大河ドラマ 坂本龍馬

坂本龍馬のプロフィール

坂本龍馬,NHK,大河ドラマ,福山雅治,海援隊,名言,勝海舟,新婚旅行,おりょう,温泉

坂本龍馬が誕生したのは天保6年11月15日(西暦で1836年1月3日)だった。
亡くなったのは慶応3年11月15日(西暦で1867年12月10日)であるので、32歳という若さで亡くなった人である。
坂本龍馬は幕末における日本の政治家・実業家と言った立場の人で、土佐藩を脱藩した後に本当に有名な「海援隊」を結成している。
これは貿易会社と政治組織を兼ねた物だった。また、大政奉還の成立に力を相当注いだり、薩長連合の斡旋をしたりして志士としてもたくさんの活動をしてきた人であったようである。
坂本龍馬は生前というよりは死後に世の中の人に知れ渡る様な本当に有名人になった人物で、司馬遼太郎が書いた小説『竜馬がゆく』で坂本龍馬が主人公で取り上げられて以来、日本では絶大な大人気を誇っている。
とは言う物の小説やドラマ等で取り上げられている坂本龍馬は、実際の坂本龍馬とはかけ離れたイメージで描かれているのではないかという指摘も気のせいか多く受けている様で、その事跡についてはたくさんの論議があるようである。
坂本龍馬は暗殺によって殺されたのはご存知の方が多いと思うが、近江屋新助宅母屋にいて海援隊の人達と話をしていたところ、十津川郷士と名乗る男達が突然乱入してきて斬られた言う事である。
男達が入ってきたとき竜馬は店の者が入ってきたと相当油断をしていた為に刀を持っておらず額を深く斬られ亡くなったと言われている。
この事については色んな議論、説が有るようである。


スポンサードリンク

2010年のNHK大河ドラマは、福山雅治が演じる坂本龍馬

坂本龍馬,NHK,大河ドラマ,福山雅治,海援隊,名言,勝海舟,新婚旅行,おりょう,温泉

2010年のNHK大河ドラマは、福山雅治が演じる坂本龍馬である。このNHK大河ドラマは「龍馬伝」と言う。
この物語では坂本龍馬の生涯を描くドラマに為っている。その主人公坂本龍馬役で抜擢されたのが「福山雅治」さんである。福山流坂本龍馬がどうなるのか実に気になる作品だと思う。
坂本龍馬は「幕末史の奇跡」と呼ばれていたそうで、その生涯は33年間と非常に短いものだった。この風雲児坂本龍馬の短い生涯を大河ドラマ「龍馬伝」では、その時代屈指の経済人であった岩崎弥太郎という人の視点から描いていくようである。
坂本龍馬は土佐、江戸、世界と怒涛のごとく動いていく人生を駆け巡る。
坂本龍馬は常に岩崎弥太郎の前を歩いている人物で憧れの人物であったが、憧れるが故に妬みもあり、その妬みは師である吉田東洋が暗殺された事をきっかけにして憎しみへと変貌していった。
その状態に岩崎弥太郎自身も苛んでいたようである。そんな中、坂本龍馬は岩崎弥太郎と長崎で再会し、衝突しながらも2人は急接近してゆく。
その折、坂本龍馬が暗殺されてしまうのであるが、坂本龍馬の意思は岩崎弥太郎が引き継いでいく事になる。
また、坂本龍馬の周りにいた妻お龍を始めとした女性達の登場も、坂本龍馬の人生を彩っていく事になる。
大河ドラマ「龍馬伝」は、無名であった若者「坂本龍馬」が大きく成長していく姿を描いている青春群像劇になる。
登場する俳優さん達も名だたる人ばかりであるので、見応えある作品ではないかと思うので、閲覧する側も楽しんでみて頂ける作品である。


