坂本龍馬の歴史

年表を参考にした坂本龍馬の歴史

坂本龍馬,歴史,年表,脱藩,京都,寺田屋,身長,墓,暗殺,乙女

土佐が誇る幕末の英雄と言ったらなんと言っても「坂本龍馬」をおいて他にはいないと思う。
この坂本龍馬たった33年間という短い一生だったにもかかわらず、いまなおたくさんの人を物凄く惹きつける熱い生き方をしていた様である。その生き方がたくさんの人を虜にしている秘密なのかもしれない。
それでは、年表を参考にした坂本龍馬の歴史をざっくり見てみよう。
坂本龍馬は高知城下本町で1835年に産まれた。小さい頃は本当に泣き虫で将来が心配されていた様であるが、姉の乙女に鍛錬してもらったせいか少しずつ剣術で腕を磨いていき上到達していった。
その後大出世で江戸に足を運ぶ事になるが幕末の土佐との絡みが色々あり脱藩する事になる。
その後は勝海舟の愛弟子になり、ジョン万次郎や師匠勝海舟の影響を多いに受けて日本国内だけではなく外国へと視野を拡大していく事となる。
坂本龍馬はそうやって新しい日本を作って行こうと奔走し、当時は犬猿の仲とまで言われた薩摩と長州の間に薩長同盟を成立させた。
また「船中八策」をも提案して大政奉還の元になったそうである。
こうやって坂本龍馬は色々と策を練っていき、幕末の日本に対して本当に大きな影響を与えて行き大きな功績を残して行ったものだ。
また、池田屋騒動の時には大きな傷を負いたが、その時に療養を兼ねて妻のおりょうと共に霧島へ行ったそうである。
その当時は新婚旅行という言葉さえ無いという時代だったので、日本では初めての「新婚旅行」という事に成った。
ただ、その功績があまりにも大きかった為か、たった33歳という若さで暗殺をされる事になってしまった。


スポンサードリンク

年表を参考にした坂本龍馬の幼少期

坂本龍馬,歴史,年表,脱藩,京都,寺田屋,身長,墓,暗殺,乙女

次に、年表を参考にした坂本龍馬の幼少期を見てみよう。
坂本龍馬は幕末のヒーローとして、現代の人々から絶大なる大人気を誇っているが、その幼少期は落ちこぼれと言われていたそうである。
坂本龍馬は1835年(天保6年)に土佐藩士だった坂本八平直足の次男として産まれた。
誕生日については色々憶測が有るが、11月15日という説が有力の様である。
奇しくもこの日は坂本龍馬が33歳の時に近江屋で暗殺された日と同じ日という事もあり、いまでは毎年11月15日が「坂本龍馬の誕生祭」という事で、高知県高知市上町にある坂本龍馬の生家前でイベントが開かれている。
この時ばかりは全国からたくさんの龍馬ファンが詰めかけて大いに賑わいを見せているそうである。
そんな、いまでは絶大な大人気を誇る坂本龍馬であるが、幼少期の頃は「落ちこぼれ」と皆から言われていたそうである。
小さい頃「楠山庄助塾」という塾に通っていたが、あまりの出来の悪さに退塾させられたという経歴も持ち合わせている。
ユニークな発想で新しい日本を作ろうとした坂本龍馬からは想像も出来ない経歴だ。
また、幼少期には泳げなかった様で、姉である坂本乙女に無理やりと言っていい泳ぎの訓練を受けていたらしいものである。
その訓練は一説では縄を龍馬の腰と竹竿に結んで命綱として、近くに流れている川に投げ入れるという特訓方法だった様で相当の猛特訓ぶりが伺える。
そんな落ちこぼれだった龍馬も剣術道場に通う様になった事で、いつしか変わっていったそうである。
その道場で「小栗流和兵法事目録」が伝授される事に成った。


