東京ディズニーランドのアトラクション攻略法

東京ディズニーランドの子供の為のアトラクション攻略法

東京ディズニーランド,攻略法,アトラクション,子供,ウエスタンリバー鉄道,空飛ぶダンボ,ミッキー,ミニーの家,トムソーヤ島,プーさん

東京ディズニーランドではぜひともアトラクションを攻略したいところである。
それでは次に、東京ディズニーランド内のアトラクションで数をこなす攻略法を紹介したいと思う。
ファストパスは普通に居並ぶよりも早くアトラクションに乗ることができるが、自分の好きなアトラクションであれば、ファーストパスを用いるよりも、朝一で居並んで乗ったほうが早くて効率が良いかもしれない。
ファストパスを取ったときのその指定時間にそのアトラクションに帰ってくる時間を考慮したり、ファストパスでも実質10分前後は待ったりすることを考えると、こちらの方が早いかもしれない。
それでは次に、その例として子供のためのアトラクション攻略方法をご紹介したいと思う。朝一番で、以下のようなアトラクションに挑戦してみて欲しい。
「待ち時間が短そうなもの」、「乗ってからの所要時間が短いもの」、「アトラクションとアトラクションの距離が短いもの」である。
具体的に例を出すと、まず子供ならアリスのティーパーティーに乗ると所要時間が2分である。
そこからキャッスルカルーセルに乗れば移動時間は1分以内であるみたいと思う。キャッスルカルーセルは所要時間2分である。
そこから移動時間1分以内で空飛ぶダンボまで足を運ぶとこれが所要時間1分30秒なので、わずか1時間ほどで3つのアトラクションを攻略してしまうことができる。
子供はアトラクションを待っている間にグズってしまったり、すぐに疲労を感じてしまったりするので初めのテンションが高いうちにたくさんのアトラクションに連れて行ってあげるのも良いかもしれない。
笑顔の写真もたくさん撮れるかもしれない。


スポンサードリンク

アクティブな人の為の東京ディズニーランドのアトラクション攻略法

東京ディズニーランド,攻略法,アトラクション,子供,ウエスタンリバー鉄道,空飛ぶダンボ,ミッキー,ミニーの家,トムソーヤ島,プーさん

東京ディズニーランドでアトラクションを短時間で攻略するためには、アクティブな人なら18時から22時の夜遅くが狙い目となる。
昼に混雑していて待ち時間が長いものや準大人気アトラクションでも、待ち時間がゼロに近くなる。
アクティブな人のための東京ディズニーランドアトラクション攻略のための具体例をご紹介する。
これを参照事項にディズニーでの行動を計画してみてはどうだろうか。まず、所要時間4分30秒のスターツアーズに乗る。
その後移動時間3分以内でスペースマウンテンまで移動すべきだ。このスペースマウンテンが所要時間3分である。そして移動時間3分以内で「ミクロアドベンチャー!」まで移動できる。
所要時間14分で楽しんだ後に移動時間10分以内でプーさんのハニーハントまで移動できる。そこでハニーハントのファーストパスを発行すべきだ。
そこから移動時間15分以内でビックサンダーマウンテンに着けるのでビックサンダーマウンテンに乗ろう。所要時間は4分である。
そして移動時間10分以内でスプラッシュマウンテンへ足を運ぼう。(所要時間10分)
ファーストパスを取ったプーさんのハニーハントまで時間があれば移動時間15分以内でトゥーンタウンまで行けるので、行ってみても良い。
さて、この頃になるとファーストパスを取ったハニーハントがいい頃になると思うので移動すべきだ。
ミクロアドベンチャー!は所要時間14分とちょっと時間がかかる。
その為、混雑具合によっては閉園ギリギリの時間帯であれば締め切られるケースの場合もあるので注意して欲しい。


