BLEACH(ブリーチ)のアニメ

BLEACHのゲームに関して

BLEACH,アニメ,夢小説,映画,ゲーム,声優,ミュージカル,主題歌,コスプレ,登場人物

雑誌掲載で大人気が出て漫画がテレビアニメ化するというのはよく耳にする話であるが、週間少年ジャンプで連載中のBLEACHもそのうちの1つである。そしてアニメがあるレベルの期間放送されると、劇場版アニメの登場や、いろんなキャラクターグッズも販売される様になると思うが、またテレビゲームというのも大人気のアニメには欠かせない商品なのではないだろうか。
現在BLEACHのゲームは、プレイステーション系のものと任天堂系と2種類あり、登場人物も各々に異なりがあるそうである。
ゲームオリジナルのストーリーもあり原作を補完する様な任務もあるそうである。
プレイステーション系には主にヒートザソウルシリーズとブレイドバトラーズシリーズがあり、任天堂系にはBLEACH DSシリーズやゲームボーイアドバンス版、任天堂ゲームキューブ版、Wii版などがあるようである。
プレイステーション系のヒートザソウルシリーズ、これは2005年に発売されたBLEACH ATTACKモードなど6種類用意されており、いろんな種類のゲームが一枚で楽しめる様に為っているようである。
やっぱりヒートザソウルにも原作者によるオリジナルストーリーが含まれており、漫画やアニメと併せて楽しむ事もできる様に為っている。
また任天堂からも、RPG型のゲームや対戦型のゲームなども販売されているようで、BLEACHのゲームとひと言に言ってもいろんな種類があるようである。
ゲーム版BLEACHもまたアニメ版、漫画版とは違った迫力などもあり、異なる楽しみ方のできるものに為っているのではと思う。ゲーム版ではアニメ版とは異なる音楽なども合わせて楽しめそうである。


スポンサードリンク

BLEACHのコスプレについて

BLEACH,アニメ,夢小説,映画,ゲーム,声優,ミュージカル,主題歌,コスプレ,登場人物

コスプレといっても色んなジャンルがあると思うが、その中でもアニメ・マンガのコスプレはコスプレの代表でもあるといえるのではと思う。
コスプレの定義とは、アニメ、漫画、ゲーム、歌手等の愛好家が、お気に入りのキャラクターの着ている衣装を真似て作り身に付ける事でそのキャラクターに成りきる事を云う。
日本でのコスプレの始まりは1976年頃と言われていて、同人誌即売会で「海のトリトン」や「機動戦士ガンダム」のコスプレをした人が出現し、アニメや同人誌関係の「ファンロード」が掲載した事からと言われている。
この頃はアニメのキャラクターのコスプレが殆どだったが、この後本格的に90年代頃本格的にコスプレが広まる事になる。
この頃「新世紀エヴァンゲリオン」が放送され、同人サークルと共にコスプレという単語が注目されたのだ。
コスプレには学生服、メイド服など息の長いコスプレも有る。近頃では秋葉原などにコスプレした店員の居るメイド喫茶なども登場した。
現在は、アニメやゲームのキャラクターの中で自分に合っているキャラクターを選んでコスプレするというのが殆どで、各々の人が自分が写真などに撮られる立場としてポージングの調査などもするそうである。
コスプレのイベントと一言で言っても種類はいろんなようである。
好きな漫画やアニメなどのジャンルの人やそうでない人とまで交流できたり、普段の自分とは異なる自分を表現できるのがコスプレの醍醐味という人もいるみたいものである。
コスプレの大人気作品といっても色々であるが、「ローゼンメイデン」、「ガンダムSEED」、「遥かなる時空の中で」、「テニスの王子様」、「銀魂」、BLEACHなどが大人気のコスプレが豊富な作品だそうである。
中でもBLEACHのコスプレはいろんな会場で絶対に見かけるほど多いそうで、その理由としてはBLEACHでキャラが着用する和服は実に作りやすく、リメイクもしやすいからである。
また、男女問わず着用しやすい服ともいえるそうである。
コスプレ衣装は自分で作る以外にも購入という方法もあるようであるが、BLEACHの中でも、破面(アランカル)という集団の制服のような衣装や、主要なキャラクターの制服のような衣装などが大人気なようである。
インターネットで購入できるホームページもたくさんあるようであるが、コスプレの楽しみの1つに自分で衣装を制作するという事も含まれていそうである。
BLEACHのみならずいろんな漫画の楽しみ方の1つにコスプレというものもあるようである。