年表を参考にした坂本龍馬の青年期

次に、年表を参考にした坂本龍馬の青年期を見てみよう。
坂本龍馬の青年期はどのような事をしていたのか、シンプルに触れてみたいと思う。
青年になった坂本龍馬は江戸三大道場の1つである千葉定吉道場(北辰一刀流)へ入門する為に1853年3月、高知を出発した。
これは龍馬が剣術修行を実践する為だったという事である。
また同じく1853年の6月には浦賀にペリーと共に黒船4隻が来航した。この時坂本龍馬は沿岸警備員として品川で動員されたと言われている。
その時龍馬は父である八平に「戦争になったら相手の首を打ち取って土佐に帰る」という様に敵対心をあらわにして書いていた様であるが、剣術修行を終焉を迎えた1年後には逆に世界に目を向けて、世界と対等に渡り歩く為に異国みたいに大きな船、またそれを動かす為の人材が必要だという事を教えられて1年前の自分の考えが誤りだった事を悟る。
その事を龍馬に教えたのは河田小龍という人である。小龍は元々絵描きだったのであるが、アメリカから帰ってきたジョン万次郎から耳にした話を本に纏めて(まとめて)『漂巽記略(ひょうそんきりゃく)』という題で作ったそうである。
ジョン万次郎を始めとしてこの時代、外国の事情に詳しかったのは実に数少なく、河田小龍はその一人だったと言われている。
1861年頃(当時龍馬は27歳)、龍馬は土佐勤王党という所に加盟するも、この党を率いる武市瑞山の密書を持って久坂玄瑞の所に行き、久坂玄瑞から教えを貰いそれに沿って土佐へ戻る事になる。
土佐へ戻った龍馬はその翌月脱藩をしてしまう事になる。

坂本龍馬は脱藩や京都の寺田屋が有名、身長についても諸説

坂本龍馬といえば脱藩や京都の寺田屋が有名だが、身長についても諸説がある。
坂本龍馬が生きていた時代である江戸時代では、藩を出る時に藩の許可を得なくてはならないという規則があったそうで、藩を出る時に関所を通過するのであるが、ここで藩の許可を得たという手形を見せなくては通れなかった様である。
しかし坂本龍馬が行ったのは「脱藩」と言い、これは藩に無許可で藩を出てしまう事で、いまで言うとパスポートを持っていないのに日本を出てしまうという事と考えて良いと思う。
坂本龍馬が脱藩したのは1862年3月、龍馬が28歳の時で、長州藩から薩摩に行こうとしていたと言われているのであるが、本当のところは定かではない。
脱藩した年の秋には、龍馬は江戸に行き勝海舟という幕府付けの軍艦奉行並に弟子入りした。
この時のいきさつはいろんな説がある様であるが、勝海舟が残した『氷川清話』という資料には「坂本龍馬は自分を殺しに来た」という様に書いて有る。
しかし元福井藩主だった松平春嶽が残した回顧録には、「松平春嶽が勝海舟へ坂本龍馬を紹介する為の紹介状を書いた」という事に為っているみたいで、これをみると坂本龍馬が勝海舟を殺そうとしていたとは全然思えないという事になる。
坂本龍馬は勝海舟の為に一心に働いたと言われていて、勝海舟が幕府から命ぜられた仕事の一環として建設された海軍操練所、それに併設された私塾に入門し、勉強しながら勝海舟の片腕として働いていた様である。
その後、勝海舟の使者として西郷隆盛と対面した龍馬は運命的な出会いをしたといえるだろう。