東京ディズニーランドのゆったり休憩アトラクション攻略法

東京ディズニーランドでは、どの時間帯でもやや早く入れるアトラクションも有る。
それを攻略すれば東京ディズニーランドでつかれたとき、ちょっと休憩したいときなどにも活用できる。
このようなアトラクションも攻略して効率よくディズニーを興じると良い。
☆カントリーベア・シアターは所要時間15分30秒である。
☆ミッキーマウス・レビューは所要時間19分である。
☆イッツ・ア・スモールワールドは所要時間9分である。
☆魅惑のチキルームは所要時間12分である。
この4つはゆったり乗っていられるライド系やイスに座って楽しめるシアター系で、所要時間も長いので雨が降ってしまった時やちょっと疲労感てしまったとき、冬の寒いときの暖房目的や、真夏の冷房目的で訪れてみても良いかもしれない。
一気にアトラクションを回った休憩に1つ挟んでみても良いかもしれない。
子供と一緒にアトラクションを駆けずり回ったお父さんがこのような乗り物で疲労感て寝てしまっているなんて光景もたまに見る。
また、次に紹介するのはウォークスルー系の自由に観て遊べるアトラクションである。
お子様が自由に遊ぶことのできるアスレチック系もあるので、よほど混んでいなければ自由に上手に活かすことができる。
ミニーの家はミニーのお家を自由に見て回ることができる。トゥーンパークは動物のまたがる事ができるオブジェである。ドナルドのボートには滑り台などがあってお子様が遊びやすいものである。トムソーヤ島は島全体がアスレチック系に為っている。さらに、スイスファミリー・ツリーハウスやチップとデールのツリーハウスもある。

東京ディズニーランドのウエスタンリバー鉄道攻略法

東京ディズニーランドでは、子供向けのアトラクションがたくさん有る。
次に紹介するアトラクションを攻略して東京ディズニーランドで子供たちも攻略してしまおう。
まず、ウエスタンリバー鉄道を攻略すべきだ。
小学生低学年くらいまでの子供に圧倒的に大人気なアトラクションで、テレビ番組のアンケートなどでも順位は相当上のようである。
どこの遊園地でもありそうなマメ汽車タイプのアトラクションなのであるが、汽車は本当に蒸気で動いているし、車体も大きいものである。
内容も充実しており、野生動物が住んでいるジャングルジムを通り、ネイティブアメリカンの集落をめぐる。
そして最後には億年前の恐竜の世界へと突入するのである。恐竜の世界では最後の場面で右側に恐竜が現れるので右に座るとよりいっそう楽しめるかもしれない。
但し、恐竜の世界は暗いトンネルのようなところを通り、恐竜もリアルで迫力も有るので、中には怖がってしまう子供もいるかもしれない。
恐竜などが苦手なお子様はその時だけ目を隠してあげても良いかと思う。所要時間も13分と長いので満足のいく冒険が出来そうである。定員は144人と乗り物は大きく、形式的にはライドである。
急がずゆっくりと座って旅することができるので、歩きつかれた子供を連れて行ったり、お父さんやお母さんがちょっと休憩したりするのにも良いかもしれない。
また、座る位置によって迫力や見える景色も変わってくるので、何回か挑戦しても飽きない乗り物である。
ぜひ一回と言わずに何回も子供と一緒に楽しんで欲しい。

東京ディズニーランドの空飛ぶダンボ攻略法

東京ディズニーランドの大人気キャラクターでお馴染みのダンボを攻略しよう。
まず最初は、東京ディズニーランドの中でも小学生以下の子に大大人気のアトラクションである「空飛ぶダンボ」を攻略するための攻略方法をご紹介する。
このアトラクションではかわいいダンボの背中に乗ることができる。
そして、ダンボの上に乗ったまま空中飛行を楽しむ事ができる。
高い所が嫌いなお子様以外であれば乗りたがるアトラクションだと思う。
実に大人気のアトラクションなので、昼も近くなってくると30分以上待つことになってしまうかもしれない。その為、朝のうちが狙い目となる。
朝の空いていて子供にも元気があるうちの乗ってしまったほうが良いかもしれない。
ダンボにはピンク色、黄色、緑色と3色有るので、どの色に当たるのか楽しみにしながら列に居並ぶこともできる。
更に、ダンボの座席の下にあるボタンを操作することでダンボの機体を上下させることができ、実に楽しいものである。
1つのダンボに乗れるのは2人と為っているが、体の小さい子供なら、お父さんとお母さんと一緒に乗っても大丈夫な大きさである。
また、ダンボに乗って出発する前に近くの係員にカメラを渡してお願いしておけば、自分たちの乗っている姿を写真におさめてくれる。
すぐにお願い可能にカメラは準備しておくようにすべきだ。
所要時間1分30秒と盛り上がっているうちにすぐ終焉を迎えてしまうが、楽しい写真も撮ってもらえるので親子共に満足することができると思う。
ちなみに、ダンボの数は10台である。