BLEACHの声優について

漫画のアニメ化というと、読者の中には賛成派の人も反対派の人も出てくると思うが、反対する理由には自分の持っていたイメージとアニメが異なり過ぎる、という様な事もあると思うが、イメージについてはキャラクターの外見の事やアニメ化というとやっぱり色使いなども大きいと思うのであるが、声優の個性が出てしまうキャラクターの「声」というのも大きくイメージを左右するのではと思う。
アニメBLEACHこの作品、声優にはどの様な顔ぶれが揃っているのだろうか?
まず、BLEACHの主役である黒崎一護の声優は森田成一、少年時代の声優は松岡由貴である。
そして朽木ルキアの声優は折笠富美子、井上織姫の声優は松岡由貴、石田雨竜の声優は杉山紀彰、茶渡泰虎の声優は安元洋貴、コンは真殿光昭、阿散井恋次は伊藤健太郎が声を担当している。
また黒埼一護の家族の父親黒崎一心の声優は森川智之、妹は黒崎遊子の声優は瀬那歩美、黒崎夏梨は釘宮理恵、黒崎真咲は大原さやかが声を担当している。
中でもBLEACHの主人公である一護役の森田成一は青二プロダクション所属の声優で、俳優も演じる人物である。
主なテレビアニメの声優は2003年に「テニスの王子様」田代役、「ロックマンエグゼ」城戸役、「アクアキッズ」ジーノ役、「起動戦士ガンダムSEED」アウル・ニーダ役、「名探偵コナン」福間良介訳、「リングにかけろ」高嶺竜児役、「ONE PIECE」マルコ役、2008年は「MAJOR」佐藤寿也役を演じている。
やっぱりBLEACHのような人気漫画のテレビアニメ化・・・声優陣にも非常に期待のかかる作品となってくるのではと思う。

BLEACHの主題歌(オープニング)について

現在週間少年ジャンプで連載中の漫画BLEACH、2004年からテレビアニメ化され現在も放送中であるが、テレビアニメ化に付き物の1つとして主題歌の存在が有る。
BLEACHの主題歌(オープニング)とエンディング曲は共にソニーミュージックエンタテインメントの歌手が担当している。
いままでに発表されたBLEACHの主題歌(オープニング)は殆どがオリコンチャートで上位ランクに入っており、主題歌(オープニング)曲は全てがトップ10に入っている。
これらBLEACHの曲を集めて作られたベストアルバムが第21回日本ゴールドディスク大賞アニメーション・アルバム・オブ・ザ・イヤーを受賞し、20万枚を売り上げる作品と成った。
主なBLEACHの主題歌(オープニング)曲は、「アスタリスク」ORANGE RANGE、「D tecno Life」UVERworld、「一輪の花」HIGH and MIGHTY COLOR、「TONIGHT,TONIGHT,TONIGHT」BEAT CRUSADERS、「Rolling star」YUI、「ALONES」Aqua Timez、「アフターダーク」ASIAN KUNG-FU GENERATIONの順で歌われている。
BLEACHのエンディング曲は「ほうき星」ユンナ、「LIFE」YUI、「HANABI」いきものがかり、「MOVIN!」タカチャ、「桜日和」星村麻衣、「爪先」オレスカバンド、「橙」チャットモンチー、「種をまく日々」中孝介などが順に歌われている。
また、アニメの主題歌以外にも、サウンドトラック、ゲーム版BLEACHのCD曲、キャラクター別のイメージアルバム、ラジオを収録したアルバムなど注目のCDが数々出されているようである。
漫画のアニメ化は映像にも迫力などがあるものであるが、併せてストーリー中の音楽や主題歌(オープニング)やエンディング曲にも注目してみるのもアニメの楽しみ方の1つだと思う。