坂本龍馬の姉・坂本乙女に関して

坂本龍馬の姉に「坂本乙女(さかもとおとめ)」という人がいた。
坂本八平・幸の間に3女として産まれた。坂本龍馬の父、坂本八平は土佐国高知城下本丁筋町人の郷士だったようである。
元々坂本家は豪商であった才谷家の分家として、その場所で過ごしていた。弘化3年の8月、母である坂本幸が亡くなると姉である坂本乙女が坂本龍馬の母親代わりとなって面倒を目にしたり、男勝りに坂本龍馬を鍛錬したりしたという様に言われている。
坂本乙女は、当時女性が当たり前の様にやっていた裁縫や料理を好むというよりは、男性が行っていた学問や武芸、絵等に興味を持ち修行していたと言われている。
また、この坂本乙女は「仁王様」と呼ばれた事も有ったみたいものである。
そう考えると好奇心旺盛で女ながら何でも挑戦してみたという所は坂本龍馬にそっくりだといえるかもしれない。
また、逸話としては夜中に鷲尾山にてピストルを試し打ちして皆をびっくりさせたという話が残っているみたいものである。本当に好奇心旺盛な女性だったのだろう。
一度は他家に嫁いだ物の後に離婚し、脱藩した坂本龍馬・妻おりょうの良き納得者として慕われていた様である。
龍馬は乙女によく手紙を送っていたらしく仲の良さがうかがえる。
坂本龍馬が暗殺され亡くなった後は、妻であるおりょうが乙女の所に一時的に身を寄せていたが直ぐに家を出た様である。
その後のおりょうの人生は波乱万丈だったようであるが乙女の人生は解からない。
その後坂本乙女は48歳で亡くなったと残されている。

坂本龍馬の像に関して

高知駅から車で30分程行った場所にあるのが「桂浜」という場所である。
この「桂浜」のシンボル的存在と為っているのが「坂本龍馬の像」である。その像は実に威厳があって凛とした姿でたたずんでいる。桂浜に来たたくさんの観光客が坂本龍馬の像を前に記念撮影などを行っている。
この桂浜に坂本龍馬の像が作られたのは昭和に入ってからの事だったそうである。
坂本龍馬に憧れる人達によって像を作る為の資金集めが開始されたのだ。そして昭和3年に努力のかいがあって凛々しい坂本龍馬像が完成されたのだ。
その後70年程は作られたままの像だったのであるが、平成9年に像の中に亀裂があるのが発見され修復される事になったそうである。そして平成11年3月に修復が終了し現在桂浜にある坂本龍馬像に成った。
その像の姿はまるで世界を見ているかのように太平洋の先を見据えた姿で仁王立ちをして立っている。この姿を見ていると新しい日本を作ろうと奔走していた彼の生涯を物語っているかのように実感できる。
桂浜では坂本龍馬が誕生した11月に「龍馬祭」というイベントが実践されている。
この時に龍馬と同じ目線で世界を見つめる様に太平洋を見ようという「龍馬に大接近」というイベントが実践されているそうである。龍馬と同じ視線で閲覧する太平洋は実に感慨深い思いができるかもしれない。
また、桂浜には坂本龍馬記念館があり、龍馬の手紙やピストル等龍馬ゆかりの品々が展示されているので、その目で龍馬の一生を認識する事ができると思う。

坂本龍馬は京都の近江屋で暗殺

寺田屋事件の後、坂本龍馬は隠れ家として京都にある醤油商近江屋の裏庭にある土蔵に密室を作った。
この隠れ家はキッチリと脱出ルートも整えており万が一の時でも大丈夫なように策を練っていた。
ある日坂本龍馬は風邪を引いていた様で土蔵の寒さが厳しく、この日に限って同志の中岡慎太郎と共に近江屋の母屋の2階に行き暖を取っていたと云う。
そこに別の仲間が加わって話に花が咲いてきた所で「食事でもしよう」という事になり、その中の1人に材料を買いに行かせた。
その後帰る人も出てきて部屋の中は坂本龍馬、中岡慎太郎、護衛の藤吉の3人に成った。
そのすぐ後に十津川郷士と名乗る数名の男が近江屋の母屋に乱入し、先ず部屋まで案内しようとした護衛の藤吉を背後から斬り付けて殺害したようである。
藤吉が殺害されて倒れた音を耳にして、外でふざけているのだなとうっかり勘ちがいした坂本龍馬は完璧に気を抜いていたと思う。
そこに男が2人乱入してきて坂本龍馬の額を斬ったと云う。この時に出た血がかかった掛け軸はいまでも残されているそうである。
その後に中岡慎太郎も斬られ、2人とも数カ所斬られた。坂本龍馬は直ぐに息絶えたみたいであるが、後に残った中岡慎太郎は重傷ながらも暗殺時の状況を土佐藩士に伝達し2日後位に息絶えた様である。
その翌月に「王政復古の大号令」が発令されて新しい日本、新生日本が誕生したそうである。
坂本龍馬は死ぬ間際「残念、残念」と呟いていたそうである。新生日本が間近に迫っていて死ななくてはいけないのは本当に無念だった事だろう。

