犬の病気と症状

犬の病気と動物病院での費用

犬の病気,症状,皮膚,目,耳,嘔吐,血尿,血便,下痢,ヘルニア

動物病院での費用が総じて高いのは、人間のような健康保険制度がないからである。
人間のケースの場合は、最低限必要と思われる治療や検査のための費用は、何割かの負担で済むように保険制度で保証されている。
犬にはこのような国家的な保険制度がないため、費用の全額を飼い主が負担しなくてはならず、自ずと高額になりがちである。
では、同じ病名で受診したり、同じような治療内容だったりしたにもかかわらず、病院や犬種によって、費用がずいぶんと違っていたという経験はないだろうか?
これには大きく2つの理由が考えれる。
1つは、病名は同じでも治療内容が異なるケースの場合である。
治療方法には、あらわれた症状を抑制する対症療法と、病気の原因を除去する原因療法とが有る。
対症療法によって治せる病気は、全体の70から80%といわれており、残りの病気は対症療法だけでは治せない。
原因療法を実践するには、その原因を徹底的に調べるためのいろんな検査が必要になる。
犬は口が利けないから、人間の医療以上の検査が必要になるケースの場合が殆どで、結果的に治療費も、より高額になる。
2つ目は、活用する用品や、各種の器具の異なりのよる料金の差である。
ちっぽけなものでは、マスクや手袋、帽子、手術着などのその都度の消毒滅菌を省くだけでも費用は抑えれる。
また、手術内容が同じでも、麻酔前の検査を徹底するかどうか、手術室や各種モニターの活用の有無などでも費用は違ってくる。
犬に、どこまで検査をし、どういった治療を施すかは、飼い主の意志に委ねれる。
費用の面を包含して、獣医のドクターと了解できるまで話し合うことが肝心である。


スポンサードリンク

犬の病気にはヘルニアや腫瘍などのしこりもある

犬の病気,症状,皮膚,目,耳,嘔吐,血尿,血便,下痢,ヘルニア

犬の病気にはヘルニアや腫瘍などのしこりもあることをご存知だろうか。
毎日の健康チェックを怠らない飼い主は、病気のサインを見逃すことも少ないと思うが、せっかく実感したわずかな異変を、病気の早期発見あるいは対策につなげるための重要ポイントを纏めて(まとめて)みた。
まず犬の食欲である。
犬の最大最高の関心事は食べることであると言われている。
食欲がなくなったときは、どこかに異常のある可能性が非常に高いと考えれる。逆に、食欲があり過ぎるのも病気のサインの1つである。
中年以降の犬に気のせいか多く見られるのは、糖尿病や副腎の病気で生じる異常な食欲である。
次に、犬の元気である。
犬の活発さも、病気の判断基準としては非常に大事である。ぐったりしている時は何らかの病気が疑われる。活発さは眼にも反映される。
元気な犬は飼い主や周囲のものの動きを目で追ったりするが、関心を示そうとせず眼がトロンとしていたり、逆にキョトキョトと落ち着きなく目を動かすようなケースの場合は要注意である。
高齢の犬は少しずつ活動量も低下してゆくが、それを「年寄りだから当たり前」と決め付けずに、あまりにも極端なケースの場合はどこかに異常があるのではと疑ってみて欲しい。
最後に、犬の体重である。
犬の体重が減っているケースの場合は、病気である可能性が有る。
特に子犬の体重が減っている時は、危険な状態である。誕生したばかりの子犬は、生後10日で出生時の約2倍の体重になる。その後、1ヶ月で成犬の約1/10、4ヶ月で約半分になる。子犬の間は毎日体重を量るようにすべきだろう。
3日以上体重が増加しないケースの場合や、減りたりしたケースの場合はたいへん危険な状態であるといえる。


犬の病気 耳

犬は人間の約6倍の聴覚を持ち、視力の弱い犬にとっては、耳は、危険を察知するための非常に大事な感覚器官と為っている。
耳の病気にかかると、聴力が落ちてしまうことも有る。聴力の落ちた犬は、音による危険の察知がし辛くなるので、散歩中などは注意が必要である。
まず、耳ダニ感染である。
ミミヒゼンダニというダニが耳の中に寄生する病気である。感染力が非常に力強く、特に生後2から3ヶ月の子犬が一番寄生されやすく為っている。
犬が頭を振ったり、傾けたり、耳をかくといったしぐさが見られたらダニの感染を疑おう。寄生されると、黒く固まった耳垢になる。
継続的に耳の中をチェックして、異常を実感したらすぐに診察を受けよう。
次に、犬の外耳炎、中耳炎、内耳炎である。
外耳炎は、細菌やダニによる感染、アレルギー、腫瘍などの病気や、異物のつまりや耳垢などで、外耳道が炎症を起こす病気である。
外耳炎が酷く(ひどく)なると、中耳との境界にある鼓膜が何らかの原因で破れ中耳にまで炎症が広がり、中耳炎となる。更に酷く(ひどく)なると、内耳炎になる。
外耳炎はかゆみや痛みをともなうので、犬は頭を振ったり、耳をかいたり、首を傾けたりというしぐさが気のせいか多くなる。
中耳炎や内耳炎になると、膿が流れ出たり、耳から悪臭が出るようになる。
また、内耳が冒されると、一定の方向にグルグルと回り始めるなどの運動障害の症状もあらわれてくる。
部位が深いほど治療が難しくなるから、異常を実感したら早めに受診すべきだろう。

