ハロウィン

ハロウィンの時期

ハロウィン,東京ディズニーランド,シー,壁紙,グッズ,仮装,コスチューム,時期,絵本,ランタン

ちょっと前までは日本でハロウィンという言葉はメジャーじゃ無かった様に実感できるが、近年に関連しては定着しつつある位、メジャーな物に為っている。
10月に入ると街中はオレンジと黒とカボチャで一杯に飾れるので、いつでも目に付くように成ったし、子供達にとっては近年普及してきた英語学習によって欧米のイベント等も一緒に学んでいっているので、本当に有名になってきている様に実感できる。
10月あたりになると、子供達も海外文化のメインになるハロウィンを通して英語を学習して足を運ぶ様になる事が多い為、自然とハロウィンに対する知識も備えられるという事になるのである。
とは言うものの、ハロウィンに関連した知識を持っていない人の方が多い様に実感するのであるがどうだろうか。
カボチャを飾り、魔女等の仮装をしてお菓子を貰い歩くようなイベントだけではなく、ハロウィンには歴史が有ったり、宗教と関わりが有ったり、りんごやカボチャを用いるのは何でなのか意味が有ったりする。
調べていくとおそらく面白いと思う。
基礎的な事として「ハロウィンの時期」について解説してみよう。
日本ではハロウィンというと10月31日というイメージが有るが、正確には10月31日から11月2日までの3日間になる。
31日をハロウィンイブという様に考えればイメージしやすいかと思う。キリスト教の万聖節が11月1日になるので、前後の日を包含してハロウィンと呼んでいるそうである。


スポンサードリンク

ハロウィンというと日本では、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのイベント、壁紙などの人気が高い

ハロウィン,東京ディズニーランド,シー,壁紙,グッズ,仮装,コスチューム,時期,絵本,ランタン

ハロウィンというと日本では、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのイベント、壁紙などの人気が高い。
そんな東京ディズニーランドでは毎年ハロウィンのイベントが開催されている。
だいたい9月前半位から11月の2日から3日辺りまで開催される。元々はディズニーランドだけで開催されていたが、2009年からは東京ディズニーシーでもハロウィンイベントが開催されるようになり、いよいよディズニーリゾートへ足を運ぶのが楽しくなりそうな感覚である。
元々、あまりハロウィン時期は大人気が無かった様に実感できるが、いまではクリスマスや年末年始のイベントに継続して混むのではないかという位大人気のイベントに成長している。
ディズニーランドのパーク内も、ハロウィンの時期は普段の時とは装いもガラッと変わっているし、パレードやグッズもオレンジと黒を基調とした商品がたくさん居並んでいて、実に力を入れてイベントを行っていると思う。
そのグッズがまた可愛くて、ついついたくさん買ってしまう人も多いと思う。
そんなディズニーランド内においては、パーク内に来た人もハロウィンの仮装をして楽しむ事ができ、イベントに参加する事ができる。
この仮装イベントに参加する為の条件は何種類かあるので注意しなければならないが、仮装はディズニー作品に関連した物である事である。
であるから、それ以外の洋服で有ったり、顔を隠したり、肌を露出したりという仮装は禁止されているので、注意して欲しい。
子供達がハロウィンの仮装をしている姿を閲覧すると実に可愛らしいので、ついつい見ている方も笑顔になってしまう。
仮装をして、親子揃ってディズニーランドとディズニーシーを楽しんでみてはどうだろうか。


ハロウィン時期の東京ディズニーランドと東京ディズニーシー

東京ディズニーランドでは、毎年9から10月位までハロウィンイベントが開かれている。
2009年からは東京ディズニーシーでもハロウィンをやる事になり、いよいよハロウィン時期は東京ディズニーリゾートでは盛り上がりを見せる事になる
中に入ると、オレンジと黒を主体としたいろんな飾り付けがされているし、ミッキー達もハロウィンの仮装をしていて、実にキュートである。
また、ハロウィン時期にしか手に入らない限定グッズや、この時期にしか食べる事が出来ない食べ物等も有るし、なんと言って喪ハロウィンのショーやパレードはこの時期ならではの物なのでぜひとも見ておきたい物である。
そんなディズニーランドであるが、ハロウィン時期はやっぱり混み具合が相違する。
ディズニーシーができて多少混雑は緩和(かんわ)されたかに実感するかと思うが、そんな事は無く、ディズニーランドの大人気ぶりが伺えるかの様な混雑ぶりである。
であるから、この時期にちっぽけな子供を連れて行かれるケースの場合には、あるレベル注意をする必要が有る。
混雑すると言っても曜日をえらぶと多少違って、さすがに週末の金から日に足を運ぶとなると混むと思うが、平日に足を運ぶと多少空いているので、足を運ぶ際には日程も考慮した方が良いだろう。
ハロウィン時期のディズニーランドは、昼間も良いのであるが夜も相当良くて、ジャック・オー・ランタンを型取ったカボチャのランタン達が至る所に有り、パーク内を照らしている。
日本では楽しく、安全にハロウィンを充分に楽しめる場所がディズニーランドやディズニーシーだと思うので、ぜひとも1度行ってみてはどうだろうか。

