海外出張の日当・精算・労災など

海外出張の保険

海外出張,日当,精算,労災,保険,消費税,支度金,報告書,求人,規程

海外出張に足を運ぶことになって、滞在が長期化しそうならば誰でも現地で怪我や病気をしたらどうすればいいかと不安になるものだと思う。
日本の保険会社では海外旅行保険というものがあり、海外出張の途中などで病気や怪我をしたとき等の緊急時に現金を都合し、あとからクレジットカードの引き落としにしたり、通訳サービスなどがついていたりする商品が有る。
また、海外出張に行く際に海外旅行損害保険というものあり、この保険では死亡や怪我の際に補償が実践されるようで、これ等の保険の異なりに注意して欲しい。
海外の保険については先進国と発展途上国とで医療保険の事情が異なる。
アメリカでは公的な医療保険は無く民間の会社が医療保険を担っている状態であるし、ヨーロッパでは公的な健康保険制度があり、保険金の一部を企業側が負担するなどの機能もあるようである。
海外出張の際はたくさんのケースの場合は、任意の海外旅行損害保険などを用いてその場をしのぐような形になるのが一般的である。
海外出張先で支払った医療費に対しては、あとで決定された金額を払い戻してくれる制度が有るので、帰国後に属する健康保険組合に書類等を提出して欲しい。
海外出張中など、海外での医療費の出費はものすごく高いものになるので、絶対に損害保険に入っておくと良いだろう。


スポンサードリンク

海外出張の旅費規程

海外出張,日当,精算,労災,保険,消費税,支度金,報告書,求人,規程

海外出張の際に属する企業や事業所にて「海外出張旅費規程」が定められているケースの場合が有る。
この海外出張旅費規程は会社や事業所の命令で海外出張する際にかかる旅費や手続き等にかかる費用について定めたものである。
規程の内容によっては差額の自己負担等が求められることもあるので注意が必須事項である。
海外出張の旅費規程として定められているのは以下の6つである。

 

1.赴任支度料
2.日当
3.宿泊費
4.交通費
5.荷物輸送諸費用
6.渡航雑費

 

となり、「4.」の規程である交通費については、これらは海外出張において最も運賃の安い経路を選ばねばならず下準備も必須事項だろうし、航空機でも活用できる等級は決まってくるようである。
「5.」の規程については、海外出張が長期に及んだり季節等の温度条件によって携帯する荷物の輸送料金を請求できるというものである。
「6.」の規程については、海外出張のパスポートを取得する際の印紙代金や各種証明書取得の際にかかる手数料に対しても料金が請求可能に為っている。
会社によっては、渡航の前にお金を支払ってくれるところもあるようであるが、気のせいか多くは帰国後一定期間内に旅費規程に沿って精算の後定額の支給かもしくは実費の支給かに分かれお金が支払われるようである。
どれも、海外出張で旅費をつかう際にレシートや切符の半券などをなくさないように整理しておくと良いだろう。


海外出張の支度金

支度金は、海外出張の際の旅費の一部として見られ、各企業や事業所等で定められる海外出張旅費規程の中にも定められている。
殆どの企業や事業所が支度金を出しているようであるが、中には従業員の生活の飛躍的に向上等を理由にして、条件付で支給するという会社もあるようである。
支度金は、海外出張に必須な服装や身の回りのものなどを準備するのに必須な費用に当てられるものであるが、その人の職務や出張する行き先や出張の長さによっても金額は違ってくるケースの場合が多いようである。
支度金の支払いを受ける方法の例としては、海外出張を命じられた従業員が会社に対し旅費の金額の見積書を作り上げる。
許可を受けた見積書の額の範囲内で仮払金というものの支払いを受ける。
その後パスポート等の申請に必須なお金や海外旅行傷害保険に際しての保険料も会社負担となる。
こういった具合にして海外出張の支度金の申請をするのであるが、実際には支度金を活用する人はあまりいないようである。

海外出張の報告書

海外出張先から帰国したら、出張報告書を作り提出すように求められることもあるようである。
海外出張の報告書をきちんと書くために、海外出張中には忘れずにその日何をしたかなどを日記等につけておいて保存しておくと良いだろう。
海外出張についての報告書の例としては、タイトルとして行き先と業務内容の名前・名称を書き、相手先との協力体制や展望について大まかに付けプラスする。
海外出張の報告書では、滞在に際してどのようなことに興味を得たか、どのようなことに苦心したなどの自分なりの感想もあると良いケースの場合も有る。
報告書には仕事にでていたときだけではなくて海外出張への出発の準備段階から帰国までの行動について大まかに記入すると読む側も本人の行動について納得しやすいようである。
海外出張において、出張報告書には仕事の内容だけではなく担当者の名前・名称や仕事の際に活用・入手した資料なども添付するようにすべきだ。
海外出張の報告書の最後には、担当者やお世話になった上司などに対して感謝の意を表すのも良いだろう。
海外出張の際の旅費の精算書と詳しい出張報告書等を一緒に提出することで会社側にとっても解りやすいものであるし支払いも実践されやすいといえる。