犬の病気 目

犬はもともと近視で、視力の弱い動物である。
反面、嗅覚が非常に優れているので、視力の弱さは、生活にそれほど影響していないと言われている。
もし失明してしまっても、慣れている場所では、何かにぶつかるなどの不自然な動きが目立たないことも気のせいか多く、飼い主が失明に気付かないこともあるほどである。それほど目の異常は見逃しがちであるので、特に気を付けてあげよう。
犬の目の病気としては、まず外傷がある。
犬の目の異常で一番多いのは外傷を負った際に生じる細菌などによる二次感染である。目に外傷を負うと、犬は痛みから目をつむってしまう。
その為に、どのようなに酷い(ひどい)傷があっても飼い主に見つけにくく、気付かないことがよく有る。
犬が長時間目をつむっているような時は、動物病院を受診すべきだろう。
次に、犬の目の病気として眼瞼内反症と外反症がある。
内反症はまぶたが内部に反転してしまっている状態のことで、外反症は、逆にまぶたが外部にめくれてしまっている状態のことを云う。
犬種によって特徴点として見られる病気でもあり、内反症はアイリッシュ・セッター、チャウチャウなどによくみられ、外反症はブルドッグ、ビーグル、コッカー・スパニエル、セント・バーナードなどにみられるようだ。
次に、犬の目の病気として涙管閉塞がある。
涙管閉塞とは、涙管が詰まる病気である。涙が何時もあふれ出て、眼の内部の下のほうが涙やけを生じ茶色に変色するという症状がみられる。マルチーズやプードルに多発する。
次に、犬の目の病気として白内障がある。
老犬になると、白内障にかかる確率が高くなる。殆どは後天的なものであるが、先天的なものもあり、アフガン・ハウンド、シュナウザー、コッカー・スパニエル、プードルなどによくおこる。白内障は、進行すると、最後は失明する。
早い時期の治療によって回復は可能であるから、6から7歳を経過したら定期検査を受け、早期発見あるいは対策に努めよう。

犬の病気と尿の異常

病気によってはある特定の症状を示すケースの場合や、また逆に、症状から病気の種類を判断できるケースの場合も有る。
犬の症状別に、可能性のある病気を纏めて(まとめて)みた。
身体からの排泄物である便や尿は、健康状態の水準でもあり、身体の異常を示すサインでも有る。
健康な状態の時の色や回数を、飼い主が知っていれば、何かの変化が起きたときにすぐに気付く事ができる。日頃から注意して観察するようにすべきだろう。
尿の異常には、色や濁りなどの他に、量の多少の異常も有る。
犬の尿の量が多いのか少ないのかを判断することはむずかしいかもしれない。
普段から、一日に何回オシッコをするのか、1回でどれくらいの量をするのかをチェックしておこう。
【尿の量が多いケースの場合】
糖尿病や子宮蓄膿症などの病気のほか、ホルモンの分泌異常でおこる甲状腺機能亢進症、クッシング症候群(副腎皮質機能亢進症)、上皮小体機能亢進症、尿崩症などの病気が原因で生じる。多尿のケースの場合は、水をガブガブ飲む多飲の症状もあらわれる。
【尿の量が少ないケースの場合】
膀胱炎、急性腎炎、尿路結石といった泌尿器系の病気や、前立腺炎や前立腺肥大という病気が原因で生じる。
尿路を結石でふさいでしまう尿路結石では、尿は殆ど、または全く出なくなると言う事もあり、犬はたいへん苦むと思う。
尿が全く出ない状態が継続すると、犬は、2から3日間苦しんだ後で死に至るというケースも有る。
尿が出ないというケースの場合は、すぐにでも動物病院へ連れて行って欲しい。
はぐきが白くなり呼吸や脈拍が非常に早くなる脱水症状や、不安定に歩き回ったりぐったりするなどのショック症状が起きたケースの場合は、特に緊急を要する。

