漢字検定の勉強法

漢字検定の魅力と受験料や小学生の漢字検定

漢字検定,勉強法,解答速報,合格発表,合格率,受験料,小学生,無料,理事長,逮捕

最近話題の漢字検定だが、一般的に関心が高いのは受験料や小学生の漢字検定のようだ。
漢字検定に興味のある方なら、財団法人日本漢字能力検定協会のホームページを1度は訪問した事があると思う。
まだ訪問した事がない方は、漢字検定に関連しての情報や公開会場などを認識する事ができるので、閲覧する事をおススメする。
小学生向けのホームページもある事から、漢字検定が小学生にも大人気の事が分かる。
漢字検定は、省略して漢検と言われ、年を追うごとに志願者数が増加している。
平成19年度時点で、年間約270万人が志願されていたそうである。
受検者の年齢層は3歳から97歳までというから、たいへんな幅の広さが有る。
小学生でも、級を取る事ができるのが漢字能力検定の魅力である。
また、パソコンの普及によって文字を入力する際に効率よく正確に、そして打つスピードをあげるには、最低限度の漢字の知識が必要になる事から漢字検定の合格を目標として学習する人が増加してきており、企業の中には、漢検合格の為の特訓講座を、設ける所まで有る。
漢検の級取得者を入試で評価する大学や短大も増加してきており、大学、高校での単位認定校の増加によって、漢字検定の非常な大事性が再認識されている。
社会人でもスキルアップの為に漢字検定を志願する方も増加しているし、お年寄りが脳のトレーニングの為にと漢字検定に挑戦する姿も見れる。
家族で、競って漢字検定に挑む事で共通の経験をし、会話が増加して家族仲が良くなったという話も耳にする。
人間は、いくつになっても飛躍的に向上したいと努力するものなのかもしれない。
漢字検定の魅力にはまって、勉強する事で視野が広がったり、生活に張りがでたりもする。


スポンサードリンク

漢字検定の勉強法

漢字検定,勉強法,解答速報,合格発表,合格率,受験料,小学生,無料,理事長,逮捕

漢字検定に合格する為にどのような勉強をしているか。
これから漢字検定に挑戦しようとしている方は、どの様な勉強をしようと思っているか。
書店で参考書や過去の問題集などを購入して独学で勉強している方が一番多いのではないだろうか。
無料ホームページで過去の問題を解いたり、クイズ形式等を楽しみながら勉強している方もいる。
通信講座を活用または利用して送られてくるテキスト等を用いて勉強している方も多いかもしれない。
中には、家にある漢字辞書を片っ端から覚えているという方もいる。
いろんな勉強法が有る。
パソコンを活用できる方だったら、更に勉強法は拡大するだろう。
何故なら、「漢字検定 勉強法」と検索窓に入力するとたくさんの検索結果が出るので、そこから自分が気に入った勉強法をえらぶ事ができるからである。
お金を使わなくても勉強できるのが漢字検定の魅力でも有る。
自分に合う勉強法を社会人になってから初めて気付き、学生時代に戻りたいなどと公開している方も居る様である。
いくつになっても、勉強の楽しさは味わえるのである。
級を所有している方の中には、漢字検定が流行っていたからという理由の方もいるが、どのような理由にせよ勉強をするって良い事なのである。
自分なりの勉強法を確立できたのなら、楽しさがまた増すだろう。
ちょっとでも漢字検定というものに興味をお持ちだったら、まず最初は受かりそうな級から挑戦してみる事をおススメいたする。
合格が嬉しくて、以下の級に挑戦してみたくなるばずである。


漢字検定の通信講座の比較

ユーキャンの漢字検定通信講座は、標準受講期間が6ヵ月、添削回数は6回であり、4級、3級、準2級、2級に対応している。
セット内容は、メインテキスト6冊、漢字資料集、漢字トレーニング帳、テキストの解答と解説であるが、受講記念プレゼントとして電子漢字辞書を貰える。
キャンペーン期間は1年の内に何度か設けている為、キャンペーン期間を狙って講座に申し込めば、電子辞書以外にもプレゼントが特典としてつく。
価格は、一括払いものであると29,000円である。
分割払いものであると月に2,980円を10ヶ月であるので、29,800円になる。
がくぶんの漢字検定通信講座は、標準受講期間は10ヶ月、添削回数は10回である。
セット内容は、テキスト全7冊、漢字検定対策問題集、美しい日本語ハンドブック、脳トレブックである。抽選で豪華な商品が当たるキャンペーンをしている。
費用は、一括払いものであると29,500円である。分割払いだと月に2,550円を12ヶ月であるので、30,600円になる。
技術系の通信講座専門のJTEXは、価格が安い。2級、3級対応の漢字能力検定通信講座の受講料は12,600円である。受講期間は2ヶ月である。セット内容はテキスト3冊と通信教育システム(添削2回)である。
どちらの内容が良いかなどは、個人差も有るので解からない。
一般的にユーキャンは、サラリーマンやOLの方の大人気が高い様に思う。
がくぶんは、学生に大人気の様である。
JTEXは、価格が安い為に大人気である。
どちらも、無料で資料を請求する事ができるので、比較吟味(ぎんみ)してみる事をおススメする。

