アロマの効能と効果

妊娠中のアロマの影響

アロマ,効能,効果,無印良品,加湿器,キャンドル,デライト,ローズ,ゼラニウム,妊娠中

ストレスまたはフラストレーション社会と言われる現代に、自分の家でアロマを用いてリラックスタイムを楽しんでいる人も多いと思う。
あちらこちらの店頭で、アロマオイルがシンプルに手に入るようになったことも影響しているのだろう。
私もアロマオイルを購入し、アロマポットを用いて香りを楽しんでいる1人であるが、効能などはあまり気にしていない状態だった。
実際はアロマオイルにも間違っていない使い方があり、その選び方もあるのである。
アロマオイルの基本中の基本がわかれば、もっと適切に使えそうだ。
一番気を付けたいことであるが、妊娠中の方については、アロマオイルは要注意である。
妊娠中にアロマオイルを活用するときはドクターに相談してからのほうが良いとも言われている。
妊婦にアロマが要注意とは、これはどうしてだろうか?
経験者の方ならよくわかるだろうが、妊娠中は匂いに敏感になるのだ。
普段は気にしない匂いも、妊娠中はそれが不快に実感したり吐き気をもよおしたり、そんな経験があっただろう。
そんな状態でアロマを焚いたら、具合が悪くなるかもしれない。つわりに苦しむ時期は、特に匂いにも敏感である。
もしアロマでリラックスしたいのなら、この時期におススメのものは「マロウ」や「メリッサ」である。そしてお馴染みの「ラベンダー」も良いだろう。
これらを薄めたものを、シュッシュと部屋にスプレーする。
ほのかな香りでリラックス効果が有るからお試しになってみて欲しい。また風邪には「ジョーンズワート」や「エキナセア」で鼻がスーッとする。
頭痛には「ペパーミント」をほんの微量を首筋に塗ると頭痛が和らぐ効果があるそうである。
こうした効果と使い方を知った上で、普段の生活にアロマを取り入れてみてはどうだろうか。


スポンサードリンク

無印良品のアロマ

アロマ,効能,効果,無印良品,加湿器,キャンドル,デライト,ローズ,ゼラニウム,妊娠中

いろんな雑貨や日用品で大人気の無印良品、皆さんご存知だろう。
ここのアロマオイルも実に大人気だ。ネット通販のMUJIオンラインストアで購入できる。
またショップの店頭で売られているエッセンシャルオイルや専用のウォーマー、実にリラックスできる香りだと好評である。
無印良品では、アロマテラピーを皆さんにシンプルに楽しんでもらおうと、いろんなアロマオイルが店頭に居並んでいる
販売しているエッセンシャルオイルの種類はどのようなものがあるのだろうか?
それは3種類に分かれているようである。
まず、リラックスしたいときに用いるアロマエッセンスで、ラベンダー、ベルガモットは本当に有名だ。
また、スウィートオレンジ、あまり耳にした事がない方も多いと思うが、サイプレスやマジョラムスウィートなどが有る。
そして気持ちをリフレッシュさせたいときにおススメの、レモングラスやローズマリーが有る。
どれも耳にしたことがあるアロマの種類だろうが、ユーカリやペパーミント、そしてレモン、オイルリフレッシュなどが有る。
さて、ここぞ!というとき元気を出したい!落ち込んだ気持ちを上昇させてくれる効果のあるグレープフルーツ、この効能では本当に有名なティトリー、そしてゼラニウム、また、ローズウッドやイランイランなどが有る。
これらをお部屋でシンプルに活用できる専用オイルウォーマー、またアロマ加湿器やアロマディフューザーも販売されている。
お試しになってみたい方は、無印良品の店舗をのぞいてみてはどうだろうか。


