転職の履歴書、志望動機、面接、転職フェアなど

転職と履歴書の書き方

転職,履歴書,志望動機,フェア,面接,30代,40代,女性,資格,求人

職務履歴書は自分の経験やスキルをアピールするものである。
それに対し履歴書は、自分のデータを企業に伝達するものである。
つまり、企業に初めに提出する書類こそが履歴書なのである。
企業側は履歴書から文書の作成能力や日本語表現能力などいろんなことを読み取る。
書類選考に通過するには、第一印象が全てである。
字の旨い下手ではない。
ガッチリと丁寧に入社したいという気持ちが伝わるように書こう。
一般的に履歴書はA4サイズの白無地タイプである。
市販の履歴書には記入項目などに若干の異なりが有る。
そこで、「退職動機」「志望理由」などの欄がある履歴書にすべきだ。
自分のアピールができるような重要ポイントを活かせそうな履歴書を選定するようにしよう。
履歴書の記入は黒のボールペンかサインペン。鉛筆はやめよう。
日付は提出日を記入すること。郵送するケースの場合は、投函日を記入すべきだ。
西暦や和暦は統一すべきだ。
誤字脱字が無いように、一字一字丁寧に記入すべきだ。
学歴や職歴の入卒年度、入退社年度を間違えないように気を付けよう。
修正液や修正テープは決して活用しないで、間違えたら初めから書き直すべきだ。
全ての欄に記入して空欄を作らないようにすべきだ。
印鑑もまっすぐ、かすれやかけることなくガッチリ押すべきだ。
こういったところで人間性を見られるケースの場合も有る。
志望動機なども応募する企業にあわせてキッチリと記入すべきだ。
他の企業の履歴書を使いまわすことはしないようにすべきだ。
なぜなら、採用担当者に見抜かれてしまうからである。
以上のように、履歴書のような応募書類は、最新の注意を払って記入し提出するようにすべきだ。


スポンサードリンク

転職の志望動機

転職,履歴書,志望動機,フェア,面接,30代,40代,女性,資格,求人

志望動機とは、求人企業に転職を志す理由のことである。
転職活動において、志望動機は合否を左右する非常に大事な事柄である。
面接でも志望動機を聞かれることが多いものである。
面接の際には、自信に満ち溢れた表情や態度で臨むと良い。
無理にうけのいい言葉を選ばずに自分の熱意を面接官に伝達するような話し方をすべきだ。
志望動機については、企業側に自分を雇ったらこんなメリットがあると思わせるようなものにすべきだ。
自分が志望企業でやりたいことなどもなるべく積極的にアピールすべきだ。
転職の際の重要ポイントとしては、前職での経験やスキルを強みとしてアピールするのが良い。
履歴書に志望動機を記入する際の重要ポイントとしては、自分の言葉で書くことである。
志望動機について、誰が読んでもマニュアルに載っていそうな言葉は採用担当者ももう見飽きていることだろう。
更に文章構成をガッチリして、説得力のある文章にすることが非常に大事である。
たとえば、どのような点に魅力を感じてその企業やその職種を志望したのか。
どうして望んでいるのか。
入社したら自分は何をがんばるのか。
自分だからこそ、こんなことができる。
このような事柄を、熱意をもって伝達することである。

 

その為には、事前情報のリサーチが必須事項である。
企業のホームページ、求人要綱などで志望する企業の特徴点をチェックする。
社長のブログなどからも企業風土、社内の様子などが分かる。
企業が求めている人物像やスキルを考えてみると良い。
志望動機はこのようなことも踏まえて考えなければならない。


転職の面接内容

転職の面接を受ける際の重要ポイントは、落ち着いたら態度で自信をもって答えることである。
面接で質問に答える際は、なるべく積極的に意欲を見せてアピールしていこう。
転職の面接では、常に前向きな意見や考えを述べるようにすべきだ。
面接を受けている間は、椅子にもたれず姿勢やポーズ良くすべきだ。
猫背や足をくむ、貧乏ゆすりなどをしないように注意すべきだ。
面接官の肩あたりをみて、視線をまっすぐに定めよう。
答える際は笑顔でリラックスしてゆっくり大きな声で話すべきだ。
具体的に面接で質問されるだろう事柄をあげてみると良い。
たとえば、「なぜ転職をしようと思ったのであるか。」と聞かれたら。
前職の愚痴、不満を述べるのではなく、自分が何をしたいからとスキルアップを理由に答えよう。
転職の面接において「どのような仕事をしてきたのであるか。」と聞かれたら、
きちんと具体的に答えよう。
長すぎても簡潔すぎてもいけない。
やり遂げた仕事、リーダー経験などアピール重要ポイントもキッチリと解説すべきだ。
他に、「いままで仕事であげた大きな成果をあげて欲しい」などと聞かれたら、
具体的な成果よりも、その工夫やプロセスを重点的に解説すべきだ。
また、「当社を選んだ理由はなんであるか。」と聞かれたら、
その企業の魅力を事前に調べておいて、自分のやりたいこととうまく照らし合わせて答えられるようにすべきだ。