BLEACHのロックミュージカルについて

大人気の漫画というのは、テレビアニメ化され、更に劇場版アニメ映画化され、という事はよく耳にするるが、今回は更にミュージカル化までされたケースの場合を見て行きたいと思う。
2001年に少年ジャンプで連載のスタートしたBLEACHであるが、2004年にはテレビアニメの放送もスタートし、2006年には全国東宝系で映画化もした。
そしてその前年の2005年、若手俳優により「ロックミュージカルBLEACH」が上演されたのだ。
このロックミュージカルは多彩な顔ぶれと、独特の世界観を持つ物語の展開など見事に再現し、大成功と成った。
この成功を元に、2006年冬に「ロックミュージカルBLEACH 再炎」としてより進化したミュージカルが上演されたのだ。
そして更に2006年夏、「ロックミュージカルBLEACH」の最新公演が実施された。
そしてその後も再演が重ねられ、最新の公演は2008年3月24日から31日新宿コマ劇場で公演された「ロックミュージカルBLEACH DX」と為っている。
主なキャストは、黒崎一護を伊阪達也、朽木ルキアを佐藤美貴、阿散井恋次を森山栄冶、日番谷冬獅郎を永山たかし、市丸ギンを土屋裕一、井上織姫を吉井怜が担当している。
「ミュージカル」ではなく「ロックミュージカル」という事からも、BLEACHのストーリーの再現などにはピッタリなミュージカルだったのではと予想される。
特にミュージカルという形はBLEACHファンには勿論(もちろん)BLEACHを興味ない人にも楽しめる要素があると思うので、アニメのミュージカルかというのも面白い事だと思った。

現在放送されているアニメ、日本の番組は殆どが原作漫画を持つものであるが、その中でも週間少年ジャンプで連載中のBLEACHこれもstudioぴえろ制作でアニメ化されている作品の1つである。
BLEACHのアニメ版は漫画原作とストーリーやキャラクターの点などで異なりが出てくる事も多いそうなのであるが、BLEACHのアニメ版にも原作には無いオリジナルストーリーがいくつもあり、初めの内のストーリー展開も漫画原作よりも速めだったそうである。
アニメBLEACHの原作との異なりを細かく閲覧すると、まず原作に含まれるグロテスクな表現はアニメ化にあたって和らげられているそうである。
アニメの第1話からストーリーが多少原作と異なるようである。
また、BLEACHの主人公の一護が死神の仕事を手伝う決意をするまでのプロセスも変わってきている。
週間少年ジャンプの開催するジャンプフェスタで、BLEACHのテレビアニメ化が本格化される以前にグランドフィッシャー編という部分がアニメ化されており、グランドフィッシャー編はストーリーが大幅に変更されオリジナルキャラクターも登場している。
水色というキャラクターの海外旅行先がプーケットからハワイに変更されるが、これはプーケットがインド洋大地震で津波被害を受けた事からである。
また、コンというキャラクターのぬいぐるみが捨てられた場所が道端からゴミ捨て場に変更に為っている。
これ以外にもBLEACHのアニメには数々の変更点があるのであるが、道徳的な点での変更も見られるようなので、テレビ化らしい事だと思ってしまった。

