言語聴覚士の求人募集・・厳しい現状だ

言語聴覚士の仕事と就職について

言語聴覚士,仕事,日本言語聴覚士協会,国家試験,専門学校,合格率,国家試験問題,求人,募集

言語聴覚士会の資格を取得するには、大学や専門学校に足を運んで国家試験対策をするという選定肢が有る。
どうしても言語聴覚士として就職したい人にとって気になる事は、就職した後の給料や言語聴覚士法の規程内容ではないだろうか。
更に、念願の言語聴覚士になって就職を考えている人が数多い地方は、予想外にも愛知県や福岡県のようだ。


スポンサードリンク

言語聴覚士の国家試験対策について

言語聴覚士,仕事,日本言語聴覚士協会,国家試験,専門学校,合格率,国家試験問題,求人,募集

言語聴覚士の免許を得るには、年1回例年3月に実践される国家試験を受けて合格するという必須事項が有る。
国家試験の日程などは、厚生労働省から例年9月ごろに発表され、国家試験は指定試験機関として財団法人医療研修推進財団が実施している。

 

言語聴覚士の国家試験の受験資格は、最終学歴が高校のケースの場合は、
1、指定の言語聴覚士養成所などで3年以上修業した者
2、短大や大学などで2年以上、または高等専門学校で5年以上修業して、かつ指定の科目を履修し、その後指定施設などで1年以上教科課程を修業した者
3、短大や大学などで1年以上、または高等専門学校で4年以上修業して、指定する科目を履修し、その後指定施設などで2年以上教育課程を修業した者
4、短大をのぞく大学で、指定する科目を修めて卒業した者

 

最終学歴が一般の大学のケースの場合は、
5、指定施設などで2年以上教科課程を修業した者

 

また、外国の養成所を卒業した者、または外国の言語聴覚士免許を受けた者で、厚生労働大臣が1から5と同等以上の知識と技能を有すると認定した者

 

これから大学に進学することを考えている人は、指定された科目を履修できる大学を選定すれば良いのだ。
高卒の人のケースの場合は指定養成所で3年以上の修業、大卒の人のケースの場合は2年以上修業するという必須事項が有る。
その学費は、3年間で最低300万円以上はかかるみたいだ。


言語聴覚士とはどんな資格なのか?

言語聴覚士とは、コミュニケーションをとることに障害がある人に対して、リハビリテーションを実践しサポートする専門職だ。
更に、日本言語聴覚士協会というものも有る。
現在、耳が聞こえなくて話していることがわからなかったり、聞こえていても発声や発音が上手くできなかったり、言葉を了解するのがむずかしいなど、聴覚や言語に障害のある人は非常に数多くいると言われている。
言語聴覚士の活動は、発声する、会話をする、耳にすることなどに対して障害のある人に訓練や検査をする。
また、言語聴覚士はドクターの指示に従って、嚥下訓練や聴覚を補助するための器具の人工内耳を整える。
嚥下訓練とは、食べ物や飲み物を飲み込むことが困難な人に実践する訓練で、その機能を回復させキープする訓練をする。
更に、高齢社会の中で、嚥下障害、脳卒中による失語症、難聴などが数多くなり、言語聴覚士はこれらの障害を持つお年寄りの回復に関しても待望されている資格なのだ。

言語聴覚士の求人募集の厳しい現状について

言語聴覚士が活動するところは、医療機関、社会福祉施設や介護施設などであり、他にも教育機関などでも活躍している。
しかし、医療分野のみでもたくさんの言語聴覚士が必須なのだが、残念ながら言語聴覚士の求人募集は、作業療法士や理学療法士と比較すると圧倒的に少ないのが現状なのだ。
その理由は、作業療法士や理学療法士と比較すると、言語聴覚士という名称や治療の成果、日本言語聴覚士協会があまり知られていないことに有る。
また2002年度まで、理学療法士などと比較して、健康保険での診療報酬が極端に低かったことも有る。
その為、病院において言語聴覚士を求人募集して採用することが遅れていた。
2002年の改定後は、診療報酬が理学療法士などと同じ額になるなどしてから、やっと求人募集数が増加してきている。
ところが、もうとっくに作業療法士や理学療法士が働いている病院では、新しく言語聴覚士を求人募集して採用することはむずかしい状況に有る。