 

また、「将来どのような仕事をしたいものであるか。」と聞かれたら、
具体的にどのような仕事がしたいか、どのようなポジションにつきたいかまで明確に答えよう。
「最後に何か質問は有るか。」と聞かれたら、
特に何もない。と答えては絶対にいけない。
また面接官が「はい」「いいえ」で答えられる質問もだめである。
事前に数個考えていこう。
募集要項に書かれていることや、面接官が解説したことを再度質問しないように注意すべきだ。

転職の求人広告の見方

ここでは転職の求人広告に掲載されている内容の見方を解説する。

 

まず最初は「職種」について。
職種は企業によって表現の仕方が相違する。
同じ職種でも企業により仕事内容が異なることも有る。
応募前に電話などで確認してみると良い。

 

「資格」について。
今回の求人で必須な資格が書いて有る。
基本中の基本的には年齢や学歴のことである。
あくまで水準的なものである。
多少のこと、たとえば年齢が多少該当していなくても問い合わせてみると良い。
しかし、専門的な資格が求められているケースの場合も有る。
キッチリと確認すべきだ。

 

「給与」について。
支払われる最低賃金が書いて有る。
月給制、年俸制、固定給、歩合給、賞与、各種手当など様々である。
詳細については面接時に耳にしてみると良い。

 

「勤務地」について。
転勤の有無、勤務時間、残業については求人広告だけでは読み取りにくいものである。
転勤については、頻繁にあるものなのか、希望勤務地は聞いてもらえるかなどの実情を耳にしてみると良い。
転職理由の大きなものに「残業」が有る。
残業についても、頻度、残業時間など実情を面接時に耳にしてみると良い。

 

「休日、休暇」について。
企業によって様々である。
「完全週休二日制」「週休二日制」「月8日以上」などいろいろ有る。
1ヶ月に1度だけでも週に2日休みがあれば週休二日制となる。
毎週2日休みがあるものを完全週休二日制という。
この点、間違えないように気を付けよう。
企業ごとに設定がいろいろ有るから、年間休日日数で比較するのも良いかもしれない。
有給休暇が設定されていても、取得がしにくく取得率が悪い企業も有る。
職場の実情がどうなのか、確認してみると良い。

30代の転職

30代の転職理由としては、「いままでのキャリアを活かして更なる上の仕事をしたい」「自分のスキルアップをはかりたい」「希望勤務地で活動たい」などいろんなことが有る。
転職を考えるにあたり、自分の転職理由に合う企業を探し求めていかなければならない。
30代の人材は、前の企業で社会人としての教育、更にはスキルを磨いて育てられた魅力的な人材である。
30代の転職者は、企業側からすれば「即戦力」なので、求人は引く手あまたである。
20代よりキャリアもスキルもあり、40代よりも若くて将来性がある。
そんな30代の転職者を企業は待っているのである。
不況により各企業が新規採用を控えたため、現在の企業には中間層が少ないのである。
近頃団塊の世代が定年退職することにより、中間統制・管理職が不足している。
企業は中間層として、30代の転職者に後輩の指導、職場のリーダーシップをとってもらいたいと思っている。
そんな時代背景からも30代の転職者を求めているのである。
しかし、30代の転職者は、あるレベル経験を摘んでいる年代だからこそ、仕事のプロとしての専門性を求めれる。
面接の前に自分がいままでの仕事で積んだキャリア、スキル、知識を全てアピール可能に考えておこう。
具体的にいままでの経験を活かして、どのようなことをできるか。
どうなりたいかを明確に伝達されるようにすべきだ。
また志望企業が求めているものは何かも考えて自分のアピールをしなければならない。
「自分の考え」や「問題意識」を常にもって行動しているかなども非常に大事な重要ポイントとしてみれる。
キッチリとした考えや提案ができるようにあらかじめ考えておこう。