海外出張の精算

海外出張の旅費は、帰国してから海外出張旅費規程にそって精算する。
旅費の精算の内容は、一律支給、実費精算、一律支給と実費精算との併用のどれかで支払われるようである。
一律支給は、支度料や交通費、宿泊代など各々(おのおの)に一定額が定められていて支給されるもので、実費精算は海外出張の出発の前にあらかじめ見積もりを出した旅費の計画書を基にして仮払いで旅費を支払ってもらい帰国後に領収書などを添えた精算書を元に整理する方法である。
海外出張の現地で領収書が出ないところなどでは自分で領収書を持参して記入してもらうなどをして欲しい。
一律支給のケースの場合は領収書等の証拠を提出する必須事項が無いため税務調査の際に疑われることも有るので、一律支給といえども詳細な精算書を領収書等の書類と同時に提出しておくと良いとされる。
海外出張の精算は経済的に安く合理的と認められる旅程を求められることになるし、また帰国後精算をするための期限が定められていることもあるようであるので迅速に処理すべきだ。

海外出張と消費税

海外出張に足を運ぶときの出張旅費について、消費税はどこまでかかるのだろうか。
消費税は国内においての取引や対価を置いて実践される取引、資産の譲渡が国内で実践されるとき等や保税地域(輸入貨物等の課税を留保したままおいておくことのできる地域のこと)からの荷物の引取りなどに際してかかるものであるので、海外出張費のうち現地での宿泊費や交通費に対しては、消費税はかからない。
消費税のかかる項目のうち主なものとしては、海外出張の際の支度料、国内でパスポートを申請する際にかかる手数料等、海外出張のための抑制かつ予防接種の代金や国を出るところまでに国内で活用した交通費や宿泊代などである。
また海外出張中に、領収書が無いか用意できなかった際に支払われたお金や電車賃などについては課税仕入れ等の記載した帳簿が必須事項となるが税金の控除を受けることができる。
税金自体には消費税はかからない。
また、消費税のかからないものとしては海外出張費用のうちの日当や出張者と国内との通信費用などがあげれる。
また国内から海外出張へ足を運ぶ際の交通費などについても消費税はかからない。

海外出張と日当

海外出張における旅行費用や諸費用について、各企業等では「海外出張旅費規程」という決まりに沿って旅費等の精算をすることに為っている。
海外出張にかかる旅費の算出にも部門分けがあり、赴任支度料や旅費、交通費、日当などが有る。
このうち日当とは1日あたりの給付金のことをいうのであるが、その人の職務の階級や出張の地域に応じて食事代や雑費を包含して日当として定められることが多いのである。
このうち食事代は実費で日当を一律で支給するという会社もあるようである。
一般的に国内出張での宿泊費が7000円から15000円で日当は2000円から5000円という範囲に多いのに対し、海外出張の日当では宿泊費が7000円から15000円等と国内と金額は一緒なのであるがこれ以外の項目で宿泊費を実費支払いとしている会社が気のせいか多く、日当としては4000円から10000円と国内の出張より2倍の金額を出しているところが多いようである。
消費税などは海外出張旅費について国外での宿泊や交通費には加算されず、日当にも消費税はかからない。
これ以外に各企業や事業所により異なるが、海外出張先や出発から帰国までの日数などによって加算して日当が支給されるようである。

海外出張を含んだ求人

海外出張の求人では、勤務に海外出張を包含する内容の仕事への募集が実践されている。
海外に拠点をもつ大手銀行や、輸出等を実践する電機メーカーなどからの求人があるようであるが応募資格としては金融業務等の基礎知識があり経験もある者、大卒で学部は問わないが輸出営業の経験が3年以上あるとよいなど、どれも大学卒かもしくは専門の業務経験のある人を求人しているようである。
求人の中には海外出張をサポートする仕事の募集も実践されているようである。
求人の内容は、ビザ取得から現地情報の収集、航空券やホテルの手配等海外出張者のためのプランを考える業務であるので、知識も必須事項だろうし語学力も求められると考えられる。
求人の専門性としては旅行関連業務のカテゴリーに入る内容のようである。
情報収集として勉強会や海外研修も実践されるようなので、いままでの自分の能力を更に伸ばしたい、海外出張について興味があるというかたは、これ等の業務に限らず海外出張専門の求人ホームページなどにたくさんの広告が有るので参照すると良いだろう。