漢字検定の無料ホームページ

漢字検定について実に親切なホームページが有る。
漢字検定・漢検WFB練習問題集というホームページである。(http://www.kanjihakase.com/)
試験情報や解説集、成績統制・管理機能付きWEB問題集など、独学で頑張っている人を合格まで応援するホームページである。
ホームページの管理人の経歴が凄いのである。
岡野秀夫氏という人で、教育システムを開発しているそうで、漢字検定のみに特化している訳ではなく中央庁のWEBホームページや都市銀行のインターネットバンキング、携帯電話会社の基幹システム等の開発プロジェクトを手掛けているのである。
著書も気のせいか多く、漢字検定の模擬問題集や、運転免許の問題集などが出版されている。
そんな岡野秀夫氏が無料で、しかもメールアドレスなどの個人情報も一切合切不要という落ち着いて参加できるホームページを立ち上げたのである。
このホームページは、独学で漢字検定を狙う方や、試験勉強、入試の為に漢字を学習している方、また教養として漢字を勉強している方を対象として漢字練習の場を提供している。
マウスを用いて、手書きした文字照合をする機能で、書き取り問題にも対応しているのであるから、独学で勉強している方にとってはありがたいホームページといえる。
ホームページ内の無料練習問題集には、独学での合格に必要充分な21,645問が収録されているので、書店で問題集を購入しなくても充分ではないだろうか。
しかし、高橋書店から出版されている岡野秀夫さんが執筆した問題集「出る順問題集」もおススメである。
なんと出題される順に問題が居並んでいるという画期的な問題集だからである。

漢字検定と小学生

漢字検定に挑戦している小学生が急増しているそうである。
2から3年前に漢字検定ブームと言われる時代があったが、その時に発売されていた任天堂DSの漢字検定関連のソフトが近頃また売れ出しているというのである。
購入層は小学生というのであるから、小学生に漢字検定が大人気の事がよく分かる。
財団法人日本漢字能力検定協会が小学生向けのホームページを用意している。
http://www.kanken.or.jp/target/shogaku.htmlにアクセスするとその小学生向けのページを閲覧する事ができる。
学習方法や、漢字検定の方法、四字熟語ゲーム、漢字あてゲームなど、小学生が楽しめるページがたくさん有る。
小学生のお子様がいる自分の家で、親が子供に漢字検定を受けるように勧めるケースの場合も多いそうである。
漢字検定の級が欲しくて頑張っているうちに、国語が好きになったり、国語以外の教科の勉強も楽しくなったりする子供がいるそうなのである。
漢字検定の良い所に、学年など関係なく級を取る事ができるというメリットが有る。
小学生の兄弟同士、親子、お爺ちゃんお婆ちゃん等と、時には競い合い、時に励まし合いながら楽しく漢字検定の勉強をするのは楽しいのではないだろうか。
漢字に興味のない子供でも、財団法人日本漢字能力検定のホームページを体験させてみると、漢字に興味を持つようになるかもしれない。
小学生の合格体験も写真付きで載っていて、勉強心をくすぐられるかもしれない。

漢字検定の合格発表

漢字検定を受けたケースの場合、合格発表はいつ分かるのかという質問が日本漢字能力検定協会に寄せられる事が多いそうである。
そこで漢字検定の合格発表について調べてみたら、合否結果は公開会場受検のケースの場合だったら、受検してから約40日で郵送という形で合格発表されるのだそうである。
学校などの準会場のケースの場合だったら、担当の先生宛てに受検後約40日で送付される。その後、生徒に配布されるのでちょっと時間がかかると思う。
合格か不合格かの知らせは、受検者全員に届くとの事である。
合否結果サービスというものが日本漢字能力検定協会のホームページを閲覧すると有る。
このサービスを活用または利用できるケースの場合は、受検後約30日で合否のみを確認する事ができる。
郵送される合否の知らせであるが、合格のケースの場合だったら合格証書が同封されている為に、大きい郵便物となる。
不合格のケースの場合だったら、不合格と書かれた用紙のみであるので、小さくて薄い郵便物なのだそうである。
郵便ポストを覗いただけで分かってしまうなんて、何とも言えない思いではないだろうか。
漢字検定2級の合格率は25%前後と言われている。
4人に1人しか受からない計算であるが、その1人が自分である為に試験対策や勉強をするのである。
学生でない方は、学生の頃のテスト勉強を思い出して懐かしくなると云う。自分のスキルアップになるのは誤りない事実である。
漢字検定を受けようと思っている方は、2級を目標にしている方が多いものである。
2級レベルで社会的に認められるからなのだろう。