坂本龍馬が大人気になった理由について

坂本龍馬というと幕末のヒーローとして世間一般の方に広く知られている。
またたくさんの志を所有している人の理想像として実に大人気といえるかもしれない。
幕末を代表する2大スターという形で新撰組と坂本龍馬が挙げられると思う。現代ではドラマ等で取り上げられる事も気のせいか多く、「歴史上の人物で誰が好き?」という問いに対して常に上位にランクインする様な人物である。
それでは坂本龍馬という人物がこれほど大人気が出る様になった理由としては何があると思うか?
坂本龍馬を題材にして書かれた司馬遼太郎の「竜馬がゆく」に多大なる影響を受けたのが俳優で歌手の武田鉄也さんである。
「海援隊」というグループを結成した位であるから実に影響を受けているのが分かる。
そう言った方達がテレビや漫画、本等で大々的に宣伝したという事が大人気の秘訣になったのではないかという説も有る。
本来坂本龍馬というのは、織田信長の様に表立って活動をしていた政治家的な任務をしていたのではなく、どちらかというと目立たない裏役に徹していたと言われている。
また坂本龍馬に関連した資料もそれほど気のせいか多く有る訳でも無い様である。
ではこの坂本龍馬の大人気は何かきっかけが有るのかというと、「薩長同盟の締結」「大政奉還」「海援隊の結成」等が挙げられると思う。
こう言った事象をテレビドラマ等で放映されているのがやっぱり大人気の秘密なのではないかと思う。
でも偉大な功績を残したのは事実であるので、大人気が出るのも有る意味分かる様な気がする。

坂本竜馬の名言

坂本龍馬(さかもとりょうま)は坂本竜馬という様にいまは書く人も多い様であるが本来の字は「龍馬」である。
「竜」は新字になるので「龍」が間違っていないものである。
これは司馬遼太郎が書いた「竜馬がゆく」以来、現代で慣用化されている言葉だそうである。
坂本龍馬が生きていた当時の日記や書簡を閲覧すると「良馬」と当て時によって書かれていた物が残されている事からも「りゅうま」ではなく「りょうま」である事が伺える。そんな坂本龍馬はいろんな名言を残していると言われている。
それをちょっとご紹介したいと思う。
《名言》「世の人は我を何とも言わば言え 我が成す事は我のみぞ知る」
《意味》世間の人が言いたいのであれば自分の事を言いたいだけ言えば良い、でも自分のやりたい事は自分だけが熟知しているのだ。という様な意味だと思う。
《名言》「善く問いを待つ者は、鐘を撞くが如し」
《意味》ここで言う「善く問いを待つ者」というのは良い教師、立派な教師を意味している。シンプルに意味を言うと「善い教師は生徒にとって鐘の様な物である」という様に言っている。
これはくだらない質問を生徒がしたケースの場合にはくだらない答えしか返って来ないが、良い質問をすれば的を得た良い答えが返ってくる。鐘の様な物というのは小さく叩けば小さく鳴るし、大きく叩けば大きく鳴るというのに例えている。
人間関係を教師と生徒という立場から表した教育に関連した名言である。
この名言は西郷隆盛を評した言葉だと言われている。

坂本龍馬の成果を残していると言われている資料や文献に関連しては死後、山ほど発表されている事からたくさん有ると言われているが、「海援隊」に関連してはあまり資料として残されていないのが実態の様である。
実際に「海援隊」という言葉は耳にした事が有っても、何をしたか熟知している人はあまりいないのではないかと思う。
そこでちょっとだけ海援隊について解説してみたいと思う。
「海援隊」という組織はその前衛が「亀山社中」と言われていて、実に本当に有名な組織であるが、亀山社中時代から合わせても活動期間はたった3年間程でしかなかったと云う。
こんなに短い期間でしか活動していなかったとは実に思えない位、名前・名称は実に本当に有名だ。
海援隊は1867年、慶応3年の春に発足して活躍していた組織だったが、坂本龍馬が暗殺されて以降は大黒柱を失ってか、長崎派と塩飽派という2つの派流に分裂してしまい、結果慶応4年9月に土佐藩の命令によって解散をする事になったそうである。
元々亀山社中という組織が作られたのが海援隊の基本中の基本なのであるが、これは幕府の直轄施設である神戸海軍操練所で学んでいた生徒、それと当時勝海舟の影響を大きく受けていた坂本龍馬と共に長崎亀山で発足した組織である。
それが後に「海援隊」という様に名前・名称を変えていったそうである。
海援隊は貿易に関連した事、政治に関連した事を中心に活動を行っていたようであるが、一説によると「情報化集団」だったのではないかとも言われている。
坂本龍馬が発する独自のユニークな発想は実に大胆でかつ世界を視野に入れた考え方だった様で、得る情報も実に近代的なものだったのではないかと推測できる。