坂本龍馬暗殺の真相

坂本龍馬が近江屋で暗殺された事は誰でも熟知している事であるが、その実行犯や黒幕については色々と説がある様で真相は定かではないようだ。
いま現在囁かれている説をちょっとご紹介してみたいと思う。
《新撰組が暗殺したのではないかという説》
坂本龍馬を暗殺したのは新鮮組ではないかという説が有る。これは元新鮮組だった伊東甲子太郎が暗殺された後の近江屋に残されていた鞘を目にした所、新撰組の原田左之助が所有している鞘だと証言した事から新撰組が暗殺したのではないかという説が浮かびあがった。
その後新撰組の原田を始め、近藤勇ら隊士を調べたが暗殺との関与を否定したので真意は定かではなく成った。
また元々証言した元新撰組の伊東甲子太郎が属していた高台寺党が暗殺したのではないかという説も出たが真意は謎のままである。
《京都見廻組が暗殺したのではないかという説》
この説が一番有力なのではないかと言われている説なのであるが、京都見廻組は坂本龍馬が深手を負った寺田屋事件で、龍馬がピストルで幕吏数人を殺害したのではないかと坂本龍馬の追及を継続していた。
その為に暗殺したのではないかという説も出たのであるが、後に今井信郎や渡辺篤と言った元組員が坂本龍馬を暗殺したと証言をした様なのであるが、その証言の内容には多少異なりがある事から、売名行為という様にみなされ真意は謎という事になった様である。
他にも、「薩摩藩が黒幕だった」「土佐藩が暗殺した」という説等色々あるのであるが現代まで真相は分からないのが現状である。

坂本龍馬の墓に関して

坂本龍馬の墓は土佐にあるのではなく、京都に有る。
場所は京都八坂神社の南東に位置している「維新の道」という坂道を上がった所に有る。場所は東山霊山というところで、ここには霊山護国神社があるのであるが1043名もの明治維新に尽力を注いだ人達が弔われていると言われている。
この霊山護国神社内にある墓地に坂本龍馬の墓が有る。またここには坂本龍馬だけではなく、一緒に近江屋で暗殺された中岡慎太郎を始めとして高杉晋作、桂小五郎、新撰組によって暗殺された人達等たくさんの偉業を成し遂げた人々が眠っている。
坂本龍馬の墓地は一般の人の墓地とはちょっと違った雰囲気を出している。
先ずは墓所へ入る為には300円の入場券が必要になる。でもこの入場券ちょっと嬉しい工夫がされていて、券自体が坂本龍馬の名刺に為っているのである。
「土佐海援隊隊長、亀山社中代表取締役」と書いてある入場券は坂本龍馬ファンなら誰でも喜ぶものではないだろうか。
次に入口から坂本龍馬の墓までの道には石板が山ほど置かれていて、その石板には龍馬への熱い言葉やメッセージが書かれている。
物凄く熱いメッセージばかりなので坂本龍馬がいかに愛されていたヒーローだったのか伺える様である。
坂本龍馬の墓からは京都市内が一望できる様に為っているのでいつでも世界を見据える場所に眠っているといえる様である。
霊山護国神社に併設されている霊山歴史館は歴史を扱っている博物館なのであるが、坂本龍馬にちなんだ5,000点以上の資料や品物が展示されているそうである。