言語聴覚士の給料に関して

言語聴覚士は、国家資格として認められて年数があまり経っていないせいか、同じ福祉関係の資格の作業療法士や理学療法士などと比較すると給料は低いようだ。
ちなみに、理学療法士や作業療法士は、地域や、病院、施設の母体によって異なるとは思うが、新卒で20から25万くらいのようだ。
個人病院や福祉施設によって、言語聴覚士の活動は変わるが、言語障害のリハビリのみでなく心身面でもサポートし成果があるため、近頃では言語聴覚士の給料や収入をもうやや高くすべきとの意見も有る。
国公立の病院や保健所などに勤務するケースの場合は、公務員になるので、給与も既定の給料表によって支払われるため、言語聴覚士であっても給料はガッチリもらえるし落ち着いた収入が待望できそうだ。
ただ、国公立の施設での勤務は、まだまだ言語聴覚士の求人募集の人員が少なかったりするので、就職するまでがたいへんそうだ。

言語聴覚士の養成学校

言語聴覚士の養成学校は、学費が文系の大学よりやや高く、理系の大学よりやや安いくらいの学校が数多いようだ。
勿論(もちろん)、2年制と4年制の養成学校では、学費の総額は異なってくる。
但し、学校案内のパンフレットに示してある学費には、諸経費が含まれているケースの場合とそうでないケースの場合が有る。
諸費用が含まれていないケースの場合、後になって徴収することもあるので、事前に養成学校に確認しておくことが必須事項だ。
養成学校の入学試験は、やや合格しすいところが数多いようだ。
しかし、伝統のある養成学校の中には難関校も有る。
特に、課程が2年で修了する、大卒の方を対象とする養成校は、学力レベルが高く入学するのが困難なようだ。
ただ、医療関係の学校は面接試験が厳しく、学力があってもシンプルに合格できるわけではない。

言語聴覚士になる夢を実現させる大阪医療技術学園専門学校

言語聴覚士になる夢を実現させる大阪医療技術学園専門学校の就職率は常に100%であり、しかもそこで学んだ知識・技術を活かす専門職就職においても、98.1%という高い成果を誇っているのだ。
言語聴覚士学科では、大阪医療とそのグループ校のサポートにより、幅広い分野においての就職が可能と為っているという。
大阪医療技術学園専門学校には、医療・福祉・心理に関連した学科が設置されている。
大阪医療技術学園専門学校では、各々(おのおの)の専門の施設や設備が整っており、多彩な教育を受けることができるのだ。
また、柔軟に対応する力や応用力も身につくという。
その為、就職できる領域が広いことは大阪医療技術学園専門学校の強みと為っている。
参照事項として、姉妹校の言語聴覚士に対する平成18年度の求人倍率は、なんと13.3倍だ。

言語聴覚士になるための国際医療福祉大学言語聴覚学科の学習の流れ

言語聴覚士になる夢を実現させる国際医療福祉大学言語聴覚学科の、4年間で学ぶ学習の流れを紹介する。
まず1年次は、言語聴覚障害の基本中の基本的なイメージ、言語聴覚士の仕事の内容、対象とする障害の種類や症状、などの基礎的な知識を、具体例を通して学ぶ。
2年次では、演習科目を通して障害の評価・診断の方法を学ぶ。
言語聴覚士には、言葉と聞こえの障害を起こすいろんな病気や、脳や発声器官の活動についての詳しい知識が必須事項だ。
また、国際医療福祉大学言語聴覚学科の演習科目は本当に実践的で、一連の業務を疑似体験する。
更に、国際医療福祉大学言語聴覚学科では、言語聴覚臨床にも直接接触することができる見学実習も実践する。
3年以下の専門科目においては、言語聴覚障害が発症する要因やその症状、評価や治療法についてより深く学ぶ。
4年次に実践する「総合実習」は、学内にある言語聴覚センターや、全国の医療福祉施設で実施する。
更に、国際医療福祉大学言語聴覚学科では、言語聴覚士の国家試験のための学習と就職活動も実践する。