40代の転職

30代後半から40代の転職者になるとグッと求人の数が減る。
一般的には、「転職は35歳まで」とも言われる。
しかし、40代の転職者でもたくさんのキャリアやスキル、募集要項に書かれている条件などを持ち合わせていれば、まだまだ大丈夫である。
40代の転職者は、魅力的な人材として、求められるだろう。
たくさんの企業が、単に年齢制限を水準として設定しているだけなのである。
但し、この少ない転職先の中で、40代の転職者は仕事をゲットしなければいけないわけである。
40代の転職者の場合、ガッチリとした準備と心構えが必須事項である。
40代の転職は「即戦力」を求められる。
しかし30代に求められる「即戦力」とは相違する。
30代の転職者の場合は、知識やスキルをどれだけ所有しているかだった。
しかし、40代の転職者にはそれにプラス、「統率力」「交渉力」「信用力」などが求められる。
知識やスキルだけでは、部下の統率やリーダーシップは発揮不可能だ。
40代の転職者には、いままで培ってきたものがあるのである。
それを活かし、マネージメント力も発揮しなければならない。
30代より転職は厳しくなるが、可能性がないわけではない。
これらは大きな武器である。
これまでたくさんの成果があればあるほど、周囲からの「信用力」も誕生するのである。
しかし、うまく周囲の人間と協調していく人間性もなければうまくやっていけない。
40代の中間層にはこのようなことが求められているのである。
更に人脈や営業力なども現時点まで培ってきたものがある。
しかし、40代の転職者の経験が全てプラスになるというものではない。
いまも昔のやり方が通用するとは限らないからである。
40代の転職者には、経験を活かしながらも、それに縛られることなく新しいものを見出せていける力が必須事項とされるのである。

転職と女性の事情

女性が社会の中で活動し続けると言う事は実にむずかしいことである。
世の中が変わり、男性も育児休暇の取得が可能に成った。
このようなことから結婚、出産後も女性が活動を続けることが可能になったと言われている。
しかし実情は、ほんの一握りだけ、数%の男性育児休暇を取得しているにすぎない。
企業においても、産前産後休暇を設け、表向きは助成制度を設けている。
しかし、実際に産前産後休暇を取得している人は少なく、産後もいままで通り仕事をすることはむずかしいことである。
社会や企業が変わることをいつまでも待っていても仕方ない。
自分がキャリアやスキルを身につけ、企業や周囲から必須事項とされる人材にならなければならないのである。
女性は、産後も仕事と家庭とを両立できるように、前職にすぐ復帰できることを切望している。
しかし、「自分が仕事を続けやすい環境を求めて」、または「収入をあげるため」の転職なども考える良い機会である。
結婚、出産に関係なく、女性も仕事へのやりがいを常に求めている。
転職して新しい世界に飛び込み、スキルを伸ばすのも良いだろう。
では、女性の転職の場合、実際にはどうやって転職先を探し求めたら良いのだろうか。
企業のホームページでの求人情報の閲覧や、転職ホームページの閲覧、人材派遣会社、求人広告閲覧などいろんな方法が有る。
女性が転職を考える際は、人材派遣会社の活用または利用が一番の転職成功への近道である。
転職ホームページやホームページ上の求人情報では、男性、女性どちらを求めているのかハッキリと書かれていない。
人材派遣会社であると、詳細情報が届いているため、女性を求めている職場がすぐに分かる。
それに専門の担当者が履歴書の書き方から、面接、スケジュール調整まですべて行ってくれるのである。
女性が転職を考える際は、これらを適切に活用し、自分がいまの状況で活動やすい職場を慎重に探し求め、やりがいを持ち、長く働ける職場をみつけよう。

転職フェア

転職探し求めのツールとして、「転職フェア」が有る。
転職フェアには、企業ブースが何種類か設置されている。
一日でたくさんの企業の担当者に直接話が聞けるいい機会なのである。
転職フェアには数十社、多いときは数百社の企業が集まる。
自己アピールの場所にもなる。
転職フェアで顔を売っておけば、書類選考にも有利になるかもしれない。
経験、資格などを優遇する企業よりも「人間性」をみる企業も気のせいか多くあるのである。
本来自分が考えていなかった企業の魅力を知り、自分の方向性が変わることも有る。
いろいろ話すうちに、自分がどうしたいのか自己分析することもできる。
こういった具合に転職フェアにもたくさんのメリットが有る。
転職フェアには、他にもキャリアコンサルタントに相談できるコーナーが設置されていることも有る。
「職務履歴書の書き方」「面接時の注意点」など転職の重要ポイントを教えてもらえる。
転職フェアは、企業に質問できるイベントのようなものである。
面接、選考などはない。
また入場料などもかからない。
固くならずに気軽に転職フェアを活用または利用してみると良い。
会場に着いたら、「エントリーシート」が用意されているので記入すべきだ。
プロフィールや経歴を記載して、各企業ブースで見せるのである。
履歴書のようなものである。
会場について、どの企業ブースに行けば良いか分かる事ができないときは「マッチングガイドコーナー」を活用または利用すべきだ。
専門のガイドが経歴や希望職種など条件を耳にして、企業を紹介してくれる。