アロマ加湿器

冬の乾燥した時期には加湿器が欠かせない家もあると思う。
加湿器から出るあの水蒸気に香りが付いていたら、どうだろう?部屋中が良い香りに包まれる。
加湿器とアロマがジョイントした優秀で便利なアロマ加湿器をご存知だろうか?
加湿器をつけるだけでアロマテラピーも同時にできてしまうという優れものなのである。
ここでアピックス社の「アロマ加湿器CUBE 」をご紹介すべきだろう。
デザイン家電で本当に有名な会社であるからルックスもとってもおしゃれなのである。この商品はキューブ型をしている。
外観は艶があり、キューブ型なのでお部屋の隅、壁際にピッタリ収まる設計に為っている。
また、リラックスタイムには、ほんのりした明かりも必要である。アロマ加湿器CUBUはLEDライト搭載していてブルーに淡く光る。
これは、ベッドルームにピッタリである。
従来の加湿器は特にインテリア性が重視されていないから、活用しない時期にはしまっておく。
であるが、このCUBUはインテリア性に富んでいるので、活用しないときでも、リビングに出したままにしておいても、カッコイイのである。
こんなインテリアのあるお宅は、まるでモデルルームのようである。
勿論(もちろん)市販されているアロマオイルを活用可能だから、お好みの香りでアロマを楽しめる。
気になる容量であるが、水は2.6リットル入り、連続で8時間加湿出来くるから、たっぷりと活用可能だ。
お値段は約8000円でネットショップや量販店で購入できるから、ぜひとも検索してみて欲しい。

アロマキャンドル

お家でアロマセラピーをしたいと思うと、まずアロマポットを購入して、それを温めるキャンドルを購入して、アロマエッセンスも購入してと、いろいろ必要な物が有る。
さて、それが面倒、でもアロマテラピーを自分の家でやりたいという人におススメのものが有る。
それは「アロマキャンドル」である。アロマキャンドル、それは火をつけるだけでOKなのである。
これでシンプルにアロマテラピーが出来ちゃう優秀で便利グッズなのである。
お部屋やお風呂を薄暗くしてキャンドルの明かりだけでヒーリング、こうするとすごくリラックスできる。
リラクゼーションには適度な暗さと、ほのかな明かりが必要だと言われているから、キャンドルはピッタリである。
それと同時にアロマの効能も楽しめるわけであるから一石二鳥なのである。
普通、キャンドルは暗闇を照らすだけであるが、このアロマキャンドル、良い香りがお部屋全体に拡大して行き、そこにいる人を癒してくれる。
アロマオイルはいろんな種類が有るので、ご自分の気に入った香りを試すのも良いのであるし、効能を知った上にご自分の症状と合わせて考えても良いだろう。
小さい使い捨てアロマキャンドルのケースの場合は、キャンドルが燃え尽きれば自然と消失するので後は捨てるだけなのだ。
テーブルに置いてレストランのような演出をしても素敵である。夜、恋人とお酒を飲む時間などに用いてもロマンチックである。
ここで紹介したようにいろいろと用途は有るが、私はバスタイムに用いている。
水蒸気に乗ってアロマがお風呂中に広がり、キャンドルの炎をぼーっと眺めながら、半身浴を楽しんでいるというわけなのだ。

アロマ「カモミール」の効能について

ガーデニングでも大人気の「カモミール」・・・庭で育てている人も多いだろう。
アロマの中でも大人気だ。
ハーブティーでもカモミールティーは本当に有名で大人気も有るし、飲んだことがある方も少なくないだろう。外国では昔から治療薬として使われていた。
カモミールの香りはほんのりとした強すぎない安らぎの香りともいえるだろう。
ではカモミールの効能はどのようなものがあるだろうか?
まず体への効能であるが、体の痛みを緩和(かんわ)、かゆみを抑制する、ストレスまたはフラストレーションを軽減させる、などがあげれる。
また不安定である気持ちのバランスをキープする効果が有る。いろんな不安、怖さ、緊張、カリカリ、イライラした気持ちを静める効果があるので、リラックスタイムにはおススメである。
またグッスリ眠ることを促してくれる効果が有る。枕の中に匂い袋を入れたりすると寝つきがよくなる。
寝室にアロマを焚いて、お部屋全体をカモミールの香りにしても良いのであるし、寝具にスプレーして香りをつけても良いだろう。
精神状態をより安定させたい方は日常生活の中で、カモミールティーを飲むことを習慣または慣例にすると良いだろう。
毎日飲むと、より効果的に心のバランスが保てるようになる。
ただ、カモミールには気を付けなければならない点が有る。
それは、カモミールは光毒性と言う事である。肌に直接、活用したあと日光を受けることはやめなければならない。
これだけ気を付けて、カモミールアロマでゆったりとしたリラックスタイムを楽しんで欲しい。