ハロウィン仮装のコスチュームについて

アメリカでは、ハロウィンの季節が近付いてくると、ハロウィン専門店がオープンしてくる等して、ハロウィン一色に染まってゆく。
ハロウィンで仮装する為のコスチュームには定番と言ったドラキュラや魔女と言った物から、天使やお姫さまと言ったプリティな感覚の物までいろんなタイプのコスチュームが売られている。
あまりハロウィンには関係有らないが、旬な芸能人を模したコスチュームや、セクシーな感覚のコスチュームまで、大人向けのコスチュームも色々出回る様である。
わざわざ買わないで子供の為に手作りコスチュームを作るお母さんもいる様である。
とは言っても本格的に作るとなるとたいへんなので、シンプルにできる方法をシンプルに紹介したいと思う。
《ゴースト》
一番ハロウィンでメジャーなコスチュームがこれになるが、古い感覚の紙を用意して欲しい。出来れば袋状に為っている物が望ましいものである。目の部分に穴を開けて、頭からかぶったら出来上がりである。
《魔女》
魔女もハロウィンのコスチュームとしてはメジャーな物になる。
黒いワンピースを用意する。無ければ上下バラバラでも良いので黒いスカートとブラウスでも良いのである。
その上から黒いマントになる様にショールかケープを羽織る。これで洋服部分は完成である。
後は魔女ならではの帽子であるが、固めの紙を用意して円錐に切り、ツバの部分を丸く切ったら張り合わせて出来上がりである。
これだけでも結構家にある物で作れる物が多いものであるので、ぜひともチャレンジしてみてはどうだろうか。

ハロウィンのグッズについて

ハロウィン関連のグッズはたくさん有ると思うが、ハロウィンと言ったらやっぱり「ジャック・オ・ランタン」以外無いのではないだろうか。
これはカボチャの中を繰り抜いて、皮に顔を作り中にロウソクを入れられる提灯の事である。
これ以外には黒猫だったり、ドラキュラだったり、コウモリだったりとハロウィンを実感させるグッズが有る。
グッズは色々有るが、メインカラーとなるのはやっぱりオレンジと黒なのではないだろうか。
欧米ではハロウィンの季節になると、ハロウィングッズを専門に取り扱っているショップができる等、ハロウィンにクリスマス並みに力を入れているのが分かる。
ショップにはハロウィングッズや、仮装用のコスチューム等も販売されていて、色々えらぶ事ができるので見ているだけでも楽しくなる。
ハロウィンは意味合い的には日本の「お盆」と同じ様な感覚なのであるが、扱われ方が全然相違する。
ハロウィンでは、「どのような仮装をしたら良いだろうか」、「どのようなお菓子を作ったら良いだろうか」、「どのような飾り付けをしたら良いだろうか」という感覚で、何だか明るく楽しいイベントに為っている。
日本においても近年はハロウィンが定着しつつ有るので、ハロウィン用のグッズやお菓子等が気軽に買える様に為っている。
ぜひともハロウィングッズを買って、日本でも興じると良いだろう。
意外と仮装をしても楽しいかもしれないし、シンプルに楽しみたいなら東京ディズニーランドや東京ディズニーシーに足を運ぶのもおススメである。