東京ディズニーランドのグランドサーキット・レースウェイ攻略法

東京ディズニーランドの乗り物の中でも小学生中学年くらいまでの男の子に大人気の高い「グランドサーキット・レースウェイ」を攻略すべきだろう。
ちょっと大きくなって東京ディズニーランドに連れて行ってもいままで乗っていたような乗り物では満足いかなくなってきたという子と一緒に攻略すると良いかもしれない。
勿論(もちろん)、小学生中学年くらいまでの男の子以外にも小さい女の子も楽しめるし、20代の女性にも大人気のようである。
最高時速12キロの二人乗りであるが、小さい子供だったら、大人2人と子供1人の3人で乗ることもできると思う。
運転の仕方は非常にシンプルで、操作するのはハンドルとアクセルだけである。
ブレーキはアクセスを戻せばかかる仕組みに為っている。
路面にはレーンがひかれているので、子供にハンドルを任せていてもコースアウトの心配や隣の車への接触を心配しなくても大丈夫である。
電車タイプのように完璧にレーン固定なわけでもなく、タイヤの間隔だけ自分のハンドルで操作可能に為っているので、運転しているという楽しさも味わうことができる。
中心からずれるとレーンに当たるように為っているが、スピードがあまりない状態でこのレーンに当たるとちょっと大きいショックがあるかもしれない。
その為、小さい子供はお父さんかお母さんが思い切ってアクセルを踏んで走るようにしてあげると良いかもしれない。
また、車体にはセンサーがついているので前の車と近くなると自動的に速度が落つ。
その為、追い越したりは不可能だが、安全性が確保されているので、落ち着いて子供を乗せることができる。

東京ディズニーランドのミニーの家とガジェットのコースター攻略法

東京ディズニーランドの中でも特に小学生低学年までの女の子に大人気の「ミニーの家」を攻略すべきだ。
ミニー好きの女の子も多いと思うので、そんな子にとってはこの「ミニーの家」を攻略するのは必須だろう。
形としては、ウォークスルー系となるが、順路通りに歩くだけで終焉を迎えてしまうというわけでもなく、あるレベルは自由にオーブンレンジを操作したり、食器洗い機を触ってみたり、冷蔵庫を開けて中を見てみたりと、お部屋を見て回ることができる。
かわいいミニーのお家で思い出の写真を撮れるのもいいと思う。
子供にとってそれまでテレビの中だけだったミニーのお家に行ったという事は良い思い出となり、大きな価値になると思う。
また、ミニーのお家の外には井戸があり、そこにお金やコインを投げ入れるとセリフが返ってくる。
子供にとっては実におもしろくて何回も挑戦する子もいるみたいものであるので、ぜひともトライしてみて欲しい。
また、ミニーのお家に入るまでの待ち時間も東京ディズニーランド内では短いほうなので、お子様でもあまり退屈することなく体験させてあげることができると思う。
ただ、狭い部屋に結構ギュウギュウまで人が入るので、身動きがとりにくいかもしれないのが難点かもしれない。
それでは次に、子供のジェットコースターデビューに丁度(ちょうど)いい「ガジェットのコースター」を攻略するべく、紹介したいと思う。
この「ガジェットのコースター」は所要時間1分とあっという間に終焉を迎えてしまうので、ジェットコースター系初体験のお子様にもいいと思う。
お父さんやお母さんが子供を抱っこして座ることは不可能だが、隣に乗って体を支えてあげる形で小さい子供と一緒に乗ってあげると良いかもしれない。