転職に有利な資格

転職の際には、資格を持っていたほうが有利である。
資格とは能力、スキル、キャリアを客観的に証明するものである。
志望する企業の職種によって、役立つ資格は各々(おのおの)相違する。
職種を問わずに所有していると良い資格は何だろうか。
転職に有利な資格・・・「TOEIC」。
いまの時代、仕事に英語力は必須事項である。
その水準として見られるのがTOEICの点数である。
600点以上あれば英語力があると評価される。
秘書、広告、貿易、証券、旅行カウンター、営業、ホテルマンなどたくさんの活躍の場が有る。

 

転職に有利な資格・・・「日商簿記検定」。
経理上の知識を得て会計上の数字を納得する。
利益やコストを計算する際にも優秀で便利である。
経理だけではなく、総務、事務職、営業などにも活用または利用できる。
企業が評価する場合は2級以上の知識を水準としている。

 

転職に有利な資格・・・「パソコン利用技術検定」「MOS」。
パソコンの活用力を測るものである。
いまの時代、パソコンは仕事にかかせない。
実力を証明する意味でも所有していると優秀で便利である。
転職に有利な資格として、企業からは必須事項とされるスキルNO.1である。
特に事務系職種で必須事項とされる。

 

IT業界を狙う上で所有していると転職に有利な資格は・・・。
「基本情報技術者」
情報処理の入門的な資格。基礎知識問題と実技試験が有る。
「システムアドミニストレータ」。
コンピューターのことを理解することは勿論(もちろん)システムの運用方法、ネットワークの知識。
パソコンの統制・管理者として導入、運用、管理に必須な実務能力を必須事項とするものである。
「システムアナリスト」システム化の計画、開発に携わる上で必須な資格である。
「ソフトウェア開発技術者」ソフトウェアの開発の知識と技術を必須事項とする。

 

しかし資格を持っていれば収入が良く、良い仕事に就けると決まっているわけではない。
自分がやりたいこと、望む職種、生活スタイルにあった資格を選択して取得することが必須事項である。

転職の履歴書、志望動機、面接、転職フェアなど関連エントリー

言語聴覚士の求人募集・・厳しい現状だ
言語聴覚士という仕事を知っていますか?日本言語聴覚士協会や国家試験だってあるのだ。言語聴覚士の専門学校に足を運んで、国家試験の合格率や国家試験問題を調べている人のみでなく、これから求人募集に応募したいと考える人は、ぜひ当サイトでもっと詳しく言語聴覚士のことを知って欲しい。
福祉関係の仕事内容と選び方
福祉関係のお仕事はいろいろ有る。たとえば、社会福祉士(社会福祉主事を包含する)、介護福祉士、精神状態保健福祉士、更に福祉住環境コーディネータというものや医療関係の福祉のお仕事等が有る。当ホームページの内容は、福祉関係のお仕事の求人に応募する前に見て欲しい、福祉関係のお仕事内容と選び方について。
マンション管理士の合格率
マンション管理士の試験と合格率について。他に、マンション管理士と居住者の現状、法律、管理業務主任者などについて。さらに、マンション管理士試験対策の講座・参考書、都市計画法、債務不履行、制限行為能力者、長期修繕計画の話題も。
マンション管理士とトラブル
マンション管理士とトラブルや騒音問題について。他に、マンション管理士と管理組合、専有と共用、標準管理規約に関しても。さらに、マンション管理士と火災の予防、防火、消防設備の話題も。
マンション管理士と耐震性
マンション管理士と耐震性、地上波デジタル放送対応、みらいネットなどについて。他に、マンション管理士とエレベーター、給水方式、管理者の話題も。さらに、マンション管理士と居室の採光・換気、シックハウス対策、劣化に関してもご紹介。
雇用保険の受給資格や加入条件など
雇用保険被保険者証や雇用保険の受給資格、加入条件などについて。他に、雇用保険の被保険者離職証明書や被保険者資格喪失届、育児休業や出産に関する話題も。さらに、雇用保険の計算や延長、離職票や給付制限などもご紹介。
営業のコツ
営業のコツとして営業マンのトーク術、売り上げアップやスランプ脱出する方法などについて。他に、営業のコツであるトークマニュアルの作成や商談中のマナー、またクレームの対処や世間話のネタ、警戒心を解く営業のコツの話題も。さらに、印象を与える話し方と飛び込み営業のコツもご紹介。
漢字検定
漢字検定の申し込み、会場、履歴書に書くまでの流れなどについて。最近人気の漢字検定だが、一般的に関心が高いのは日程、DSのゲーム、過去問題のようだ。他に、漢字検定は正式名称や合格点が話題になることも多い。
漢字検定の勉強法
漢字検定の勉強法や解答速報、合格発表や合格率などについて。最近話題の漢字検定だが、一般的に関心が高いのは受験料や小学生の漢字検定のようだ。その他、漢字検定と無料サイト、理事長の逮捕の話題も。