ゼラニウムというアロマの効能

観葉植物としても大人気の「ゼラニウム」、葉っぱの香りが薔薇に似ていることも本当に有名だ。形も可愛く飾っておいても心が安らぐ。
アロマエッセンスとしてのゼラニウムはホルモンバランスを整える効果が待望できるから、女性におススメのアロマだと思う。
では、アロマエッセンスとしてのゼラニウムの効能であるが、どのような活動があるのだろうか?
まず精神状態的な面のいろんな悩みや苦しみを緩和(かんわ)させる効能が有る。
たとえば、不安、気持ちの沈み、ストレスまたはフラストレーション、うつなど、これらを緩和(かんわ)させ、気持ちを前向きにすると言われている。
また女性には嬉しいことでホルモンや皮脂のバランスを整えてくれる効能も有る。
ゼラニウムは副腎皮質ホルモンという、体内でホルモンを分泌させる物質を刺激するから、生理前や生理中におこる女性の体の不調を緩和(かんわ)する。
また更年期に生じる感情の起伏など、こういったメンタル的な部分にも効果があると言われている。
アロマエッセンス、ゼラニウムの使い方であるが、お風呂のお湯の中に数滴入れてゆったりと入浴する方法はどうだろうか?
半身欲やシンプルなマッサージをしても良いだろう。また普段の生活にもなるべく積極的に取り入れてみると良い。
ゼラニウム入りの化粧水、香水なども店頭で見かける。また石鹸の原料としてもゼラニウムが使われていることも有る。これらの品物を生活の中にどんどん取り入れよう。
植物のゼラニウムを部屋に飾ることもおススメする。ちなみに植物のゼラニウムには防虫効果も有る。
妊娠中の方にはホルモン調整機能があるゼラニウムはおススメ不可能なので注意欲しい。

アロマエッセンスの「セージ」の効果について

気持ちをリフレッシュしたい時により効果的なアロマエッセンスは何だろうか?
それは薬草サルビアと称される「セージ」である。ご存知の方も居ると思うがセージは香りがきつめである。
薬草サルビアの名前・名称の通り、地中海沿岸などの海外で、昔から万能薬、不老長寿の薬草と言われてきた薬草である。
そしてどこの自分の家でも育てられている身近なものなのである。
薬としての効果だけではなく、香草として料理にも活用または利用されていた。肉、魚の臭みを消すためにも使われている。
セージのアロマエッセンスとしての効果はリフレッシュが主であるが、これ以外にもエストロゲンと称される女性ホルモンに類似した活動があると言われている。
セージの使い方であるが、濃度は低くしたほうが良いだろう。
そして、セージ単品で用いるより、相性の良いレモンやゼラニウムなどと混ぜて活用することが良いと言われている。
お部屋に用いるケースの場合はコットンなどに一滴だけたらし、部屋の隅に置いておくだけで香りが楽しめる。
髪の毛に用いるケースの場合はキャリアオイルに薄め、シャンプー後にトリートメントとして用いる。
では、セージはどのような効果があるのだろうか?
疲労を感じていてリフレッシュしたいとき、気持ちが沈んでいる時などにおススメである。
香りで癒され、気持ちが回復し前向きになる効果が望める。
また体にも効果的で消化器官系のトラブルを修正するから食欲不振などにも良いそうである。
セージはアロマエッセンスの中でも刺激が相当力強いものである。
匂いの敏感な妊婦さんには活用をおススメできないが。