過労死と海外出張

徹夜や残業、休日出勤など日々仕事に追われているサラリーマンであるが、海外出張先でも例外は無いようである。
猛烈にやる気をださねばならない内容を急いでこなしたあとにやってくる達成感とその後の燃え尽き感覚であるが、激務のあとはおおよその人がこのような感覚を実感することが多いようである。
また或る大手会社の社員の急死に対して、度重なる海外出張や激務が原因として会社員の妻が会社に対して過労死の訴訟を生じているという例も有る。
このような過労死の場合ではこの人に対して労災の認定が降りずに、問題に為っているのであるが、亡くなる前の一年間においてには計5カ国にわたりおおよそ200日にもわたる海外出張があったというのであるから驚きである。
或る会社では過労死の訴訟で和解が成立しており、海外出張中の休日出勤の時には振り替え休日の取得を促し、また帰国後には休暇をとるように促すなどという対策が採られているようである。
労働基準法では出張における移動時間は労働時間とはみなされないため新たに規則を作る必須事項があるとされる。

海外出張と労災について

労災とは労働者災害補償制度といい、労働をしている間や通勤している時の事故や災害によって病気や怪我またはこれらの原因によって障害を負ったり亡くなったりしたときの補償を実践する公的な保険のことである。
過労が原因で亡くなったり、精神状態的な疾患を追ったりしたときにも労災を給付されることが有る。
労災が給付されるかどうかの判断は労働基準監督署が行なっている。
日本の労災保険の適用範囲は原則としては日本国内の事業において適用されるものであるが、海外赴任のケースの場合は事業者が特別加入の申請を行ったケースの場合に海外にいても国内にいるのと同じように労災が適用され手続き等は任意で実践される。
対象が海外出張のケースの場合は特別加入の申請をする必須事項は無く、仕事をしている最中の怪我や病気の際に労災の給付を受けられることになる。
海外出張の際の過労死などの労災については、労働基準監督署の判断が分かれるところでも有るので弁護士を通しての裁判となることもやめられないようである。
滞在期間の長短では海外出張か海外赴任なのかという判断はつけられないため絶対にこれ等の区別をつけておくようにして欲しい。

海外出張の日当・精算・労災など関連エントリー

サイパン島は人気の旅行ツアー観光地
サイパン島はいまなお大人気の旅行ツアーの観光地であり、ワールドリゾートな土地で、ダイビングも盛んだ。サイパンにはダイビングショップだってあるし、実に有名なホテルのサイパングランドホテルや、ホテルニッコーだってある。その他、サイパンの旅行ツアーや観光情報について。
東京ディズニーランドの混雑を回避する裏技
東京ディズニーランドの混雑状況や混雑具合はスゴイ。東京ディズニーランドに足を運ぶ計画を立てても、その日の混雑予想や混雑予測が気になる。東京ディズニーランドの半端じゃない入場者数を考えると、混雑日に当たるほうが普通で、駐車場を確保するのも苦労する。そこで、東京ディズニーランドの混雑を回避する裏技について。
海外出張の必需品・準備・服装など
海外出張の必需品・準備・服装など情報。他に、海外出張の持ち物リスト、荷物を入れるバッグやスーツケース、パッキングなどの話題も。さらに、海外出張の手土産などについてもご紹介。
東京ディズニーランドの攻略法
東京ディズニーランドの攻略法について。東京ディズニーランドのキャラクター、グリーティング、写真、サイン、ブレックファストの攻略法の話題も。他に、東京ディズニーランドのシェフ・ミッキー、サービス、時間帯などの攻略法もご紹介。
東京ディズニーランドのアトラクション攻略法
東京ディズニーランドのアトラクション攻略法について。他に、東京ディズニーランドの子供の為の攻略法や休憩、ウエスタンリバー鉄道などの話題も。他に、東京ディズニーランドの空飛ぶダンボ、グランドサーキット、ミッキーとミニーの家、コースター、トムソーヤ島、プーさんの攻略法もご紹介。
東京ディズニーランドのお土産攻略法
東京ディズニーランドのお土産攻略法について。他に、東京ディズニーランドの蒸気船マークトウェイン号やホーンテッドマンション、エレクトリカルパレード、ドリームライツ、グッズの攻略法の話題も。さらに、東京ディズニーランドの限定パレードやショップの攻略法もご紹介。
京都旅行を格安にする方法
京都旅行を格安・激安にするおすすめの方法について。他に、京都旅行格安と旅館や新幹線、ツアーやパック、フリープラン、バス観光などの話題も。参考までに、京都旅行の口コミというとじゃらんが有名である。
自動車旅行
私は自動車旅行とキャンプが大好きだ。また一般的にも自動車旅行で野外にテントを張って食事をしたりフェリーボートで楽しむことが人気のようだ。参考までに、自動車旅行でおすすめ人気地域は北海道のようである。