BLEACHの映画第1弾に関して

雑誌連載などの大人気漫画がアニメ化し、更に大人気が出てくると劇場版アニメ公開!というパターンは実に多いものであるが、そんな中でも過去に劇場版の製作されたアニメBLEACHの映画第1弾に注目してみたいと思う。
BLEACHの映画第1弾のタイトルは「MEMORIES OF NOBODY」であるが、この映画は2006年12月16日に東宝系で公開されたのだ。
BLEACHの映画第1弾の監督は阿部記之で、脚本は十川誠志、主な出演者は森田成一、折笠富美子、伊藤健太郎、置鮎龍太郎などである。
台湾でも、BLEACHの映画第1弾が2007年11月9日から公開されている。
BLEACHの映画第1弾のストーリーは、BLEACHの主人公の人間の少年黒崎一語が霊の世界に霊力を与えてくれた少女ルキアを助ける為に潜入し、抗争するがその後、主人公が現世で、引き続き霊力によって悪霊を退治する力を用いる「死神代行」を務める中、再びルキアも現世に霊の世界から派遣されてくる。
その頃空座町(一護の住む世界)で欠魂と称される認識不能の霊が発生し、「世界崩壊」の前触れとされる事態が起きる。
それは全て厳龍というキャラクターの率いるダークワンという団体による事態だった。
そしてその頃主人公一護とルキアは茜雫という死神の少女と出会い、霊の世界では現世での事態に対し、霊の世界を守ったり現世で悪霊を退治する団体の隊長の一人日番谷冬獅郎にある特命が下され、そんな事から劇場版「MEMORIES OF NOBODY」のストーリーが展開してゆく。
一護とルキアが出会う死神の茜雫はBLEACHの映画第1弾アニメのオリジナルキャラクターの一人で、ストーリー中非常に大事な任務を成し遂げるようである。
ちなみに、このBLEACHの映画第1弾の主題歌は「千の夜をこたえて」というAqua Timezというアーティストの歌った曲で、映画の完成披露試写会でAqua Timezのシークレットライブも実践されたそうである。
また、ゲスト声優には安田大サーカス、森下千里なども登場し、両ゲスト声優とも舞台あいさつにも登場したそうである。
この「MEMORIES OF NOBODY」は限定版、普通版、レンタル全てが2007年9月にDVD発売されており、現在でも楽しむ事ができる。
BLEACHの漫画原作、TVアニメ版とはまた異なるストーリーやキャラクターも登場する劇場版こそがBLEACHの映画第1弾であるので、漫画、TVアニメとは異なる面白さがみつかるのではないだろうか。

BLEACHの映画第2弾に関して

BLEACHというと、テレビアニメや漫画が思い浮かぶ人も多いのではと思うが、大人気の作品の為やっぱり劇場版であるアニメ映画も製作されているようである。
BLEACHの映画第1弾は2006年に公開された「MEMORIES OF NOBODY」であるが、映画第2弾は2007年12月22日公開予定の「The DiamondDust Rebellionもう1つの氷輪丸」という作品で、監督は第1弾と同じく阿部記之監督である。
BLEACH映画であるこの作品は、大人気キャラクターの日番谷冬獅郎を中心に展開するストーリーで、霊の世界にある秘宝「王印」が謎の集団に奪われる所から始まるそうである。
この秘宝を運搬していたのが日番谷等だった。
首謀者と闘っていた日番谷が同時期に秘宝と共に失踪を遂げる。
その後、日番谷が逃亡したという報告を耳にしていたBLEACHの主人公の一護の元に傷を負った日番谷が運ばれてくる。
ここに謎の虚(悪霊)が乱入し日番谷を迎えに来たと言い日番谷は否定を一切合切せずにその場を去る。
その頃ルキアと恋次というキャラクターが乱菊というキャラクターの依頼で霊の世界から現世に向かい主人公と合流する。
霊の世界では日番谷が残した言葉を元に調査が開始され、日番谷が残した「草冠」という言葉は、BLEACHの主人公一護やルキア、日番谷と同じく「死神」の名称であるのに亡くなっている事が分かる。
霊の世界での更なる調査や、現世に派遣されていた部隊も何者かに襲撃され負傷・全滅する。
2ヶ所の現場には日番谷の武器である氷輪丸の攻撃跡らしきものが残っている事が分かり、この様な事から霊の世界では日番谷処刑の決定が下される。
日番谷は漫画やテレビアニメ中などでは、BLEACHの主人公一護やその仲間達と仲の良い存在として登場している。
BLEACHの映画第2弾の公開は12月22日であるが、とっくに前売り券予約なども開始されているそうで、ローソン特別前売り券にはナビゲートCD、劇場販売前売り券には特典のミニボイスポスターが付いていた様である。
ブリーチの映画第1弾である「MEMORIES OF NOBODY」と同じように、劇場版のみのオリジナルキャラクターも登場し、BLEACHファンの人々などには必見の作品となるのではないだろうか。