犬の病気と血尿など

尿の色の濃淡は、摂取した水分量によっても変わるが、病気のサインであるケースの場合も有るので、見逃さないようにして欲しい。
【尿の色が濁っている】
膿が尿に混じっているケースの場合が有る。膿は身体の中の何らかの炎症が原因で生じる。膀胱炎や子宮蓄膿症のほか、前立腺炎も疑われる。前立腺炎は前立腺が細菌などに感染して炎症を生じもので、高齢犬に気のせいか多く見れる。
【尿の色がキラキラ光っている】
尿の中にリン酸塩の結晶が混じっている可能性が有る。尿が乾くとより一層わかりやすくなる。このようなケースの場合は、尿路結石が疑われる。犬の尿路結石の殆どは、膀胱結石と尿道結石になる。
【尿の色が薄い場合】
糖尿病や尿崩症になると薄くなる。
【尿の色が濃い場合】
下痢や嘔吐を伴う時は脱水症状を生じている可能性が有る。
【尿の色が山吹色のような黄色の場合】
黄疸が起きている可能性が有る。黄疸は肝臓の病気が原因で起き、尿だけでなく目や皮膚の色も黄色くなる。
【尿の色が赤く血尿になっている場合】
尿に血が混じっているケースの場合が気のせいか多く、フィラリア症や尿路結石、血小板減少症などでおこる。
血小板減少症は、出血をとめる活動のある血小板が急激に減少する病気で、犬の身体のあちこちで出血や内出血が生じる。
尿の異常で病院を受診するときは、尿を一緒に持参して持って足を運ぼう。
採取方法は、散歩中にオシッコを紙コップで採る方法のほか、トイレのシーツの上にトレーを置いて採る方法も有る。採取した尿はフタつきのビンにいれる。
採取してから時間が経つと雑菌などで正しく判断できなくなってしまうことも有るので、採取したらすぐに持参すべきだろう。

犬の病気 血便や下痢、便秘

血便や下痢などを見たら犬の病気を疑う必要がある。健康な便の状態は、犬によって各々(おのおの)異なる。
一般的に健康とされている便は、ティッシュでつかめるレベルの硬さで、濃くも薄くもない茶色をしている。
基本中の基本的に食事の回数と同じ回数で排便し、臭いは普段食べさせているものによって変わる。
普段から便の状態をチェックし、健康なときの便の様子を掌握しておこう。
犬の下痢である。
もともと便のゆるい犬もいるし、食事の内容によってもゆるくなる。下痢以外に症状がないケースの場合は、一日様子を閲覧すると良い。
血便や下痢の症状を越す病気では、胃腸炎のほか、回虫などの寄生虫、ウイルスによる感染症などが有る。
何日も下痢が継続するケースの場合は、嘔吐や発熱などの症状を伴うケースの場合は、動物病院を受診して欲しい。
次に、犬の便秘である。
排便の回数は食事の内容や回数によっても変化するし、環境の変化などによっても変わる。
カルシウム過多の食事を与えると、便が硬くなりでにくく為っているケースの場合も有る。
地面に落ちた食べ物を食べ、ついた砂などを大量に摂取したケースの場合も便が硬くなり、便秘になる。
また、被毛の長い犬種は、肛門の周りの毛が固まって、肛門をふさいでしまうために便が出にくくなることも有る。
ブラッシングや、伸び経過した被毛のカットをこまめにして欲しい。
苦しそうにしたり、お腹が張ったりなどの異常が見られないケースの場合は1日様子を閲覧すると良い。
便秘と下痢を繰り返したり、発熱や呼吸の異常を伴うケースの場合は、病気の可能性も有る。できるだけ早く診察を受けて欲しい。
病気が原因で便秘になるケースでは、前立腺肥大によって直腸が圧迫されて生じるというケースが有る。