アロマエッセンスの「ミント」の効果について

アロマエッセンスは本当にいろんな種類が有る。
中でも皆さんご存知であり、一番身近な存在はなんと言っても「ミント」ではないだろうか?
ミントはアイスクリームにも使われている。料理にも入っているし、ガム、煙草(たばこ)にも使われている。
また育てやすいことも本当に有名で、ちっぽけなミントを植えて置くだけで雑草のようにどんどん成長する。
ミントは爽やかな香りが特徴点で、食材としての活用方法だけではなく、床下にミントを撒いて防虫効果やネズミを駆除する効果もあった。
香りも皆さんご存知だろうから、アロマ初心者の方でも使いやすい品種である。気持ちが落ち込む梅雨の時期もミントの香りで爽やかに暮らすのも良い。
ではミントのアロマ効果はどのようなものだろうか?
それは水分が失われることを抑制する活動が有る。そして殺菌機能も有る。また傷の回復を早めるという薬のような効果もあるのである。
まず、水分が失われることを防ぐ活動が有るから、化粧水に取り入れて活用する。肌の水分も失われにくくなり老化抑止になる。
また、殺菌効果があることを生かし制汗スプレーとして活用する。ワキなどの発汗で匂いが気になる場所に、ミントを入れた水などをスプレーすると雑菌の繁殖を防いで匂いを抑制する。
香りが良いことと殺菌機能を併用し、料理、デザートのアクセントに活用可能だ。
いろんな効果があり優秀で便利なミントであるが刺激が力強いので眠る前に活用しないほうが良いだろう。
また妊婦の人、敏感肌の人はやめたほうが無難である。

アロマ デライト

アロマテラピーを自分の家で試してみたいけど、何か難しそうな気がする。
アロマポットでキャンドルを用いるのも、火だからちょっと怖い気もする、などと思っている方におススメのアロマディフューザーが有る。
アロマディフューザーとは、水とアロマを入れるだけで香りを放出してくれる機械のことである。
アロマ初心者でも気軽に試せる「アロマデライト」という照明を兼ねた商品が有る。
これを使えば、誰であってもシンプルにご自分の家でアロマを楽しめる。このアロマデライトを使えばアロマセラピーの芳香浴、吸入的、この2つがご自分の家で可能である。
芳香浴とはどういうものだろうか?
これはお部屋の中などで、全体が香りに包まれ、リラックス、ヒーリングすることである。疲労感を抱いている時など、実に癒される。
吸入的とは、アロマデライトから出される香りを体に吸入し、直接的にアロマを実感する方法である。
香りが鼻から入り、アロマの効果が体の隅々まで行き渡る。
以前はアロマディフューザーと言えば高価な物が気のせいか多く、日々の生活に取り入れたくても、なかなかどうしてシンプルには手が出ない状態だった。
いまでは6000円前後と価格もお求め安くなり、たくさんの方がご自分の家でのアロマテラピーを楽しんで居る。
活用方法はとってもシンプルで、水にエッセンシャルオイルを数滴入れるだけで、あとはスイッチオン、これだけである。
インテリアライトとしても充分機能しており、7色の光があなたを癒してくれる。
お気に入りの香りに包まれて、日々の疲労感を癒すべきだろう。