坂本龍馬と勝海舟に関して

坂本龍馬と言ったら切っても切り離せない存在なのが「勝海舟」ではないだろうか。
坂本龍馬と勝海舟に一番関係しているのが、勝海舟が創設した「神戸海軍塾」という所だった。
元は神戸海軍操練所という政府の幕臣達が勉強をする場所として創設したのであるが、勝海舟はそれだけではなく、諸藩の物達も集めて勉強ができる「神戸海軍塾」をも創設したのである。
坂本龍馬はその「神戸海軍塾」の塾頭という立場にいた様である。
坂本龍馬は勝海舟の最愛の愛弟子となっていた様で、勝海舟の為に色々行動をしていたと言われている。
勝海舟はその身分から自由に行動できないでいた様であるが、その勝海舟の想いに対して手足となって動いたのが坂本龍馬である。
たとえば神戸海軍塾の設立をするにあたって資金の調達が必要になる。そこで坂本龍馬が越前福井藩主松平春嶽を訪ね、資金調達のお願いにあたるなどして動いていた様である。
坂本龍馬は勝海舟を実に慕っていた様で、故郷の姉に充てた手紙に再三その喜びの気持ちを書いていたと云う。
坂本龍馬が後に行った開国主義という考えも、薩長土同盟という考えも全て勝海舟の理想から影響を受けたものだった様である。
であるから坂本龍馬が成し得た薩長同盟という快挙も、勝海舟が坂本龍馬を西郷隆盛に紹介した事がきっかけとなって成功したと言われている。
坂本龍馬と勝海舟と西郷隆盛、この3人の関係性が幕末の歴史を大きく動かしたと言っても過言ではないかもしれない。

坂本龍馬は何故ブーツを好んで履いていたのか

坂本龍馬が写っている肖像画を閲覧するとブーツを履いている写真が有る。
この時代の人にしてはブーツを履くという事が珍しい事だった様である。だって着物にブーツという姿なのであるから、ちょっと考慮したらチグハグの様な感覚に見えると思う。
でも坂本龍馬は実にハイカラな人だった様で、好んでブーツを履いていた様である。
ブーツを履いている写真の1つに立って写っている写真が有るが、このブーツは長州の高杉晋作から戴いたものだという様に言われている。
長州ではその当時長州沖に来ていたイギリス軍やオランダ軍等外国船に対して攻撃をしていた時期だったのであるが、その外国船に乗っていた乗組員が履いていたブーツを、坂本龍馬に渡したという説が流れている。
その写真から判断すると誰かが先に履いていたという面影が有る様にブーツの先は破けていたり、履き潰したかのように爪先部分がそりあがっていたりしている様に実感できる。
真意は定かではないが、そうではないかと言われている。
また別の坂本龍馬の写真では座っている姿で写した物があるのであるが、この写真でもブーツを履いて写っている。
これは坂本龍馬が亀山社中という商社を開設し、外国から色んな物を輸入している時の立役者としてグラバーという方の力を借りていたそうである。
そのグラバーが住んでいた場所に靴屋があり、坂本龍馬が履いていた靴が既にボロボロだったのを見かねて新しい靴を作ったのではないかという様な説が有る。
この様に坂本龍馬はブーツを偉く気に入って履いていたという事が伺える。