東京ディズニーランドのトゥーンパーク、トムソーヤ島攻略法

東京ディズニーランドでは、乗り物のようなアトラクションだけではなく、子供のために思いっきり遊びまわれるちっぽけな公園のようなプレイグランドも有る。
その1つが「トゥーンパーク」である。
東京ディズニーランドの中でもこのような場所を攻略しておくと以外と子供連れのご家族には優秀で便利かもしれない。
トゥーンパークでは、動物の形をしたオブジェを自由によじ登ったりまたがったりと子供を自由にあそばせることができる。
また、落ちてしまうのが心配な親御さんも居ると思うが、地面はやわらかくできており、フワフワしているので安全対策もばっちりである。
ここにはベンチもあり、その近くにはドリンクワゴン、ポップコーンワゴン、ファーストフード系飲食店などもあるので、パパやママはゆっくり休憩できる。
また、フリーに活用または利用できて時間制限や待ち時間もないので、急がずゆっくりと子供を遊ばせることも出来、またお子様の楽しく遊んでいる姿をゆっくり写真におさめることもできると思う。
それでは次に、同じくアスレチック系の遊び場である「トムソーヤ島」をご紹介する。攻略してしまおう。
このトムソーヤ島は島全体がアスレチックのようになっており、山、洞窟、プカプカ浮かぶたる橋や動く小岩のイスなどなど、遊べる重要ポイントが盛りだくさんである。
また、山の上からは行き交う蒸気船やトムソーヤ島の向こう岸にあるビックサンダーマウンテンなども眺めることも出来、景色を楽しむことができる。
絶好の写真撮影の重要ポイントである。
山の上から、これらを背景に家族で写真を撮ってみてもいいと思う。
更に、いかだ乗り場に行ってみて欲しい。
そこには、数に限りがあるのであるが、トムソーヤ島の地図が置いて有る。
ぜひともゲットしてトムソーヤ島を楽しんで欲しい。
思い出のお土産として持って帰るのもいいと思う。
また、日陰も多いので夏場でも涼める重要ポイントとなりそうである。

東京ディズニーランドのアストロブラスター、ミッキーの家攻略法

東京ディズニーランドにあるシューティング系のアトラクションである「アストロブラスター」を攻略すべきだろいう。
男の子なんかだとゲームセンターでもシューティング系が好きな子も多いと思う。
「アストロブラスター」は最新アトラクションであり、トイストーリーで登場するバズライトイヤーのアトラクションである。
悪の帝王ザーグから宇宙を守るために皆のヒーロー、バス・ライトイヤーが率いるスペースレンジャーになってスペースクルーザーという乗り物に乗って冒険の旅に出発する設定に為っている。
スペースクルーザーについている光線銃である「アストロブラスター」を用いて秘密兵器やロボットを狙い打つ。
シューティングタイプの自分も参加できるアトラクションである。
アトラクションの中はバズ・ライトイヤーたっぷりで実にかわいらしいので、バズ好きには嬉しいかもしれない。
ただ、アトラクションに圧倒されているうちにあっという間に終焉を迎えてしまうなんてこともあるかもしれない。
しかし、何回も挑戦して得点を伸ばしていくと楽しくなると思う。
それでは次に東京ディズニーランドのキャラクターの主役であるミッキーに会える攻略法をご紹介しよう。
「ミッキーの家」では、カメラを持参すれば係りの人がミッキーと一緒の写真を撮ってくれる。
ミッキーに会えるまでは家に入ってから30分かかるので、その途中に子供が寝てしまったりすることもあるかもしれないが、ほぼ確実にミッキーと会えるし、ミッキーのかわいいお家も閲覧することができるので、試してみる価値はあると思う。