漢字検定の合格率

今回は気になる漢字検定の合格率について紹介したいと思う。
漢字検定は年に3回実践されているのだが、実施状況が漢字検定協会のホームページで閲覧する事が出来たので平成20年度3回目の合格率を調べてみた。
その結果を以下に記述しておくので、参考になれば幸いである。
漢字検定の1級から10級までの総受験者数は898,304名である。
10級の受験者26,525名、合格者25,548名で合格率は96.3%である。
9級の受験者34,975名、合格者32,356名で合格率は92.5%である。
8級の受験者43,097名、合格者37,051名で合格率は86.0%である。
7級の受験者50,226名、合格者41,757名で合格率は83.1%である。
6級の受験者53,351名、合格者38,132名で合格率は71.5%である。
5級の受験者89,586名、合格者64,237名で合格率は71.7%である。
4級の受験者127,292名、合格者70,055名で合格率は55.0%である。
3級の受験者193,847名、合格者102,401名で合格率は52.8%である。
準2級の受験者151,216名、合格者65,817名で合格率は43.5%である。
2級の受験者116,097名、合格者35,206名で合格率は30.3%である。
準1級の受験者10,401名、合格者1,697名で合格率は16.3%である。
1級の受験者1,691名、合格者251名で合格率は14.8%である。
4級から2級の受験者数が多いのは、数年前からの漢字検定ブームに乗り受検した人々が4級レベルから2級レベルになっていて、挑戦しているからだろう。
漢字検定は10級から順を追って受験しなければならないという事はない為、自分のレベルに合わせて挑戦する事が可能である。
いきなり1級を受けて記念受験してみてはどうだろうか。

漢字検定の解答速報

漢字検定を受験した人は、早く解答を知りたいものである。
受験後すぐに解答速報を探し求めている人は多いと思う。しかし、インターネット上では漢字検定の解答速報というのは公開されていないのである。
なぜなら、受験日が異なる会場のケースの場合にはこれから同じ問題を受験する方がいるからである。
漢字検定の解答速報は、後日になっても公式には掲載されておらないが、インターネット上の掲示板や個人的なホームページやブログなどで公開されている事も有る。
しかし、このような漢字検定の解答は、正答ではないものであるから参照事項のレベルとして確認するというのが良いかと思う。
漢字検定の合格発表は、大抵は検定が実施されてから40日というのが水準で、合格者に合格証書と合格証明書が送られてくる。
受検者全員に検定結果通知が郵送されるので不合格でも通知がやって来るのである。
また、財団法人日本漢字能力検定協会のホームページで、合格しているかどうかを確認する事ができる「合否結果サービス」という制度も有る。こちらの方が早く合否が分かると言われている。
但し、この合否結果サービスは、公開会場(個人受検者)用では、 受検票に書いてある会場番号と受検番号、生年月日、電話番号が必要である。
団体(責任者)用も有るが、これは団体の責任者のみが閲覧可能となっており、会場番号と電話番号、パスワード、それに検定日を入力しなければならない。
口コミでは、この合否結果サービスに個人でアクセスしようとしても出来ないという人も気のせいか多くいる。

漢字検定協会の理事長の逮捕とその後

財団法人日本漢字能力検定協会の前理事長が逮捕された事件の後、漢字検定の受検希望者からの申し込みを受け付けている学習塾や書店では困惑が拡大しているそうである。
事件後の漢字検定について、文科科学省が協会に示唆したという延期や中止が現実になったとしたなら、受検料を返還しなければならないなど事務の混乱が生じるのを心配する声が多いと思う。
また、日本漢字能力検定協会の儲けの片棒を担ぐのか、などと保護者からの批判を受けて受け付けを取りやめた学習塾もあったそうである。
協会は2年前に検定料金を下げたが、値下げ後に文部科学省から引き下げ幅が不充分として、2度に渡って引き下げの指導を受けていた。
しかし、この指導に対し大久保昇前理事長は「他の検定料金に比べでも高くない」という理由で値下げを一切合切しなかったという。
事件のその後、漢字検定の受験者が急激に減り、信用回復に努めてきた協会は2009年6月からの検定料金を級によって100円から500円の値下げをする事に決定した。
この値下げの影響で、検定事業は約11億円の赤字になるそうであるが、コスト削減に努める事で対応していく方針との事である。
漢字検定を受検しようと考えていた方で、事件以来どうしようかと悩んでいた人には朗報かもしれない。
信用回復の面では、事件関係者は一掃され新しいメンバーで運営をしているそうである。
文科科学省の目も光っていると思うので、同じ様な事件はこれから起こらないのではないだろうか。