坂本龍馬と新婚旅行、温泉

日本で初めて新婚旅行をしたのは坂本龍馬とおりょう夫妻だと言われている。
慶応2年の1月に京都伏見にある寺田屋という所で坂本龍馬は幕吏達に襲われ、手に深い傷を負った。
傷は両手に受けたみたいであるが特に左手の親指の傷が重傷でたいへん深い傷だった様である。
その後、初めは薩摩藩にいたのであるが、西郷隆盛らの勧めで鹿児島に「おりょう」という妻と一緒に行ったそうである。
当初は鹿児島城下でひっそりと暮らしていたが、傷の療養も兼ねて霧島にある塩浸温泉という場所へ旅に出たそうである。
この時勝海舟から「西洋には結婚したら夫婦二人で旅行に出掛ける『新婚旅行』という物がある」という事を耳にしていた事もあって、坂本龍馬はこの霧島への旅を「新婚旅行」という様になぞらえたそうである。
旅行は塩浸温泉から始まり、高千穂峰、霧島神社等たくさんの場所を2人で訪れたそうで色んな場所にその足跡が残っている。
この時、深手を負った龍馬を献身的に介護したのが妻のおりょうで、ドクターの娘であったおりょうは龍馬の為に一生懸命尽したそうである。
この時の新婚旅行が坂本龍馬の生涯の中でもこれ以上に無いという位、のどかで穏やかな旅行だった様で、姉である乙女に何通もの手紙を送っていたと言われている。
幕末の世の中、新婚旅行等知りもしなかった時代に龍馬は新しい事をパッと取り入れて実行したのは本当に凄い事だと思う。
この行動力こそが新しい時代を開いた原動力と為っているのではないだろうか。

坂本龍馬の妻「おりょう」

坂本龍馬には「おりょう」という妻がいた事をご存知の方も多いと思うが、いまはその「おりょう」は横須賀市大津にある信楽寺(しんぎょうじ)という所に埋葬されている。
信楽寺の本堂に祀られている「おりょう」の位牌の所には、坂本龍馬の写真と「おりょう」の写真が寄り添う様にして置かれている。
坂本龍馬の妻、「おりょう」は京都の町ドクターである樽崎将作という人の長女として産まれた。
産まれた日については色々言われている様であるが、嘉永三年6月6日ではないかと言われている。
「おりょう」は、京都の寺田屋騒動で夫である坂本龍馬が深手を負った時に献身的に尽したという事で本当に有名な女性である。
この時に療養として行った霧島への旅が日本で初めての「新婚旅行」で有ったという事はあまりにも本当に有名な話である。
しかしその夫坂本龍馬は京都の近江屋で何者かの乱入によって斬り付けられ、33歳という若さで惨殺されてしまい、「おりょう」は未亡人となってしまう。
夫婦生活はたった1年10カ月という短い物だったそうである。
その後「おりょう」は、坂本龍馬の実家である土佐の家に住んだが上手くいかず、その後は京都、大阪、東京という様に転々とした日々を送る流浪生活を送っていたそうである。
その時の状況を掌握できる物は殆ど残されてはいないみたいなので定かではないのであるが、実に波乱万丈な人生であったのではないかと思う。
その後、「おりょう」は西村松兵衛方という所に「西村ツル」という名称で結婚をして、明治39年に亡くなったそうである。