BLEACHと夢小説に関して

BLEACHに限らず小説というものにはいろんなジャンルが有るが、皆さんは「夢小説」や「ドリーム小説」というものを耳にした事があるだろうか?
「夢小説」や「ドリーム小説」は主にWEB上で公開される小説のことで、特定の登場人物名を読者が自由に設定して読む事ができる。
「夢小説」や「ドリーム小説」というものは、おもに漫画やゲームなどのキャラクターとの恋愛を取り扱った作品が多いそうである。
「夢小説」などは2次創作物と呼ばれ、著作権の発生している作品のストーリーや世界観などの各設定を元に、本来の著者以外の第三者が制作する独自の漫画や小説等の事である。
読者は夢小説の主人公(主にヒロイン)に自分自身の名前・名称を付ける事により疑似恋愛など特殊な感情移入を楽しむ事ができる。
「夢小説」は1998年ころ誕生しその後普及したと考えれるが、女性読者があまたな為、主人公はヒロインのケースの場合が多いらしいのであるが、名称変換できる対象が動物や、男性であるものや、恋愛要素の無いものなどいろんなタイプの夢小説が登場してきているそうである。
一般的に言われる「おたく」の世界に近いのではと考えられる。
しかし単なる「おたく」としてではなくインターネットの文化としても夢小説は位置づけられているらしいものである。
BLEACHにも夢小説は数気のせいか多くあり、インターネットの検索でいろんなヒットが有る。
「夢小説」や「ドリーム小説」に興味のある人は、更に詳しく検索などしてみるといろんな事が分かると考えられる。
大手検索ホームページの検索結果の頭には、BLEACHの作者の作品を中心に扱った夢小説のホームページが登場する。
夢小説のブログというものもあるそうである。
たくさんのケースとしては、「夢小説」や「ドリーム小説」の書き手が女性であり、読む側も女性である事を想定して書かれているそうなので女性向けの文化ともいえると思う。
著作権に関連しては、2次作品を全面禁止している出版社などもあるようであるが、そんな中でも広がりを見せる文化の1つであるようである。

ブリーチの男性登場人物に関して

ブリーチの主人公は黒崎一護という少年であるが、この少年が死神となり虚などと闘うストーリーである。
このブリーチという作品には数々の登場人物が居るようだが、その中でも男性登場人物に注目してみたいと思う。
ブリーチの男性登場人物として、まず石田雨竜という黒崎一護のクラスメイトである。
この人物は絶滅したはずの「クインシー」の生き残りの一人である。
「クインシー」とは虚(悪霊の総称)と闘うために霊力のある人間の集まった集団である。
虚を退治する「死神」が自身の霊力を源として闘うのと異なり、虚と闘う為にいろんな術を体得している。
過去に事件において支障である祖父が亡くなった事により死神を嫌っていたが、一護と接するうちに一護達の傍に居るようになる。
得意料理はサバの味噌煮で、手芸部、身長は171cm、体重55kg、11月6日誕生しという設定である。
ブリーチの登場人物として、一護のクラスメイトで中学時代からの親友に茶渡泰虎がいる。
大柄で怪力という設定で、一護と行動を一緒にする事によりその能力を開花させる。
ブリーチ上、大柄という事であるが、197cm112kgという登場人物設定に為っている。
誕生日は4月7日である。あだ名はチャドで日本人とメキシコ人のクォーターである。
実に無口だが素朴で優しい性格である。霊感は全く無かったのであるが、死神となった一護と行動を共にする事で固有の能力が開花する。
右腕に鎧が装備され霊力による打撃を放てるようになる。
「チャド」という名前・名称はレッド・ホット・チリ・ペッパーズというアメリカ合衆国出身のロックバンドの一員のチャド・スミスからとったとされていて、チャド・スミスも「チャド」と同じく190cm以上ある巨漢だそうである。
また、ブリーチの主要な男性登場人物の1人に阿散井恋次が居るようだ。
準主役の朽木ルキアの幼馴染で、赤い髪で刺青を入れているという設定であるが、落ち着いて落ち着きのある性格である。
身長は188cm78kgで8月31日誕生しである。ルキアと同じく、自分達の住む世界を守ったり人間の世界の虚を退治したりする護延十三隊の隊員で、六番隊の副隊長である。
ブリーチの登場人物の中では、一護達と行動を共にする事にもなる主要人物である。
これ以外にも多彩な登場人物が存在するブリーチであるが、主な男性登場人物、これからもストーリー中どの様に活躍するのだろうか楽しみである。