ハロウィンの絵本について

ハロウィンは海外のイベントなので、海外では子供の為の絵本というのはたくさん有るが、日本ではなかなかどうしてないと思う。
その中でも「ハロウィーンって何?」という絵本は日本語で書かれているハロウィンに関連した絵本なのであるが、これはおばあちゃんが孫娘に対して、ハロウィンに関連して語っていくという内容のお話に為っている。
結構読みやすくなっていて、カボチャのお化けはどうして出来たのかという由来も物語に為っているので、子供でも分かりやすく書かれて有る。
また、ハロウィンというと「Trick or Treat」と言いながら子供達が各自分の家を回ってお菓子を貰うというのも有るが、これも分かりやすく絵で描かれているので、楽しく読む事ができる。
勿論(もちろん)、ハロウィンの絵本であるのでハロウィンの時期が近付いてきたら、読んで聞かせてあげると良いだろうし、時期的な物はタイミングを選んで聞かせてあげると実に良いと思う。
ハロウィンの絵本をハロウィンの時期に読んであげる事で、現実の世界でも街中でハロウィンのグッズを目にしたり、イベントに参加したりして現実に体験する事もできるから、印象的にも残りやすくなると思う。
勿論(もちろん)、ハロウィンに関連した絵本はこれだけじゃ有らないが、この様に、絵本を読んであげる時は時期的な物を選んで読んであげると、子供の教育にも良いし、興味も持ってもらえるので心に残りやすくなるのではないかと思う。

ハロウィンのランタンと仮装

ハロウィンというと楽しいイベントの様に実感している人も多いと思う。
ハロウィンのテーマ自体は、そんな楽しい物ではなく、意外と怖くて不気味な物だという事をご存知だろうか。
妖精や精霊達だけならまだしも、死をイメージした物、不老不死の化け物、黒魔術と行った様な物がイメージとして挙げれる。
こういったイメージの中、ハロウィンで子供達が仮装するコスチュームとしては魔女だったり、幽霊やコウモリだったり、ゾンビや黒猫だったり、昔から語り継がれている化け物のドラキュラやフランケンシュタインだったりという仮装が多いものである。
また、仮装をしなくてもこれらをイメージする様な飾り付けを各自分の家や街中であるのが目立つ。
その飾り付けの中でも、一番のハロウィンの特徴点と言ったら、なんと言ってもお化けカボチャのランタンではないだろうか。
これはオレンジ色をしたカボチャの中身を繰り抜いて、顔を皮に刻んで付け、内部にロウソクを入れて灯す物で、一番ハロウィンらしいアイテムだと思う
このカボチャを刻んで作るランタンの顔を怖い顔にしたり、不気味な顔にしたりして、悪い霊達を恐がらせて追い払う様にしている。
昔は仮装も人種差別的な感覚の物が多かったみたいものであるが、それは現在ではしなく為っている様である。
また、ハロウィンの仮装と言ったらお化けや魔女の様な怖い感覚の物だったのであるが、近頃では怖いイメージの物から妖精や野菜と言った可愛らしいイメージの物に変わりつつあるみたいで、ハロウィンも様変わりしてくる様である。

ハロウィンとジャック・オ・ランタンの由来

ハロウィンではカボチャを繰り抜いて顔を作り、ロウソクを入れて用いる、「ジャック・オ・ランタン」という物が有るが、何故この様な呼び方になったのかご存知だろうか。
「ジャック・オ・ランタン」についてはアイルランドに、本当に有名な話が言い伝達しとして残っている様である。紹介してみたいと思う。
昔々、ある所に実に意地が悪い男がいた。人は彼の事を「けちんぼジャック」と呼んでいた。
ある年のハロウィンの夜、ジャックは地獄からやってきたという悪魔と出会った。悪魔の目的は彼の魂だったが、ジャックは悪魔を騙して、魂を取られない様に諦めさせた。
数年後、ジャックも死んでしまうのであるが、地獄の門で裁きを受けた際、悪魔を騙した時の約束の為に地獄に足を運ぶ事が不可能だった。
そうかと言って、生前行なってきた悪事のせいで天国にも足を運ぶ事が不可能だ。
どちらにも足を運ぶ事が出来ずに困ってしまったジャックは、地獄に有る燃えている魂を悪魔から貰い、それをカブの中に入れて提灯を作ったのだ。
その灯りを頼りにして、ジャックはいつまでもあの世、この世を彷徨う(さまよう)ことを継続する様になったと言われている。
そんな姿から「提灯のジャック」と称される様になったと云う。
「提灯のジャック」を向こうの言葉では「ジャック・オ・ランタン」というので、ハロウィンでは提灯の事をこう呼んでいるそうである。
元々はカブを用いていたが、アイルランドの人がアメリカに渡った際にたまたま出会ったカボチャを見て、カブよりも大きい事、カブよりもカラフルである事を見て現在のカボチャを用いる様になったと言われている。