東京ディズニーランドのミクロアドベンチャー!とプーさんハニーハント攻略法

東京ディズニーランドにある「ミクロアドベンチャー!」は3Dシアター系のアトラクションで、子供は勿論(もちろん)、大人も楽しむことができる。
「ミクロアドベンチャー!」を攻略すべきだろう。中に入れる人数が多いので回転率は高いものである。その為、短い時間で中に入れるときも有る。
所要時間も14分と長く、ゆっくり楽しめるアトラクションである。
内容も実におもしろく、ただ3Dであるだけではなく、犬のクシャミが顔にかかるシーンでは実際に水が顔にかかったり、ねずみが逃げ出すシーンでは実際に足元にねずみが逃げていく感覚があったりとリアルで迫力満載である。
ただ、大きな音が出たりちっぽけな衝撃があったりするので怖がりなお子様であるとちょっとびっくりしてしまうかもしれない。
それでは次に東京ディズニーランドの大人気キャラクターであるプーさんのアトラクションである「プーさんハニーハント」を攻略すべきだろう。
一見すると座って閲覧するだけのスタンダードなものに見えるが、乗り物がぐるぐると複雑に回転しながら移動したり、上下にジャンプしたり、最後には実際に蜂蜜の匂いがしたりとリアルさと迫力が充分である。
巨大スクリーンで見られるお話もおもしろいものであるし、大人気のアトラクションである。
ただ、感想の中には「噂ほど面白くは無い」などの意見もあるようであるので、人によって実感は各々(おのおの)だと思う。
また、乗り物がジャンプしたり回転したりするので、お子様を抱っこしての乗車は不可能だ。
その為、一人で座れるお子様でないとハニーハントはむずかしいかもしれない。
形としては前に2人後ろに3人乗れるので、真ん中に子供、左右にお父さんとお母さんという形が良いかもしれないが、背が低い子供だと前に大きな人が乗ると何も見えなくなってしまうかもしれない。

東京ディズニーランドのアトラクション攻略法関連エントリー

サイパン島は人気の旅行ツアー観光地
サイパン島はいまなお大人気の旅行ツアーの観光地であり、ワールドリゾートな土地で、ダイビングも盛んだ。サイパンにはダイビングショップだってあるし、実に有名なホテルのサイパングランドホテルや、ホテルニッコーだってある。その他、サイパンの旅行ツアーや観光情報について。
東京ディズニーランドの混雑を回避する裏技
東京ディズニーランドの混雑状況や混雑具合はスゴイ。東京ディズニーランドに足を運ぶ計画を立てても、その日の混雑予想や混雑予測が気になる。東京ディズニーランドの半端じゃない入場者数を考えると、混雑日に当たるほうが普通で、駐車場を確保するのも苦労する。そこで、東京ディズニーランドの混雑を回避する裏技について。
海外出張の日当・精算・労災など
海外出張の日当・精算・労災などの情報。他に、海外出張の保険や消費税、支度金のことや報告書の話題も。さらに、海外出張を含んだ求人、旅費規程、過労死などについてもご紹介。
海外出張の必需品・準備・服装など
海外出張の必需品・準備・服装など情報。他に、海外出張の持ち物リスト、荷物を入れるバッグやスーツケース、パッキングなどの話題も。さらに、海外出張の手土産などについてもご紹介。
東京ディズニーランドの攻略法
東京ディズニーランドの攻略法について。東京ディズニーランドのキャラクター、グリーティング、写真、サイン、ブレックファストの攻略法の話題も。他に、東京ディズニーランドのシェフ・ミッキー、サービス、時間帯などの攻略法もご紹介。
東京ディズニーランドのお土産攻略法
東京ディズニーランドのお土産攻略法について。他に、東京ディズニーランドの蒸気船マークトウェイン号やホーンテッドマンション、エレクトリカルパレード、ドリームライツ、グッズの攻略法の話題も。さらに、東京ディズニーランドの限定パレードやショップの攻略法もご紹介。
京都旅行を格安にする方法
京都旅行を格安・激安にするおすすめの方法について。他に、京都旅行格安と旅館や新幹線、ツアーやパック、フリープラン、バス観光などの話題も。参考までに、京都旅行の口コミというとじゃらんが有名である。
自動車旅行
私は自動車旅行とキャンプが大好きだ。また一般的にも自動車旅行で野外にテントを張って食事をしたりフェリーボートで楽しむことが人気のようだ。参考までに、自動車旅行でおすすめ人気地域は北海道のようである。