坂本龍馬を演じる福山雅治

NHKでは2010年1月より1年間に渡って放送される大河ドラマ「龍馬伝」の主役として、あの大人気俳優で歌手の福山雅治を起用した。
当の福山雅治はいままでドラマと言っても「1つ屋根の下」や「ガリレオ」等と言った現代を舞台にした物が気のせいか多く、時代劇というジャンルも初めて、NHKでのドラマ出演も初めてという事になるそうである。
更に福山は2009年がデビュー20周年だったという事で音楽活動、俳優活動、共に順風にいっている様子がうかがえる。
当の本人は坂本龍馬役に抜擢された事に対して「驚きとプレッシャーが有るが、選ばれた事にたいへん光栄を実感している。このスタッフ達で表す事ができる坂本龍馬を作り上げたい」という様な内容のコメントをした。
福山雅治を起用したNHKの鈴木圭一チーフプロデューサーはその理由として、「坂本龍馬は進化を継続している人」という観点から福山雅治を「音楽、俳優、写真と活躍する幅を広く所有している福山雅治は坂本龍馬のイメージとピッタリ」という様に解説しているみたいである。
福山雅治本人は話が来た当初「僕でいいのか」と悩んでいた様であるが、喜んで演じる決意を固め、役作りを楽しみながら取り組んでいるのが目に浮かぶ。
NHK大河ドラマ「龍馬伝」の脚本はフジテレビで放映された福山雅治主演ドラマ「ガリレオ」を手掛けた脚本家が担当している等、いままでの大河ドラマの枠にはまらない感覚の大河ドラマを閲覧する事ができると思う。
また、福山雅治の出身地である長崎もこのドラマの舞台と為っている為に、撮影その物にも力が入るのではないだろうか。

大河ドラマ 坂本龍馬関連エントリー

ウッドデッキの作り方とDIYの施工例に関して
ウッドデッキの作り方やDIY(日曜大工)の施工例に関して。ウッドデッキには手作り(DIY)キットが通販などでも販売されており自作(DIY)で製作可能に為っている。ウッドデッキの塗装の仕方や施工例、ベランダウッドデッキの作り方に関して。
ガーデニング用品で快適に暮らす
ガーデニング用品をインターネットで探している人の多くは、「激安家具送料無料」という検索ワードを用いる。だが、ちょっと待って欲しい。ガーデニング用品を激安通販で買う時に、「激安家具送料無料」のみで検索を実践するのはやや無謀な気がする。ガーデニング用品には、オーニングテントやテーブルチェアー、更に霧吹き、プランター、ガーデンパラソルだってあるのだ。また、大人気のガーデニングショップ園芸用品店は、東京や千葉などに数多くある。
東京・大阪・岡崎・琵琶湖等の花火大会
東京湾、琵琶湖、大阪、岡崎等の全国でも本当に有名な花火大会の情報を紹介。他に、知多半島や北大路、篠田、淀川にも本当に有名な花火大会が有る。暑い夏にロケット花火でも打ち上げながら、花火大会を楽しむ情報を見て欲しい。
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイル
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイルについて。他に、アロマテラピーを利用した花粉症対策やマッサージのやり方に関する話題も。さらに、アロマテラピーの歴史、虫除けの作り方、ペットのアロマテラピーなども紹介。
坂本龍馬
坂本龍馬の記念館、銅像、亀山社中、本、薩長同盟などについてご紹介。坂本龍馬ゆかりの地として意外にも長崎県が挙げられるが、ここで坂本龍馬の家紋を見た記憶がある。他に、坂本龍馬とフリーメイソン、岩崎弥太郎、幕末歴史検定の話題も。
坂本龍馬の歴史
坂本龍馬の歴史を年表を参考にして幼少期と青年期に分けてご紹介。坂本龍馬といえば脱藩や京都の寺田屋が有名だが、身長についても諸説がある。他に、坂本龍馬の墓、暗殺や姉・乙女などの話題も。
BLEACH(ブリーチ)のアニメ
BLEACH(ブリーチ)のアニメ、夢小説、映画、ゲームなどの情報。他に、BLEACH(ブリーチ)の声優、ミュージカル、主題歌、コスプレ、登場人物の紹介も。
ハロウィン
ハロウィンというと日本では、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのイベント、壁紙などの人気が高い。そんなハロウィンのグッズや仮装コスチュームなどについて。他に、ハロウィンの時期や絵本、ランタンなどの話題も。
アロマの効能と効果
アロマの効能と効果など。他に、アロマと無印良品や加湿器、キャンドルなどの話題も。さらに、アロマとデライト、ローズ、ゼラニウムのことや妊娠中のアロマの影響についても。