犬の病気 嘔吐 その1

嘔吐を見たら犬の病気を疑う必要がある。犬が食べたものを吐き出すのには、2つの理由が有る。
1つは、身体を異常なくキープするためのもので、そういう意味では生理現象とも言え病気ではない。
味の濃すぎる食事や刺激の強すぎるもの、腐敗したものを与えたとき、食べ過ぎてしまったときなどに食べたものを吐き出すことがこれにあたり、吐き出されたものは消化されていないケースの場合が殆どである。
散歩の途中に草を食べて吐いたりするときも有る。
こういったケースの場合のことを医学的には「吐き出し」と呼び、「嘔吐」とは区別されている。
嘔吐は吐いたものがあるレベル消化されている。
吐き出しと嘔吐は、吐き出されたものの消化のされ具合や、吐き出し方、吐き出した後の犬の様子などが異なるので、飼い主がよく観察していれば、区別がつくケースの場合が殆どである。
嘔吐は下痢と同時に消化器系の病気の2大症状でもあり、決して見過ごしてはいけない症状とも為っている。
理由もないのに1日に何回も嘔吐をくり返す、激しく吐く、苦しそうに吐く、吐いたものの中に血や異物などが混じっているなどのケースの場合は、注意が必要である。
吐き出しとは明らかに様子が異なるときは、動物病院を受診して欲しい。
また、「何時もの吐き出しだろう」と放置することは、危険なケースの場合が有る。
胃腸管に異常があるケースの場合は嘔吐となるが、胃腸の前にある器官である食道に異常があるケースの場合は吐き出しとなる。
吐き出しと思われるような吐き方であっても、勝手に判断はせず、様子を目にした上での受診をおススメする。

犬の病気 嘔吐 その2

犬はいろんな理由で食べたものを吐き出すことをする。
あまり心配のないものから重篤な病気が原因のものまで様々であるが、異常のサインであることには変わりないので、見逃さないようにすべきだろう。
嘔吐から疑われる病気の主なものを纏めて(まとめて)みた。
まず、犬の胃炎や腸炎である。これは胃や腸が炎症を起こす病気である。
次に、犬の胃拡張や胃捻転である。
胃拡張は、胃の中で食べたものが異常発酵しておこる。ドライフードを一度に多量に食べた後で水をガブ飲みしたりすると起こりやすくなる。
気のせいか多くは自然に治るが、胃捻転になってしまうケースの場合も有るので注意して欲しい。胃捻転は胃が捻れてしまう急性の病気で、手術が必要になる。どちらも呼吸の異常がみれる。
次に、犬の腸閉塞である。
異物などを飲み込んでしまったとき、小腸を通過することが出来ずに詰まってしまう病気である。
次に、犬の感染症や回虫症である。
犬の感染症の場合、コロナウイルスやパルボウイルスといったウイルスに感染して腸炎などを生じさせているケースの場合が有る。また、犬の回虫症の場合、寄生虫の1つである回虫が原因で生じる。
これ以外にも、胃潰瘍、子宮蓄膿症、肝炎、腎不全などの疑いも考えれる。
吐いた直後は、吐物を鼻や気管に詰まらせてしまい、呼吸困難に陥ってしまうことが有る。そうならないためにも、初めに気道を確保すべきだろう。
犬が横向きや仰向けになっていたら、身体を生じて、伏せの姿勢やポーズにする。呼吸が荒く為っている時は、吐物が詰まっている可能性が有る。
犬の後ろ足を持ち上げ頭を下にし、上下に急がずゆっくりと揺すり吐物を吐き出させて欲しい。
大型犬で持ち上げられない時は、犬の喉元に指を入れて、飼い主が吐物を吐き出させて欲しい。

犬の病気 皮膚

犬が頭を何回も振るしぐさをするケースの場合は、耳の異常が疑われる。一番多い病気は、外耳炎や耳かいせんである。
犬の耳のなかは複雑に為っているため、人間よりも通気性が悪く為っている。
その為、耳の穴にたまった耳垢が変質を生じたり、たまった耳垢に細菌が繁殖したりしやすく、外耳炎などの病気が生じる。
頭をしきりに振るのは、炎症による分泌物や、耳の中に入り込んだ寄生虫などの異物を振り飛ばそうとしているためである。
耳の中にかゆみがあるケースの場合は、後ろ足で耳の後ろをかくしぐさを頻繁にするようになる。
耳の垂れている犬種や耳の中の毛が長い犬種は、特に病気にかかりやすいので、日頃から耳の掃除とチェックを怠らないようにすべきだろう。
外耳炎の抑制かつ予防には、耳の中の掃除をして耳を清潔にキープすることが肝心であるが、間違った掃除の仕方をして外耳炎を生じてしまうケースの場合も少なくなく、注意が必要である。
耳かいせんは、ミミヒゼンダニが寄生することで生じる皮膚炎である。ミミヒゼンダニは耳垢を食べ、外耳道の皮膚に寄生、繁殖する。寄生すると、耳垢は黒っぽくなり悪臭を放つようになる。
治療には、ミミヒゼンダニの完璧な駆除が肝心である。
虫や草の実などの異物が入ってしまったケースの場合、飼い主が自分で取ろうとするのはかえって危険である。
また、そのまま放置して悪化させてしまうと、外耳やその付近の皮膚が厚くなって耳の穴をふさいでしまうことも有る。
絶対に獣医の診察を受けるようにして欲しい。