漢字検定協会前理事長の大久保昇容疑者と副理事長

財団法人日本漢字能力検定協会の前理事長の大久保昇容疑者(73歳)が背任容疑で逮捕された事件は世間を賑わせた。
この事件は、大久保昇前理事長だけの問題ではなく為っている。
前副理事長の大久保浩容疑者(45歳)が代表に為っている親族企業は、カーレース関係の広告費やクルーザーのリース代金として、2008年9月期だけでも約3500万円を支出していた事も明らかになってきた。
大久保浩容疑者は、レーシングチームのスポンサーを務めていて、相当の車好きとして関係者に知られているそうである。
協会の資金が親族企業を通じて私的に流用されていた可能性も力強いのだそうである。
親族企業とは、京都市にある日本統計事務センターである。
協会から漢字検定に受験した答案用紙の採点や願書受け付けなどの業務を請け負っていて、2008年9月期の売上高は約13億8000万円であるが、その内の82%にも当たる約11億3000万円を協会からの受注で占めているようである。
協会関係者によると、この企業は販売費や管理費として約4億円を計上していて、この内カーレース関連の広告宣伝費として大久浩容疑者がスポンサーと為っているレーシングチームの運営会社を包含する計3社に2400万円を支出していて、クルーザーのリース代金としても1社に1100万円が支払われていたのだそうである。
これ以外にも使途不明物件の家賃として1800万円が支払われるなど、同社の事業と関連性のない経費があまた計上されていた事が分かっている。

漢字検定の勉強法関連エントリー

言語聴覚士の求人募集・・厳しい現状だ
言語聴覚士という仕事を知っていますか?日本言語聴覚士協会や国家試験だってあるのだ。言語聴覚士の専門学校に足を運んで、国家試験の合格率や国家試験問題を調べている人のみでなく、これから求人募集に応募したいと考える人は、ぜひ当サイトでもっと詳しく言語聴覚士のことを知って欲しい。
福祉関係の仕事内容と選び方
福祉関係のお仕事はいろいろ有る。たとえば、社会福祉士(社会福祉主事を包含する)、介護福祉士、精神状態保健福祉士、更に福祉住環境コーディネータというものや医療関係の福祉のお仕事等が有る。当ホームページの内容は、福祉関係のお仕事の求人に応募する前に見て欲しい、福祉関係のお仕事内容と選び方について。
転職の履歴書、志望動機、面接、転職フェアなど
転職の履歴書、志望動機、転職フェア、面接などについて。他に、30代、40代、女性の転職事情に関する話題も。さらに、転職に有利になる資格や求人広告の見方なども紹介。
マンション管理士の合格率
マンション管理士の試験と合格率について。他に、マンション管理士と居住者の現状、法律、管理業務主任者などについて。さらに、マンション管理士試験対策の講座・参考書、都市計画法、債務不履行、制限行為能力者、長期修繕計画の話題も。
マンション管理士とトラブル
マンション管理士とトラブルや騒音問題について。他に、マンション管理士と管理組合、専有と共用、標準管理規約に関しても。さらに、マンション管理士と火災の予防、防火、消防設備の話題も。
マンション管理士と耐震性
マンション管理士と耐震性、地上波デジタル放送対応、みらいネットなどについて。他に、マンション管理士とエレベーター、給水方式、管理者の話題も。さらに、マンション管理士と居室の採光・換気、シックハウス対策、劣化に関してもご紹介。
雇用保険の受給資格や加入条件など
雇用保険被保険者証や雇用保険の受給資格、加入条件などについて。他に、雇用保険の被保険者離職証明書や被保険者資格喪失届、育児休業や出産に関する話題も。さらに、雇用保険の計算や延長、離職票や給付制限などもご紹介。
営業のコツ
営業のコツとして営業マンのトーク術、売り上げアップやスランプ脱出する方法などについて。他に、営業のコツであるトークマニュアルの作成や商談中のマナー、またクレームの対処や世間話のネタ、警戒心を解く営業のコツの話題も。さらに、印象を与える話し方と飛び込み営業のコツもご紹介。
漢字検定
漢字検定の申し込み、会場、履歴書に書くまでの流れなどについて。最近人気の漢字検定だが、一般的に関心が高いのは日程、DSのゲーム、過去問題のようだ。他に、漢字検定は正式名称や合格点が話題になることも多い。