ハロウィンのジャック・オ・ランタンを作ってみる

ハロウィンと言ったら欠かせないアイテムがカボチャの提灯である。コイツの名前・名称を「ジャック・オ・ランタン」と云う。
カボチャを繰り抜き、目と鼻、口を付けてロウソクを入れて灯りを灯すものである。
買ってきても良いのであるが、ハロウィンらしく本物感を出す為に実際に自分で作ってみるというのも良いと思うので試してみてはどうだろうか。
《ジャック・オ・ランタンの作り方》
まず、作りたい大きさ、好きな形のカボチャを用意しよう。
次に、カボチャの底を切り抜いて穴を開け、中身を綿毎繰り抜こう。切り抜いた底は後で用いるので丁寧に切り抜いておく。また、カボチャの中は皮もあるレベル薄く繰り抜いておくと、後で顔を作る時に優秀で便利である。また、繰り抜く時には大きめで硬めのスプーンを用いると優秀で便利である。
次に、中身を繰り抜いたら顔を作るのだ。作りたい顔の下書きをカボチャにして、小さめのナイフ(果物ナイフなどで良い)で目や鼻、口を切り抜く。
そして、初めに切り抜いたカボチャの底に太めの釘を刺し、ロウソク立てにするので、カボチャの大きさに合わせたロウソクを釘に刺して欲しい。
ロウソクを立てた底をカボチャにはめ込み、ガムテープか何かで落ちない様に止める。この時ルックスを考えて、ガムテープが正面から見えない様に止めよう。
そして最後に、カボチャに開けた目や鼻、口の穴からロウソクに火を点けたら「ジャック・オ・ランタン」の出来上がりである。
大きい物、小さい物等色々作ってみると楽しいと思う。

ハロウィン関連エントリー

ウッドデッキの作り方とDIYの施工例に関して
ウッドデッキの作り方やDIY(日曜大工)の施工例に関して。ウッドデッキには手作り(DIY)キットが通販などでも販売されており自作(DIY)で製作可能に為っている。ウッドデッキの塗装の仕方や施工例、ベランダウッドデッキの作り方に関して。
ガーデニング用品で快適に暮らす
ガーデニング用品をインターネットで探している人の多くは、「激安家具送料無料」という検索ワードを用いる。だが、ちょっと待って欲しい。ガーデニング用品を激安通販で買う時に、「激安家具送料無料」のみで検索を実践するのはやや無謀な気がする。ガーデニング用品には、オーニングテントやテーブルチェアー、更に霧吹き、プランター、ガーデンパラソルだってあるのだ。また、大人気のガーデニングショップ園芸用品店は、東京や千葉などに数多くある。
東京・大阪・岡崎・琵琶湖等の花火大会
東京湾、琵琶湖、大阪、岡崎等の全国でも本当に有名な花火大会の情報を紹介。他に、知多半島や北大路、篠田、淀川にも本当に有名な花火大会が有る。暑い夏にロケット花火でも打ち上げながら、花火大会を楽しむ情報を見て欲しい。
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイル
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイルについて。他に、アロマテラピーを利用した花粉症対策やマッサージのやり方に関する話題も。さらに、アロマテラピーの歴史、虫除けの作り方、ペットのアロマテラピーなども紹介。
坂本龍馬
坂本龍馬の記念館、銅像、亀山社中、本、薩長同盟などについてご紹介。坂本龍馬ゆかりの地として意外にも長崎県が挙げられるが、ここで坂本龍馬の家紋を見た記憶がある。他に、坂本龍馬とフリーメイソン、岩崎弥太郎、幕末歴史検定の話題も。
坂本龍馬の歴史
坂本龍馬の歴史を年表を参考にして幼少期と青年期に分けてご紹介。坂本龍馬といえば脱藩や京都の寺田屋が有名だが、身長についても諸説がある。他に、坂本龍馬の墓、暗殺や姉・乙女などの話題も。
大河ドラマ 坂本龍馬
2010年のNHK大河ドラマは、福山雅治が演じる坂本龍馬である。そこで坂本龍馬と海援隊、名言、勝海舟などについてご紹介。他に、坂本龍馬は日本で初めて新婚旅行をした事でも有名で、妻・おりょうと温泉に行ったようだ。
BLEACH(ブリーチ)のアニメ
BLEACH(ブリーチ)のアニメ、夢小説、映画、ゲームなどの情報。他に、BLEACH(ブリーチ)の声優、ミュージカル、主題歌、コスプレ、登場人物の紹介も。
アロマの効能と効果
アロマの効能と効果など。他に、アロマと無印良品や加湿器、キャンドルなどの話題も。さらに、アロマとデライト、ローズ、ゼラニウムのことや妊娠中のアロマの影響についても。