BLEACH(ブリーチ)のアニメ関連エントリー

ウッドデッキの作り方とDIYの施工例に関して
ウッドデッキの作り方やDIY(日曜大工)の施工例に関して。ウッドデッキには手作り(DIY)キットが通販などでも販売されており自作(DIY)で製作可能に為っている。ウッドデッキの塗装の仕方や施工例、ベランダウッドデッキの作り方に関して。
ガーデニング用品で快適に暮らす
ガーデニング用品をインターネットで探している人の多くは、「激安家具送料無料」という検索ワードを用いる。だが、ちょっと待って欲しい。ガーデニング用品を激安通販で買う時に、「激安家具送料無料」のみで検索を実践するのはやや無謀な気がする。ガーデニング用品には、オーニングテントやテーブルチェアー、更に霧吹き、プランター、ガーデンパラソルだってあるのだ。また、大人気のガーデニングショップ園芸用品店は、東京や千葉などに数多くある。
東京・大阪・岡崎・琵琶湖等の花火大会
東京湾、琵琶湖、大阪、岡崎等の全国でも本当に有名な花火大会の情報を紹介。他に、知多半島や北大路、篠田、淀川にも本当に有名な花火大会が有る。暑い夏にロケット花火でも打ち上げながら、花火大会を楽しむ情報を見て欲しい。
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイル
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイルについて。他に、アロマテラピーを利用した花粉症対策やマッサージのやり方に関する話題も。さらに、アロマテラピーの歴史、虫除けの作り方、ペットのアロマテラピーなども紹介。
坂本龍馬
坂本龍馬の記念館、銅像、亀山社中、本、薩長同盟などについてご紹介。坂本龍馬ゆかりの地として意外にも長崎県が挙げられるが、ここで坂本龍馬の家紋を見た記憶がある。他に、坂本龍馬とフリーメイソン、岩崎弥太郎、幕末歴史検定の話題も。
坂本龍馬の歴史
坂本龍馬の歴史を年表を参考にして幼少期と青年期に分けてご紹介。坂本龍馬といえば脱藩や京都の寺田屋が有名だが、身長についても諸説がある。他に、坂本龍馬の墓、暗殺や姉・乙女などの話題も。
大河ドラマ 坂本龍馬
2010年のNHK大河ドラマは、福山雅治が演じる坂本龍馬である。そこで坂本龍馬と海援隊、名言、勝海舟などについてご紹介。他に、坂本龍馬は日本で初めて新婚旅行をした事でも有名で、妻・おりょうと温泉に行ったようだ。
ハロウィン
ハロウィンというと日本では、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのイベント、壁紙などの人気が高い。そんなハロウィンのグッズや仮装コスチュームなどについて。他に、ハロウィンの時期や絵本、ランタンなどの話題も。
アロマの効能と効果
アロマの効能と効果など。他に、アロマと無印良品や加湿器、キャンドルなどの話題も。さらに、アロマとデライト、ローズ、ゼラニウムのことや妊娠中のアロマの影響についても。