東京医薬専門学校の言語聴覚士科について

東京医薬専門学校の言語聴覚士科は、設備が実に充実していて、国家試験対策を徹底的に実践し、学生を強力に援助する。
この東京医薬専門学校の言語聴覚士科は、伝統のある言語聴覚士の養成校だ。
なんと、言語聴覚士が国家資格になる以前から、東京医薬専門学校の言語聴覚士科は卒業生を送り出してきたのだ。
東京医薬専門学校は、伝統校だからこそ、それまで培ってきたレベルの高い独自の教育を受けることができる。
また、卒業生を支えるシステムが良く整っており、言語聴覚士業界との繋がりも深く、卒業してプロになってからも、東京医薬専門学校は一人一人の活躍を支えてゆくという。
この東京医薬専門学校の言語聴覚士科の特徴点は、何といっても学校附属の臨床施設だ「 滋慶コミュニケーション セラピールーム」だ。
ここでは、いろんな臨床に直に接触することができるのだ。
このセラピールームでは、言語に障害がある子供から成人までの人へのリハビリテーションを実際に実施している施設だ。
また、東京医薬専門学校では在学中の学生は、言語聴覚士の先生と患者さんとのやりとりを見学することができるのも良いところだ。

言語聴覚士の求人募集・・厳しい現状だ関連エントリー

福祉関係の仕事内容と選び方
福祉関係のお仕事はいろいろ有る。たとえば、社会福祉士(社会福祉主事を包含する)、介護福祉士、精神状態保健福祉士、更に福祉住環境コーディネータというものや医療関係の福祉のお仕事等が有る。当ホームページの内容は、福祉関係のお仕事の求人に応募する前に見て欲しい、福祉関係のお仕事内容と選び方について。
転職の履歴書、志望動機、面接、転職フェアなど
転職の履歴書、志望動機、転職フェア、面接などについて。他に、30代、40代、女性の転職事情に関する話題も。さらに、転職に有利になる資格や求人広告の見方なども紹介。
マンション管理士の合格率
マンション管理士の試験と合格率について。他に、マンション管理士と居住者の現状、法律、管理業務主任者などについて。さらに、マンション管理士試験対策の講座・参考書、都市計画法、債務不履行、制限行為能力者、長期修繕計画の話題も。
マンション管理士とトラブル
マンション管理士とトラブルや騒音問題について。他に、マンション管理士と管理組合、専有と共用、標準管理規約に関しても。さらに、マンション管理士と火災の予防、防火、消防設備の話題も。
マンション管理士と耐震性
マンション管理士と耐震性、地上波デジタル放送対応、みらいネットなどについて。他に、マンション管理士とエレベーター、給水方式、管理者の話題も。さらに、マンション管理士と居室の採光・換気、シックハウス対策、劣化に関してもご紹介。
雇用保険の受給資格や加入条件など
雇用保険被保険者証や雇用保険の受給資格、加入条件などについて。他に、雇用保険の被保険者離職証明書や被保険者資格喪失届、育児休業や出産に関する話題も。さらに、雇用保険の計算や延長、離職票や給付制限などもご紹介。
営業のコツ
営業のコツとして営業マンのトーク術、売り上げアップやスランプ脱出する方法などについて。他に、営業のコツであるトークマニュアルの作成や商談中のマナー、またクレームの対処や世間話のネタ、警戒心を解く営業のコツの話題も。さらに、印象を与える話し方と飛び込み営業のコツもご紹介。
漢字検定
漢字検定の申し込み、会場、履歴書に書くまでの流れなどについて。最近人気の漢字検定だが、一般的に関心が高いのは日程、DSのゲーム、過去問題のようだ。他に、漢字検定は正式名称や合格点が話題になることも多い。
漢字検定の勉強法
漢字検定の勉強法や解答速報、合格発表や合格率などについて。最近話題の漢字検定だが、一般的に関心が高いのは受験料や小学生の漢字検定のようだ。その他、漢字検定と無料サイト、理事長の逮捕の話題も。