アロマ ローズ

アロマエッセンスの中で私が一番好きなものは「ローズ」である。お花としても薔薇が大好きな人も多いだろう。
であるが、アロマオイルの中であまり大人気がないようである。私にはなぜだか解からない。
あの独自の香りと甘さがリラックスタイムには不向きなのだろうか。私はお部屋の芳香剤代わりにもローズアロマを焚いたりしている。
ローズには秘めたパワーがあるそうであるが、皆さんご存知だっただろうか?
なんと女性ホルモンを活発化させるのである。
実際はピンクの薔薇を目にしただけで、知らず知らずのうちに女性は体の中で女性ホルモンを分泌させるのである。
元々、薔薇は昔から薬効性があると言う事であるから、世界中で薔薇の花は愛用されていたのだろう。
花びらをお茶に入れたりするし、お風呂に浮かべて贅沢な入浴タイムを味わうこともできる。
これはローズに美肌、スキンケア効果があることが実証されているから、ルックスの贅沢だけではないのだ。
ローズアロマの使い方であるが、勿論(もちろん)アロマオイルを焚くこともそうであるし、ローズ水としてスプレーしたり、お風呂に入れたりと使い方はいろいろである。
化粧水として使えば、肌のきめが整う。そして肌に張りを持たせる効果も有る。また生理不順や、生理痛など女性独自のトラブルも緩和(かんわ)してくれる。
また情緒安定にも効果的でウツの抑制かつ予防にもなるそうである。
私は薔薇の香りが大好きであるので、多少、香りが力強くても気持ちが休まるが、市販のアロマエッセンスのローズは香りがきつめなので、初心者の人はちょっとずつ用いるようにすると良いだろう。

アロマの効能と効果関連エントリー

ウッドデッキの作り方とDIYの施工例に関して
ウッドデッキの作り方やDIY(日曜大工)の施工例に関して。ウッドデッキには手作り(DIY)キットが通販などでも販売されており自作(DIY)で製作可能に為っている。ウッドデッキの塗装の仕方や施工例、ベランダウッドデッキの作り方に関して。
ガーデニング用品で快適に暮らす
ガーデニング用品をインターネットで探している人の多くは、「激安家具送料無料」という検索ワードを用いる。だが、ちょっと待って欲しい。ガーデニング用品を激安通販で買う時に、「激安家具送料無料」のみで検索を実践するのはやや無謀な気がする。ガーデニング用品には、オーニングテントやテーブルチェアー、更に霧吹き、プランター、ガーデンパラソルだってあるのだ。また、大人気のガーデニングショップ園芸用品店は、東京や千葉などに数多くある。
東京・大阪・岡崎・琵琶湖等の花火大会
東京湾、琵琶湖、大阪、岡崎等の全国でも本当に有名な花火大会の情報を紹介。他に、知多半島や北大路、篠田、淀川にも本当に有名な花火大会が有る。暑い夏にロケット花火でも打ち上げながら、花火大会を楽しむ情報を見て欲しい。
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイル
アロマテラピーの効果・効能とお勧めオイルについて。他に、アロマテラピーを利用した花粉症対策やマッサージのやり方に関する話題も。さらに、アロマテラピーの歴史、虫除けの作り方、ペットのアロマテラピーなども紹介。
坂本龍馬
坂本龍馬の記念館、銅像、亀山社中、本、薩長同盟などについてご紹介。坂本龍馬ゆかりの地として意外にも長崎県が挙げられるが、ここで坂本龍馬の家紋を見た記憶がある。他に、坂本龍馬とフリーメイソン、岩崎弥太郎、幕末歴史検定の話題も。
坂本龍馬の歴史
坂本龍馬の歴史を年表を参考にして幼少期と青年期に分けてご紹介。坂本龍馬といえば脱藩や京都の寺田屋が有名だが、身長についても諸説がある。他に、坂本龍馬の墓、暗殺や姉・乙女などの話題も。
大河ドラマ 坂本龍馬
2010年のNHK大河ドラマは、福山雅治が演じる坂本龍馬である。そこで坂本龍馬と海援隊、名言、勝海舟などについてご紹介。他に、坂本龍馬は日本で初めて新婚旅行をした事でも有名で、妻・おりょうと温泉に行ったようだ。
BLEACH(ブリーチ)のアニメ
BLEACH(ブリーチ)のアニメ、夢小説、映画、ゲームなどの情報。他に、BLEACH(ブリーチ)の声優、ミュージカル、主題歌、コスプレ、登場人物の紹介も。
ハロウィン
ハロウィンというと日本では、東京ディズニーランドや東京ディズニーシーのイベント、壁紙などの人気が高い。そんなハロウィンのグッズや仮装コスチュームなどについて。他に、ハロウィンの時期や絵本、ランタンなどの話題も。