花火大会の情報を紹介。他に、知多半島や北大路、篠田、淀川にも本当に有名な花火大会が有る。暑い夏にロケット花火でも打ち上げながら、花火大会を楽しむ情報を見て欲しい。
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイル
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイルについて。他に、アロマテラピーを利用した花粉症対策やマッサージのやり方に関する話題も。さらに、アロマテラピーの歴史、虫除けの作り方、ペットのアロマテラピーなども紹介。
坂本龍馬の歴史
坂本龍馬の歴史を年表を参考にして幼少期と青年期に分けてご紹介。坂本龍馬といえば脱藩や京都の寺田屋が有名だが、身長についても諸説がある。他に、坂本龍馬の墓、暗殺や姉・乙女などの話題も。
大河ドラマ 坂本龍馬
2010年のNHK大河ドラマは、福山雅治が演じる坂本龍馬である。そこで坂本龍馬と海援隊、名言、勝海舟などについてご紹介。他に、坂本龍馬は日本で初めて新婚旅行をした事でも有名で、妻・おりょうと温泉に行ったようだ。
BLEACH(ブリーチ)のアニメ
BLEACH(ブリーチ)のアニメ、夢小説、映画、ゲームなどの情報。他に、BLEACH(ブリーチ)の声優、ミュージカル、主題歌、コスプレ、登場人物の紹介も。
ハロウィン
ハロウィンというと日本では、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのイベント、壁紙などの人気が高い。そんなハロウィンのグッズや仮装コスチュームなどについて。他に、ハロウィンの時期や絵本、ランタンなどの話題も。
アロマの効能と効果
アロマの効能と効果など。他に、アロマと無印良品や加湿器、キャンドルなどの話題も。さらに、アロマとデライト、ローズ、ゼラニウムのことや妊娠中のアロマの影響についても。