坂本龍馬と大政奉還に関して

龍馬の活躍は物凄くて1866年7月、龍馬が設立した亀山社中は第二次長州征伐が生じた為、長州藩を助けようとしてユニオン号で参戦したと言われている。
また、北海道の蝦夷・島根県の竹島等の開拓をしたり、薩摩藩と長州藩の商社を設立させようと画策したりして政治だけでなく経済としての素質も遺憾なく発揮していた様である。
そんな目覚ましい活躍をしている坂本龍馬に白羽の矢を立てたのが「土佐藩」だった。
土佐藩は薩摩や長州に遅れを取っていた為に、坂本龍馬に協力してもらおうと、当時土佐藩で実験を持っていた後藤象二郎が坂本龍馬と会談した。
この会談で討幕を考えていた坂本龍馬は土佐藩を活用または利用できるのではないかと考え土佐藩と組む事を決めた。
龍馬が土佐藩になった事から、龍馬が作った組織「亀山社中」は「海援隊」へと名前・名称を変え土佐藩の組織として活動する事になった様である。
勿論(もちろん)龍馬は海援隊の隊長として就任する事に成った。
その頃、薩摩藩と長州藩は武力で討幕をしようと考えていたが、土佐藩はこれをやめたいと思い龍馬と策を練っていた。
龍馬は土佐藩の船の中で「大政奉還」になる策を後藤に提案したと云う。
この策が8つあることから「船中八策」という様に呼ばれている。
この船中八策を後藤から、土佐藩主山内容堂を介し当時の将軍徳川慶喜に建白をして、受け入れられた事により政権が朝廷に奉還したというのが大政奉還の流れになる。

坂本龍馬の歴史関連エントリー

ウッドデッキの作り方とDIYの施工例に関して
ウッドデッキの作り方やDIY(日曜大工)の施工例に関して。ウッドデッキには手作り(DIY)キットが通販などでも販売されており自作(DIY)で製作可能に為っている。ウッドデッキの塗装の仕方や施工例、ベランダウッドデッキの作り方に関して。
ガーデニング用品で快適に暮らす
ガーデニング用品をインターネットで探している人の多くは、「激安家具送料無料」という検索ワードを用いる。だが、ちょっと待って欲しい。ガーデニング用品を激安通販で買う時に、「激安家具送料無料」のみで検索を実践するのはやや無謀な気がする。ガーデニング用品には、オーニングテントやテーブルチェアー、更に霧吹き、プランター、ガーデンパラソルだってあるのだ。また、大人気のガーデニングショップ園芸用品店は、東京や千葉などに数多くある。
東京・大阪・岡崎・琵琶湖等の花火大会
東京湾、琵琶湖、大阪、岡崎等の全国でも本当に有名な花火大会の情報を紹介。他に、知多半島や北大路、篠田、淀川にも本当に有名な花火大会が有る。暑い夏にロケット花火でも打ち上げながら、花火大会を楽しむ情報を見て欲しい。
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイル
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイルについて。他に、アロマテラピーを利用した花粉症対策やマッサージのやり方に関する話題も。さらに、アロマテラピーの歴史、虫除けの作り方、ペットのアロマテラピーなども紹介。
坂本龍馬
坂本龍馬の記念館、銅像、亀山社中、本、薩長同盟などについてご紹介。坂本龍馬ゆかりの地として意外にも長崎県が挙げられるが、ここで坂本龍馬の家紋を見た記憶がある。他に、坂本龍馬とフリーメイソン、岩崎弥太郎、幕末歴史検定の話題も。
大河ドラマ 坂本龍馬
2010年のNHK大河ドラマは、福山雅治が演じる坂本龍馬である。そこで坂本龍馬と海援隊、名言、勝海舟などについてご紹介。他に、坂本龍馬は日本で初めて新婚旅行をした事でも有名で、妻・おりょうと温泉に行ったようだ。
BLEACH(ブリーチ)のアニメ
BLEACH(ブリーチ)のアニメ、夢小説、映画、ゲームなどの情報。他に、BLEACH(ブリーチ)の声優、ミュージカル、主題歌、コスプレ、登場人物の紹介も。
ハロウィン
ハロウィンというと日本では、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのイベント、壁紙などの人気が高い。そんなハロウィンのグッズや仮装コスチュームなどについて。他に、ハロウィンの時期や絵本、ランタンなどの話題も。
アロマの効能と効果
アロマの効能と効果など。他に、アロマと無印良品や加湿器、キャンドルなどの話題も。さらに、アロマとデライト、ローズ、ゼラニウムのことや妊娠中のアロマの影響についても。